スピッツ やまぶき 歌詞。 大好きなバンド、Spitzについて

スピッツ ヤマブキ 歌詞

スピッツ やまぶき 歌詞

2019-07-15 22:00 月波はもちろん、公式ファンクラブの会員のみ購入できる 【デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤】を選びました! ジャケット写真は、小さな生き物(!?)に女の子が驚くワンシーン。 まさに「見っけ」の瞬間で、タイトルにぴったりですね。 そしてレトロな図書館の雰囲気もスピッツのイメージに合っていて、とても気に入りました。 収録曲も、写真に積まれた本のように、壮大な物語が詰まったものが多かった気がします。 明るい幕開け、タイアップ曲がつぎつぎ登場! 見っけ ワクワクする軽快なメロディが、アルバムの幕開けにぴったり! 前作『』に続き、アルバムと同タイトルの楽曲がトップを飾りました。 NTT東日本 CM「あなたの夢は、みんなの夢」篇のタイアップ曲でもあります。 NTT東日本といえば、前作の「みなと」ともタイアップしていました。 連続ドラマ小説の影響は相当で、今年スピッツの名前を聞くときは大抵「朝ドラ主題歌を歌う~」がついていました。 そして曲も、 王道の王道の王道のスピッツのシングル曲!(笑) さわやかなメロディにのびやかな歌声、雄大な北海道を舞台にした朝ドラにぴったりです。 王道すぎてコアなファンにはつまらない……と思いきや、やはり一番有名な曲なので、ついつい口ずさんでしまいますw 朝ドラということで、主人公が苦労したり幸せになったり、紆余曲折あるんですよね。 それが歌詞に詰め込まれているから、のびのびした曲でも印象に残るのかなと思ったり。 ちなみに歌詞の「コタン」は、アイヌ語で「集落、部落」を意味するそうです。 (参考:) ありがとさん 「優しいあの子」とともにMVが収録された曲。 MV作られるくらいだから、明るい歌とか前向きな曲かと思いきや、 ガチの失恋ソングでびっくりしました。 切なすぎる歌詞が、ずんずん力強いメロディに乗って響き、聴く者に独特の印象を残します。 そこに加わる「ありがとさん」の一言。 ひらがなの字面だけ見るとユルいのだけど、そこに込められた切なさはとんでもない威力があります。 アコースティックピアノとギターのハーモニーも素敵です。 ピアノの弾き語り譜面が出てほしい(笑) 本のページをめくるように……スピッツの挑戦を楽しむ タイアップ曲もシングル曲もMVのある曲もここでおしまい。 本作では、そういった曲をさっさと終わらせて、純粋に音楽だけで勝負するトラックがどんどん登場します。 ラジオデイズ 令和の時代にあえて「ラジオ」の曲を突っ込むスピッツ、 大好きです!w そしてラジオをここまでロックにできるのも、スピッツしかいない! ガンガンのロックに乗せて、ラジオ愛を歌っています。 そう、「」もあることだし……! 花と虫 虫好き草野さんの虫シリーズ(笑)。 本作でも登場です。 でも、「」や「」など具体的な種ではなく、単に「虫」とタイトルに付くのは珍しい。 「」くらいでしょうか……。 花を離れた(多分)小さな虫さんの、壮大な冒険物語が展開されます。 それはファンタジーなメロディにぴったり、でも、なかなか切ない物語。 もしかして、ジャケットや歌詞カードのあちこちに登場する、小さな生き物の物語かもしれません。 ラジオにも出会っているみたいです。 ブービー スピッツならでは!?の「謎のタイトルシリーズ」(笑)。 ブービーなのを面白おかしく笑い飛ばすのかと思いきや、静かでモノローグのような曲。 丁寧に歌われる韻を踏んだ歌詞が、切ないメロディに乗って心に刺さります。 それをさらに盛り立てる、アコースティックピアノの間奏がまた美しい。 このアルバムで一番短いけれども、しっかり印象に残る曲です。 快速 前奏や後奏の女声ハーモニーが印象的。 スピッツの挑戦を感じます。 謎なタイトルシリーズ(笑)のなかで、一番タイトルと合っていると個人的に思ったのがこの曲でした。 「流線型のあいつより早く」ってことは、 新幹線を抜こうとがんばる快速電車かな?なんだかマイペースなスピッツをイメージしますw 勢いある曲だけど、草野さんの癒しボイスで疲れません。 YM71D はい、出ました。 謎なタイトルの究極w 「YM=やる気まんまん」とか、はたまた某発動機メーカーの機種名か……発売前から様々な解釈を目にしました。 