三井 住友 銀行 メール。 電子署名付き電子メール : 三井住友銀行

【詐欺メールに注意】【重要】「三井住友銀行の口座」カード・通帳一時利用停止、再開のお手続き

三井 住友 銀行 メール

三井住友銀行からこんなメールが届きました。 「 【重要】「三井住友銀行の口座」カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。 〇〇@〇〇. com」 中身を読んでみると、振込手数料引き上げに伴う、SMBCダイレクトの各種手数料改定で、使っている三井住友銀行の口座を一時利用停止している、とのこと。 利用を再開する為には、以下のURLより、セキュリティ強化、カード・通帳一時利用の再開手続きをしてください、とのことでした。 でも、 絶対にURLをクリックしないでください! これはフィッシング詐欺メールになります。 知らずにURLをクリックしてしまうと、三井住友銀行のSMBCダイレクトの口座番号やパスワードなどを盗まれてしまいます。 三井住友銀行を騙る詐欺メールの内容 今回の詐欺メールは、本当の三井住友銀行から届いたような内容で、 かなり巧妙なものでした。 URLをクリックした後のサイトも、偽物とは気が付かないページになっています。 振込手数料引き上げに伴うSMBCダイレクトの各種手数料改定について、お客様の【三井住友銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。 ご入力いただきました内容で所定の審査をすすめさせていただきます。 ご確認については、こちらからご確認ください。 smbc. jp (ご注意) このメールアドレスは送信専用です。 返信をいただいてもご回答できませんのでご了承ください。 ご不明な点がございましたらお手数ですが下記までご連絡をお願いいたします。 最初は、本物の三井住友銀行から届いたメールかと思ってしまいました。。。 しかも、訪問先のページも、 偽物とは思えないデザインになっています。 ただ、スマホ版しか作っていないみたいで、パソコンでページを表示すると「お客様の携帯ブラウザで登録してください。 」と表示されます(^^; こちらがスマホからアクセスした際の 偽物のサイトになります。 あまりにも本物のようで、まさか偽物とは思えませんよね。。。 smbc. jp」でしたが、偽物のサイトは「 smbc〇. jp」となっています。 三井住友銀行の偽メールの見分け方 ただ、やはりとても巧妙な詐欺メールでも、見分け方があります。 smbc. smbc. jp」になっています。 ほんのわずかな違いですが、違っています。 ただ、スマホでメールを受け取っている場合には、リンク先は分かりませんので、気が付かないかもしれませんね。 また、メールの送信元も「三井住友銀行」とは表示されていますが、メールアドレスは「admin a6. amaze〇〇〇. jp」となっていて、全くの別物のメールアドレスになっています。 メールタイトルの書き方や、手口が、先日の Amazonのフィッシング詐欺メールに似ていますが、このメールアドレスからすると、同じ詐欺グループのようですね。。。 デジタル署名とは、送信されたメールが「間違いなく本物の送信者です」という、データの改ざんが行われていないことが証明されるもので、フィッシングメールには、今のところ「デジタル署名」されたものはありません。 三井住友銀行のような金融系のメールでは、こういった署名が使われることが多くなっています。 その為、三井住友銀行から「デジタル署名」がされていないメールが届いた場合には、偽物のメールだと疑いましょう! 三井住友銀行の公式サイトでも、「フィッシング詐欺」の対策を公開していますので、こちらのページの内容を覚えておくと、効果的かと思います。 ・ネット犯罪「フィッシング詐欺」対策について(三井住友銀行 公式サイト) まとめ 最近のフィッシング詐欺メールでは、 巧妙なものが増えていますので、メールに掲載されているリンクからホームページを訪れる場合には、注意しましょう。 特に「クレジットカード情報が更新できなかった」とか「ログインの再設定をしてください」といった内容のメールの場合には、慎重に対応する必要があります。 [重要]:お客様の【三井住友銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。 From: 三井住友銀行admin a1. 〇〇〇. com. ご確認については、こちらからご確認ください。 (ご注意) このメールアドレスは送信専用です。 返信をいただいてもご回答できませんのでご了承ください。 ご不明な点がございましたらお手数ですが下記までご連絡をお願いいたします。

次の

カード利用のメール通知・利用制限設定について|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井 住友 銀行 メール

