北斗の拳転生機械割。 スロット 北斗の拳 転生の章

北斗の拳 修羅の国|転生の撤去により復活導入された台をおさらい!

北斗の拳転生機械割

導入日はいつ頃? 導入は 11月5日~。 メーカーはもちろんサミー。 11月は他にもなど6号機の看板になれそうな機種が多数登場します! ちなみに 導入台数は30,000台です!かなり多い。 ホールからの注文も殺到しておりすぐに増台になるかも。 100. 105. 110. 114. 設定1のAT初当たりの重さは6号機のあるあるですね。 前半7Gで毎ゲーム勝負玉の獲得抽選、後半7Gでバトルし勝利すると次セットへという流れです。 セット毎の 継続率は約85%!! 設定1で平均1000枚獲得、設定6でも平均800枚獲得とAT性能も文句なし。 お馴染みの昇天演出が起こると... 完走濃厚。 リゼロの設定1が平均800枚って言われてるので6でも獲得枚数は十分ですね! 減算・無抽選区間なしの高純増AT機! 4号営業マンさんのツイートから。 無抽選区間なしとは言うものの... 激闘ボーナス当選の契機は規定ゲーム数or世紀末ポイントMAXですが、どちらも 到達するまでに200Gくらいはかかりそうなゲーム性です。 つまりそれまでは 実質無抽選区間になります。 だからやめさせないために1~100Gは荒野ステージで世紀末ポイントと昇舞魂が貯まりやすくしているんですね。

次の

北斗の拳

北斗の拳転生機械割

7 97. 6 98. 9 100. 3 105. 1 110. 6 113. 全体的な判別をする際に900あべし越え回数を意識することは非常に有効。 900あべしを越える確率• 設定1…2. 4回に1回• 設定56…5. 1回に1回 ここを見るだけでも大きな設定推測要素になりえます。 ただし、 設定6でも5回に1回は900以上ハマります。 たまたまここを2回連続引くことも十分ありえるので、その可能性は常に頭に入れておきましょう。 出現頻度は少なめなのですが、意外と出ますのでしっかりと覚えておきましょう!! 強チェリー・スイカで400・600あべしが出現した場合は強制当選なので注意。 ただし、 「ハズレ目から」限定ですが、小役からであってもこの振り分けは存在しませんので、ご安心ください。 経験上、+400あべしはサラッと出ますが、+600あべしはPUSHを経由しやすいです。 設定56の可能性を否定できる状況もなかなかないと思います。 SPバトル中に ラオウの剛掌波を喰らい、 「ケンシロウ、きさまなどこの拳王~」で立ち上がる 復活はダメ 北斗揃いからの2Dキャラ選択率 キャラ 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 シン 23. 小役からSPバトルのラオウorトキの選択率は 設定1…9. 6倍です。 7倍となっています。 ただしステージと状態が完全リンクではないですし、分母も大きい。 2 小役確率は強チェリーは高設定ほど出やすく 弱チェリーは低設定ほど出やすくなっています。 これはマイスロで計ってくれるのですが、注意点が何点かあります。 目押しミス時はカウントしてくれない• 朝一何も引かずにガルダステージに移行すれば 前兆でない場合だと高確の可能性大となります。 またリプレイ・ベルなどでLEDランプ白フラッシュも高確確定。 ただし、「ハズレ目から」限定ですが、小役からであってもこの振り分けは存在しませんので、ご安心ください。 SPバトル中にラオウの剛掌波を喰らい、 「ケンシロウ、きさまなどこの拳王~」で立ち上がる 復活はダメ 強チェリーAは左リール白BAR狙い時、チェリー非中段停止 強チェリーBは左リール白BAR狙い時、チェリー中段停止 このくらい詳細に書いていただけるとAT機の 設定狙い初心者でも解りやすくてありがたいです 復活でも良いのかとか、変則打ちだと強弱が不可 とか、スイカで600とか悩みますからね。 俺だけかもだけど。 お忙しいとは思いますが、次回からも詳細な記事ご期待してます。 だてめがねさん以前ブログで高設定なのに初当たりがゴミなブログ載せてましたよね? 僕は転生の判別は良い展開にならない限りメチャクチャ難しいと思います。 6でも朝から1000あべし超え4連とか余裕でしますしね。 初当たり確率1以下なんてザラ!6でも展開悪い時が多い台なのにいくら4と6ではゲーム数解除と伝承など多々に差があっても、そんなはっきり分かるような台ではないような…。。 全系なら見えてくるかな?と思いますけどピンは化物語同様かなり難しい部類です。。 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット 新台 天井 ゾーン 設定判別 解析 評価