でも、実際の曲を聴くと分かるので、『見っけ』を聴かずしてここまで読んでいる方は、ぜひ聴いてみてください(笑) (ちなみに、最初は歌詞を見ないで聴く月波は、気付くまでに時間がかかりました。 爆) 曲は謎なタイトルとマッチする愉快なメロディ。 歌詞も意味不明で(笑)、深く考えちゃアカンやつです。 スピッツファンなら大体想像つくと思いますがw ある意味、スピッツのアルバム曲の地を行く曲です。 はぐれ狼 今度は獣系の曲が登場しました。 世間一般には良い子と思われがちなスピッツですが(笑)、結構ヤロウの気持ちが歌詞にこもっていたりするんですよね。 『』の「汚(けが)れない獣には戻れない世界でも」とか、シングル曲にもさらっと入れてきてます。 で、この曲は、タイトルのとおり「群れからはぐれてる狼」の歌。 その孤独や厳しさを歌っているのですが、明るく弾むメロディで、ファンタジーな雰囲気に仕上がっています。 マイペースを貫くスピッツとも重なります。 まがった僕のしっぽ 収録曲のなかで、最も長いトラック。 その分、様々な仕掛けが登場します。 それは前奏から。 「はぐれ狼」から一転して子ヤギさんのしっぽかな?と思っていたら、力強いフルートの演奏にびっくり。 歌が始まると壮大な冒険物語が頭に浮かびます。 そして途中で曲調が大胆にチェンジ!あまりの変化に、「え、もう次の曲に行った?」とトラックの表示を確認したほどでした。 またひとつ、 スピッツの新たな挑戦を見た気がします。 これはライヴでやったらどうなるんだろう……すごく楽しそう! 曲調の変化によって、物語の場面も変わり、 まるで一冊の絵本を読んでいるようでした。 一曲で二場面楽しめる、お得な曲ともいえます。 ちなみに、曲中で拍子をコロコロ変えるのは、6thアルバム『ハチミツ』の看板曲「」、9thアルバム『フェイクファー』より「」など、スピッツの得意技(&カヴァーする人泣かせw)です。 スピッツ王道のさわやかさに戻り、前曲から一転、ほっとします(笑)。 10月発売のアルバムなのは置いといてw でもこれも、切ない恋物語なのですよね……。 メロディは明るいのに、どこか憂いをおびた声でさらっと歌うのは、これもスピッツの王道テクといえます。 そんななか「京都」の地名は、なかなかインパクトがありました(笑)。 「」はじめ、歌詞に地名が出てくる曲も多いのですが、定番の旅行先(?)京都を入れてくるのが意外で…… でもまぁ、夢なんですけどw ヤマブキ Spitzbergen会員限定イベント「GO! スカ」でお披露目された新曲が、最後の最後に登場しました。 2018-10-10 00:00 イベントでは撮影OKタイムに演奏され、一番のベストショットが撮れていたのでした。 その写真を眺めながら聴くのが待ち遠しかったのです。 曲は スピッツ王道のさわやかさ! タイトルを見たときは「色の曲シリーズ」かなと思いましたが、植物の「ヤマブキ(山吹)」を調べてみると、こちらの方がイメージとぴったりでした。 そして明るく弾むメロディに乗せて、力強く前向きな歌詞が歌われるんですね。 ブランケット 【通常盤】以外に収録された「Bonus Track」。 そういえば前作『醒めない』にはありませんでした。 前曲から一転、シリアスなメロディにシビアな歌詞……「ブランケット」というタイトルとは裏腹に寒ささえ感じます。 よくこれをボーナストラックにしたなぁと。 アルバムは「ヤマブキ」で一区切りと考えてよいでしょう。 でもこの感じも、確かにスピッツ。 なかなかクセのある曲だからこそ、アルバムの流れには入らず、ましてやシングルにもできない。 ボーナストラックでしか聴けない曲なんだと思いました。 いやー、スピッツにしかできないわー! 最後の最後に、ますますディープなスピッツ沼にハマっていくのを感じたのでした。 おわりに スピッツの16thアルバム『見っけ』、あちこちで書いたように、物語が浮かぶ曲が多かったです。 まさにジャケット写真にあるような本を、一冊一冊読んでいる感覚。 読書しながら物語の世界に入り込む、童心を思い出しました。 大人になってから、読書するのもビジネス書などになってしまうからなぁ…子どもへの読み聞かせのとき、もっとストーリーを楽しんでみようかな…… 皆さまは『見っけ』をどう聴きましたか? ぜひ、お気に入りのストーリーを見っけてみてくださいね!.

