プルームテックプラス 裏技。 プルームテックのカプセルが余らないリキッド補充&再生方法まとめ

【プルームテックプラス】12種類のたばこカプセルを吸った感想|フレーバーの気になる味は?

プルームテックプラス 裏技

非喫煙者にタバコを進めても、なかなかモニターになってくれる確率は低いと思われます。 定かではございませんが、以前Ploom TECH(プルームテック)の公式ホームページから会員登録をしています。 もしかするとですが、PONTA会員とJTスモーカーズIDの両方に登録していた方が良いのかもしれません。 無料で簡単に登録できますのでこちらの登録も必ず行ってください。 この新しく追加された2つもモニタープレゼントを行う可能性は十分にあり得ますので、PONTA会員とJT会員の登録をしておく事をオススメします。 タバコだって貰えちゃいます! JT会員に登録しておけば、色々なキャンペーンのお知らせがいち早く届きます!【PloomS(プルームエス)が半額で購入できるお知らせ】や【タバコスティック無料引換券】など登録するだけで良い事が沢山あります。 ちなみに友人は家族・親戚(喫煙者・非喫煙者問わず)全員にJT会員になるようにお願いして、この無料券チケット9枚も持っているそうです。 それだけで約1カートン分(4,320円)も無料で手に入れてます。 いずれ吸う為に買わなければいけない訳ですから、この時点で半額のPloomS(プルームエス)がタダ(無料)で手に入れられてるようなものなので賢いなと思いました。 ちなみに我が家は2名しか登録していなかったので・・・しかも最初私にだけしかこの【無料券】送られてきてなかったです(笑)。 後から遅れてもう1通封筒が届きましたのでよかったですが・・・もしかすると各家庭や同じ住所で振り分けされ管理されている訳ではなく登録順になっているのかな?? PloomS(プルームエス)が新価格で大幅値下げ! PloomS(プルームエス)は、発売当初定価7,980円にて販売されていましたが、現在はなんと【新価格:3,480円】で購入できます。 電子タバコの王者iQOS(アイコス)同等の価格で一度吸ってみたかったけど、なかなか手が出せなかった方にはこの新価格は嬉しいお知らせとなりますね!すでに定価で買ってしまった人にとってはショッキングなお知らせです(汗)。 タバコの値段が変わらないのに何故?さらに1万近く出して電子タバコ【IQOS】を吸う為の道具を買わなければならないのでしょうか?別に購入してもいいですが1度購入したら永久無料で修理・交換して頂きたいものです。 何故なら1年くらいでほぼアイコスなどは壊れてしまうからです。 毎回1年ごとにタバコ以外の費用が発生するのでは普通のタバコを吸う方がとても経済的です。 いつか【電子タバコを吸うならその為の道具は無料で提供します!】という形に変えていただきたいなと思いますね。 なので、このPloom TECH(プルームテック)の電子タバコを吸ってくれるなら無料で吸う為のキットを提供します!というキャンペーンは本当に素晴らしい企画だなと思いました。 各電子タバコメーカーもぜひやって頂きたいものですね。 以上!!Ploom TECH(プルームテック)が無料でもらえるお話でした。 最後までご覧下さいましてありがとうございます。 Contributor by ZERO.

