アイコス 抜くとき。 やばっ「アイコス」故障かも! 症状別対処法をメーカーに聞いてきた

iQOS(アイコス)を吸う時に硬くて空気が入ってこなかったから交換してもらって応急処置を聞きました!

アイコス 抜くとき

ホルダーのキャップを外すと、QRコードが印字されているのですぐ見つかると思います。 QRコードの横に二行で書いてある、大文字アルファベットか数字の入った14桁の番号です。 アイコス2. 4 Plusと同じ場所ですし、普段ヒートスティックを抜くときにキャップをずらして目にする場所なので、ホルダーの製品番号の場所は迷わず見つけられると思います。 アイコス3 チャージャー の14桁製品識別番号 チャージャー 本体 の製品番号がなかなか見つからなかった! まずは、 チャージャーのフタを外します。 この部分は「ドアカバー」と言って他のカラーに着せ替えできるようになっており、マグネットでくっついているので少し力を入れて引っ張ればすぐ外れます。 ドアカバーの中です。 アイコス2. 4 Plusはチャージャーの側面に直接印字されているので製品番号の場所が分かりやすかったのですが、アイコス3の製品番号はドアカバーの裏にあったので、なかなか見つかりませんでした。 箱に書いてある番号は製品識別番号じゃないよ インターネットで「アイコス 製品番号」と検索すると、アイコスが入っていた外箱の画像が表示されるのですが、 箱に書いてある「12桁」の番号は製品識別番号ではありません。 ホルダー・チャージャーに印字されている製品番号と一致するので、 こちらが正しい製品番号です。 アイコス3の製品番号を確認するときはホルダー・チャージャーに印字されている製品番号を見るようにしましょう。 アイコス3 ホルダー の交換は1回まで! 今回、アイコス3のブレードが折れたので無料で新品のホルダーと交換してもらいましたが、アイコス3の交換回数は 1年間で1回のみです。 それ以降は自費で新しいものを購入することになります。 アイコス3のブレード折れの一番の原因は、クリーニングだそうです。 アイコス2. 4 Plusのフサフサの毛で出来たクリーニングブラシと違い、ゴムで掃除するアイコス3のクリーニングブラシは力がかかりやすいのかもしれません。 クリーニングの際は、ブレード折れに注意して優しく掃除しましょう! それでも折れてしまったら…公式ストアでアイコス3を安く購入する方法はコチラ.

次の

【iQOS(アイコス)指南】吸い終えたらシコってから抜くこと / さもないとクサいカスが残る

アイコス 抜くとき

「先っぽがフタか何かで塞がれているのではないかというくらい何も吸えない。 」 アイコス愛用者の誰もが一度は経験する アイコスあるあるです。 私Shinjiは4か月ほど前に一度電気系の不具合でホルダーを新品に交換してもらったことがあります。 前のホルダーの時は清掃を怠っており、吸いにくくなっていたのでタイミングが良かったです。 そんな経験もあったので交換してもらったホルダーは定期的に清掃をしていました。 それでもまた吸えなくなりました。。。 いやー、マメに清掃していましたよ。 付属のブラシでゴシゴシ、付属のプレートで黒ずんだヤニみたいなやつを掻き出し、清掃液のついた綿棒でゴシゴシキュッキュ。 ピカピカになって満足していたものです。 それなのに吸えない。 ネットで調べていろいろ試しました。 キャップを少し浮かせるとか。 ヒートスティックに折り目をつけて断面を四角にするとか。 でも吸えません。。。 完全にあきらめモードです。 それが キャップを本気モードで清掃することで劇的に復活しました。 もし同じような症状でストレスを感じているなら、是非実践してみてください。 先端が潰れ、途中もシワになっています。 最終的にこの状態が頻発するようになり、完全に吸えなくなりました。 この症状から 加熱ブレード先端に汚れが固着しサクっと入らないのではないか?? と推測し、これまで以上に本体を念入りに清掃しましたが、解決しませんでした。 まあ、原因はキャップでしたからね。 診断とキャップ清掃 ということでキャップ清掃で復活するのか診断と清掃をしていきます。 診断 本体からキャップを外して キャップのみにヒートスティックを入れてみます。 やっぱりヒートスティックが奥まで入らないならキャップ清掃で復活する可能性大です。 これは浮いた分だけキャップの底に 何かが詰まっているということを意味しています。 それを取り除けば 「奥まで入る=復活する」かもということです。 奥まで入るようになりました。 吸い心地も良くなりました。 軽く吸いこめます。 まとめ アイコス愛用者にとって「吸えない」ほどのストレスはないと思います。 その吸えない原因は様々あると思います。 もし、いろいろ試してみたけど効果がなく、キャップ清掃がまだであれば是非試してみてください。 キャップ清掃が面倒なら 新品のキャップを購入しましょう。 IQOS公式ストアからドレスアップパーツとしてキャップのみが販売されていますよ。 またでも社外品のキャップがたくさん販売されています。 たかがキャップ、されどキャップ。 テクノロジーのかたまりには無駄が一切無いということですね。 ではー。 ーー 追記(2019年7月2日)ーー 最近は付着した汚れも落とすようになって快適です。