次の

【レビュー】スピッツ、ニュー・アルバム『見っけ』最速全曲レビュー

スピッツ やまぶき 歌詞

スピッツ新曲の曲名は? 4月1日から新たに放送開始となった連続テレビ小説「なつぞら」の主題歌に起用されたのは、スピッツの楽曲です! 気になる主題歌は 「優しいあの子」という曲名 で、第一話の放送開始直後から視聴者の反響が高い楽曲となっています。 スピッツが、なんと3年ぶりに新曲発表 ということで、ファンも待望の新曲リリースとなりました。 朝ドラで、新曲を聞いた視聴者からは様々な感想が述べられていますが、 中でも多かったのは 「朝から癒される」「感動して泣ける」 という感想です。 私も実際に聞いてみましたが、オープニングのアニメーションと共に流れる、主題歌はゆったりとしたメロディで、聞くたびに口ずさみたくなるような、心地よい印象を受けます。 アニメーションには、朝ドラの舞台となる北海道をイメージさせる草原や動物が映し出されています。 この歌詞が気になったきっかけは、4月2日放送「なつぞら」第二話のオープニングです。 心地よく主題歌を聞いていると、この日は曲がショートバージョンだったこともあり、 「辿り着いた〜コタン」 というフレーズでオープニングシーンが終了したのです! 普段の日常会話では、なかなか出てこないキーワードなので気になりますよね。 思わず曲をリピートして聞いてみた方も多いのではないでしょうか? ここで気になるのは、 「コタン」とは何を表し、どんな意味なのか? ということです。 私も気になったので、調べてみました。 コタンって何? ・アイヌ語 ・集落や村を表す言葉 リサーチした結果、「コタン」とはアイヌ語で「集落、村」という意味を持つ言葉だそうです! 作品のイメージに合わせて、採用されたワードではないでしょうか? スピッツのファンの間では、 「さすがマサムネさん!」 という感想が多く見受けられます。 スピッツのボーカルを担当し、新曲の「優しいあの子」を作詞作曲した草野マサムネさんのセンスが光る歌詞ですよね! 「なつぞら」を視聴していて、曲の歌詞の意味に興味を持った方々の参考になると幸いです。 カップリング曲として採用されたのは、なんと 「悪役」 というタイトルの曲なんですね! なつぞらの主題歌とは、真逆の曲名に驚いた方も多いのではないでしょうか? 天使と悪魔のような曲名の差に、私もとても驚きました! スピッツのファンだけでなく、朝ドラの視聴を機にスピッツの新曲を知った視聴者からも、カップリング曲の「悪役」に注目が集まっています。 公式発表はこれからということで、ライブで一足先に曲を聞いたファンからの感想を紹介いたします。 実際にライブでいち早く聞いたというファンからの感想では、 「とてもアップテンポな曲」であることがわかりました。 「優しいあの子」は、優しさに包まれるような心暖まる曲であることに対し、 「悪役」は、雰囲気がガラッと変わって対照的な曲なのかもしれませんね! 実際にリリースされたら、私も曲を聞いてまた感想をご紹介したいと思います。 スピッツの新曲 「優しいあの子」と カップリング曲の 「悪役」は、 6月19日(水)に発売予定となっています! ぜひ、この機会に両方の新曲を聞いてみてはいかがでしょうか。 最後までご覧いただきありがとうございました! スポンサーリンク.

