イシヘンジン 出ない。 【剣盾ダブル シリーズ2】キュウコンリザヘンジン:めも

【コオリッポ】が出ない。出現地、分布はどこ?出現条件は?|ソードシールド(剣盾)

イシヘンジン 出ない

こんにちは タネボーと申します。 愛知CLは惨敗してしまいましたが 今回はオリジナルデッキをつくって真剣に大会に臨んだので、記録として初めてノートを書くことにしました。 簡単に自己紹介ですが500円デッキが発売されたころに初め、ポケカ歴は約1年半くらいになります。 普段は千葉にある柏か松戸でたまにポケカをやる程度です。 最近は忙しくあまり行けていません。 ポケカ以外に好きなのは、バイク、カラオケ、麻雀、野球(横浜ベイスターズ)などです。 今年の大型の主な成績は東京CL 5-3シティ1柏 8-1シティ2 柏4-2 と、あまり目立った成績はなくどこにでもいる普通のプレイヤーです。 今まで運よく東京CLと愛知CLは優先権を持って出場できていたのですが、今回は愛知CL一週間前の直前のシティで負け後がなく、絶対に完走して京都の優先権を取りたいという気持ちが大きくどうしたら自分が勝てるか考えた結果、環境にマッチした新しいタイプのデッキで乗り込むという結論に至りました。 まずは自分の環境予想から とりあえずレギュ落ち+ルール変更後の初めての大型大会だったので注目のポイントとしては 1先行はサポートカードが使えない。 2ニコタマがない。 3グズマがない。 4ブロアーがない。 特に1の影響は大きく特性でのドローができるデデンネ、ザシアンの採用されたデッキタイプが強いこと。 2によりスピードが早く溶接工が入る炎が強いこと。 3により裏が狩られずらく、システムクリーチャーが強いこと。 4により道具全般が強く特に鋼鉄のフライパンが強いこと 他にも色々ありますが、ざっくりと、こんな感じで考えてました。 さらに、直前のシティリーグでは3ザシに速度で有利が取れるミュウ3(炎)とピカゼクが暴れていましたので、この2つのデッキタイプが環境の中心と考えました。 その2つのデッキタイプに加え速度以外万能で非エクやコントロール系統にめっぽう強く安定感のある3ザシ。 tier2としては、プレイ速度が遅いと使うことができないが、めっちゃ強いモルペコ人形。 超万能でタッグに有利なズガアゴ。 速度が遅くてめちゃくちゃ難しいが使いこなせれば硬くて強いメルザシ。 この辺りと予想しました。 tier3としてtier1に対して相手の構築次第では詰ませることのできるタチフサグマ。 どんなデッキとも戦うことのできるカビゴン。 タッグに強いがタチフサグマとモルペコにめっちゃ弱い子ズガ。 ハマれば強いコータス。 時間制限が厳しくミュウ3(炎マグカルゴ)には絶望的なピジョコン辺りを予想しました。 とりあえずいえることはデッキタイプが多すぎて上記のデッキの全てに有利が取れるデッキタイプなどないという結論になりました。 また、ハイパーボールやテテフがない新しい環境の中で、デデンネやザシアン、それに触れるグッズを積むことのできる安定感がtier1のデッキ達は頭1つ抜けているように思いました。 なのでデッキの選択としてtier1のデッキにメタカードを積んだデッキ(ミュウ3の隠密フード)(ピカゼクのシャードボックスミミッキュ)(3ザシの無人発電所や戒めの祠など)か、ずっと使っていて慣れている子ズガを握ろうかと思っていましたが、グズマがない関係で様々なデッキにピッピ人形が出張すると考えてしまい、とにかく迷走していました。 愛知CL3日前でもデッキが決まらず、もうシティと同じミュウ3(炎)でいいかとも思いましたが、どうも練習量が足りずプレイングに自信もなく、環境デッキ握ってメタきつい中で正面から殴り合いをしても完走できる気がしなかったので、LOを握ろうと考えました。 (LOとはライブラリーアウトいわゆる山札切れを狙うデッキです) スタン落ち前にフーパLOをそこそこ使っていたので少し慣れていたことと、デデンネや博士の研究などで環境が高速化していたのでいけるのでは?と思いました。 しかし、現実としてはスタン落ちによりフーパLOのエースであるフーパ、最強の回復ソースの満タンの薬とかわいいアセロラ、カウンターキャッチャー、プルメリ、なによりも最強のルザミーネがないので従来の構築は不可能でした。 既存のLOは、私の知る限りピジョンコントロールのみでしたが、このデッキは環境予想のtier1の3ザシとミュウ3(炎)にはほぼ勝てず、環境に合わないこと。 また、デッキを枯らしてリソースマネジメントのヤレユータンで手札を枯らすか、エネルギーを全て破壊し、ザクザクピッケルでデッキトップを封じるタイプで時間がかかる上に対戦相手をめちゃくちゃ不快させるデッキであり握りたくなかった。 (ザクザクピッケルは個人的にはめっちゃ嫌い。 あれはオナニー。 ) 上記の理由により自分で1からLOデッキをつくることにしました。 最初に、考えたのは3神どうすんの問題です。 オルタージェネシスにより非エク3体倒されたら負けなのでLO系の天敵であり、さらに、とんでもない火力を毎ターン連打できます。 これを解決するために特性頑丈をもつ、ドンファンを使おうと思いました。 ドンファンの頑丈で1発耐えて死ぬほど耐久するデッキです。 ドンファンは私が初めてジムバトルに出たときに使ったカードで、非常に思い出深いカードだったので、めっちゃ使いたかったのですが、とりあえず仮組みして回した感想としては、非常にプレイングが難しく、底なし沼を溺れながら泳いでる感じでした。 これを25分で回して勝つには私の頭では無理という判断に至りました。 そもそもLOと相手にすぐバレて山掘ってくれないということに気づき、(このときで大会まで残り2日)普通に殴る感だして相手に勝手に山使わせることにしました。 (時間がなく頭で考えただけで試してはないです。 そのうち真面目に考察したいです。 ) 行き詰まり前に適当につくったイシヘンジンのデッキが強くはないが、ストーンギフトで回復しながら戦うと硬かったことを思いだしなんとなくLOで組むとけっこう戦えたので時間もないしこれで行こうと少し調整して大会に臨むことにしました。 (大会前日) ざっくりとこのデッキを説明するとイシヘンジンV-MAXとピッピ人形でひたすら耐えて相手の山を削り切るデッキです。 このデッキのポイントとなるカードの紹介 マチス サイドが負けていればサポートが2枚使えるがこのデッキはサイドを取らないので、最序盤以外はいつでもサポートを2枚使える。 めっちゃ強い。 私は略すときはハチクマンと宣言します。 このデッキの主役。 追加効果も強い。 ハンサム 最強のカード。 ポケカを初めたときにシロナが高かったので20円のハンサム4枚から初めた思い出もあり、また使えて嬉しい。 ホイッスルもあるのでハウが使われることはないのではとポケカを初めたころ思った。 序盤は普通にドローサポートとして使うが、めっちゃ怪しまれる。 しれっと使って誤魔化そう。 真面目に解説するとヤレユータンと合わせると割と好き放題できる。 マチスを回収することで次のターンもマチスを使える。 頭おかしい。 タッグコール 1対2交換。 強欲な壺。 友達手帳と合わせると限定的な時のパズルように使える。 ザシアンV 生きるセレモニー。 タネなのでサーチも効く。 このデッキは有利不利がはっきりしており、得意な相手にはあまり頭を使わずに勝てるので自分の体力を温存できること。 苦手な相手でもメタ外のデッキなので対策されておらず、初見殺しで相手のプレイミスを狙えること。 意外と3ザシとズガアゴ以外はどうにかなると思い当たらないことを祈りました。 個人的相性表 対ピカゼク 9-1 ほぼ負けないと思います 負けるとしたら種きれくらいでしょうか イシヘンジンで殴ることを視野に入れながら育てると勝手に山が削れ楽に勝てます。 弱点つけるので進化前でも殴り殺せます。 対ミュウ3(炎) 8-2 デデンネ2回かデデンネ1回+博士の研究1回くらい打ってくれれば多分勝てます。 デッキがバレないようにイシヘンジンを育てましょう マグカルゴの溶岩流とマックバンGxに気をつけましょう 対3神ザシアン 2-8 tier1の中で最も辛い相手。 先行ならイシヘンジンにエネルギーを毎ターン貼ってオルタージェネシスのタイミングでダイロックを狙います。 相手がマオスイレン等で逃げた場合はこちらも逃げて体制を整えます。 ですが、倒すこともできるくらいのプレッシャーを与え相手の山を削らすのが目的です。 理論上ヤレユータンのリソースマネジメントを1回ハンサムで回収しないと勝てないです。 つまりイシヘンジンVMAXを1枚取られたら負けになります。 かなり厳しいです。 アブソルを置かれると更に辛いです。 対モルペコ 7-3 基本的にはマリィを強く打ってくる相手だと思っています。 V-MAXされるとピッピ人形が死滅しますが返しのダイロックで殺せるので基本的には泥試合になるはずです。 このマッチの最大の敵は時間になります。 自分も辛いですが相手のが辛いはずなので根気よく耐えましょう 対メルザシ 6-4 基本的には有利だと思っていますが、本戦ではアブソルを置かれ、マリィを5回打たれて負けました。 (シロナカトレア回収分を含む) 相手のマリィの採用枚数次第ですが、友達手帳を最低2枚落とさなければ行けると思います。 落ちてもヤレユータンを1回挟めば多分勝てます。 丁寧なプレイよりはある程度必要パーツがそろえばさっさとLOを開始してしまった方がよいと思います。 