ギアッチョ もしもし。 ブチギレ眼鏡ギアッチョ見参!キレ芸職人電話は『もしもしぃッ!』│アニドラ何でもブログ

危険なギアッチョ [ニコニコあっぷる]

ギアッチョ もしもし

I y get. 「裏返ってない石を残さない」ってのはわかる…スゲーよくわかる I mean, h to tn to find. 物を探すために石をひっくり返すってのは理にかなっとるからな… But wh the hell mean to out of somn book?! だが「かの本からを取る」ってのはどういう事だああ~~~っ?! Wh's a doi a book?! が本の中で何してんだよ?! n! が Wh's sued to mean?! どういう事だッ?! the hell t a in a book?! 本にが挟まってるってどういう事だよッ?! k Im up?! だと「しらみ潰し」等が近い。 かを参考にする、模倣すると言った意味。 378 名無しさん.

次の

ジョジョに奇妙な暴言

ギアッチョ もしもし

ジョジョの奇妙な第18話「ヴェネツィアへ向かえ!」 ついに登場したギアッチョ………… ず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと怒ってる! ギアッチョといえば「根掘り葉掘りってよ~」「フランスのパリってよ~」からの突然のブチギレが有名だけど。 アニメでは登場からTo be continuedまであますことなく、ギアッチョず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~と怒ってる! 怒りと興奮を抑えるために日常でもスーパーサイヤ人でいることにした悟空とご飯が、精神と時の部屋に連行して説教しはじめるレベル。 ミスタとジョルノにブチゲギレてる意味はわかる。 仲間殺されてんだもん。 「根掘り葉掘りってよ~」「フランスのパリってよ~」とブチギレてる意味はわらん。 だけどマンガやゲームで見慣れた。 対応中には「こういった怒りが来たら次はこう対応しよう」と、熟考する時間がなく脳みそをフル回転させないといけない。 だって、クレーマーは相手に考える時間を与えないため、暇なく怒る、激昂する。 黙っていようものなら「もしもしぃ!?!?(怒)聞いてんのか!?!?」と語気を強めて親の敵のごとくブチギレる。 考える「間」を奪う。 スピード感を感じて迅速に対応するのが大事、というより、 考える時間をも与えんっ!というクレーマー術によって、 無理やりスピード感を感じさせられてしまう。 考える「間」を奪われて。 そしてそのスピード感をもったクレーム対応をしているとある種の脳内物質が出てるんだと思う。 「困難が有る」=「有難い」的な… 今回の放送ではそんな 考える「間」を奪うことにより、すさまじいスピード感を演出するアニオリがあった。 それは電話中にメローネがジョルノによってとどめを刺された後の一コマ。 超ド級クレーマーのギアッチョは「頼り」なんて言葉は使わない、というか使ってはいけない、単語から 仲間との絆を視聴者に想像させる 「間」を与えてしまうからである。 そして、代わりに入れられたのがアニオリ。 改め、 仲間の死を認識するという大大特大クレームである。 まるで アクション映画観てる間隔に陥り、今まで見たアニメで一番「えっ?もう終わった?」と思った回でした。 自分は声優については詳しくはないが、ギアッチョ役の岡本信彦さん。 素直にすごいと思った。 敬意を表する。 来週のジョジョの奇妙なクレーム対応が本当楽しみです。 生きがい。 あと最後、川に落ちてく時のミスタとジョルノの表情温度差ワロタ。