次の

アイコス3の使い方を画像と動画で解説!初めてのIQOSでもメーカー直伝で安心

アイコス 抜くとき

2,3年前と比べると今や加熱式タバコは当たり前の時代になってきました。 そして、一度は禁煙をした私も一度加熱式タバコを口にしてから虜になってしまった一人です。 普通のタバコより体への害が少ない、周りにあまり迷惑が掛からない、服に匂いがつかないなど不通のタバコにはもうもう戻れそうにはありません。 初めて加熱式タバコに出会ったのが2年前。 当時購入したのはiQOS(アイコス)の初期型で、故障したのを理由に新型(iQOS 2. 4plus)に変えたのが半年前になります。 味や性能に全く不満はありませんでしたが、故障や破損やらで修理するのがストレスとなりやっぱり禁煙するかなと思たっ時にコンビニで同じ加熱式タバコのglo(グロー)が・・・。 値段の安さとカッコよさににつられてその場で購入。 しかし2週間使用した結果、意外にも アイコス以上の満足度が! アイコス愛用者の中にはまだgloの魅力に気づいていない方がほとんどだと思うので、私と同じように故障などのストレスがある人はこの記事はアイコスは絶対に役に立つはずです。 これを見たらますます禁煙からは遠ざかってしまいますが・・・。 目次(Contents)• アイコスと比較したglo グロー)のメリット まず価格ですが、アイコスは新価格7,980円に対してグロー(新型)はキャンペーン適用で 3,980円と半額で購入できます。 前グローが2,980円と1,000円安いので性能が上がったのかと思いましたが、どうやら変わったのはデザインくらいとのこと。 前グローとは比較できませんが、アイコスより半額なのは魅力的です。 アイコスはコンビニのレジで買うかどうか躊躇した記憶がありますが、グローは即決でした。 アイコスとグローのデザインを比較 ネイビーのアイコス2. 4plusもお気に入りでしたが、一回りも小さく黒光りしているグローはめちゃめちゃ気に入りました。 この辺は意見が分かれそうですが、実用面で言うとグローの表面の素材(テカテカしている上部ではなくマットな感じの下部)はアイコスと比べてて油などの 汚れが目立ちにくいと気づかされます。 連続吸いが可能はプラスアルファの効果も アイコスはホルダーから外して吸うのに対して、グローは本体にタバコを差し込む仕様の為、吸い終わってからもすぐにまた連続吸いが可能になります。 ヘビースモーカーの人であればこれは嬉しい機能ですが、休み時間に1本くらいの私には、たまに恩恵を受けるくらいでしかありません。 しかし、アイコスのようにホルダーに戻して吸うたびに充電する必要がないのは、結構使えます。 例えば、私は自分の部屋で加熱式タバコを吸うのですが、吸い終わったらそのまま寝ることが度々あります。 で、起きたらまた無性に吸いたくなるのですが、アイコスの場合だとそこから充電して待つことにイライラを感じていました。 どんだけめんどくさがりなんだよっ!って感じですが、グローならその必要はない、これかなり自分にとっては高ポイントでした。 アイコスと比べても遜色のない味 これはもう絶対条件ですが、味とタバコ感はアイコスと同レベルに感じました。 アイコスの時に吸っていたのは パープルメンソール。 グローにしてからは、似たような紫色を使ったダークフレッシュを選択。 もちろん若干の味の違いはあるものの、ほとんど違和感やストレスなくこのダークフレッシュを吸う事が出来ました。 ですから味の比較では両者とも満足できるレベルにあると思ってよいでしょう。 