チェーン メール。 チェーンメールとは何? Weblio辞書

総務省|チェーンメールを受け取った際は、転送は止めてください!

チェーン メール

さっちゃんはね、さちこってゆーんだほんとはね。 だけどちっちゃいからじぶんのことさっちゃんって呼ぶんだよ。 おかしいね、さっちゃん。 』 さてこの歌は、皆さんご存じ[さっちゃん]です。 この歌は3番までの歌として知られていますが実は4番があるのです。 だからおまえの足をもらいにいく よ。 今夜だよ、さっちゃん。 』というものです。 これは、北海道の室蘭という所で本当に起こった事件をもとにした歌だそうです。 その事件とは、とても寒く雪の降る夜におこりました。 下校途中の桐谷佐知子ちゃん(14歳)は踏切で遮断機が降りてきていたので急い でわたりきろうと思い走りました。 しかし、雪で線路のみぞがかくれていたため足がみぞにはまり、足をくじいてしまいました。 彼女は必死で逃げようとしましたがよけきれず電車に引かれてしまいました。 体は 胴のあたりでちょうどきれいにまっぷたつになりふつうなら即 死でした。 しかしあまりの寒さで血管が一時的に固まったため、 即死ではなく数分だけ苦しみながら生き続けることができました。 彼女は腕を立ててはうように踏切の外にでました。 意識が無くなっていくなかで最後まで苦しんで彼女は息をひきとりました。 そして数年がたちました。 当時のクラスメートの男子があの歌をおもしろがって作 りました。 女子は、すごく怒ってやめさせましたが男子はそれを聞かず歌をどんどんひろめました。 さてあなたもメールをよんだからにはただではすみません。 それから5ケ月。 結局美枝さんは中絶を拒み、生むことを決意しましたが、夫は従わなかった事を不満に思い、 さらに暴力を振っていました。 そしてその日夫は美枝さんの腹部に膝蹴りをしました。 すると、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。 そして美枝さんは崩れ落ち、 声にもならない 様なうめき声で唸りながら........ 流産でした。 夫は慌てて家を飛び出して行きました。 何故?それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。 目はあべこべに付き、 片方の目は眉毛の上に付いていました。 鼻はだらしなく直角に曲がり、口なんぞは縦向きに、 しかも耳のつけねから裂け目の 様に付いていました。 動きもせず、ただこちらを眺めていました。 このチェンメという存在を使って伝えたいことがあるのです。 みなさんは人のことって考えたことありますか?ほとんど自分のことしか考えてないかもしれません。 都合によって人って正義ぶったり、悪くなったりするんですね。 私はイジメられていました。 学校では常にイジメの対象でした。 イジメをする子って都合がよくて人を使い分けてるんです。 先生の前ではいい子ぶるし、友達にはやさしくなって、私には常に友達を利用して私に見せつけるように ヒソヒソ何か影口言ってるんです。 ついには私の顔を見て「キモイ」なんてゲラゲラ笑うんです。 イジメっ子の親に言ったら「ウチの子はそんなことしていない」と口論でした。 先生だってイジメっ子の仲間みたいなものです。 先生にイジメられてることを言いいましたが「今年、学校は60周年を向かえる。 だから今は忙しい。 」 なんて逃げられ、結局助けてくれる人は親以外にいませんでした。