次の

プルームテックのカプセルが余らないリキッド補充&再生方法まとめ

プルームテックプラス 裏技

プルームテックプラスのニコチン成分はカプセルに プルームテックプラスは低温加熱型の 加熱式タバコの為、タールは発生しませんがニコチン成分は発生します。 日本の薬事法で、ニコチン成分のあるリキッドの使用は禁止されているのでニコチン成分を発生させるのは プルームテックプラスのカプセル内のタバコ葉からです。 まずは、プルームテックプラスの構造について調べていきましょう。 プルームテックプラスの低温加熱型ってなに? プルームテックプラスはどんな仕組みになっているのでしょうか? プルームテックは 低温加熱型の加熱式タバコで、プラスも同様に低温加熱型を採用しています。 その為、高温加熱型と比べてより有害性物質が発生しにくく、臭いが出にくいタバコになっています。 プルームテックプラスからニコチンが発生する仕組み 低温加熱型はタバコ葉を直接加熱するのではなく、カートリッジ内に入っているリキッドを加熱して気化し、タバコカプセル内の細かいタバコ葉を通過させることで ニコチン成分が発生しタバコベイパーとして煙が発生するという仕組みになっています。 カートリッジ内のリキッドに直接ニコチン成分を入れるのは 日本の法律で禁止されているのでタバコカプセルのタバコ葉を通過しなければニコチン成分は発生しません。 つまり、 プルームテックプラスのニコチンはタバコカプセルが鍵となっています。 プルームテックプラスとプルームテックの違い プルームテックとプルームテックプラスの大きな違いとしては 「吸い応え」とされていますが、ぶっちゃけニコチン感の変化はそれほど感じられませんでした。 ただ、水蒸気量が増えた為に口に含まれる煙量が増え、 タバコを吸っている感覚は強く感じることができるようになりました。 カートリッジ内のニコチン量と電気出力を上げた事でより多くの煙を感じることができるようになったのがプルームテックとプルームテックプラスの違いです。 プルームテックプラスのニコチン量は何mg? プルームテックよりも吸い応えが上がり、 喫煙感を感じられるようになったプルームテックプラスですが、吸い応えが増えたという事はニコチン量も増加したのでしょうか? プルームテックってニコチン量ほぼ0で体感できない程薄かったですし、プルームテックプラスでニコチン量が増え タバコ感・ニコチン感が本当に増えているなら購入したい!と考える人も多いのではないでしょうか? 実際にプルームテックプラスのニコチン量は何mgなのか、調査しました! 加熱式タバコのニコチン量は計測不可? 加熱式タバコは基本的にアイコスもグローもプルームテックも 正確なニコチン量が何mgという情報は発表されていません。 というのも、加熱式タバコは紙巻きタバコとは違い 測定方法が正式に決まっていないため、何mgなのを表示させる法律が確立していないのです。 体感や、各会社の検査による凡そのニコチン量しかわかりません。 特に、低温加熱型電子タバコは プルームテック・プルームテックプラスの2種類しかないので明確なニコチン量が分からないという状況になっています。 従来のプルームテックのニコチン量は何mgだった? ちなみに、ほぼニコチン感が無かったプルームテックは何mgだったのかって話です。 フレーバーはそこそこ美味しくてもただの空気…ニコチンの無い電子タバコとまで言われていたプルームテックのニコチン量はズバリ、 『0. 3mgとされているので、1パフ辺りは0. 02mgとされています。 これは JT公式が独自の研究方法でニコチン量を計測して出した数値です。 日本企業ですし、この数値については信じてもいいのかな?と個人的には思っています。 ここまで少なければニコチンを感じられなくても納得ですよね…。 【結果】プルームテックプラスのニコチン量は0. 02mg 結果的に、プルームテックプラスのニコチン量は何mgなのか…? プルームテックが発売された当初はニコチン量について何mgなのかという情報が出ていなかったのですが、 実はプルームテックプラスのニコチン量は発売前から公開されていました! ズバリ… 『0. 02mg』 エッ?…何とプルームテックとニコチン量に大差なしという結果に…。 公式サイトによると 10パフで0. 2mg~0. 3mgと記載されているので、プルームテックよりはニコチン量が多いようですがそんなに大差はありません。 吸い応えが上がったということで、ニコチン量も何mgかは増えたのかな?と思っていたので少々残念な結果になってしまいました。 臭いが少なくニコチン量の多いデバイスと言ったらJUUL アイコスやグローそして、プルームエスと言った高温加熱型加熱式タバコは ニコチン量は多く吸い応えもありますが、不快感のある臭いが気になりますよね? その為、プルームテックよりも吸い応えのあるプルームテックプラスを楽しみにしていた訳ですが… プルームテックプラスのニコチン量も少なかった… 臭いが無く、味にエグミもない、そしてニコチン感の強い煙草を探し求めた結果、という電子タバコを発見! 米国で電子タバコの7割のシェアを誇るJUULはニコチン感が強く、紙巻きタバコユーザーでもスッと移行することができます! フレーバーの香りしかしないので 不快感もゼロ! コンパクトで持ち運びにも便利なJUULはプルームテックプラスよりも確実に優秀ですよ! プルームテックプラスのニコチン量は増やす方法は? ニコチン量が少なければ少ない程、有害性物質は減りますし タールが無くてニコチン量も少ない加熱式タバコとして健康被害の最も少ない煙草としては有能的と言えるでしょう。 しかし…0. 02mgって流石に少な過ぎと思いませんか? プルームテックの時は カートリッジ内のリキッドにニコチン成分を混ぜる裏技でニコチン量を増やす事ができましたが、プルームテックも同様にニコチン量を増やすことができるのでしょうか? プルームテックはニコチン量を増やすことができた 旧型のプルームテックの時は、 カートリッジの内部のストッパーを取り外すことができ、リキッドを追加で入れる事ができるという裏技を使うことができました。 脱脂綿にリキッドが含まれているため、 ニコチン成分の入ったリキッドを少し垂らしてあげることでニコチン量を増やすことができました。 ニコチンリキッドは海外からの個人輸入で購入し、リキッドを継ぎ足すという 裏技でタバコカプセルを余らせることなく使用することも可能でしたね。 さて、プルームテックとプルームテックプラスはリキッド・カプセルがそれぞれ専用のものが必要になりましたが、プルームテックのカプセル・カートリッジも裏技が使えるのでしょうか? プルームテックプラスはニコチン量を増やす裏ワザが使えない!? プルームテックプラスのリキッドは、プルームテックのカートリッジのように 脱脂綿に沁み込んでいるタイプではなく、液体リキッドになっています。 また、唯一分解できそうな 金属の部分と言うのは直接加熱される場所であり、プルームテックカートリッジのようにストッパーもありません。 液体ニコチンを入れる事ができたとしても 液漏れの原因になりデバイス不具合の原因になってしまうため、ニコチン量を増やすことは出来なさそうです…。 デバイスに詳しい方がもしかしたら突破口を見つけてくれるかもしれませんが…期待はできないでしょう。 プルームテックプラスのニコチン量は何mgなのか?そしてニコチン量を増やすことができるのか調査した結果がこちら。 プルームテックプラスのニコチン量… 『10パフあたり0. 02mg程度。 プルームテックプラスのニコチン量を増やす方法… 『不具合の原因になるため不可能』 ニコチン量が対して変わっていないのに、ニコチン量を増やすことができないというのは非常に残念な結果です。 やはりタバコカプセルを使用したデバイスでニコチン量を増やすのは難しいようです。 ニコチン量が多く、プルームテックのように臭いの少ない煙草を探しているのならの購入を検討してみるのをおすすめします。

