ペニーワイズ 俳優。 ホラー映画の伝説的な殺人鬼とメイク前の素顔の俳優たちを比較した写真いろいろ

ティム・カリー

ペニーワイズ 俳優

概要 [ ] 人間の弱さに付け込む不気味な、ペニーワイズに翻弄される人々を描く。 物語前半は幼少時代、後半は大人になった現代のパートに分かれている。 ペニーワイズは、特定の人物にしか姿を見せず、引き起こされる能力(物体を自在に操る、相手の恐怖心を覚える姿に擬態する、血を含んだ風船を飛ばすなど)も同じように一般の人間には見えない。 ペニーワイズはが出てくるおとぎ話「」をヒントに作られた。 実在する連続殺人鬼で、パーティでピエロをつとめていたの影響も指摘されている。 また、この作品の公開後、ピエロの存在を怖がる人々()が少なからず現れるようになったという。 1990年の1度目の映像化から27年後の2017年に、再映像化として劇場版が公開されたが、これは劇中でペニーワイズが27年毎に現れる設定に則ったものである。 あらすじ [ ] ので、子供だけを狙った連続殺人事件が発生する。 デリーに住んでいたマイクは、事件現場近くでそこにあるはずのない男の子の古い写真を発見し子供時代にIT(あいつ)と呼んでいた奇怪なピエロ、ペニーワイズの仕業であると確信する。 マイクはかつての仲間との約束を思い出し、27年ぶりに再会することになる。 ペニーワイズ [ ] 本作における敵であり、ボサボサの赤髪に赤い鼻といった道化師の出で立ちをした悪魔。 対象を威嚇・捕食する際は鋭い牙を剥き出す。 古来デリーに27年周期で現れ、その都度事故や天災に見せかけては住人を襲っていた。 捕食対象は子供、夢を抱く思春期の少年少女であり、相手が恐怖と感じる物の姿に変化する。 物体を動かす・幻覚を見せる・神出鬼没など超常的な能力を持ち、ほとんどの大人には見えない。 基本的には多感で夢を持つ子供のみに見え、恐怖を与えるほどに美味になることから様々な幻術で対象を追い詰める。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 版 ペニーワイズ ビル・デンブロウ ベン・ハンスコム ベバリー・マーシュ スタンリー・ユリス マイク・ハンロン ティム・リイド リッチー・トージア ハリー・アンダーソン 田原アルノ エディ・カスプブラク ヘンリー・バウワーズ マイケル・コール オードラ・デンブロウ マイラ・カスプブラク シーラ・ムーア ジョージー・デンブロウ トニー・ダコタ ビル・デンブロウ(12歳) ベン・ハンスコム(12歳) ブランドン・クレイン ベバリー・マーシュ(12歳) エミリー・パーキンス スタンリー・ユリス(12歳) ベン・ヘラー マイク・ハンロン(12歳) マーロン・テイラー リッチー・トージア(12歳) エディ・カスプブラク(12歳) アダム・ファライズル ヘンリー・バウワーズ(12歳) ジャレッド・ブランカード ベンの父 スティーヴ・マカジ• 放送時のタイトルは『 イット 恐怖の殺人ターゲット・復讐の悪魔』。 放送時のタイトルは『 スティーブン・キングの イット』。 』(イットそれがみえたらおわり、 IT)は、監督によるののである()。 2度目の映像化で初の劇場版であり、本作は小説の前半を映画化した。 キャッチコピーは、『 子供が消える町に、"それ"は現れる。 日本での上映は字幕版のみの上映だったが、後のパッケージリリース時に吹き替え音声が付いた。 ビル・デンブロウ - (): の少年。 「負け犬(LOSERS)クラブ」のリーダー。 ベン・ハンスコム - (): 転校してきたばかりの太めの少年。 街の秘密を調べている。 リッチー・トージア - (): ビルの親友である眼鏡の少年。 ベバリー・マーシュ - (): いじめを受けている大人びた少女。 父親から性的暴行を受けている事が示唆されている。 スタンリー・ユリス - (): ユダヤ系の少年。 の息子。 マイク・ハンロン - (): アフリカ系の少年。 