次の

大好きなバンド、Spitzについて

スピッツ やまぶき 歌詞

世界には素晴らしい音楽を奏でる人々が数多く存在しますが、中でもわたしは日本においてはスピッツという、日本に暮らす大半の人がご存じであろうあのバンドの音楽をこよなく愛しています。 これまでおおよそ3~4年周期で行われているFC限定ライブツアー『Go! スカンジナビア』(以下Go! スカとする)7回目が今年開催されたため、先日行ってきました。 通常のライブツアーと異なり、このGo! スカは事前にFC会員から「演奏してほしい3曲」を募り、その希望を基に演奏曲目が決定されます。 そのため普段はなかなか聴けない曲がぽーんと放り込まれているようなこともあり、ファンには垂涎ものであります。 当日のお楽しみにと、このツアーが始まって以来セットリストを見るの我慢して臨んだ一曲目は『船乗り』(アルバム『色色衣』に収録)でしたので、当然ながらウォォォォォォォォォウォォォォォォォォォォォォとなり、「エッ何この人ヤバ・・・世界一恰好良い『風に聞いてくれ』だ・・・」と思いました。 当日の興奮によりもはや曲順などとうに忘却の彼方であるためネットで見つけたセットリストを見ながらこれを書いていたのですが、それにしても二曲目は『不死身のビーナス』(アルバム『空の飛び方』に収録)だったんですね、一曲目と三曲目のインパクトが大きくてちょっと忘れていました。 そういややってたわ。 三曲目はこの会場の観客の希望曲統計第3位のものだったのですが、「この曲は今回のツアーでこの会場のみの演奏で・・・」だそうで、まさかのカンペ搬入によりざわつく会場、皆の期待も高まろうというものです。 『ジュテーム?』(アルバム『ハヤブサ』に収録)でした。 わーーーーー!!!!!!わたしは投票してなかったけど!!!他の皆様!!!!!よくやって下さった!!!!!! とご相伴にあずかり(?)ました。 曲中の歌詞「カレーの匂いに誘われるように夕闇を駆け出す生き物が」ってところかなり好きなのですが、CDだと「よにい~」だったとこ「ように~」と歌われてたので、歳重ねると歌い方も変わってくんだなとか思っていたら、皆様ご存じ歌うたいの草野マサムネさんより、そこは意図して変えられたとの説明がありました。 スカでお披露目された曲だったかと記憶しています。 凱旋だ。 『インディゴ地平線』(アルバム『インディゴ地平線』に収録)でした。 『ババロア』ライブで初めて聴いたのですが、今後も積極的に演奏されることをぜひ前向きにご検討頂ければ幸いに存じます。 FCイベントでは彼ら自身の曲のみならず、過去にスピッツがカバーした曲の中からも投票により希望を取り、当日何かしらをカバーして聴かせてくれます。 前回開催時と同じく、希望を基にスピッツ側でカバー3曲を用意し、観客の声を騒音チェッカーで測ってその場で演奏する1曲を決定します。 今回の3曲は宇多田ヒカル『Automatic』、エレファントカシマシ『悲しみの果て』、ザ・ピーナッツ『恋のバカンス』。 あれ悪魔の選択よなー。 選ばせるって残酷だわ・・・と思いますが、我々の会場は『恋のバカンス』(歌:﨑山龍男)でした。 皆様ご存じ炎のドラマー﨑山龍男がさーーーーーーーちょっとはにかみながらさーーーーーー懸命に歌うんだぜーーーーーーーーー!!!!!!!! 良かった。 そこにはただただ良さがあった。。。。。 しかし3曲練習されたんなら3曲とも披露されたらよろしいのでは?ぜひ次回開催の折には前向きにご検討頂ければ幸いに存じます。 