次の

【絶叫】本当にあった怖いチェーンメール集

チェーン メール

メールにまつわるトラブルで、いつまでもなくならないのが「チェーンメール」である。 も一応6章まででひとまず完成ということにしたが、これを使って実際に授業をやってみたところ、「チェーンメールの話を加えてほしい」という先生からのリクエストがあった。 以前からメールやネットを使っている大人にとっては、すでにチェーンメールに対する耐性が高くなっており、今さらのような気がする。 しかし子どもたちにとっては、チェーンメールも初めて体験するものである。 チェーンメール対策を読本に加えるにあたり、今どのような指導が行なわれているのかを調べてみた。 多くの対策サイトでは「届いたら転送せずに自分のところで止めましょう」という指導がされている。 これはまことに正しいのだが、MIAUのメンバーで議論していくうちに、基本的なところの答えがどこにもないという点に気がづいた。 チェーンメールのパターンとしては、怖い話で人を脅かすいわゆる不幸の手紙系のものが主流だが、逆にHappyメールと呼ばれる、幸福の手紙系のものもある。 あるいは「子犬の引き取り手を探している」だとか、「B型RHマイナスの血液が足りない」など、人の善意を喚起するものもある。 人に不快な思いをばらまくのはよろしくないということは分かるが、笑い話を転送することは、本当に悪いことなのか。 また悪いとしたら、何が「悪い」のか。 あるいは人助けのつもりで善意の気持ちでメールを転送することは、悪いこととして責められるのか。 チェーンメール対策については、すでに枯れた話であると思い込んでいたが、何が悪いのかというところを突き詰めていくと、かなり難しい話なのであった。 チェーンメールという手段の是非 チェーンメールを受け取る人数の推移。 2時間後にはのべ人数で約3億人を超える まず「悪い」と考えられる理由の1つが、チェーンメールによる情報伝達の拡大率である。 例えばチェーンメールを受け取った人が、10分間に5人の人に必ず転送すると仮定する。 この調子でいくと90分後にはのべ約250万人に、2時間後には約3億人にメールが転送されることになる。 2時間で、日本の総人口を軽く超えるわけである。 この計算をしてみて、最初はインターネットにかかる負荷が問題であると考えた。 しかし実際には、テキストしかないメールの流通がそれぐらい増えたとしても、インターネット全体に負荷がかかるとは言えないだろう。 実際にはこの程度のチェーンメールより、spamメールのほうがより大きな負荷をかけている。 では、その内容の真偽が問題なのか。 確かに嘘の情報が大量にばらまかれ、それによってパニックが起きるとしたら、問題である。 その情報が本当かどうかの裏を取る、という行為は、たとえ子どもでも必要であるという教育は、妥当であろう。 自分で調べられなくても、親や先生など、真偽を判断できる大人に意見を求めることはできるはずだ。 しかし、本当にあった話としているのではなく、笑い話としてのフィクションの場合はどうだろうか。 もともと真実などはどこにもない、あるいは真偽のほどはどうでもいい、ただの「話」なのだ。 例えばTwitterと比較して、面白い発言をRTするのとメールを転送するのとでは、一体何が違うのだろうか。 これも悪いことだとするならば、これはもう「チェーンメールという手法」が悪であるということになる。 すなわちネズミ講が法律で規制されているように、1人が数人の胴元になって広げていくというやり方そのものが罪なのである、という考え方である。 確かに詐欺商法でこれらの方法を用いることは、加速度的に被害者数が拡がることになるため、法的な規制は必要だったろう。 しかし情報の拡散においても、この方法に罪が問えるのか。 つまりチェーンメールが問題となったころはまだ議論が十分ではなかったわけだが、この問題の本質はWinny事件が改めて世に問うたように、手法・アイデア・テクノロジーに罪が問えるのか、ということだったのではなかったのか。 関連記事• 保護者に対して、小中学生に携帯電話を持たせない努力義務を規定した「いしかわ子ども総合条例」改正案を、石川県はどう運用していく予定なのか。 石川県の担当部署に聞いた。 石川県で施行された、ケータイの所持規制努力義務を盛り込んだ「いしかわ子ども総合条例」。 これに対し、自分たちで情報教育をやっていくしかないと考えた販売店が、「北陸携帯電話販売店協会」を設立した。 子供のケータイ所持を規制する石川県の条例は、希有な成功例を基にしていることは前回紹介した。 その成功例である石川県野々市町で実施されている「プロジェクトK」の実態は、ケータイそのものを悪とするようなものになっていた。 子供にケータイを持たせるか、持たせないかという議論をする際に考慮しなくてはならない点は多数ある。 今回は自治体として「ケータイを持たせない」という方向性を打ち出した石川県の条例にフォーカスを当てる。 映像系エンジニアであり、アナリストでもある小寺信良氏が、自身の身近な問題として、現代のケータイおよびネットにおける表現規制、そして子どもとケータイの関係について考えていく。 「非実在青少年」という言葉とともに、表現規制に発展する恐れがあるとして「東京都青少年の健全な育成に関する条例」改正案の問題点が大きくクローズアップされたが、子供のケータイ利用と関係する大きな問題点もあったことは意外と知られていない。 「子どもを守る」ケータイ規制が徐々に現実のものとなっている。 誰もが自分の子どもを守りたいし、それは他人の子どもでも同じはずだが、それがケータイ規制で実現するというのは早計だ。 子どものケータイ利用についてこう話すのは、KDDIで子どもの安全な携帯電話利用に関する取り組みを推進しているCSR・環境推進室 室長の田中和則氏だ。 「子どもとケータイ」の関係性はどうあるべきなのか、そのためにどんな取り組みを行っているのかを同氏に聞いた。 都の青少年育成条例改正案のネット関連の規定に対して「民間の取り組みを萎縮させる」と懸念する声が挙がっている。 「ケータイ」イコール「いかがわしい」のレッテルは、もはや拭えない状態にあるといっていいかもしれません。 ぬれぎぬな部分もありますが、そのとおりな部分もあります。 愚痴を言っても仕方ないので、その対応策を考えねばなりません。 関連リンク•