対ズガアゴ 3-7 実はけっこう辛い相手。 青天井の火力でイシヘンジンが倒されることとバーストGxで1枚サイド誤魔化されるのが辛いです。 バレないようにサイド4枚にしてビーストリングを探していってくれないと勝てません。 炸裂バーナーもわけわかんないくらい強いです。 ケルディオとアローラペルシアンを真面目に考えるくらいには辛い相手ですがあまりいないから当らないだろうと読み見事本戦で当たりました。 対タチフサグマ 10-0 基本的に負けません。 ヤミラミとイベルタル以外火力出ませんがイシヘンジンは1枚以上出さないほうが無難です。 イカが沢山入っているオロヨワ(超ミュウ3)も辛いです。 3-7くらいでしょうか?上位卓にはけっこういましたので私の環境読みは良くなかったです。 対モクナシゴリラ 0-10 無理。 絶対勝てません。 諦めましょう。 このデッキを使うにあたり、プロモジラーチ使ってるのにハンサムをしれっと使う違和感が凄いと友達に指摘されたため、仕方なく通常のジラーチを使用。 (ブスだから使いたくない) スリーブも最近出たアローラの守り神とかいう初心者っぽいものを使用しました。 プレイマットも会場に持って行きましたが、当日は使用しませんでした。 当日のマッチアップ 1戦目 3神ザシアン お相手ザシアンスタート 3神じゃなくてメルカリ出してくださいとお祈りするがタッグコールで普通に3神呼ばれる。 ダイゴでやっと違和感もたれた。 そのままLOして勝ち。 2戦目 3神ザシアン お相手3神スタート。 連続で3神ザシアンと察して禿げそうになる。 ピッピ人形を押し付けてリソースマネジメントで全て回収。 今大会のベストバウト。 理想の動きができて満足。 めっちゃ疲労した。 3戦目 3神ザシアン 3神ザシアン2連続で疲れていたのでそろそろ有利マッチ踏みたいと思っていたところにまたこいつもうやめて。 キョロキョロと対戦卓の周りを確認すると3ザシ全然いなくて発狂。 マジでピカゼクとミュウ3あたらん しかもアブソル入りの1番めんどいやつ。 最後相手の山あと4枚だったけどマチス触れれず負け。 最後自分山が大部なかったので友達手帳使ってトップマチスの可能性を上げるべきだった。 練習の足りなさが出てしまったマッチでした。 4戦目 メルカリザシアン またザシアンやんけとメンタルボロボロの中でメルカリ出てきてちょっとやる気でた。 必要パーツを集めながらマリィ打たれるまた集めるマリィ打たれる集め・・・え、君マリィ4投してるんだふーん。 2枚目のザシアンがサイドで立てれず最後マリィにわからされて負け。 上にも書いたとおりさっさとLOすべきだったとプレイを反省。 お相手残り山6枚。 5戦目 マグカルゴ おそらくとーしんさんが使っていた感じのマグカルゴだと思う。 ギミックが噛み合っていて非常に見ていて気持ちがよかった。 マックバンGxのみをケアしながらそのまま勝ち。 6戦目 スガアゴ サイド誤魔化される嫌な相手。 そしてスタート種無しかつジュジュハチ見られLOバレる こうなると炸裂バーナー打たれながらゆっくり潰されるのでかなり辛い。 やるだけやろうと頑張ってパーツ集めているとお相手からマリィ宣言。 ズガアゴに溶接工と博士以外のドローサポート入るですね。 お相手の残りの山はたんまり。 完全敗北。 こうして私の愛知CLは3-3と今シーズン最低の成績で終了しました。 結果としては環境を読みはずしてボロ負けでした。 3ザシのデッキパワーを舐めてた私の完全敗北です。 こやつを環境の中心で考えるなら子ズガでよかったです。 ザシアン対策と思われるマリィがついでに刺さってしまった感もあります。 シニアで結果を出した3ザシやマリィを重く見たフラージェスピッピ人形LOと比べるとデッキとしての完成度も足りませんでした。 あとは練習がちょっと足りなかったです。 デッキは最低でも一週間前に決めないと駄目だと痛感しました。 結果は奮いませんでしたが、新カードを使って1からデッキをつくったことが久しぶりで楽しかったです。 細かいレシピについてあまり自信がないので全体では公開はしないことにしました。 どうしても知りたい方はTwitterかなんかでメッセージをくれればさしあげますが、パーツの枚数やバランスなどを考えることが非常に面白く感じました。 私も最近忘れていましたが、新しいデッキをつくるきっかけにしていただければと思い、記事を書いてみました。 非常に長文になってしまいましたが最後まで読んで頂きありがとうございます。 もしよろしけばTwitterにいいねとかしてもらえると大変喜びますのでよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】おすすめのヨロイこうせきの稼ぎ方【ミツハニーハント】