家業であるの見習い修行中。 エディ・カスプブラク - (): 持ちの少年。 過干渉の母親に行動を縛られている。 ペニーワイズ - (): 子供たちにしか見えない不気味なピエロ。 ジョージー・デンブロウ - ()(): ビルの幼い弟。 雨の日に行方不明となる。 ヘンリー・バワーズ - ()(): ベンやマイクらに執拗な暴行を加えている不良グループのリーダー。 警官の息子。 ベルチュ・ハギンズ - (): 不良グループのメンバーの一人。 パトリック・ホックステッター - ()(): 不良グループのメンバーの一人。 暴行中に隙をついて逃亡したベンを探して下水管に入り、そのまま行方不明になる。 ビクター・クリス - (): 不良グループのメンバーの一人。 グレッタ - (): ベンのクラスメイト。 ミスター・マーシュ - (): べバリーの父親。 べバリーに暴力を振るっている。 シャロン・デンブロウ - : ビルの母親。 ザック・デンブロウ - (): ビルの父親。 ラビ・ユリス - : スタンリーの父親。 スタンリーの母 -• リロイ・ハンロン - : マイクの祖父。 ソニア・カスプブラグ - (): エディの母親。 バワーズ警察官 - (): ヘンリーの父親。 キーン - ジョー・ボスティック():グレッタの父親。 スターレット - エリザベス・ソーンダース():デリー図書館(児童図書館)の担当。 ホーボー - 評価 [ ] 興行収入 [ ] 北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、監督の映画No. 1の大ヒットを記録した『』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No. 1の大ヒットを記録。 テレビ放送 [ ] テレビ用に編集し、放送された。 4億円 前作 「」も参照 キャッチコピーは、『 また、会えたね。 前作と違い、字幕版に加え、初めて吹き替え版上映が行われた。 ビル・デンブロウ - ()• 少年期のビル - ()• ベバリー・マーシュ - ()• 少女期のベバリー - ()• ベン・ハンスコム - ()()• 少年期のベン - ()• リッチー・トージア - ()• 少年期のリッチー - ()• マイク・ハンロン - ()()• 少年期のマイク - ()• エディ・カスプブラク - ()• 少年期のエディ - ()• スタンリー・ユリス - ()()• 少年期のスタンリー - ()• ペニーワイズ - ()• ジョージー・デンブロウ - ()()• カーシュ夫人 - ()• ヘンリー・バワーズ - ()• 少年期のヘンリー・バワーズ - ()()• ハギンズ - ()• ビクター - ()• べバリーの父 - ()• エディの母 - ()• キーン(グレッタの父) - ジョー・ボスティック()• エイドリアン・メロン - ()• 質屋の店主 - 脚注 [ ] []• Stephen King. 2017年12月10日閲覧。 Dery, Mark 1999. Grove Press. 2016年5月1日閲覧。 2017年10月3日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2018年2月15日. 2018年2月22日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年11月9日閲覧。 『 関東版』2019年23号、、 57頁。 - 2020年2月14日閲覧。 映画ナタリー 2019年10月14日. 2019年10月14日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年11月1日. 2019年11月1日閲覧。 外部リンク [ ] 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の