次の

「+」が付くだけで全く別デバイス、「プルーム・テック・プラス」のおかげで紙巻たばこを卒業できました

プルームテックプラス 裏技

左:プルーム・テック・プラス 右:プルーム・エス(クリックで拡大)出典:JT プルーム・テック・プラスは同社独自の低温加熱方式を採用した加熱式たばこ。 同社はプルーム・テックから低温加熱型を採用しており、蒸気によってたばこ葉を熱する。 紙巻きたばこと比較して、においを1%未満に抑えるとともに有害物質を99%以上カットするプルーム・テックの利点を残しながらも吸いごたえを増やした。 一方でプルーム・エスは、フィリップモリスの「IQOS(アイコス)」やブリティッシュ・アメリカン・タバコの「glo(グロー)」と同方式となるたばこ葉を直接加熱する高温加熱式の加熱式たばこ。 高温加熱型特有のにおいを低減しつつ、紙巻きたばこに近い味わいを実現した。 においと有害物質の低減はそのままに、吸いごたえを増やした「プラス」 JTは2018年6月からプルーム・テックの本格展開を開始。 それまで外資たばこ企業が席巻していた日本の加熱式たばこ市場で最後発の立ち位置だったが、IQOSに続いて業界2位に浮上したという。 そのカギとなったのは、同社が独自に開発した低温加熱方式によるたばこ臭と有害物質の大幅低減、そして多彩なフレーバー展開だ *)。 同社副社長 たばこ事業本部長の岩井睦雄氏は「プルーム・テックはタール数が1〜3mg程度の紙巻きたばこがターゲットだった」と話す。 プルーム・テック・プラスではプルーム・テックのたばこ臭と有害物質の大幅低減という利点を維持しつつ、吸いごたえの強化を図ったことが一番の特徴となる。 プルーム・テックからバッテリー出力(プルーム・テック:190mAh、プルーム・テック・プラス:610mAh)を向上させるとともにプルーム・テック・プラス専用のカートリッジを採用し、蒸気量を増加させた。 また、専用たばこカプセルに含まれるたばこ葉を増量することで「タール数が3〜5mg程度の紙巻きたばこと同等の吸いごたえ」(岩井氏)を実現。 同社が200人のユーザーに調査した結果、90%が吸いごたえに満足したとする。 プルーム・テック・プラスの評価(クリックで拡大) 出典:JT 開発に携わった同社担当者は「単純にたばこ葉に通す蒸気量を増やすだけではだめだった」と付け加える。 「単に蒸気量を増やせばたばこを吸える回数(パフ)が少なくなる。 また、たばこ葉の量とたばこ葉に通す蒸気量をベストバランスで調整することで、吸いごたえを強化することができた」と開発の工夫を明かした。 また、デバイスの使い勝手の面でも改善がみられる。 プルーム・テック・プラスはフル充電時の使用可能パフ数が250(カプセル5本分)と変更はないが、バッテリーの充電コネクターがプルーム・テックでは専用であったのがプルーム・テック・プラスではUSB Micro-Bタイプとなり充電の自由度が増している。 プルーム・テックとプルーム・テック・プラスのスペック比較(クリックで拡大) 出典:JT 充電残量通知についてもプルーム・テックが青から赤(0%)による2段階であったものが、プルーム・テック・プラスでは、青(100〜20%)、紫(20〜0%)、赤(0%)と残量がある程度判別しやすくなった。 また、プルーム・テック・プラスにはカートリッジカバーが新たに付属しており、リキッドの残量が視認できる窓が設けられている。 電源のオンオフ、カプセル交換通知を解除する物理ボタンも新たに配置した。 充電時間は約90分だ。 本体バッテリーと充電機器などが入るスターターキットの価格は4980円(税込)。 発売時は黒と白のカラー展開で、今後新たなカラーバリエーションも予定する。

次の