イシヘンジン 出ない

すごく個人的な感想なのですが、関西弁が似合うと思うんですよ(進化するとより似合う気がする)。 「すまんな、もらってくで!」みたいな。 憎めないのは、僕が関西人だからかもしれません。 編集者・ゆーみん17のお気に入り 私が選んだのは、とにかくかわいくてかわいくて仕方がないポケモンたち。 いっしょにキャンプをするだけで、ほんっっっと~に! 癒されるんです! 仕事が終わったらみんなといっしょにキャンプをするのを日課にしています。 編集者にあるまじき語彙力不足を感じられるほど、かわいいしかいえないポケモンたち……。 みてくださいこのかわいさを。 そして、ぜひ仲間にして、いっしょにキャンプしてみてください! タタッコ 大きい頭とまるっこい手がかわいい。 はじめてバトルをして、倒してしまった際に、動作と目が ><ってなるのが超かわいくてひとめ惚れしました。 字面がかわいい。 捕まえたときに、図鑑説明を見て衝撃を受けました。 いや、でもポケモン界の中では賢いほうなのかなぁ……? うーんかわいい。 タタッコの生息地は9ばんどうろです。 編集者・北口徒歩2分のお気に入り 連れて行くなら、愛らしいポケモンがいい! ということで、旅パでもゆるい&かわいいやつらをおもにチョイス。 おばあちゃんになっちゃったよ! って感じですが、頭がデカくて、ゆらゆら揺れているのがかわいいくさタイプ。 ティーカップからティーポットになってパワーアップ。 でも相変わらず割れてるし、今度は底も抜けてる。 そこは直したほうがいいのでは? と思うが、かわいいので許す。 ゴーストタイプなので、ノーマルタイプ&かくとうタイプの技が無効なのがうれしいですね。