北斗の拳転生機械割

以降は、中リールの停止形により打ち分ける。 ==中リール中段にベルが停止した場合== ハズレ or ベル or チャンス目。 左・右リールともに適当打ちでOK。 「中段ベルテンパイ+右リール下段にベル停止」となればチャンス目。 ==中リール中段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 左・右リールともに北斗図柄を狙う。 スイカがハズれればチャンス目。 ==中リール中段に北斗図柄が停止した場合== リプレイ or 弱チェリー or 強チェリー。 まずは右リールを適当打ちし、リプレイが上段テンパイしたらリプレイ確定。 北斗図柄がテンパイしたらいずれかのチェリー確定。 左リールにも北斗図柄を狙い、中段にチェリーが停止すれば強チェリー、角にチェリーが停止すれば弱チェリー。 通常時の打ち方 (順押し) まず、左リール枠上 or 上段に北斗図柄を狙う。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 中・右リールともに北斗図柄を狙う。 スイカがハズれればチャンス目。 ==左リール下段に北斗図柄が停止した場合== ハズレ or リプレイ or ベル or チャンス目。 中・右リールともに適当打ちでOK。 疑似ボーナス中・AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 演出発生時は通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 荒野ステージ AT終了後は、0~100G滞在の「荒野ステージ」へ移行。 「昇舞魂獲得」や「七星チャージ突入」の高確率状態となる。 なお、荒野ステージ中に疑似ボーナス「激闘ボーナス」に当選すると、強敵一人以上撃破が保証される。 七星チャージ 7G継続の世紀末ポイント獲得特化ゾーン。 主にレア小役で突入抽選が行われる。 突入期待度は「弱チェリー < スイカ < チャンス目 < 強チェリー」の順。 なお七星チャージ終了時は、必ずサブ液晶をタッチしよう。 その際の断末魔の種類によってモード示唆が行われる。 「あべし!!」なら通常B以上濃厚、「ひでぶ!!」なら通常C以上濃厚、「ヘブン!!」ならチャンスモード濃厚となる。 昇舞魂 昇舞魂とは、激闘ボーナスを有利に進めるために必要なアイテム。 昇舞魂を獲得すればするほど、激闘ボーナス時の「バトルレベル」・「小役レベル」が優遇され、バトル勝率が高くなる。 昇舞魂獲得契機は以下の通り。 バトルレベル&小役レベルは、通常時に貯めた昇舞魂に応じて決定される。 最終的に強敵を3人撃破すればAT確定。 なお激闘ボーナスは、「世紀末モード」・「修羅モード」から選択可能。 昇舞の刻 激闘ボーナスは、昇舞魂を消費してバトル勝率をアップさせていく「昇舞の刻」からスタートする。 昇舞魂の数だけPUSHが発生し、その都度「バトルレベル」・「小役レベル」がアップしていく。 どちらがアップするかは半々。 バトルレベルによるバトル開始時の勝利抽選 バトル開始時には、バトルレベルを参照して勝利抽選が行われる。 バトルレベルによる勝利当選率は以下の通り。 概要 AT「真・天昇ラッシュ」は、純増枚数約6. 減少区間は存在しない。 一度のAT突入での平均期待獲得枚数は約800~1000枚。 この2つのパートをループさせていくことで出玉を増やしていく。 AT中の2種類のモード 「修羅モード」と「世紀末モード」の2種類が存在。 モードによってゲーム性が変化するが、継続率やストック性能はどちらも変わらない。 修羅モード 完走型STタイプ。 ラウンドパートでは、7個ある保留アイコンを昇格させていく。 引き戻しゾーンである「転生ゾーン」では、保留アイコンを使って1G完結のバトルが7回行われる。 保留アイコンによって勝利期待度が異なる。 サミートロフィーによる設定示唆 従来のサミー機種の流れ通り、以下のサミートロフィーによる設定示唆は健在。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の