妊娠 中 ハーブ ティー。 妊活中におすすめのハーブティーとは?メリットやデメリットを知ろう| LinkTea

カフェインだけじゃない! 妊婦が飲んではいけない「ハーブティー」の意外な落とし穴とは (2015年7月1日)

妊娠 中 ハーブ ティー

妊婦さんには紅茶やコーヒーよりハーブティーがおすすめ! 妊娠中の水分は赤ちゃんの 羊水となるため、 水分摂取はとても大切になります。 そんな時におすすめなのが ハーブティーです。 ではそのハーブティーにはどんな効果があるのでしょうか? お腹の赤ちゃんの成長には、 鉄分・カルシウム・ミネラルが必要となるため、お母さんは栄養を補う必要があります。 その為嗜好品であるコーヒー等の カフェインはカルシウムや鉄分の吸収を邪魔するためなるべく避けたいところ。 そんな時に ノンカフェインであり、ビタミンやミネラルなど 豊富な栄養素を持つ ハーブティーが非常に効果的になります。 ビタミン・鉄分などの 栄養を補給する• 自律神経の働きを調節・体の 免疫力を高める• つわりを改善• リラックス効果 特に ホットで飲めば体が温まり、妊娠中で体が辛いお母さんにとってよい 気分転換になるでしょう。 妊娠中のハーブティーの選び方 ハーブは 薬効があり、妊娠中に良いものと良くないものがあります。 間違ったハーブを飲むと、 子宮を収縮させたり 子宮の筋肉を緊張させたりと、お腹の赤ちゃんに 悪い影響を与えてしまいます。 ここでは妊娠中におすすめの ハーブの選び方について、ご紹介致します。 妊娠中のハーブティーの注意点や禁忌 妊娠中に摂取しない方がよいと言われているハーブは、 セントジョーズワート、 チェストツリー、 ラベンダー、 ローズマリー、 カモミール等が挙げられます。 これらには上記した子宮を収縮させる作用や、子宮の筋肉を緊張させる作用の他にも生理をスムースに促す作用など、妊婦にとって 悪い働きをすると言われています。 中でもローズマリーは肉料理によく使われますし、カモミールはハーブティーとしてよく見かけますよね。 身近なハーブが意外と妊娠中に良くないケースもありますので、日常生活で使用されているハーブに関しては、特に 注意を払う必要があります。 また、飲み過ぎもあまり体に良くありません。 ハーブによって摂取量や効能が異なりますので、ハーブを選ぶ際は、説明書をよく 確認するようにしましょう。 飲むハーブティーによって 摂取量は異なりますので、その点も確認しながら飲むようにしましょう。 また、欲しい効能によって飲み方は変わってきますので、仕事の合間に少しずつ飲んだり、ゆったりした時に飲んでみたりと、 自分にあった飲み方を探すとよいでしょう。 リラックス効果を求める場合は、 寝る前に飲むと 安眠作用も働き効果的です。 中には妊娠初期には控えた方がよくても、 中期・後期はおすすめになるハーブもあり、その特徴をよく知る必要があります。 また、ハーブ単体で飲んでももちろん良いですが、 ブレンドすることで 味に深みが増し、飽きずに 複数の効能を得られるメリットがあります。 初めはそれぞれのハーブを 1:1の割合でブレンドして頂いて、その後は お好みで割合を調節して頂くと良いでしょう。 妊娠中におすすめなハーブティーの種類 ローズヒップティー 美容によいハーブティーとして有名なローズヒップ。 便秘解消や 利尿作用に効果があると言われ、 ビタミンCを豊富に含みます。 風邪やインフルエンザの予防にも効果的なので、妊婦さんにはぜひ積極的に飲んで頂きたいハーブティーになります。 ローズヒップの爽やかな酸味は、 つわりを軽減させる効果も期待できます。 胃がむかついている時にもおすすめです。 独特の爽やかな香りが、頭の中をスッキリさせてくれます。 リラックスしたい時や 気分転換したい時に飲むとよいでしょう。 他にも 神経痛・不眠・消化機能の改善にも効果があると言われています。 子宮の筋肉に作用し、 安産効果があるため、特に 臨月の妊婦におすすめです。 特に出産時の 陣痛の痛みを緩和し、 出血を抑える働きが期待できるハーブです。 一方、ラズベリーリーフには 子宮を収縮させる働きがあるので、 妊娠初期は禁止されています。 風邪や感染症の予防、 胃の不調や 下痢の改善にも効果的とされ、更に アレルギーを軽減する作用があることでも知られていて、様々な効能が期待できるハーブです。 アトピーや喘息、花粉症などで悩んでいる妊婦さんにおすすめです。 味も少し甘めで飲みやすく、 子供でも安心して飲むことができるハーブなので、リラックスしたい時に家族で飲むのも良いですね。 栄養満点なローズヒップと合わせることで、 相乗効果が期待できます。 色も 綺麗な朱色なので、見ていて気持ちがすっきりしますよ。 ルイボスとラズベリーリーフ 抗酸化作用が高いルイボスと、 安産効果が期待できるラズベリーリーフのブレンドは 妊娠後期から出産後も飲んでいただきたいブレンドです。 臨月に入った頃から飲むとよいでしょう。 また出産後は 母乳の出をよくする作用も期待できるので、長く愛飲して頂けます。 比較的 癖の少ない味なので、飽きずに飲んで頂けます。 ジンジャーとペパーミント ジンジャーは つわりの解消や 代謝をよくする働きが期待できます。 ペパーミントの爽やかな風味とジンジャーのスパイシーな香りで、寝る前に飲むと 安眠効果が期待できると言えます。 ただ、ハーブになったジンジャーの多量摂取は 消化器官に良くない働きをすることもあるので、医師に摂取量を相談するようにしましょう。

