丸亀 ボート レース リプレイ。 全国の競艇ライブ中継&リプレイ

競艇場(ボートレース)ライブ

丸亀 ボート レース リプレイ

丸亀競艇場の水質は海水で柔らかく浮力があるため、体重の重いレーサーが有利です。 また、競争水面は海に面した場所にあることから、 干満差の影響でスタート勘が掴みにくいといった特徴あり。 つまり、乗りなれた地元選手や、スタート巧者の選手が有利と言えますね。 干満差に関しては 満潮時はインコース、干潮時にはアウトコースが有利となります。 特に、丸亀競艇場の満潮時はうねりの発生により マクリが効きにくいといった特徴があるんです。 展開としてはイン逃げと差しの勝負となるため、インコースが特に強いと言えます。 逆に 干潮時になるとマクリが有効で、センター勢にも勝利のチャンスとなります。 丸亀競艇場の舟券予想では、潮汐表のチェックは欠かせませんよ! 風の影響 丸亀競艇場は、 1年を通して北から吹く向かい風が特徴的です。 特に冬季は季節風となり、強風の日が多くなります。 しかし、天候の変わり目には逆に追い風に変わることがあり、干満差と合わせてスタートを難しくさせています。 また、レースでは向かい風はアウトコースに有利とされていますが、 満潮時にはうねりが原因で苦しむ場面もあり。 干潮時であればしっかりアウトの強さを後押ししてくれるため、センターやアウトコースからのマクリに期待できます! 予想ポイントまとめ 干満差と風についての情報を、しっかり取り入れた予想が必要な丸亀競艇場。 特に、満潮時の水面は風の影響をモロに受けやすいため、 強風時には難水面に強い選手を押したいところ。 こういったクセの強い競艇場では、若手がインに入っていてもなかなか買い難いと思います。 時には インでも見切る必要があるレースもあると思うので、選手の情報も忘れずにチェックしましょう! 開催日程 丸亀競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 予想・オッズ情報 丸亀競艇場のレース予想はこちらから見ることができます。 ライブ&リプレイ動画・レース結果 丸亀競艇場のライブ動画、レース結果はこちらから見ることができます。 予想を仕入れる ただむやみに大穴狙いをしてもうまくいかないのは何度かやっていくとわかります。 そこで利用したいのが一般に競艇予想サイトと呼ばれる競艇予想サービスです。 競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して大穴が出るレースを洗い出してくれます。 無料情報で勉強して自分で時間を使い場数を踏んで得意な競艇場や勝ちパターンを作ることも大事ですが、競艇予想サイトを活用するのも時間短縮して稼ぐ確率を高める一つの方法です。 3つの競艇予想サイトの予想結果 今回、実際に使った評判のいい競艇予想サイトの 実績結果を掲載します。 2019年9〜10月に実際に競艇予想サイトを使った内容になります。 注意)競艇予想サイトは手を抜いた予想を出してくるところもたくさんありますので、きちんと理論と経験、足を使って調査してくれる予想サイトを選ばないといけません。

次の

レースリプレイ|ボートレース平和島

丸亀 ボート レース リプレイ

競走水面は海で水質はもちろん海水。 江戸川競艇場にめちゃくちゃ似てると言われている。 江戸川競艇場と同じ滋養に、インが強い競艇場として有名。 インと2コースに強豪選手が入るとオッズが極端に偏る為、一般戦ではインに強い選手が入らないようにしている。 水面は石垣で囲まれていて、綺麗と有名。 潮位差が大きい 競艇場でもある。 「追い潮+追い風」「向かい潮+追い風」など風の影響と合わさって、スタートを決めるのが難しい水面と言われている。 満潮の時は水面が高く不安定になり、うねりも出て乗りづらくなる。 これにより、全速ターンが難しくなって、捲りが決まりにくく、インや内コースの差しが有利になる。 うねりに負けない選手を確認しておきたい感じ。 干潮時は水面が穏やかになる。 満潮時とは真逆で、全速ターンで攻めるスピード戦が展開される傾向にある。 モーターの強さがそのまま出る。 捲りが決まりやすく、捲り差しも増える傾向にある。 丸亀競艇場(ボートレースまるがめ)のデータ.

次の

TELEBOATスマートフォン版 レースリプレイ ボートレース下関 レース選択

丸亀 ボート レース リプレイ

ボートレースまるがめの「ヴィーナスシリーズ ブルーナイターエンジェルCUP」は8日に開幕する(13日まで)。 昨夏の蒲郡・レディースチャンピオン覇者の大山千広(福岡)がシリーズを引っ張るだろう。 6月の児島・ウエスタンヤングではG1覇者の仲谷颯仁、村松修二らを相手にせず〝王道V〟を飾り、ヴィーナスシリーズでも4月の桐生・第2戦と若松・第3戦で連続Vを飾っている。 地元の平高奈菜(香川)は5月の住之江・オールスターでは自身初のSG準優入りを果たすなど、男子強豪が相手でも互角の走りを披露した。 まるがめは5月のレディースVSルーキーズバトルで優勝。 当地2連続Vを目指して突き進む。 レディースチャンピオンV2の実績を誇る田口節子(岡山)も当然ながら優勝争いに絡むはずだ。 スタート力抜群の宇野弥生(愛知)、2015年の福岡・クイーンズクライマックス覇者の川野芽唯(福岡)や藤崎小百合(福岡)も地力は十分。 7月からA1初昇級の深川麻奈美(福岡)、当地3連続優出中(2、1、3着)の櫻本あゆみ(東京)、西橋奈未(福井)、渡邉優美(福岡)、中村桃佳(香川)、土屋南(岡山)らも要注目。 (データは6月18日現在).

次の