弔電 例文。 弔電文例

お悔やみの気持ちを弔電で

弔電 例文

文例番号 文例 文字数 Z001 いつまでもお元気でいてくださると思っておりましたので、ご逝去のお知らせにただ驚くばかりです。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 73 Z002 悲報に接し、悲しみにたえません。 ご遺族の皆様のお力落としをお慰めするすべもなく、ただ心よりご冥福をお祈り申しあげます。 59 Z003 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心からご冥福をお祈りいたします。 42 Z004 ご生前のご厚情に深く感謝すると共に、ご功績を偲び、謹んでご冥福をお祈り申しあげます。 42 Z005 ご訃報に接し、惜別の情を禁じ得ません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 41 Z006 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 28 Z007 ご生前のご功績を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 28 Z008 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 21 Z009 ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を捧げます。 22 Z010 ご訃報に接し、今はただご生前の優しい笑顔ばかりが思い出されます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、お祈り申しあげます。 60 Z011 ご逝去のお知らせを受け、驚きと共にお元気だったころの豪快な笑い声を思い出しています。 まだご指導を仰ぎたいことがたくさんあったのにと痛惜の念でいっぱいです。 心からご冥福をお祈りいたします。 93 Z012 突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。 もうあの笑顔にお会いできないのかと思うと、悲しくてなりません。 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 78 Z051 突然の悲報に接し、驚きと共に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族の皆様にはさぞご心痛のことと拝察いたします。 心よりご冥福をお祈り申しあげます。 68 Z052 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 どうかお力落としなく、ご家族の皆様が心をあわせて強く生きていかれますよう祈っております。 65 Z053 ニュースで悲報を知り、現実のこととは思えずただ茫然としております。 ご家族の皆様のお力落としを思うとお慰めする言葉も見つかりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 81 Z101 先生のご訃報に接し、深い悲しみでいっぱいです。 先生のお教えを胸にこれからも頑張りますので、見守っていてください。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 72 Z151 幼なじみの君と、永遠の別れの日がくるとは夢にも思わなかった。 思い出がたくさんありすぎて、どうしたらいいのかわからない。 僕もあとからゆっくりいくよ。 ありがとう、さようなら。 85 Z152 親友の訃報を聞き、悲しみでいっぱいです。 何事にも全力で取り組む彼の姿には私も何度励まされたことかわかりません。 ご家族の皆様の悲しみは計り知れないものとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご功績を偲び、遠方より故人のご冥福をお祈りいたします。

次の

弔電のお返しはどうすればいい? お礼状の書き方・文例など

弔電 例文

弔電文例 弔電は電話で申し込む方法(受付時間は午前8時から午後10時、配達時間は午前8時から午後7時)、ファックスで申し込む方法があります。 また菊の花をあしらった「刺繍電報」、線香を添えた「香華」などのメモリアル電報があります。 (2) メモができたら局番なしの「115」に電話します。 (3) オペレーターが出たら、自分の電話番号と名前を告げ、次に相手の住所と名前を告げます。 (4) 電文をゆっくりと読みます。 (5) 誰が打ったか名前を知らせたい場合は、電文の最後の段落(」)に続けて名前を入れます。 (住所、会社名、役職などを入れる場合も) (6) 終わったら、オペレーターが相手の住所、名前、通信文をくり返すので再確認をします。 文例の文章は、一部ことばを入れかえ てご利用になれます。 [ 7501] ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 [ 7502] ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 [ 7503] 悲報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7504] 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7505] ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7506] ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。 [ 7507] ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 [ 7508] ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。 [ 7509] ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7510] いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 遥かにご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 どうぞお気を強くなさってください。 心からお悔やみ申しあげます。 [ 7601] 突然の悲報に接し、驚愕しております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 [ 7602] 突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。 在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7603] あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。 ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。 [ 7604] 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からこ冥福をお祈りいたします。 [ 7605] 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 [ 7606] 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみ。 いかばかりかと拝察いたします。 お別れもできなくて、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 [ 7607] 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7608] まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。 さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 [ 7612] 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。 今はただ、ご冥福を祈るのみです。 [ 7613] ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。 [ 7615] ご逝去の報に呆然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、まだまだたくさんありましたのにと悔やまれます。 心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7522] ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7523] ご尊父様のご逝去を、心よりお悔やみ申しあげます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 [ 7524] ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご尊父様には、幾多のご厚情をうけながら、ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。 ご冥福をお祈りいたします。 [7525]いつもお元気そうに談笑されていたお父上様を思い出します。 父もすっかり肩を落として、在りし日の思い出に声を詰まらせています。 故人のご冥福をお祈りいたします。 [ 7614] ご訃報に接し、ただただ悲しいばかりです。 故人は慈父のようなお方でした。 安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。 [ 7532] ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7533] ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 お慰めの言葉もございません。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 [ 7534] 悲報に驚いています。 あなたのお気持ちを思うと胸が痛みます。 心から哀悼の意を表し、お母様のご冥福をお祈りいたします。 [ 7535] ご母堂様のご急逝を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 いつも、お優しかったお顔を思い出し、まだ信じられない気持ちです。 心よりご冥福をお祈りいたします。 [ 7536] お母様のご逝去に深く哀悼の意を表します。 家族ぐるみでお世話になりました。 ご冥福をお祈りいたします。 [ 7542] ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7543] ご令息様の突然の悲報に愕然といたしております。 ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 謹んでお悔やみ申しあげます。 [ 7544] ご子息様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。 前途洋々たる時に突然他界され、ご両親様のお悲しみ、ご無念のお気持ちは、いかばかりかとお察し申しあげます。 [ 7552] ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からこ冥福をお祈りいたします。 [ 7553] お嬢様のこ逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 [ 7554] お嬢様の突然のお旅立ち、ご両親様のお嘆きいかばかりかと、拝察申しあげます。 在りし日の美しいお姿を偲び、衷心より哀悼の意を表します。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 お別れにも伺えず、残念でなりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7610] お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。 [ 7611] ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。 故人のご冥福を祈って手を合わせております。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 [ 7617] 最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7618] 会いたい、会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れになってしまいました。 悔しくてなりません。 ご冥福をお祈りしたします。 [ 7619] 先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。 先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。 どうか安らかにお眠りください。 [ 7621] 御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。 [ 7622] 会長様のご逝去に際し、惜別の急を禁じ得ません。 ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [ 7623] 社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。 深く哀悼の意を表わします。 (ほかに消費税がかかります).