次の

ラインのチェーンメールが怖い!だけど実は全部デマなので気にしなくて大丈夫

チェーン メール

メールにまつわるトラブルで、いつまでもなくならないのが「チェーンメール」である。 も一応6章まででひとまず完成ということにしたが、これを使って実際に授業をやってみたところ、「チェーンメールの話を加えてほしい」という先生からのリクエストがあった。 以前からメールやネットを使っている大人にとっては、すでにチェーンメールに対する耐性が高くなっており、今さらのような気がする。 しかし子どもたちにとっては、チェーンメールも初めて体験するものである。 チェーンメール対策を読本に加えるにあたり、今どのような指導が行なわれているのかを調べてみた。 多くの対策サイトでは「届いたら転送せずに自分のところで止めましょう」という指導がされている。 これはまことに正しいのだが、MIAUのメンバーで議論していくうちに、基本的なところの答えがどこにもないという点に気がづいた。 チェーンメールのパターンとしては、怖い話で人を脅かすいわゆる不幸の手紙系のものが主流だが、逆にHappyメールと呼ばれる、幸福の手紙系のものもある。 あるいは「子犬の引き取り手を探している」だとか、「B型RHマイナスの血液が足りない」など、人の善意を喚起するものもある。 人に不快な思いをばらまくのはよろしくないということは分かるが、笑い話を転送することは、本当に悪いことなのか。 また悪いとしたら、何が「悪い」のか。 あるいは人助けのつもりで善意の気持ちでメールを転送することは、悪いこととして責められるのか。 チェーンメール対策については、すでに枯れた話であると思い込んでいたが、何が悪いのかというところを突き詰めていくと、かなり難しい話なのであった。 チェーンメールという手段の是非 チェーンメールを受け取る人数の推移。 2時間後にはのべ人数で約3億人を超える まず「悪い」と考えられる理由の1つが、チェーンメールによる情報伝達の拡大率である。 例えばチェーンメールを受け取った人が、10分間に5人の人に必ず転送すると仮定する。 この調子でいくと90分後にはのべ約250万人に、2時間後には約3億人にメールが転送されることになる。 2時間で、日本の総人口を軽く超えるわけである。 この計算をしてみて、最初はインターネットにかかる負荷が問題であると考えた。 しかし実際には、テキストしかないメールの流通がそれぐらい増えたとしても、インターネット全体に負荷がかかるとは言えないだろう。 実際にはこの程度のチェーンメールより、spamメールのほうがより大きな負荷をかけている。 では、その内容の真偽が問題なのか。 確かに嘘の情報が大量にばらまかれ、それによってパニックが起きるとしたら、問題である。 その情報が本当かどうかの裏を取る、という行為は、たとえ子どもでも必要であるという教育は、妥当であろう。 自分で調べられなくても、親や先生など、真偽を判断できる大人に意見を求めることはできるはずだ。 しかし、本当にあった話としているのではなく、笑い話としてのフィクションの場合はどうだろうか。 もともと真実などはどこにもない、あるいは真偽のほどはどうでもいい、ただの「話」なのだ。 