次の

もしもし

ギアッチョ もしもし

ギアッチョって? 出典: ギアッチョは、ジョジョの奇妙な冒険・第5部「黄金の風」に登場する暗殺チームの一人です。 メローネに続く6人目の刺客として登場します。 言葉の言い回しや使われ方の矛盾に 異常に反応し、唐突に怒り狂うことがあり、気に食わない部分があるとすぐにブチキレるという 偏屈な性格をしています。 例えば「根掘り葉掘り」の 「葉掘り」の意味が分からず愛車のカーエアコンをぶっ壊したり、 「パリ」はフランス語読みで「パリ」と呼ばれるのに 「ヴェネツィア」や英語読みで「ベニス」と呼ばれることにブチギレて氷の壁を殴りまくったりします。 出典: 二番目の「ヴェネツィア」の件に至っては、戦闘中に言い出しています。 相手すら目に入っていないところもあります。 この脈絡のないキレっぷりが非常に印象に残るキャラクターであり、 読者の人気は高いという一面も。 身体的特徴としては水色のカールした髪をしていて、メガネをかけています。 このメガネはミスタ戦で壊れてしまうが、視力に支障はないようなので 伊達眼鏡の可能性もある ギアッチョという名前はイタリア語で 「氷」という意味なのですが、文字通りの冷徹さと執念深さにおいては、他の暗殺チームのメンバーにも引けを取らず、何度も 追跡を振り切られそうになりながらも復活し追い詰めています。 出典: 劇中での活躍は、ヌンツィオ・ペリーコロが焼き捨て た、ボスからの指令が隠された場所の写真を復元したムーロロに託されたギアッチョは、その場所へ向かうジョルノとミスタを追跡。 そして彼らの運転する車をしつこく追撃し、川に落とすことに成功します。 追い詰めたかに思われたのですが、ミスタとジョルノの機転により手傷を負わされ、さらに弱点である 空気穴の存在がばれてしまいます。 しかし、あらかじめ呼吸用の空気を スタンドスーツの内側に取り込み、空気穴を塞いで弱点を消したギアッチョは、逆にミスタの弾丸を撃ちかえし 反撃するのです。 出典: 目的であったボスの指令が入った DISCを手に入れ、ミスタを始末しようとするのですが、相討ちの覚悟を決めたミスタのラッシュに押し負け、 鉄柱のトゲが首に突き刺さり死亡したかと思われます。 しかしなんと彼はトゲが突き刺さり飛び散った血をスタンド能力で凝結させ 、自分の首にそれ以上食い込むのを防いだのです。 既に満身創痍の状態であったミスタはこの時点で崩れ落ちてしまい、トドメの一発に 彼の額に彼の弾丸を打ち込むギアッチョ。 出典: しかしその傷はジョルノの能力により瞬間で治療され、 攻撃は失敗。 動けないギアッチョはそのまま「ゴールド・エクスペリエンス」の 無駄無駄ラッシュ 蹴りVer. を食らい、トゲが首を貫通して死亡。 最終的に殺されてしまうギアッチョですが、その能力はピカイチにかっこいいです!何回もジョルノとミスタを追うのも、執念ぶかくて印象的ですね! ギアッチョのスタンド 出典: ギアッチョのスタンドは、「ホワイト・アルバム」です。 由来はザ・ビートルズのアルバム「ザ・ビートルズ」の通名である 「ホワイト・アルバム」から。 外見的特徴は本体がスーツのように全身に纏うタイプのスタンド。 空気中の水蒸気を媒体にして、 オリンピックのスケート選手のようなスーツを着て、ヘルメット (猫耳)をかぶっています。 ちなみに全身に纏うタイプなので、一般人にも見えます。 出典: 能力は周囲の空気中の水分を極低温にまで冷やし、 全ての水を凍り付かせるものです。 触れた部分から段々と凍る部分が広がっていくのですが、直接触れると一瞬で凍り付かせ バラバラに破壊することができます。 攻撃だけでなく防御にも非常に高度な能力を発揮します。 また、本体に向けて放たれたあらゆる攻撃はその場で動きを停止し、本体まで届くことがありません。 スーツの硬度自体も非常に高く、「ゴールド・エクスペリエンス」のラッシュ程度で は僅かなヒビを入れる程度のダメージしか与えられないので一筋縄ではいかないスタンドです。 ギアッチョトメローネはナイスコンビ!? 出典: 劇中では暗殺チームに珍しく、ギアッチョとメローネは接点があります。 それも、漫画では ギアッチョがメローネに電話をする描写があるのです。 これはコンビの多い暗殺チームにおいて ギアッチョの数少ない接点なので、コンビと呼ばれているのかもしれません。 ただ、メローネは戦闘中であり返答する余裕はなく、ほとんど一方的にギアッチョがメローネに話しかけていただけですが、、、 ちなみに最後にギアッチョが 「おめーを頼りにしてっからな!メローネ」と声をかけるが、その言葉を聞く直前にメローネは電話を手放し ジョルノに倒されているので、儚いコンビだったとも言えます。 ギアッチョのかっこいい画像 出典: 氷を出すギアッチョ、かっこいいですね!イライラしているような表情も個性的です! 出典: こちらはギアッチョと3部のペットショップ。 確かにどちらのスタンドも似ていますね!戦ったらいい勝負になるかも!? 出典: ジョジョにおいて数少ない眼鏡キャラとして二次創作界隈では重宝されていますね! 出典: こちらはギアッチョとメローネ。 メローネがギアッチョにちょっかい出して怒られるという構図が目に浮かびますね! 出典: こちらはギアッチョとリゾット。 うーん、かっこいいです!それにしてもギアッチョの服ってコックさんに似ていると思うのは私だけでしょうか、、、 ギアッチョの名言 「ヤツらを探し出すために………『根堀り葉掘り聞き回る』の…『根掘り葉掘り』…ってよォ~~。 『根を掘る』ってのはわかる…。 スゲーよくわかる。 根っこは土の中に埋まっとるからな…。 だが『葉堀り』って部分はどういう事だああ~~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよーーーッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~~ッ!!」 出典: もはやジョジョファンで知らない人はいないと思われる、ギアッチョの『根掘り葉掘り』!インパクトありすぎですね。 「フランスの『パリ』ってよォ……英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。 でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~~。 『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォーー。 なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオーッ。 」 出典: そ、そんなピストルズにらんでスゴみながら言わなくても…。 しかも戦闘中に、、、ギアッチョのこの発言は2つで終わりですが、すごいインパクトです! 「飛び込んでみなよーー、ミスタァ!!運河を泳いで逃げてみなよォ~~~ッ。 おめーの泳ぎが早いか…オレの氷が早いか、賭けてみるのも悪くねーーッ。 」 出典: どっちが素早いのか確かめようとするギアッチョ。 自身が見て取れます! 「『ホワイト・アルバム、ジェントリーウィープス!(静かに泣く)』すでに空気の凍った壁を作っていたぜ!!『スタンドのパワー』はかなり使うがもう何者だろうとこのギアッチョに『ボルト』なんぞ打ち込めねえようになッ!」 出典: ミスタ戦で考え出したというこの技。 名前のセンスもさることながら、能力が最強です! 「おいメローネ!もしもしブチャラティどもはどこにもいねーぜ。 すでにトンズラこいたあとだぜッ!もしもし聞いてんのかァ~~、メローネ。 やつらよーー車を盗んだみてーだぜェ~~。 オメーのバイクも燃えてるぜ~~。 どういうこったよこれは?~~。 もしもし、聞こえてんのか?メローネ。 もしもし?」 出典: メローネが死んでいるのも知らずに電話をかけるギアッチョ。 なんだか悲しいですね、、、 まとめ 氷の使い手で、しかも最強なギアッチョ。 そのキャラも最強ですね!欲を言えばもっと彼の活躍を見たかったですね、、5部のアニメがあると信じて、彼の活躍を心待ちにしましょう! これからもジョジョの奇妙な冒険から目が離せない!要チェックです!.

次の