エクセル 行 ごと に 色。 一行ごとに表に色を設定する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

条件付き書式を使って、2行おきにセルの色を変える

エクセル 行 ごと に 色

Excel 2016で行単位で塗りつぶす 条件付き書式 :エクセルの使い方• Excel 2016で行単位で塗りつぶす 条件付き書式 スポンサードリンク• 下図のI2セルで選択した県のデータ行を目立つように薄い緑色で塗りつぶしたいと思います。 条件付き書式を設定するセル範囲 B2:F9を選択します。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、書式を設定します。 [塗りつぶし]タブを選択し、薄い緑色を設定しました。 ターゲットのI2セルの値と同じ行を塗りつぶすことができました。 念のためにI2セルを「鹿児島県」に変更してみました。 鹿児島県の行が塗りつぶされ、設定がうまくできたのが確認できました。 数式の考え方、作成の仕方 各セルごとに条件付き書式を設定するとします。 すると、各セルに設定する数式は下図のようになります。 これらの数式を見ると、B列が固定されているのがわかります。 ここでは、下図のように合計得点が150以下の行を条件付き書式を使って塗りつぶしたいと思います。 B C D E F 2 名前 国語 数学 英語 合計 3 飯尾 雅文 80 66 71 217 4 井上 達也 35 57 54 146 5 勝谷 隆一 86 75 87 248 6 鶴岡 和男 75 60 72 207 7 的早 弘通 68 55 64 187 8 西崎 敬次 74 71 50 195 9 菊地 和温 48 44 52 144 10 堀川 勝之 66 65 79 210 11 盛田 江利子 57 54 59 170 12 田路 覚 64 77 64 205 13 宮田 吉隆 51 42 44 137 14 西村 正深 58 58 62 178 15 福嶋 東 92 89 88 269• 条件付き書式を設定するセル範囲 B3:F15 を選択します。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、塗りつぶす色を設定します。 [OK]ボタンをクリックします。 合計がトップ3の行を塗りつぶすことができました。 正確には合計が上位3番目の数値以上の行を塗りつぶします。 同点があると4つや5つの行が塗りつぶされます。 今度は列を塗りつぶすことにします。 I2セルで選択した列見出しと同じ列を塗りつぶしますが、操作方法はほとんど同じです。 異なるのは設定する数式になります。 行を塗りつぶすときは列を固定し、列を塗りつぶすときは行を固定します。 列を塗りつぶすことができました。 スポンサードリンク |||Excel 2016で行単位で塗りつぶす 条件付き書式.

次の

一行ごとに表に色を設定する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

エクセル 行 ごと に 色

Excelで指定行おきに色をつける Excelの行に、1行おきに色を付けたい、2行おきに色を付けたい、というときの方法です。 まず、色を付ける範囲を指定します。 「新しい書式ルール」で、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックし、「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の欄に、以下のように入力します。 セルの書式設定画面で、「塗りつぶし」をクリックし、好きな色を選択して「OK」をクリックします。 「新しい書式ルール」に戻るので、「OK」をクリックします。 指定した範囲の行が1行おきに色がつきました。 このほか、3行おきに色を変える場合は、数式を以下のようにします。 Excelを開いたときに「閲覧のみ」ユーザか「管理者」ユーザかを選び、「閲覧のみ」ユーザの場合にはExcelを閉じるときに保存できないようにして、「管理者」ユーザの場合には、Excelを閉じるときに変… Excelで計算式を予め設定していたにもかかわらず、数値を入力してもそのセルに計算結果が反映されない時があります。 通常、自動計算する設定になっていますが、これが手動計算に変わっていることが原因です。 … Excelを開いて複数部印刷しようとしても、指定部数が印刷されない不具合への対処法です。 例えば、5部印刷しようとしても、1部ないしは2部しか印刷されません。 そして、エラーメッセージとして「【プリン… Excelでボタンをクリックしたらフォルダを開くようにするVBAです。 今回は、最終行を取得… Excel VBAでフィルタ操作をして、行を絞り込みむ方法です。 Rang… ExcelでVBAをつくるときに「開発」メニューを使いますが、最初は表示されていません。 プロシージャ内で宣言した変数は、そのプロシージャ内でしか通用しません。 すべてのプロシージャから参照するような定数を設定する場合には、以下のよう… Microsoft Excel2019で新規に保存をしようとするとOne Driveなどが最初に候補にあがってきてしまい、コンピュータ上に保存したいときに、いちいちデスクトップを指定するのに手間取りま… Excel VBAでメッセージ(質問)を表示して、ユーザに「はい」「いいえ」の選択をさせて、その結果で処理を分岐させる方法です。 if文による条件分岐 条件分岐には以下のようなif文を使います。 If…• 更新情報• コンテンツ• 230• 人気記事• 95,666 views• 91,089 views• 80,721 views• 70,212 views• 62,513 views• 51,945 views• 45,212 views• 35,899 views• 34,122 views• 27,283 views• は管理人KUUURが気になった言葉を取り上げて調べ見識を深めるサイトです。 の内容には誤りがあることがあります。 の内容を信用した結果損害等を被った場合にKUUURは責任を負うことはできません。 この点をご理解の上をご利用ください。 内容の訂正などのご意見はお問い合わせからお願いします。 はリンクフリーです。 KUUURへの連絡も不要です。 ただし次の2点についてご留意ください。 1 フレーム内表示など自分のサイトのコンテンツであるかのような表示はしないでください。 2 リンクしたページのURLは予告なく変更されることがあります。 のコンテンツは他に著作権が存在するものを除きすべてKUUURに帰属します。

