解離 性 昏迷。 無法自圓其說的故事:多重人格的真相

解離如何評估

解離 性 昏迷

「多重人格」是一個常見的名詞,每隔一段日子便會出現在電影、劇集、小說、報刊或網路討論區裡。 譬如《24個比利》、《變身情人》(Kill Me Heal Me)以至最近的《分裂》(Split)等等,大家可能都聽過,但很多人並不真正瞭解什麼是多重人格。 現實中的多重人格究竟是怎麼一回事? 治療室裡「多重人格」的故事 小美在一個家教甚嚴的環境下長大,父母對她常常有很高的期望,也很重視家聲和面子,她在家中總不敢輕易流露情感。 她今年30歲,已是一個成功的專業人士,但她總受失眠和情緒問題困擾,被診斷有「抑鬱症」,到診所看診多時也沒有改善。 有一次,公司裡一個年長的同事靠近跟她說話,她突然感到非常驚慌,瑟縮在桌下,喃喃自語:「對不起!叔叔,不要打我了!對不起!」事後,她便不時閃現一些惡夢和視覺畫面,看著自己小時候被長輩打的經歷。 最近,小美告訴醫師,她常常發現自己家中有很多新衣物和玩具,卻沒有印象這些東西從何而來,這些衣物都是她平常不會穿的款式,而且她已很多年沒有玩玩具了。 不僅如此,她不知道自己為什麼在騎車通勤途中,腦海中常有個小孩子的聲音,叫她往前面的車子撞上去;在與客戶通電話時,又有另一個聲音,在旁邊下指導棋,讓她很難聽見客戶的聲音,就好像在三方通話。 這些聲音曾經「跑出來」佔領了她的身體,讓她失去了意識,當她「醒來時」便赫然發現自己竟身在夜店裡,穿著奇怪的衣服…… 醫師經過深入評估,告訴小美,原來她患上的是「多重人格障礙」…… 關於「多重人格」,你該了解的17個秘密 小美的故事,其實並不罕見。 她出現多方面的情緒和行為問題,藥物治療對她作用不大。 她突然「回閃」自己小時候被打的經歷,這是創傷倖存者常見的解離症狀;她發現不屬於自己的東西、失去記憶、聽到腦海裡出現聲音等等,這些都是多重人格障礙常見的臨床表現。 難道多重人格不只是電影和小說裡虛構的東西?我們認識的人也可能是多重人格障礙患者?患上多重人格,可以康復嗎? 本文針對一些常見的問題,提供一些資訊,供大家參考。 也許,當您進一步了解多重人格之後,您也願意出一分力,藉著您的生命,發揮您的影響力,一起改善我們的社會! 什麼是「解離」?這跟多重人格有什麼關係? 「解離」,英文是dissociation,意思是我們整合自己身心經驗(例如:情緒、感受、身體活動、記憶、身份)的過程中出現障礙[1, 2]。 在我們日常生活中,都有可能出現解離經驗,這是我們身心面對創傷和壓力時的自然反應,解離亦可以是非病態的。 例如:• 一個人發白日夢時,聽不到別人正在跟自己說話• 當一個人太專注於工作時,他可能就沒有感覺到肚子餓• 一個人受驚過後,無法回憶起先前發生過的事情• 一個受虐的小孩子,覺得被虐待的人並不是自己 解離症狀常見於創傷心理障礙患者(例如:創傷後壓力症[PTSD]、急性壓力症[ASD]、邊緣人格障礙障礙[BPD]、解離症)身上。 換言之,DID的主要特徵就是嚴重的病態解離,儘管病態解離也可能出現在非DID患者身上。 