次の

弔電、電報の例文・文例集

弔電 例文

番号 用途 文例 ST07 お悔やみ(ご尊父・お父様) ご尊父様のご逝去の報に接し、 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 心からご冥福をお祈りいたします。 ST08 お悔やみ(ご尊父・お父様) お父様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ST09 お悔やみ(ご尊父・お父様) ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながら この度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 ST10 お悔やみ(ご尊父・お父様) お父様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 ST11 お悔やみ(ご尊父・お父様) ご尊父様のご訃報に、弊社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、 心からお悔やみ申しあげます。 ST12 お悔やみ(ご尊父・お父様) お父様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 ST13 お悔やみ(ご尊父・お父様) ご尊父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご母堂様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ST14 お悔やみ(ご尊父・お父様) お父様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 これまでのご功労に敬意を表しますとともに、 心からご冥福をお祈りいたします。 OR09 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 ご尊父様の在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 長年、「世のため人のため」本当にご苦労様でございました。 OR10 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 汚れた手、爪の割れた指、指紋なんてわからない、 大きな赤黒い手だ。 偉大な男の手だ。 合掌 OR11 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 突然の悲報に接し、悲しみにたえません。 ご尊父様はいつも笑顔をたやさず、他人の悪口など一切言わない 素晴らしい方でございました。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 OR12 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 突然の悲報に接し、 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 故人とはよく、ゴルフをご一緒させて頂き、 スコアが良くても悪くても愛想良くプレーを楽しむお姿が 昨日の様に思い返されます。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 OR13 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 悲報に驚いています。 故人とは生前よく、釣りをご一緒させていただきました。 お酒が好きな方で、釣果の良し悪し問わず、 豪快に宴を盛り上げていただきました。 もうそのお姿も拝見出来ないとは 無念でいたしかたございません。 御家族の皆様のお話しも愛情たっぷりによく聞かされたものです。 皆様は本当に素晴らしいお父上を持たれた事を 誇りに感じて下さい。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 OR14 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 先輩、長い間お疲れ様でございました。 仕事、遊び、スポーツと学生の時代から大変、可愛がって頂き、 私は実の兄以上の尊敬の念を感じておりました。 今は悲しみでいっぱいでございますが、私もいずれは そちらに行かなければならない時が来ると思います。 その節は乾杯を致しましょう。 御家族の皆様には大変な悲しみいかばかりかと お察し申し上げます。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 OR15 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 素敵なお父様、長い間ご苦労様でございました。 私達の間ではお父様はナイスミドルな存在で 心より尊敬しておりました。 突然の悲報を聞いた時は耳を疑い、涙がとめどなく溢れました。 残された皆様方のご無念のお気持ちは、 いかばかりかとお察し申しあげます。 故人のご冥福を心よりお祈りいたします。 OR16 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 振り返ると幾年月、土を掘り、種を捲き、 水をくべ、成長だけを生きがいにした人生。 どうですか? 思うように花は開きましたか。 私の目には満開の花がいくつも見えますよ。 あなたの足跡は立派なお子様を育て、 素晴らしい部下を世に送り出しました。 お疲れ様で御座いました。 安らかにお眠り下さい。 OR17 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 ご尊父様のご逝去の報に接し、 謹んでお悔やみ申しあげますとともに、 心からご冥福をお祈りいたします。 「弱きを助け強きをくじく」 故人はその通りの力強い男の中の男でございました。 残された皆様に取りましては 悲しみの海に戸惑っておられる事と思いますが、 故人の家族でいられた誇りと有難さを強くかみ締め、 今後ともたくましくお過ごし下さい。 OR18 お悔やみ(ご尊父・お父様) (オリジナル文例 ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご尊父様には、「真摯な人生」を 学ばせて頂き感謝しております。 これからも私の心の中で人生の師として、 いつまでもそばにいてくださる事と思います。

次の