次の

妊娠中の妊婦さんにおすすめのハーブティーと効果や飲み方

妊娠 中 ハーブ ティー

おすすめハーブティーをご紹介• 972円 妊娠活動中の女性のためのハーブティー。 必要な栄養が取れて、毎日続けられるおいしさです。 妊娠活動中の女性のために、世界で活用されているハーブをブレンドしました。 972円 妊娠初期の方におすすめのハーブティーです。 ビタミンA・B・C・D・E・Kなど豊富に含むローズヒップ、抗酸化作用が豊富なルイボスをはじめ、天然のアルブチンを含むヒース、クエン酸を含むハイビスカスなどがブレンドされており、妊娠中に不足しがちな栄養を補うことができます。 1,004円 ヨーロッパでは古くから親しまれているラズベリーリーフをブレンドしたハーブティー。 プレママに寄り添うような柔らかい香りと味わいで後味が良いのが特徴です。 フルーティな香りと、ほどよい酸味で至福のリラックスタイムのお手伝いをします。 妊娠後期にご利用ください。 972円 母乳ケアが気になる授乳中のママのために。 良い母乳のための環境づくりに。 小さなお子様や妊婦さんでも安心して飲んでいただけます。 518円 欧米では古くから『お産のお茶』と言われるハーブです。 心身ともにサポートしてくれます。 ビタミンやミネラルも豊富に含まれます。 583円 茎や葉の表面が鋭いトゲに覆われていることから英語で「針」を意味する「ニードル」が由来して名付けられました。 そんなネトルは、緑茶のような香りが特徴で、 ビタミン・ミネラルも豊富。 特に鉄分を含みます。 346円 ルイボスは南アフリカ原産で、古くから原住民の間で健康茶として珍重されてきました。

次の

妊活中・妊娠中・授乳中の方のためのハーブティーで、マタニティライフを楽しもう Design with Tea Salon

妊娠 中 ハーブ ティー

普段はお湯を注いでそのまま作りますが時間のあるときは少し煮出したりもします。 味がまた変わって楽しいです! ローズヒップティー ローズヒップティーの原産国は南米チリですが、国内では北海道などでも広く栽培されていて、バラ科の植物の果実を使用して作られています。 情熱的で鮮やかな赤い色が特徴で、女性に人気の高いハーブティーです。 飲むタイミングとしては、運動前や食事中、食後が効果的です。 妊娠中、貧血気味、肌荒れしてたため、購入しました。 飲み終わったらヨーグルトとハチミツを入れて全部いただきます。 貧血が改善されたかはわかりませんが、肌はとても綺麗になったと周りからも褒められます。 美容液がわりに産後も続けたいです。 分量通りに作ると薄い気がしますので多目に入れてます。 もともと酸っぱいのが好きなので味は問題ないです。 ジンジャーティー ジンジャーティーは、生姜湯とも言われています。 臨床試験では、生姜が医薬品と同じくらいつわりに効くと証明されました。 吐き気や嘔吐などのつわりの症状に苦しんでいる妊婦さんには、つわりの軽減が期待できるジンジャーティーがおすすめです。 評価も高いこちらのペパーミントティーをお試しで購入しました。 ハーブティー初心者ですが、とても美味しくいただいています。 スゥ~ッとする後味が気に入っています。 とても爽やかな気分になります。 ダンデライオンティー ダンデライオンは古くから、薬草として世界中で使われていて、体内の浄化力に優れたハーブと言われています。 ダンデライオンは、和名ではセイヨウタンポポと言い、見た目も、日本固有のタンポポとよく似ています。 違いは総苞という部分だけです。 母乳の出を良くしてくれる効能を持つので、産後の飲み物としてもおすすめです。 黒豆茶の味がして飲みやすくて美味しいです。 このお茶を飲んでからお通じの出が良くなった気がします。 妊娠中に飲んだら危険なハーブティー 妊娠中に積極的に取り入れた方がいいおすすめなハーブティーがある一方で、妊娠中は飲まない方がいいとされるハーブティーもあります。 飲まない方がいいとされるハーブティーの、飲んだら危険な理由として、 子宮を収縮させる作用があったり、妊娠中の安全性に対する情報が充分でないことなどが挙げられます。 妊娠中に飲んだら危険なハーブティー ・ラベンダー ・ジャスミン ・レモングラス ・ハトムギ ・カモミール ・センジ ・フェンネル ・セントジョーンズワート ・ローズマリー ・アロエ ・サフラン ・ベニバナ ・ハイビスカス ・チェストツリー 間違えて飲んでしまった場合には最悪、妊娠の継続ができなくなることもあるので、ハーブティーを選ぶ際には十分に注意しましょう。 もし飲んでしまっても、飲んだ量が少なく、体調に異変がなければ特に問題ないでしょう。 少しでも異常があれば、すぐに医師に相談してください。 また、妊娠中に飲むと危険なハーブティーの中には、産後にはおすすめできるものもあります。 ハーブティーを購入する際に、見間違わないようにしっかりと 成分表示や注意書きをよく見るようにしましょう。 妊娠中のハーブティーの飲み方 妊娠中は体を冷やさないためにも冷たいハーブティーよりも、温かいハーブティーがおすすめです。

次の