ジョブポイント グラブル。 ジョブリミットボーナス

グラブル JP(ジョブポイント)の稼ぎ方や使い道は?

ジョブポイント グラブル

グラブルには「マウント」の他に弱体効果対策のアビリティとして、弱体効果を1つ回復することができるアビリティ「クリア」が存在します。 弱体効果対策という観点から「マウント」と「クリア」は同様の効果をもっているため、どちらか片方だけあれば問題ないと思うかもしれませんが、「クリア」だけでは対応できないことがあります。 最たる例がアビリティ使用不可の弱体効果です。 アビリティ使用不可になると、アビリティの1つである「クリア」も使用することができません。 弱体効果を付与してくる敵には「クリア」だけでなく、可能であれば「マウント」も用意しましょう。 その他の「クリア」だけでは対応できない事例や、「マウント」についての詳細な説明は以下の記事をご参照ください。 次に主人公が習得できる「マウント」と、「マウント」が使用できるジョブを紹介していきます。 主人公が習得できるマウント 主人公が習得できる「マウント」は以下の通りです。 ベール(使用間隔:6ターン) Class. ベールを活用するときの注意点 先ほど紹介したように「マウント」を付与することができる「ベール」は、プリースト系のジョブでなければ使用することができません。 そしてプリースト系のジョブは、風属性や闇属性とは非常に相性が悪いものとなっています。 なぜかというと当記事作成時点で、風、闇属性の武器編成の主流が背水編成となっているからです。 背水編成は武器スキルの効果を得るために、 一定以下のHP帯で戦闘を継続する必要があります。 プリースト系のジョブが使用できる「ヒールオール」は効果対象が参加者であるため、マルチバトルでは自分以外のプレイヤーにも効果が発生します。 マルチバトルの参加者が、自分の戦力より高いプレイヤーが多い場合、「ヒールオール」を使用したことにより、バトル参加者全体の与ダメが低下してしまうことがあります。 自分のパーティが全滅してしまっては本末転倒となるため、どうしても回復アビリティや召喚石のリキャストが間に合わない場合にのみ 「ヒールオール」を使用するようにしましょう。 なお「ヒールオール」の使用を控えたほうがよいのは、マルチバトル参加者が背水編成と予想される場合に限りますので、渾身編成が予想される水属性や光編成のときには「ヒールオール」の使用に関して、気を配る必要はありません。

次の

【グラブル】クラス4ジョブ 最速の取り方/解放素材の集め方まとめ!

ジョブポイント グラブル

— Satoha Sato4Ha JP(ジョブポイント)とは、 主人公がジョブを習得するのに必要となるポイントです。 Class1のジョブはゲーム開始後から習得可能となっており、Class2以降はいくつかの条件をクリアすることにより習得可能となります。 いくつかの条件とは特定のジョブを習得すること、特定のクエストをクリアすることなどがあります。 またここで注意したいのが、ジョブ習得の前提条件をクリアしても該当ジョブを習得できるわけではありません。 前提条件クリア後、JP ジョブポイント を使用することにより、はじめてそのジョブを習得できるわけです。 またClass4以降はJP ジョブポイント 以外にも特定のアイテムが必要となります。 JP ジョブポイント の稼ぎ方 グラブルでは、JP ジョブポイント の入手方法はいくつか存在します。 もちろん無計画にジョブを習得しているとJP ジョブポイント がなくなる可能性がありますが、計画的にジョブを習得していればしばらくはJP ジョブポイント が不足することはありません。 序盤は、Rankアップする際に入手できるJP ジョブポイント でやりくりしていきましょう。 騎空団に所属していないプレイヤーも、イベント限定の敵を倒すことにより入手できる「戦貨」と呼ばれるアイテムを使うことにより、イベント限定のガチャ「戦貨ガチャ」を引くことが出来ます。 「戦貨ガチャ」では、「古戦場武器」と呼ばれる非常に強力な武器を入手することが可能ですが、それ以外にも様々なものが入手可能です。 その中にJP(ジョブポイント)があります。 確定で入手できるわけでないので入手量には運要素が影響しますが、一定量であればゲーム序盤のプレイヤーでも入手可能です。 1回の古戦場で、最大で450JP (5JPが90個)ものJP ジョブポイント が入手可能です。 特に中盤以降はRankも上がりずらくなるため、古戦場での「戦果ガチャ」はJP ジョブポイント の主だった入手手段となります。 イベントマルチバトルをクリアした際に入手できるアイテムとの交換で入手できる他に、イベント「決戦!星の古戦場」のときと同様、「戦貨ガチャ」でも入手することができます。 シナリオイベントの主目的がイベント限定の武器や召喚石の入手であるため、交換アイテムに余裕があるようでしたらJPの入手を考えてもよいでしょう。 ブロンズ、シルバー、ゴールドと3つのレアリティがあり、ブロンズムーンはRキャラ出現武器が、シルバーはSRキャラ出現武器が、ゴールドはSSRキャラ出現武器が持っているものと重複した際に入手できます。 またムーンは特定のマルチバトルに参加したときに、その活躍度によって入手できる「武勲の輝き」と呼ばれるものとも交換が可能です。 それぞれのムーンはJP ジョブポイント と交換可能となっており、レートは下記の通りです。 ブロンズムーン:1つにつき100JP• シルバームーン:2つにつき500JP シルバームーン1つ当たり250JP• ゴールドムーン:1つにつき2500JP 非常に多くの量のJPを入手できますが、ムーンは他の強力な武器や有用なアイテムとも交換ができるため、自分のプレイスタイル、所持しているムーンの量と相談して交換することをおすすめします。 デイリーミッションを達成するとMP(ミッションポイント)と呼ばれるポイントを入手でき、MP消費により獲得できる報酬の中にJPが存在します。 1MPで10JP交換でき、在庫設定が5個つまり50JPとなっています。 5個の在庫すべてを交換してしまったあとは、MPで交換できる他の報酬をすべて入手すれば在庫が復活します。 入手量が50JPで、在庫復活までに多くのMPが必要となるため、大量入手には不向きとなっています。 ゲーム開始後、戦闘面のチュートリアルは自動的に発生しますが、システム周りのに関してはパネルミッションで補完するかたちとなります。 「パネルミッション」は9個設定されたものが4枚存在し、「My page」の中ほどある「Campaign」より確認することができます。 「パネルミッション」にある内容を達成すると報酬を獲得することができ、それらの中にJPが存在します。 パネルミッションが初心者向けとなっているため、ゲーム序盤での入手手段となるでしょう。 パネルミッション報酬には有用なものも存在するため、もし手を付けていないようでしたら折を見て、すべてのパネルミッションを達成しておきましょう。 グラブルの漫画で豪華特典をゲット! 今グラブルの漫画を買うと、期間限定でシリアルコードが付いてきます。 このシリアルコードを使うことで、豪華特典をゲットすることができます。 また、9,000以上のタイトルが無料で読み放題なので他の漫画も楽しめます。