次の

【エクセル時短】セルじゃなくて「行全体」の色を変えたい! 条件付き書式を工夫して見やすくするワザ

エクセル 行 ごと に 色

1行おきに色を付けたい 交互にセルに色をつけたい :エクセル2010基本講座• 1行おきに色を付けたい 交互にセルに色をつけたい スポンサードリンク 1行おきに色を付けたい 交互にセルに色をつけたい• 1行おきにセルの色を変えることで表を見やすくしたいといったときの方法です。 ここでは、条件付き書式を使った方法について説明します。 「テーブルとして書式設定」という機能を使って、色を付ける方法は をご覧ください。 下図のように、データリストに色を付けたいと思います。 元のデータリスト• 1行おきに色を変えた例• 条件付き書式を使って設定する• どのような条件を使って行に色を付けるかがポイントになります。 色を付けたい範囲を選択します。 ここでは、A2:G18セルを選択しています。 なお、ここの例ではデータが入力された状態ですが、未入力の範囲を指定してもかまいません。 [数式を使用して、書式を設定するセルを決定」を選択します。 つまり、行番号を2で割って余りが1、ということは、 「行番号が奇数の時」という条件を数式で設定したことになります。 [書式]ボタンをクリックします。 [塗りつぶし]タブを選択して、セル 行 を塗りつぶす色を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 プレビューで設定した書式が表示されます。 [OK]ボタンをクリックします。 1行ごとにセルが塗りつぶされました。 なお、塗りつぶされた行は奇数行になっています。 行を指定する方法について 数式 の説明• 塗りつぶしたいセルの行番号は ROW で得ることができます。 1行おきということですので、奇数行か偶数行のいずれかを対象にすればよいと考えました。 奇数行の場合は 行番号を2で割って余りが1であるものと考えることができますので、この条件を数式で表現します。 奇数や偶数を判定する関数、ISODD関数やISEVEN関数を使うことも可能です。 ただし、このページでは1行おきに色を付けたり、3行おきに色を付けたりしたいので、2や3で割った余りに注目した関数 MOD関数 を使うことにしました。 こちらの方(MOD関数を使う方 がいろいろと応用が利く方法と考えております。 先ほどの例では、奇数行だけに色を付けましたが、偶数行にもほかの色を付けたい・・・と思います。 先程条件付き書式を設定した範囲を選択します。 A2:G18セルを選択します。 [新規ルール]ボタンをクリックします。 [数式を使用して、書式を設定するセルを決定」を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、塗りつぶしの色を設定しました。 [OK]ボタンをクリックします。 2つの条件付き書式が設定されました。 [OK]ボタンをクリックします。 奇数行と偶数行が異なる色で塗りつぶされました。 3行おきに色を付けたいときは? 3行おきの場合は、行番号を3で割り、余りが1,2,0のときに塗りつぶす色を指定すればよいことになります。 行番号が3で割って、余りが0となる行に書式を設定しています。 行番号が3で割って、余りが1となる行に書式を設定しています。 下図のように3行おきに色を付けることができました。 これまでは、行について説明しましたが、列についても同様に設定することができます。 COLUMN関数では列番号A,B,C・・・が数値 1,2,3・・・ で返されますので、計算ができます。 1列おきに色を付けることができました。 スポンサードリンク |||1行おきに色を付けたい 交互にセルに色をつけたい.

次の