例えばTwitterと比較して、面白い発言をRTするのとメールを転送するのとでは、一体何が違うのだろうか。 これも悪いことだとするならば、これはもう「チェーンメールという手法」が悪であるということになる。 すなわちネズミ講が法律で規制されているように、1人が数人の胴元になって広げていくというやり方そのものが罪なのである、という考え方である。 確かに詐欺商法でこれらの方法を用いることは、加速度的に被害者数が拡がることになるため、法的な規制は必要だったろう。 しかし情報の拡散においても、この方法に罪が問えるのか。 つまりチェーンメールが問題となったころはまだ議論が十分ではなかったわけだが、この問題の本質はWinny事件が改めて世に問うたように、手法・アイデア・テクノロジーに罪が問えるのか、ということだったのではなかったのか。 関連記事• 保護者に対して、小中学生に携帯電話を持たせない努力義務を規定した「いしかわ子ども総合条例」改正案を、石川県はどう運用していく予定なのか。 石川県の担当部署に聞いた。 石川県で施行された、ケータイの所持規制努力義務を盛り込んだ「いしかわ子ども総合条例」。 これに対し、自分たちで情報教育をやっていくしかないと考えた販売店が、「北陸携帯電話販売店協会」を設立した。 子供のケータイ所持を規制する石川県の条例は、希有な成功例を基にしていることは前回紹介した。 その成功例である石川県野々市町で実施されている「プロジェクトK」の実態は、ケータイそのものを悪とするようなものになっていた。 子供にケータイを持たせるか、持たせないかという議論をする際に考慮しなくてはならない点は多数ある。 今回は自治体として「ケータイを持たせない」という方向性を打ち出した石川県の条例にフォーカスを当てる。 映像系エンジニアであり、アナリストでもある小寺信良氏が、自身の身近な問題として、現代のケータイおよびネットにおける表現規制、そして子どもとケータイの関係について考えていく。 「非実在青少年」という言葉とともに、表現規制に発展する恐れがあるとして「東京都青少年の健全な育成に関する条例」改正案の問題点が大きくクローズアップされたが、子供のケータイ利用と関係する大きな問題点もあったことは意外と知られていない。 「子どもを守る」ケータイ規制が徐々に現実のものとなっている。 誰もが自分の子どもを守りたいし、それは他人の子どもでも同じはずだが、それがケータイ規制で実現するというのは早計だ。 子どものケータイ利用についてこう話すのは、KDDIで子どもの安全な携帯電話利用に関する取り組みを推進しているCSR・環境推進室 室長の田中和則氏だ。 「子どもとケータイ」の関係性はどうあるべきなのか、そのためにどんな取り組みを行っているのかを同氏に聞いた。 都の青少年育成条例改正案のネット関連の規定に対して「民間の取り組みを萎縮させる」と懸念する声が挙がっている。 「ケータイ」イコール「いかがわしい」のレッテルは、もはや拭えない状態にあるといっていいかもしれません。 ぬれぎぬな部分もありますが、そのとおりな部分もあります。 愚痴を言っても仕方ないので、その対応策を考えねばなりません。 関連リンク•

次の