桜井誠 ツイッター。 桜井誠 X 日本第一党

大嫌韓日記

桜井誠 ツイッター

コメント: カバーに多少キズやイタミ、経年程度の使用感やヤケ、薄いヨゴレ等が有る場合もございますが、普通に読む分には問題のない商品です。 梱包は簡易包装となります。 清掃後、防水用の袋に梱包して発送いたします。 ポスト投函なので、不在時でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)付属品がある場合には、その旨を明記しております。 説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ゆうメールは、日曜、祝日の配達はございません。 【ゆうメールには追跡番号はございません。 ご了承願います。 】中古品の為、検品には万全を期してますが、状態説明に鎖誤 瑕疵等ある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。 <初出:2016年6月16日> 昨日(2020年1月28日)1日で、5件のレビューが消された。 ここ3週間で9件である。 その内7件が2016~2018年のもので、こんな古いレビューを消して意味があるんだろうかと思えるものばかりだった。 マスメディアしか見ていない人々からは、在特会はヘイトスピーチを繰り返す差別主義者で、危険団体のように思われている。 警察の許可を得て合法的に行われている在特会のデモを妨害する行為は、完全に違法行為である。 同じ時刻に同じ場所で、2つの団体に同時にデモの許可を出すことはないからである。 公道を封鎖してデモの参加者の通行を妨害するのも違法行為である。 その結果、近隣の店の営業妨害となり、日本人住民だけでなく、朝鮮人店主からも迷惑がられているという。 また桜井氏は、デモは日本人住民から歓迎されないと思っていたところ、新大久保の住民から拍手を持って迎えられ、驚いたという。 町のゴミ出しのルールを守らない、粗暴な韓国人によるトラブルが絶えず、治安が悪化する。 不動産の賃貸契約を守らず、ビルの勝手な改装を行い、家賃を滞納してオーナー側が撤去を求めると暴れるなど、やりたい放題の韓国人に対して手を焼いていた新大久保の住人にとって、在特会のデモ行進は歓迎すべきことだったという。 マスメディアは本当に苦しんでいる日本人の存在を敢えて無視し、ひたすら韓国人の側に立って、「ヘイトスピーチ」などとレッテルを貼り続けてきたのである。 デモに参加しようとした男性1人を10人で取り囲み、集団暴行を加えて重傷を負わせるなど、「しばき隊」とその関連団体からは逮捕者続出である。 昨年、「はすみしばきプロジェクト」を起こした「ぱよぱよちーん」ことKN、ツイッターで意見の異なる相手に誹謗中傷、脅迫を繰り返していた「新潟日報」報道局長など、「差別反対」を口実に「レイシスト」と自分らが勝手に決めつけた人たちの人権を蹂躙する「しばき隊」幹部の異常性を取り上げている。 極めつけは、仲間割れによるリンチ事件である。 飲食店で若い日本人メンバーを1時間に渡って暴行を加え、重傷を負わせたのである。 このように、しばき隊はまともな団体ではなく、その実態は左翼暴力集団であり、異論を唱える者を徹底的に粛清するのは左翼の伝統芸なのである。 このリンチ事件は、昭和46(1971)年から47(1972)年にかけて、「総括」と称する集団リンチで12人ものメンバーを虐殺した連合赤軍の「山岳ベース事件」との類似性を指摘する人も多い。 以上、反差別団体の危険性がよくわかる内容となっている。 桜井氏は、自分を「温厚な私」「自他共に認めるジェントルマンである私」「善良そうなイケメン男性」と表現しており、笑える要素もある。 日本人が日本人の為に発信する主張に耳を傾けてください そして街で直接演説を耳にする機会があれば、後でその内容をマスコミがどう報じるか答え合わせしてください なぜかは読んだ人か、今までの事情を知っている人にしかわかりません。 本書はタイトル通りの内容です。 しかし勘違いしてはいけないのが、しばき隊と桜井さんとの関係です。 合法・正式に届出許可を得た桜井さんに対し抗議活動の邪魔をしてきたのがしばき隊。 しばき隊と聞けば、関わりたくない自称反差別主張のチンピラというイメージがあるだけで、詳しいことは知らない人がほとんどです。 本書ではかなり突っ込んだことがわかります。 実際には長年の放置で攻撃的になってリンチ等、逮捕者までだした危険な集団です 平和安全法制を批判するような人こそ、身近な、治安、防衛、危機管理として知るべきです。 エフセキュア問題、しばき隊リンチ事件 十三ベース事件 、密接な国会議員との関係も具体的に語られています。 最近のリンチ事件は政治的な臭いのある事件なのにメディアでも大きく報道はされません。 まだ全く解決しておらず、裁判等今後の成り行きにはこの本がかなり重要な意味を持つと思います。 マイナンバー、安保法制が日本人を護る法律なら、ヘイトスピーチ対策法は逆で日本人を貶める為の法律。 これは日本人が日本人の自らの首を絞める法案です。 平和ボケ、無関心の日本人がこの先も増えれば、この法律が都合よく歪められ暴走し行政も司法も不安定になり非常事態になり得ます。 本書の内容に通じる全国民に向けてのメッセージが聴けるのか? そういう意味でも読んでおいて損はないと思います 足りない部分は他の方のレビューを参考にしてください 大事なことなので追記 ヘイトスピーチ対策法の問題は、そもそもの発案の目的と発案が審議され成立するまでの経緯です。 憲法で保障された、表現の自由の絡みがあり、現実には理念法で罰則はありません。 一番許せない問題は、ありえない目的、日本人の表現の自由を侵害しかねない目的の発案が 理念法だとしても、多くの国民の関心を無視してしらっと成立に至ったという経緯だと思っています.