それから歌うたいの方、『悲しみの果て』が「俺のカラオケの十八番」であるなら、次回企画盤を作られる際には是非とも入れられることを前向きにご検討頂きたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。 そして「十八番」発言を受けた皆様ご存じベース弾きの田村明浩さんが「俺らはカラオケ・・・(苦笑)」てなってたの、地味にウケた。 はははははは その後会場2位が『スピカ』(アルバム『花鳥風月』に収録)(非常に人気の高い曲、もはやエースの貫録すら感じます)、その後『魔女旅に出る』(アルバム『名前をつけてやる』に収録)(藤井聡太七段が好んで聴かれることで有名)(有名?)が続いてその後がね・・・『サンシャイン』(アルバム『空の飛び方』に収録)がやって来ました。 サンシャインもかなり好きなんだよな~~~前にもGo! スカで聴いたんでは?という記憶があるのですが、あれは美しい。。。。。。 情景描写ヤバすぎよな。 やばー ちなみに ババロアやジュテーム?:避けていたわけはなく存在を忘れていただけ サンシャイン:「サンシャインはまあ、いいだろ・・・」と避けていた とのことです。 ははは 高くて大変らしいですが、ついでのように「ロビンソンは別に大変でもないんだよね~、ファルセットで突いちゃえばいいから」とおっしゃっていたのが「え、すご・・・」と思いました。 そして続いての『砂漠の花』(アルバム『さざなみCD』に収録)もライブで初めて聴いたかと思うので嬉しかった。 桃、かなりいいよな。 投票頂いた皆様ありがとうございました。 桃、たまに延々聴き続けることがあります。 アンコールは新曲『やまぶき(仮)』と『バニーガール』(アルバム『インディゴ地平線』に収録)でした。 新曲をお披露目してくださるのもまた、このGo! スカの楽しみのひとつです。 しかし新曲、明るい感じだったくらいしか覚えてない・・・何回か聴かないと覚えられない脳みそなので。。。 ライブはここで終了、ここからGo! スカ恒例の抽選(在庫一掃)プレゼント大会でした。 わたしは今回に限らずこういった催しで当選したことなど一度もないので、今回も例に漏れずカスりもしませんでした。 あの人数の中から﨑山さんのスティックが当たるとか、どんだけ徳を積まれているのでしょうか。 当選者された方の前世を知りたい。 ちなみに皆様ご存じギター弾きの三輪テツヤさんは抽選時に一度引いた紙を戻して選び直すという「運命のいたずら」を演出されていましたことをここにご報告申し上げます。 そしてGo! スカにおいては、観客が自由に写真撮影出来る時間が設けられます。 しかし整理番号(1800台後半)が届いた時点で「これは写真は無理っしょ」と思っていたのでiphoneのみ持って行き、4-5枚撮った時点で「意外とちゃんとカメラ持ってくりゃ撮れる位置だったな・・・しかしiphoneでは限界である」と悟って終わりにしました。 今見返したことには、画像が粗いので拡大すると印象派絵画のようで悪くないです。 いえ、決して負け惜しみではありません。 最後の一言あいさつで神々しい歌うたい様より 「目立たなくてあてにされることもないような子供だったから、あてにされるような人になりたかった。 今こうしてメンバーに恵まれて、自分たちにFCまであるような状況で、こうしてバンドでやっていけていることがとても幸せ。 与えられた役割だと思っているので、あてにしてくれる人がいる限り続けていきます」 というお言葉を頂いたので、合掌しました。 55歳になる前にGo! スカvol. 8開催希望の旨ベース弾きの方よりご発言があったかと存じますが、当方と致しましても異論はございませんので、どうぞ前向きにご検討下さいますようお願い申し上げます。

次の