ペニーワイズ俳優、『IT/イット』のピエロは常に自分の中にいる

ペニーワイズ 俳優

もちろん別人だから当たり前なのですが、 口元に注目してみてください。 左がティム、右がビル演じるペニーワイズです。 どちらにしろ、気持ち悪いですね〜(でも好き)。 違いに気づきましたでしょうか? 「 新作のペニーワイズのほうが出っ歯・・・」 そう、出っ歯なんです。 って確かに出っ歯なんですけど、そこはそっとしてあげて。 ビルのペニーワイズの 唇の形がそれはそれは異様なのです。 どう異様かというと、とんがり過ぎなんですよね。 下のインタビュー映像でも語っています。 元々はお兄さん(俳優)が とんがり口の技を持っていたらしく、10才頃ビル自身もなぜか分からないけど出来るようになったとのこと。 そしてTシャツの襟からとんがり口で顔だけを出したキャラを編み出し、その姿で弟をよく追いかけて遊んでいたそうです。 お茶目な性格が手にとるように分かるインタビューですね。 私は初めてみたとき、ペニーワイズの目に違和感を感じました。 これは実際に映画でご確認いただいたほうが、分かりやすいと思います。 この目がペニーワイズのキャラにおいて良い味だしてます。 でも、これもCGIじゃないんです。 もうこの時点で、彼がペニーワイズに選ばれるのも定められた運命だったのでしょう。 ダンシング・クラウンならではの変な踊りもそうですが、印象的だったのが以下のシーン。 Contortionist とは 体を自由に曲げる 曲芸師のことを言います。 すごく特徴的な動きをする新作ペニーワイズですが、前述した 彼の踊りはアメリカで大人気です。 私も映画で観た瞬間吹き出しました。 なんかすごく古典的でいいですよね。 に、例のペニーワイズのダンスに色んな洋楽を合わせた動画を紹介していておもしろいです。 下はその一つ。 「子役たちがリアルに怖がっているところを撮りたい」というアイディアを持っていた監督のアンディ・ムスキエティの要望もあり、ビル演じるペニーワイズとルーザーズ・クラブの子役らとの接触は一切断たれていた程。 エディーを演じたジャック・グレイザーにペニーワイズが襲いかかる激しいシーンでは、流石にビルも頭の片隅で「 俺いま、この子にトラウマを与えてるわ。 何やってんだ。 」と思ったことを打ち明けています。 そのシーン撮影後、ビルがジャックに「 Are you okay,Jack? Love what you are doing with the character!! 」とビルの演技をベタ褒めしてくれたそうです。 おもろ。 ベバリー・マーシュ役のソフィア・リリス(Sophia Lillis)はホラー映画をみても怖がらないタイプらしく、初めてペニーワイズをみた時にはむしろ 笑ってしまったとか。 意外なのはジョージー役のジャクソン君も「 思ったほど怖くなかった 」とのこと・・・・よほどイメトレしていたんでしょう。 ビルは 役にのめり込みすぎて悪夢にうなされる日々を送っていたそうで、その役者魂はお見事! 最後に、ビル自体はホラーには傾倒したことがなかったと話していますね。 あぁ、才能っておそろしい。 「IT」がアメリカで公開されたのが 2017年9月8日。 勘のいい方はもうお気づきになったのではないでしょうか? そう、 2017ー1990= 27・・・・ この27という数字、ペニーワイズがデリーに現れる周期なんです。 27年周期。 そしてペニーワイズ役のビルが、偶然か否か、 この映画が公開前月に27才になっていたという事実。 なんかすごい運命感じますよね?私ひとりで勝手に、他人の人生に運命感じて感動してるんですけれども。 これもビルの人生に仕組まれたトリックだったのかもしれません。 おもしろいわ〜! でもね、それだけじゃないんですよ。 1990年TVシリーズで主人公ビルを演じていた当時の子役、ジョナサン・ブランディスが若くして自殺していたことはでもお伝えしました。 が、彼が亡くなった年齢もなんと・・・・ 27才。 ゾクっとしません? まだね、あるんですよ。 アメリカ公開日は2017年9月8日と前述しましたが、この数字をひとつずつ足してみましょう。 なんか色々とリアルにホラーでしたが・・・ ビルの演じるペニーワイズは、ティム・カリーとはまたひと味違って私はすきです。 最早、どちらも別物。 またじっくり「IT」鑑賞をしたくなってきた筆者でした。 それでは、また! See you! You may also like・・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

全米話題作『IT』出演の若手イケメン俳優、ビル・スカルスガルドがピエロの悪夢に苦しむ!?