次の

桜井誠 X 日本第一党

桜井誠 ツイッター

— 2020年 1月月22日午後1時02分PST 桜井誠氏は、2006年に 「在日特権を許さない市民の会」略して「在特会」を設立しました。 活動内容は、団体名の通りで、 日本国内に在住する在日韓国人、朝鮮人が持つ特別永住資格などを不当であるとし、その撤廃を目指してデモや集会をする、というもの。 () 在特会の活動は、差別発言であるとみなされ、 訴訟問題にも発展しています。 — 有田芳生 aritayoshifu 桜井誠氏は2014年に団体を退任したものの、その極端な思想を持った桜井氏が都知事選で11万票も獲得したことに、注目が集まりました。 日本第一党 — 2020年 4月月22日午後2時15分PDT プロフィール 桜井誠 本名 高田誠 1972年2月15日 福岡県北九州市出身 学歴 福岡県立中間高等学校卒業 経歴 高校卒業後地元でアルバイト生活を送り、1997年に上京。 江戸川区役所の非常勤務職員や警備員などの仕事をしていました。 2002年の日韓共催ワールドカップの頃、 Doronpaというハンドルネームで 韓国や北朝鮮を批判する投稿をして注目を集めます。 2005年に日本テレビの討論番組で、朝鮮問題に詳しいブロガー「木村誠」の名前でゲスト出演したのを機に、 右派の若き論客、ネット言論界のカリスマとしての地位を固めていきました。 うーん、だいぶ香ばしい匂いがする方ですね・・・。 桜井誠の公約は? () 桜井誠氏は都政に対する3つの政策として ・都民税ゼロ・固定資産税ゼロ ・パチンコ規制 ・外国人生活保護の即時停止 を挙げています。 一番声高に言いたいのは、3つ目なのでしょうね・・・。 桜井誠の家族構成は?結婚や子供は?.

次の

百田尚樹さん、桜井誠を応援していた過去を抹消「彼はおぞましいヘイター」

桜井誠 ツイッター

— 2020年 1月月22日午後1時02分PST 桜井誠氏は、2006年に 「在日特権を許さない市民の会」略して「在特会」を設立しました。 活動内容は、団体名の通りで、 日本国内に在住する在日韓国人、朝鮮人が持つ特別永住資格などを不当であるとし、その撤廃を目指してデモや集会をする、というもの。 () 在特会の活動は、差別発言であるとみなされ、 訴訟問題にも発展しています。 — 有田芳生 aritayoshifu 桜井誠氏は2014年に団体を退任したものの、その極端な思想を持った桜井氏が都知事選で11万票も獲得したことに、注目が集まりました。 日本第一党 — 2020年 4月月22日午後2時15分PDT プロフィール 桜井誠 本名 高田誠 1972年2月15日 福岡県北九州市出身 学歴 福岡県立中間高等学校卒業 経歴 高校卒業後地元でアルバイト生活を送り、1997年に上京。 江戸川区役所の非常勤務職員や警備員などの仕事をしていました。 2002年の日韓共催ワールドカップの頃、 Doronpaというハンドルネームで 韓国や北朝鮮を批判する投稿をして注目を集めます。 2005年に日本テレビの討論番組で、朝鮮問題に詳しいブロガー「木村誠」の名前でゲスト出演したのを機に、 右派の若き論客、ネット言論界のカリスマとしての地位を固めていきました。 うーん、だいぶ香ばしい匂いがする方ですね・・・。 桜井誠の公約は? () 桜井誠氏は都政に対する3つの政策として ・都民税ゼロ・固定資産税ゼロ ・パチンコ規制 ・外国人生活保護の即時停止 を挙げています。 一番声高に言いたいのは、3つ目なのでしょうね・・・。 桜井誠の家族構成は?結婚や子供は?.

次の