次の

【グラブル】クラスⅣジョブのLB振ったら戦力4000上がった件

ジョブポイント グラブル

JPはランクアップ時に30ポイント、他にはパネルミッションやイベントで取得可能です。 はじめの基本職を何職かジョブチェンジするくらいの時には気にならないのですが、上級職、最上位職を使い始めるとあっという間に枯渇します。 基本職は100JP、上級職は200JP、最上位職は300JP転職する為に必要です。 もし仮に全てのジョブを取得しようと思うと6000JP以上が必要になります。 詳しくは以下をご覧ください。 職業は随時追加されています。 このようになっています。 もし仮にランクアップのボーナスだけでまかなおうとすると200以上ランクアップしないといけません。 はじめはポンポンランクが上がっていきますが、50を超えたあたりからなかなか上がらなくなります。 以下がJPの主な入手方法です。 イベントなどでJPは工面しないと全ジョブマスターはできません。 JPの主な入手方法• レベルアップ• パネルミッション• 共闘クエストミッション パネルミッションでのボーナスは微々足るものなので基本はイベント頼みになります。 イベントでのJP取得 例えば2015年1月に実施のイベント「シンデレラファンタジー~夢の中の空の先~」だとエクストラクエストで取得したトレジャーを各種武器、召喚石、アイテムと交換することができます。 SSR武器、SSR召喚石と並んで10JP(在庫20)が並んでいます。 この他にエリクシールやエンジェル召喚石なども並んでいます。 SSR武器とSSR召喚石はできれば取りたいところですが、課金者でガチャを回すのならば極論スルーして10JPを優先して取りに行っても良いと思います。 もちろんガチャSSRやガチャSRが揃っていないのならばイベントSSRを優先が良いです。 戦力に余裕があってイベントを回す時間などの余裕がない場合はJPを優先しても良いというだけです。 ガチャを回さない無課金、微課金者の場合はイベントSSR優先です。 その後の余った分をJPに全力し、エリクシールなどは完全無視です。 カジノでエリクシールハーフが交換できるのでイベントでは無視で良いです。 JPが厳しい時はこのイベントはできるだけがんばるのがおすすめ。 イベントがない時(スルーする時)は「おいしん珊瑚」を周回してランク上げをして、マルチバトル(マグナ優先)をこなしてランクアップのJP、イベントに備えておくと万全です。 参考記事: あまりジョブを取得しないと言う選択肢 JPをできるだけ稼ぐのではなく、逆にジョブをあまり取得せずにJPをなるべく消費しないというスタイルもあります。 この場合、ジョブのマスターボーナスやEXアビリティの取り逃がしが発生しますが、ある程度は妥協します。 あらかじめマスターボーナスなどを確認しておき、取捨選択するというのが現実的なところです。 参考記事: まとめ JPの稼ぎはランク上げとイベントが主体です。 それほど稼げるものではなく、ほぼ有限でかなり貴重なものであると認識しておくことが大事です。 上位職になる条件を満たしたからといってすぐにジョブチェンジをするのではなく、捨てるジョブをあらかじめ考えておきましょう。 後からJPが余るくらいランク上げorイベントがはかどった場合に捨てたジョブの取得を考えましょう。

次の