ペニーワイズ 俳優

概要 [ ] 人間の弱さに付け込む不気味な、ペニーワイズに翻弄される人々を描く。 物語前半は幼少時代、後半は大人になった現代のパートに分かれている。 ペニーワイズは、特定の人物にしか姿を見せず、引き起こされる能力(物体を自在に操る、相手の恐怖心を覚える姿に擬態する、血を含んだ風船を飛ばすなど)も同じように一般の人間には見えない。 ペニーワイズはが出てくるおとぎ話「」をヒントに作られた。 実在する連続殺人鬼で、パーティでピエロをつとめていたの影響も指摘されている。 また、この作品の公開後、ピエロの存在を怖がる人々()が少なからず現れるようになったという。 1990年の1度目の映像化から27年後の2017年に、再映像化として劇場版が公開されたが、これは劇中でペニーワイズが27年毎に現れる設定に則ったものである。 あらすじ [ ] ので、子供だけを狙った連続殺人事件が発生する。 デリーに住んでいたマイクは、事件現場近くでそこにあるはずのない男の子の古い写真を発見し子供時代にIT(あいつ)と呼んでいた奇怪なピエロ、ペニーワイズの仕業であると確信する。 マイクはかつての仲間との約束を思い出し、27年ぶりに再会することになる。 ペニーワイズ [ ] 本作における敵であり、ボサボサの赤髪に赤い鼻といった道化師の出で立ちをした悪魔。 対象を威嚇・捕食する際は鋭い牙を剥き出す。 古来デリーに27年周期で現れ、その都度事故や天災に見せかけては住人を襲っていた。 捕食対象は子供、夢を抱く思春期の少年少女であり、相手が恐怖と感じる物の姿に変化する。 物体を動かす・幻覚を見せる・神出鬼没など超常的な能力を持ち、ほとんどの大人には見えない。 基本的には多感で夢を持つ子供のみに見え、恐怖を与えるほどに美味になることから様々な幻術で対象を追い詰める。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 版 ペニーワイズ ビル・デンブロウ ベン・ハンスコム ベバリー・マーシュ スタンリー・ユリス マイク・ハンロン ティム・リイド リッチー・トージア ハリー・アンダーソン 田原アルノ エディ・カスプブラク ヘンリー・バウワーズ マイケル・コール オードラ・デンブロウ マイラ・カスプブラク シーラ・ムーア ジョージー・デンブロウ トニー・ダコタ ビル・デンブロウ(12歳) ベン・ハンスコム(12歳) ブランドン・クレイン ベバリー・マーシュ(12歳) エミリー・パーキンス スタンリー・ユリス(12歳) ベン・ヘラー マイク・ハンロン(12歳) マーロン・テイラー リッチー・トージア(12歳) エディ・カスプブラク(12歳) アダム・ファライズル ヘンリー・バウワーズ(12歳) ジャレッド・ブランカード ベンの父 スティーヴ・マカジ• 放送時のタイトルは『 イット 恐怖の殺人ターゲット・復讐の悪魔』。 放送時のタイトルは『 スティーブン・キングの イット』。 』(イットそれがみえたらおわり、 IT)は、監督によるののである()。 2度目の映像化で初の劇場版であり、本作は小説の前半を映画化した。 キャッチコピーは、『 子供が消える町に、"それ"は現れる。 日本での上映は字幕版のみの上映だったが、後のパッケージリリース時に吹き替え音声が付いた。 ビル・デンブロウ - (): の少年。 「負け犬(LOSERS)クラブ」のリーダー。 ベン・ハンスコム - (): 転校してきたばかりの太めの少年。 街の秘密を調べている。 リッチー・トージア - (): ビルの親友である眼鏡の少年。 ベバリー・マーシュ - (): いじめを受けている大人びた少女。 父親から性的暴行を受けている事が示唆されている。 スタンリー・ユリス - (): ユダヤ系の少年。 の息子。 マイク・ハンロン - (): アフリカ系の少年。 家業であるの見習い修行中。 エディ・カスプブラク - (): 持ちの少年。 過干渉の母親に行動を縛られている。 ペニーワイズ - (): 子供たちにしか見えない不気味なピエロ。 ジョージー・デンブロウ - ()(): ビルの幼い弟。 雨の日に行方不明となる。 ヘンリー・バワーズ - ()(): ベンやマイクらに執拗な暴行を加えている不良グループのリーダー。 警官の息子。 ベルチュ・ハギンズ - (): 不良グループのメンバーの一人。 パトリック・ホックステッター - ()(): 不良グループのメンバーの一人。 暴行中に隙をついて逃亡したベンを探して下水管に入り、そのまま行方不明になる。 ビクター・クリス - (): 不良グループのメンバーの一人。 グレッタ - (): ベンのクラスメイト。 ミスター・マーシュ - (): べバリーの父親。 べバリーに暴力を振るっている。 シャロン・デンブロウ - : ビルの母親。 ザック・デンブロウ - (): ビルの父親。 ラビ・ユリス - : スタンリーの父親。 スタンリーの母 -• リロイ・ハンロン - : マイクの祖父。 ソニア・カスプブラグ - (): エディの母親。 バワーズ警察官 - (): ヘンリーの父親。 キーン - ジョー・ボスティック():グレッタの父親。 スターレット - エリザベス・ソーンダース():デリー図書館(児童図書館)の担当。 ホーボー - 評価 [ ] 興行収入 [ ] 北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、監督の映画No. 1の大ヒットを記録した『』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No. 1の大ヒットを記録。 テレビ放送 [ ] テレビ用に編集し、放送された。 4億円 前作 「」も参照 キャッチコピーは、『 また、会えたね。 前作と違い、字幕版に加え、初めて吹き替え版上映が行われた。 ビル・デンブロウ - ()• 少年期のビル - ()• ベバリー・マーシュ - ()• 少女期のベバリー - ()• ベン・ハンスコム - ()()• 少年期のベン - ()• リッチー・トージア - ()• 少年期のリッチー - ()• マイク・ハンロン - ()()• 少年期のマイク - ()• エディ・カスプブラク - ()• 少年期のエディ - ()• スタンリー・ユリス - ()()• 少年期のスタンリー - ()• ペニーワイズ - ()• ジョージー・デンブロウ - ()()• カーシュ夫人 - ()• ヘンリー・バワーズ - ()• 少年期のヘンリー・バワーズ - ()()• ハギンズ - ()• ビクター - ()• べバリーの父 - ()• エディの母 - ()• キーン(グレッタの父) - ジョー・ボスティック()• エイドリアン・メロン - ()• 質屋の店主 - 脚注 [ ] []• Stephen King. 2017年12月10日閲覧。 Dery, Mark 1999. Grove Press. 2016年5月1日閲覧。 2017年10月3日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2018年2月15日. 2018年2月22日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年11月9日閲覧。 『 関東版』2019年23号、、 57頁。 - 2020年2月14日閲覧。 映画ナタリー 2019年10月14日. 2019年10月14日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年11月1日. 2019年11月1日閲覧。 外部リンク [ ] 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の