現實中有多重人格障礙(即DID)嗎? DID是國際精神醫學診斷手冊DSM-5 [1] 和ICD-10 [3] 皆正式承認之精神科診斷,在DSM系統裡,DID被分類為解離症(dissociative disorders)的一種。 在1994年之前的DSM中,DID被稱為多重人格障礙。 此外,DID已經是一個具信度和效度的診斷 [4, 5]。 因此,這當然是真實存在的。 多重人格,跟「精神分裂症」一樣嗎? 多重人格障礙(即人格分裂症、DID),跟精神分裂症(schizophrenia)是兩個不同的精神科診斷。 雖然兩者有一些相似或共通之處,但兩者也有一些定義上的分別。 DID患者的關鍵症狀是「解離性失憶」和「身份認同轉變」,這兩種症狀並非精神分裂症患者的症狀。 值得一提的是,DID和精神分裂症患者都很可能出現幻覺、幻聽等症狀 [2]。 DID是否非常罕有? 近30年來已有很多針對DID的流行病學研究。 然而,在現實中,DID患者常常被誤當成其他精神病 [6]。 病態解離只出現在特定的文化裡? DID的核心是病態解離。 儘管很多人認為病態解離是北美文化獨有的現象,但創傷與解離領域的學者有不同的發現。 嚴重的病態解離和DID,不僅出現於美國和加拿大,也可見諸全球多個文化和地區,包括土耳其、荷蘭、韓國、日本、台灣等地 [7-11]。 關於DID的病例,可見於16世紀的歐洲 [12],而在古代中醫文獻裡也能發現到病態解離的臨床現象 [13]。 因此,病態解離似乎是一個跨文化的人類現象。 多重人格障礙患者是否有多於一個人格? 事實上,多重人格障礙涉及的是人格結構的解離,換言之,多重人格障礙患者跟所有人一樣,只有一個人格。 所有交替人格部分加起來,才是一個完整的人格。 這也是為什麼精神疾病診斷與統計手冊將多重人格障礙(MPD)改名為解離性身份障礙(DID),因為患者並沒有多於一個人格,而是身份認同上出現解離。 每個人或多或少都有些多重人格嗎? 如上所言,每個人只有一個人格。 我們或者或少都會有些解離的經驗。 事實上,大部分DID患者都曾在童年遭遇複雜創傷。 不一定是虐待或侵犯,家庭暴力、言語暴力、疏忽照顧、缺乏父母的愛、朋輩欺凌、醫療創傷、不良的教養等等,都可以造成深遠的創傷。 創傷跟解離有什麼關係? 當一個人遭遇創傷和壓力時,如果這些身心經驗難以承受,可能一時無法整合於人格結構之中,這個「無法整合」的過程便是解離了。 譬如車禍倖存者,可能難以承受車禍的驚慌情緒和痛苦記憶,便失去了車禍時的記憶,並出現惡夢、回閃等症狀,患上PTSD,這便是一種病態解離了。 如果一個人年紀尚幼時、人格未發展成熟時,便遭受長期的痛苦(例如:家暴、言語暴力、缺乏安全感的成長環境),他/她可能便難以整合這些身心經驗,甚至覺得被傷害的人並不是自己,這便是DID患者自我防衛機制之始。 創傷造成人格的整合過程受阻(即解離)。 根據一些學者的觀點,從一般的ASD、PTSD,到複雜型PTSD、BPD、其他解離症,至嚴重的DID,都同樣涉及結構性人格解離(structural dissociation of the personality)[15]。 創傷後的身心症狀,主要都是解離性質的。