次の

イシヘンジン

イシヘンジン 出ない

はじめに 運営のシャンディです。 今回は2019年12月1日に開催されたDEXオフで見事に優勝された ななかさん にパーティの掲載許可をいただきましたので紹介します! イシヘンジンや ラフレシアといった現在のランクバトルではあまり見かけないポケモンを採用した個性的なパーティとなっています。 ぜひご覧ください! 構築概要 新特性:パワースポットを持つ イシヘンジンと サンパワーリザードンを組み合わせたパーティです。 イシヘンジンの特性パワースポットは 味方の技の威力を 1. 3倍にする効果を持っています。 33倍と記載しておりましたが、正しくは1. 3倍であることが判明しました。 お詫びして訂正いたします。 極端に低い特防を補います。 このように 上からの高火力で相手に攻撃される前に倒していけることが強みのパーティになっています。 また、このパーティには他にも強力なプランが用意されています。 他のプランの動きには後述する選出と立ち回りの項目で紹介します。 ブリムオンはこのルールのトリックルーム要因の中でも火力が高く、エスパー技、フェアリー技を半減してくるはがねタイプに対してはコータスが強いため、 トリックルーム中にコータスと並ぶと止まりにくい点が強みです。 配分は耐久振りですが元のとくこうが高く、イエッサンがサイコフィールドを貼っているためかなり火力が出ます。 コータスが相手2匹を倒せる場面では、その隙にめいそうを積むことで相手の後続に備えることができます。 持ち物はリリバのみを持っており、すじがねいりジュラルドンにトリックルームを防がれないようになっています。 持ち物はいのちのたま。 とくこうは低いですがサイコフィールドといのちのたまを合わせることで十分な火力を出せ、 イエッサン自身が相手を削りに行くこともできるようになっています。 晴れ状態のこだわりメガネ「ふんか」が非常に強力で、 HP 全振りのウォーグルをダブルダメージでも余裕で倒すほどの火力を相手2匹に打ち込みます。 「ふんか」で拘った場合はHPが削られると火力が出なくなってしまいますが、ダイマックスさせることで拘りを解除し、 「ダイバーン」や「ダイソウゲン」に切り替えて攻撃を続けることもできます。 前述の通りイシヘンジンのサポートを受けて高火力で相手を1発で仕留めていきます。 基本的には「ねっぷう」を打つことが多いですが、場合によってはリザードンをダイマックスさせることで技を打ち分けたり 「ダイジェット」を打ったりと臨機応変な戦い方ができます。 そのため低いとくぼうを補うために配分はとくぼうに全振りし、サイコシードを持たせて並みのポケモンほどの特殊耐久になっております。 素早さは最速になっていて、ロックカット後にこだわりスカーフリザードンよりも先に動けるようになっています。 技構成が特徴的で、 ダイマックス技での追加効果を重視した構成になっています。 リザードンが倒された場合は「ダイロック」で相手を攻撃できるようになっており、 追加効果ですなあらし状態になるためいわタイプのイシヘンジンはとくぼうが1. 5倍になります。 くさ技はほのおが通らないみずタイプやいわタイプに対して有効で、攻撃範囲の面でも相性がいいです。 「ムーンフォース」はサザンドラやウオノラゴンなど、ほのお技が通らないドラゴンタイプに対しての打点になります。 持ち物がきあいのタスキなので「ねむりごな」などの技を複数回打ちやすく、相手にすると非常に厄介なポケモンです。 選出と立ち回り 選出は主に次の3パターンの中から選択します。 イエッサンが倒れたところにこだわりスカーフを持ったリザードンを繰り出します。 次のターンに2匹とも残った場合は「ダイアーク」で相手の特防を下げながら「ねっぷう」を打ち続けることでほのお半減の相手も押し切ることができます。 ダイマックスは色々なポケモンに切る選択肢があり、 ブリムオン:相手のダイマックスドラパルトを倒すために「ダイフェアリー」を打ちたい場合 コータス:「ふんか」で拘っているが削られてしまい他の技に切り替えたい場合 リザードン:「トリックルーム」が切れた後に詰めのアタッカーとして「ダイジェット」や「ダイバーン」を打ちたい場合 と状況に応じて使い分けることができます。 選出1、選出2と違い1ターン目から高火力を出していける攻撃的な並びです。 先発にコータスを出しているため「ダイバーン」を打たなくても晴れ状態になっており、 片方が倒れた後はイシヘンジンではなくリザードンを先に繰り出しても最初のターンからサンパワーを活用して攻撃することができます。 さいごに 様々なプランから高火力を出せる、使って楽しいパーティになっています。 レンタルIDも公開して頂いているのでぜひ使ってみてください! 今回はイシヘンジン、ラフレシアといった珍しいポケモンを採用したパーティの紹介でした。 現在流行っていなくても実は強力なポケモンはまだまだたくさんいると思うので、これからどんなポケモン、どんな型が出てくるのか楽しみですね! パーティ作成者 JCS2016 準優勝 WCS2016 Day2出場 ブログ:• ダブルバトルメイン。 ウインディ、ウツロイドが好き。 ポケモンカードもプレイしており各地のチャンピオンズリーグに遠征しているが、毎回敗退しているため「旅行が趣味」という設定にしている。 <ゲーム部門> 全国大会 2017~2019出場 WCS2017 Day2出場 WCS2019 Day1出場 <カード部門> 2019シーズン:住所を登録し忘れてプレイヤーズセレモニーが届かない 関連する記事• 2020. 09 レンタルチームID:0000 0000 BLM5 L0 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 04 レンタルチームID:0000 0001 BXB9 FB 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 20 目次 1. バンギラスの基本データ2. バンギラスの特徴2. 特性「すなおこし」を持つ優秀なポケ […][…]• 2020. 26 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. ダラス […][…]• 2020. 10 目次 1. はじめに2. 構築紹介2. ラプラス(キョダイマックス)2. エルフーン2. […][…].

次の