アイコスと比べてグローは壊れにくい まだ使い始めて2週間のグローですので、壊れやすいかどうかは推測となってしまいますが、アイコスは加熱ブレードやホルダーのアタッチメントなど壊れやすいのはアイコス愛用者なら周知のことですが、グローは構造的にはシンプルなので壊れる要素は格段に低いと感じます。 ~アタッチメントが壊れたアイコス~ アイコスより掃除が楽! アイコスの場合掃除するには専用の綿棒やお掃除キットでシコシコやっていましたが、加熱ブレードが折れること3回。 ガサツな私にはどうにもアイコスの掃除が苦手でしたが、グローは専用の棒状のブラシでグリグリ回すだけ。 加熱ブレードを折る心配もなく、そして何より 燃えカスがアイコスと比べて少ない!いやほとんどないレベルです。 あのアイコスの燃えカスをパラパラと取るのが楽しみの一つという人もいるかと思いますが、グローのお手入れが楽で燃えカスが少ないのは意外でした。 グローのデメリット ここまで見るとグローはアイコスのデメリットを克服した改良進化版のように思えるかもしれませんが、いくつかデメリットも感じたので紹介します。 1回で吸える時間が短い アイコスから乗り換えて一番初めに気になったのが、吸える時間が短くない?という事でした。 アイコスの場合約6分ですが、グローは実際に測ってみると 3分20秒と約半分の時間でした。 なるほど確かに短く感じるはずです。 もう終わっちゃうの?という感覚は実は今でも続いているほどです。 吸える回数は3分20秒の間で15回ほどでしたが、少し物足りなさを感じて続けざまにもう1本吸う事が多くなってしまう人もいるのではないでしょうか? 実際に私の周りでは、グローに変えてから1日の数量が1. 5倍以上に増えたと言う人もいるくらいです。 お財布にやさしいのはアイコスなのかもしれません。 タバコを挿入して吸えるまでの時間が長い これもアイコスと比べて強く感じたことですが、吸えるまでの時間がとにかく長く感じます。 やはり、実際に時間を計ってみたらなんと 45秒! これはアイコスの2倍以上の時間(約20秒)となります。 ですので毎回もどかしさというかストレスを感じてしまっています。 タバコが長い アイコスの2倍以上の長さを持つグローのタバコ。 吸い殻入れがかさばるのが気になりました。 これは車の中で吸う事を考えるとゴミ問題としてはかなりのマイナスポイントとなる人もいるかもしれません。 また、携帯灰皿では収まりきらない可能性が高く、私の場合はタバコの箱に逆向きで入れてしまっています。 アイコスと比べてその他感じたこと 他に気づいた点は、アイコスと比べてグローは匂いが少ないことでした。 アイコスの場合吸い始め、加熱している時には焼き芋のような匂いがぷーんとしてきますが、グローはあまり感じません。 しかし、吸い終わってタバコを抜くときは、アイコス同様に 燃えカスの匂いは広がります。 事務所内でバレない様に吸えるかな?と期待していましたが、そうはいかないという事がわかりました。 アイコスとグロー比較まとめ ・連続吸いが可能で充電忘れでも喫煙可能 ・アイコスに味も負けていない ・カッコいい! ・掃除が楽で壊れにくい ・吸える時間が短い3分20秒で15回 ・吸い殻が長くごみの問題 いかがでしたでしょうか? 金額面でも性能面でも私のスタイルにはグローがぴったり合っていると感じています。 あとは、壊れた場合の対応がどのくらいなのか。 心配なのはこの辺くらいです。 アイコスのアフター対応が神レベルだったので、どのくらいのものなのか楽しみでもありますが。

次の