次の

解離性昏迷の症状,原因と治療の病院を探す

解離 性 昏迷

解離性漫遊症 Dissociative fugue,又稱解離性遁走症 屬於解離性障礙 Dissociative disorder 的一種,它並不像典型的失憶症,如忘記自己是誰、遺失某段記憶,或喪失某些個人特質等,解離性漫遊症者有時候會暫時像是失去個人身分感,無預警地忽然離開家或工作場所,出走去流浪或旅行,因為患者無法想起自己部份或全部的過去,在某些時刻,他們會變得對自己的身分或所處的環境感到很困惑,在少數個案中,患者可能會為自己創造一個新的身分。 而這些人的外表並沒有共同的特徵或行為,所以表面上看不太出來是否有解離性漫遊症。 同場加映:4症狀檢測!您有創傷後壓力症候群嗎? 造成解離性漫遊症的原因 解離性漫遊症經常與重大的壓力或創傷有關,經歷過戰爭或天然災害等,可能會提高發病的機率,此外,個人因素的壓力也可能加重病情,而導致患者離家出走,例如經歷所愛逝世或工作上的壓力都有可能使人想短暫逃離或抹除自己的過去 如何診斷解離性漫遊症? 當醫師發現患者對於自己的身分,或對於提起過去的行為感到困惑時,才會懷疑是否是解離性漫遊症。 醫師會先評估患者的症狀,並做一些理學檢查,以先排除因生理性因素所導致的記憶喪失,同時也會進行精神狀態檢查。 一般來說,解離性漫遊症患者會在突然回歸到自己的身分時,或對於自己身處於陌生環境而感到困惑時,才會發現問題並診斷出來,而醫師通常會調閱病史,並蒐集患者離家、外出遊走,或建立新生活之前的資訊,才能確診。 如何治療解離性漫遊症? 解離性漫遊症經治療和復原後,以前的記憶通常也會完整地保留下來,也因此患者通常並不需要任何治療。 多數個案的心理治療,可能會包含催眠,而催眠也可能可以幫助患者恢復記憶。 治療師通常會鼓勵患者去回想和面對造成漫遊症的壓力事件,畢竟創傷事件往往是導致解離症狀的根源,而讓患者面對創傷,治療那些造成混亂的感覺和情緒,是很重要的關鍵,因為創傷事件可能會使一個人逃離以及忘卻過去,必須讓患者去面對那些所造成悲痛、憂鬱、害怕、憤怒、悔恨,或導致精神問題的記憶。 Hello Health Group 並不提供醫療建議、診斷或治療。 延伸閱讀:•