「【重要】お客様の【三井住友銀行カード】が第三者に利用される恐れがあります。 」というメールがフィッシング詐欺か検証します。 アカウントに異常な支払いがあったため、アカウントを一時的にロックした、解除は自分で行う必要がある、という内容です。 文面は以下の通りです。 ご不便をおかけしますが、このカードを使用している場合はご自分で制限を解除してください。 smbc. ご留意事項 ・本電子メールは、三井住友銀行にご登録いただいた電子メールアドレス宛に配信しております。 ・「HTMLメール」は、パソコン・スマートフォンを対象に配信し、お客さまが利用されているメールソフトや端末の設定などにより「テキストメール」の配信となります。 また、メールソフトによっては、表示がくずれたり、何も表示されなかったりする場合があります。 ・配信停止・メールアドレス等の変更はこちらよりお手続きいただけます。 ・このメールは送信専用です。 お問い合わせはこちらまでお願いいたします。 【金融機関等を装う電子メールにご注意ください】 ・「三井住友銀行」名でお送りする電子メールには、携帯電話向けを除いて電子署名を付けています。 ・当行を装う不審なメールにご注意ください。 詳しくはこちらよりご確認いただけます。 ・インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください。 当行では、不正送金対策ソフト「Phishwall(フィッシュウォール)プレミアム」を無料で提供しています。 All Rights Reserved. 三井住友銀行 まずメールヘッダーから送信元を調べてみます。 Domain Name: smbcpopmail. buzz Registry Domain ID: D9CD37B38E6BF4C8F8EA6FB8A569CDC44-NSR Registrar WHOIS Server: whois. namesilo. com Registrar URL: www. namesilo. com Updated Date: 2020-05-06T12:46:38Z Creation Date: 2020-05-06T12:42:43Z Registry Expiry Date: 2021-05-06T12:42:43Z Registrar: NameSilo, LLC Registrar IANA ID: 1479 Registrar Abuse Contact Email: abuse namesilo. inetnum: 194. 249. 0 - 194. 249. Vpassの新規登録画面 VJA一覧:Welcome to Vpass となります。 smbcpopmail[. smbcpopmail[. php 次ページで、完了画面が現れます。 smbcpopmail[. php 「【重要】お客様の【三井住友銀行カード】が第三者に利用される恐れがあります。 」というメールはフィッシング詐欺 「【重要】お客様の【三井住友銀行カード】が第三者に利用される恐れがあります。 」というメールはフィッシング詐欺です。 このメールは 送信者名は 三井住友銀行カードとなっていますが、日本のロリポップのメールサーバーを通って配信されています。 また、リンクの誘導先はロシアのIPアドレスで運用されている 偽のVpass登録、ログインページです。 くれぐれも個人情報やクレジットカード情報を入力しないよう注意してください。

次の

【SMBC

三井 住友 銀行 メール

投信eメールは、登録された投資信託の基準価額や分配金情報等を、お客さまの知りたいタイミングで電子メールで配信するサービスです。 (無料) 配信タイミングを選択できる他、設定した基準価額に到達したことをお知らせする機能もご利用いただけます。 電子メールで配信する投資信託 三井住友銀行でお取り扱いしている国内投資信託、外国投資信託より、最大10ファンドまでご登録いただけます。 1 国内投資信託の基準価額・分配金(1万口あたり)• 2 外国投資信託の基準価格(分配金は配信しません)• 電子メールの配信タイミング メールの配信タイミングは、次の3つよりご選択いただけます。 配信時刻は午前8時頃です。 祝日・休日等の翌営業日は配信せず祝日・休日等の翌営業日の翌日に最新の基準価額を配信します。 1 火曜〜土曜日の毎日• 2 毎週火曜日• 3 毎月第1火曜日 お知らせ機能 上記の配信タイミングにかかわらず、お客さまの設定された以下のタイミングでメールを配信します。 1 設定した基準価額に到達した翌日にお知らせ 投資信託の基準価額がお客さまの設定された配信価額(上値と下値2つ設定いただけます。 2 分配金が決定した翌日にお知らせ 投資信託の分配金が決定した翌日午前8時頃に配信 メールの件名でお知らせ内容を通知します。 外国投資信託については、配信前日に当行が把握する直近の基準価格を配信します。 国内投資信託の分配金については前日がそのファンドの決算日であった場合に、分配金額(1万口あたり)が配信されます。 なお、分配金額が0円の場合も配信されます。 日経平均株価は配信前日の終値、外国為替は配信前日の18時頃の取引実勢レートを配信します。 (例:月曜日が祝日の場合、火曜ではなく水曜に配信します。 ) 投資信託の基準価額や分配金は、国内金融機関営業日の夕刻〜夜間に決定します。 投信eメールでは、決定後の翌朝にメールを配信するため、配信タイミングを火曜日〜土曜日としています。 配信価額は、インターネットバンキングで登録・変更が可能です(モバイルバンキングでは配信価額の登録・変更ができません)。 投信eメールの配信開始日・配信停止日について• 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 本情報は過去実績に基づくものであり、将来の実績を保証するものではありません。 本情報によって生じたいかなる損害についても、株式会社三井住友銀行、株式会社QUICKおよび情報源は、一切の責任を負いません。 本情報は、閲覧者ご自身のためにのみご利用いただくものとし、第三者への提供は禁止します。 また、本情報の内容について、蓄積、編集加工、二次加工を禁じます。 本サービスは、お客さまからのお申出による投資信託基準価額等の配信を目的としており、三井住友銀行が特定の金融商品を勧誘・推奨するものではありません。 この場合、再配信は行ないません。 また、投資信託の運用会社から基準価額の連絡がない場合等、配信する基準価額を、メール配信時間までに当行が知りえない場合は、配信時点での直近の基準価額を配信させていただきます。 これらは当行本支店等にご用意しています。 また、これらの手数料等とは別に信託報酬と監査報酬、有価証券売買手数料等その他費用等を毎年、信託財産を通じてご負担いただきます。 お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。 購入時と換金時の適用為替相場には差があるため、為替相場に変動がない場合でも、換金時の円貨額が購入時の円貨額を下回る場合があります。 各投資信託の手数料等の詳細は、目論見書・販売用資料等でご確認ください。 預金保険については窓口までお問い合わせください。 購入・換金等はご利用いただけません。

次の