次の

忘記身份出走流浪~談解離性漫遊症

解離 性 昏迷

声をかけると覚醒する。 昏迷状態とは 昏迷状態のときは、ベッドに横たわっている患者さんは、話しかけても全く反応しません。 しかし、 周囲で何が起きているかは理解していると考えられています。 というのも、回復した後、その記憶が残っていることが多いからです。 また、指で瞼を開こうとすると目をぎゅっとつぶったり、四肢を動かそうとすると抵抗したり、逆に協力的に動かしたりします。 このため、意識障害との鑑別が非常に困難な事もあります。 昏迷状態は、統合失調症(特に緊張型)やうつ病、心因反応の患者さんに見られることがあります。 原因は? この原因は二つ考えられています。 一つは、 大脳や脳幹を直接障害する頭蓋内の病変によるもの。 具体的には、脳血管障害,脳腫瘍,頭部外傷,脳髄膜炎,神経変性疾患,てんかんなどです。 もう一つは 全身性の疾患により脳の機能が障害される場合です。 循環器や呼吸器疾患による低酸素脳症,糖尿病による高血糖や低血糖、薬物中毒などがあげられます。 精神疾患と昏迷 統合失調症の中の緊張型やうつ病、双極性障害にも症状があらわれます。 統合失調症の陽性症状 統合失調症の症状群は、大きく陰性症状と陽性症状に分類されます。 陰性症状因というのは、通常働いている機能が失われている状態で、意欲の低下、感情や思考の低下の症状を指します。 精神面の機能がマイナス状態になっているわけです。 一方、陽性症状は、通常はない症状がプラスされている状態です。 叫び声をあげながら、壁にぶつかったり、戸を叩いたり、食事もとらず、風呂にもはいらないような拒絶症がこれに該当します。 昏迷は、統合失調症の陽性症状として現れてきます。 緊張型統合失調症に現れる 統合失調症はまた、病気の型として 、「妄想型」、「破瓜型」、「緊張型」に分類されます。 昏迷は、緊張型の陽性症状としてあらわれてきます。 具体的には、急に体を硬くして動かなくなったり、声をかけても返事をしない無言になったりします。 意識は正常なのに、全く反応を示さなくなるのです。 参考までに、統合失調症の代表的な型をあげておきます。 18歳くらいで発症するケース一品一様がおおいのですが、中には30歳代の発症もみられます。 患者さんの中には、妄想以外に問題がなさそうな人もみられます。 破瓜型統合失調の場合は、もう少し年齢の幅が広がり、15歳から25歳前後に発症します。 破瓜型は、陰性症状を主体とした病気です。 性格が急に変わったり、服装がだらしなくなったり、風呂にも入りたがらなくなるなど、生活行動に乱れがでてきます。 静かで、表情に乏しく、喜怒哀楽の表情が失われてきます。 妄想や幻覚の症状や不眠などのあとに緊張病症状が現れます。 緊張病症状というのは、興奮した状態と昏迷した状態を指します。 叫び声をあげながら戸を叩いたりするのは興奮状態です。 昏迷状態では、急に体を硬くして動かなくなったり、声をかけても返事としない無言になります。 興奮と昏迷は、入れ替わり現れることもあります。 うつ病と躁うつ病 うつ病では、感情や意欲、思考力、行動力などが低下します。 全般的にエネルギーが低下し、陰性症状が特徴的にあらわれます。 心が思うように動かずにブレーキをかけられているような状態を「精神運動の制止」と言いますが、これがさらに極端になった状態が「うつ性昏迷」です。 自発的な運動がまったくなくなり、話しかけられても、体を揺すられても、反応しなくなってしまいます。 気分が落ち込んでふさぎ込む「うつ」に対して、これとは反対に気分が異様に高揚するのを「躁」といいます。 このうつと躁の病相が繰り返しあらわれるのが躁うつ病 双極性障害 です。 躁うつ病でも昏迷があらわれます。 重症になるとゼンマイが切れた人形のように、手足が不自然の状態で静止したままの姿勢になります。 椅子に腰を掛けると、うつむいたままで動かなくなり、手を持ち上げてやると、宙に浮いたままの位置で手が止まって動かなくなったりします。 こんな奇妙な状態は、緊張型統合失調症の症状に似ていますが、躁うつ病にもみらえれるものです。 てんかんと解離性昏迷 てんかんの患者さんの中には、てんかんの発作に似ているが、てんかん本来の身体的原因がない発作を起こすケースがあります。 一種の偽発作で、医学的には解離性障害と呼びます。 この解離性障害は、てんかんの患者さんにかなり多く見られる症状です。 解離性障害では、解離性健忘、解離性遁走、解離性昏迷などの症状があらわれますが、てんかんの患者さんに多くあらわれるのが、解離性昏迷です。 意識をうしなったような状態で、名前を読んでも返事せずボーとしています。 何か聞いてもトンチンカンな返事しかできません。 てんかん本来の意識障害は、長くても持続時間が短いのですが、解離性昏迷の場合は、持続時間がかなり長く10数分以上つづくことがあると報告されています。 昏迷の治療方法 それぞれの持病により、治療方法は異なります。 それぞれの「持病」をなおすことが、昏迷治療の基本です。 精神疾患の治療に取り組む 統合失調症、うつ病、双極性障害などの治療は、抗うつ薬などによる 薬物療法と認知行動療法などの精神療法、社会復帰に向けたリハビリなどを中心に治療が行われます。 このほかに、緊張型統合失調症では、電気けいれん療法、うつ病性昏迷では、修正型電気けいれん療法がおこなわれることがあります。 謎の昏迷が起こったらすぐに医者にかかる 精神疾患とは無縁な友人が突然昏迷状態になったら、急いで救急車の手配をしましょう。 意識レベルが低くなるということは、どんな原因であるにしろ緊急の処置が必要です。 本人は意識がないのですから、病院で状況の説明をしなければなりません。 できるならば、救急車に同乗し、付き添ってあげてください。 その際、薬を服用していたら、薬の容器やシートなども忘れずに持っていくと、原因の特定に役立ち、適切な治療をうけることができます。 ストレスを減らすことがいくらかの予防になる 直接的な要因ではないにしろ、精神疾患の多くは、ストレスが引き金になって発症します。 日ごろからストレスを減らすことを心がけましょう。 それが、精神疾患の予防につながり、ひいてはその症状のひとつである昏迷の予防にもなります。 的確に対処するために 精神疾患で入院したことのある家族や友人たちは、昏迷状態になった本人を目撃していることもあり、その対応策を心得ています。 ところが、初めて昏迷状態になった人を見ると、驚いて取り乱したりすることが珍しくありません。 その結果、病院での処置にすれ違いが起きることもあり得ます。 そうした不幸な事態を避けることを念頭において、昏迷についての説明をしてきました。 日常生活でおきる予期せぬ病変に的確に対処するための基礎知識として身に着けていただければと思います。

次の