エンヤ ワイルド チャイルド。 エンヤの有名な代表曲まとめ!おすすめベストアルバムもご紹介します。

エンヤの有名な代表曲まとめ!おすすめベストアルバムもご紹介します。

エンヤ ワイルド チャイルド

そして、歌詞には瞑想、命、雨、季節といった、自然を象徴する物が数多く登場しますが、その中で2番の前半にだけ「慌ただしさ」という、現代社会を思い起こさせる言葉が顔を覗かせています。 ここは、まとまった時間が取れない、あるいは取ろうとしない現代人へのメッセージになっているようにも思えます。 また、サビの部分では、なんて愛しい日、なんて素晴らしい生き方だろうと言っています。 自然と共に生きる人々にとっては、このような時間の移ろい身を任せる、ただそれだけで充分かけがえのない物ということでしょうか。 そして最後にWild Childとタイトルフレーズが入りますが、これをどう捉えたものでしょう。 このような日こそ、ありのままに立ち返るのに相応しいということで、自然と生きる子供「Wild Child」でしょうか。 ここは文の前後関係がかなり曖昧なので、人によってそれぞれイメージが違うかもしれませんね。 このWild Childというタイトル自体もそうですが、実はあちこちでひっそり韻が踏まれていますので、是非そこも着目してみてください。 実際に口ずさんでみると、意外にもリズムがちょっと心地いいです。 (listenとmissingが果たして同じ韻として認識されるのかがちょっと自信無いですが) 個人的には、スピリチュアルという言葉はあまり好きではないのですが、目の前の物からは一旦視点を外し、自分の周囲を構成する全ての物に感覚を集中してみるというのは、まさにそれなのでしょうね。 実際、心が疲れやすい人ほど、無暗にこの「理由」というのに拘る傾向があるそうです。 雑な言い方をしてしまえば、能天気な人の方が心は健康状態であることが多いようで、そうして見ると、この曲はどんな人が日々に疲れているのかという点も、ちゃんと指摘していると言えるかもしれませんね。 さて、この曲はエンヤによって2000年にリリースされたものです。 TVでも色々な場面で流されることが多い為、エンヤと言えばこの曲というイメージを持たれている方も多いと思います。 特にこの曲がリリースされた2000年前後は彼女を初めとした、いわゆる「癒し」がちょっとしたブームになった時期でして、この曲が収録された「A Day Without Rain」というアルバムを僕が買ったのもその頃でした。 当時は、訳してみるどころか訳詞カードすら見なかったのですが、このアルバムを聴くときは必ず部屋を真っ暗にして、耳を完全に覆うヘッドホンを付けて、目を瞑って聴いていました。 その為、このWild Childの冒頭の歌詞を訳してみて、「ああ、当時この歌詞を実践していたんだ」等と思ってしまいました。 でも、実際こうして聴いてみると、漫然と聴くのとはだいぶ違った印象を受けると思いますので、是非お試しください。 訳、言葉について まず、最初にあるEverという単語は、個人的に訳すのに非常に困る言葉の一つです。 この一語で、「今まで」と「これから先ずっと」という、ある種正反対な意味を同時に内包している為です。 それだけでも厄介ですが、今回のように文の初めに出てくるような使い方は見たことが無かったので、どう訳したら良いのか、最初は見当がつきませんでした。 今回の場合は「これから先ずっと」の意味で訳した方が良いのでしょうが、かといってそれで直訳すると永遠にずっと目を閉じていることになってしまうので、恐らく「これから先、目を閉じ、耳を傾けることを、毎日の習慣としてずっと続けてね」というぐらいのニュアンスで訳してみました。 また2番に出てくるHelter skelterですが、これは二語で一つの意味を成す単語で、個別には意味は無いそうです。 この二語の意味は「慌ただしい」「乱雑」ですが、英語と同じようにテンポ良い言葉を選んで、「どたばた」とか「てんやわんや」で訳すと面白いかもしれませんね(今回は雰囲気的にそうは訳しませんでしたが)。 サビに登場するWhat a day to take toですが、この「~to take to」で「~に心を寄せる」という意味があるそうで、恐らくこの歌詞上でもその意味で用いられているのではないかなと思います。 確信は持てないのですが……(本当、takeは日本人には完全には理解できないニュアンスを持っているように思えます) そして同じくサビのMake it throughは、「うまくやり過ごす」とか「乗り切る」といった意味合いの言葉ですが、この曲全体の雰囲気と比較すると、ややネガティブなイメージになってしまう気がしました。 どちらかと言うと、一日を無事終えるというぐらいの解釈の方がしっくり来る気がします。 ということから、Way(道、方法)という単語もひっくるめて、「営み」と訳してみました。

次の

Enya

エンヤ ワイルド チャイルド

Ever your Ever stop and listen. Ever And you've nothing You don't need a the day go on and on. the rain fall down. around you. Give into it now. the day you. You don't need a the rain go on and on. What a day. What a day to take to. What a way. What a way to make it through. What a day. What a day to take to. A child. Only take the time. From the helter skelter. Every day you find. Everything's in You don't need a the day go on and on. Every summer Every winter evening. Every spring to come. Every leaving. You don't need a it all go on and on. What a day. What a day to take to. What a way. What a way to make it through. What a day. What a day to take to. A child. What a day. What a day to take to. What a way. What a way to make it through. What a day. What a day to take to. A child. What a day. What a day to take to. What a way. What a way to make it through. What a day. What a day to take to. Da da da. Da da da da da da. What a way. What a way to make it through. What a day. What a day to take to. A child. What a day. What a day to take to. A child.

次の

ワイルド・チャイルド:エンヤ:2001年12月04日

エンヤ ワイルド チャイルド

そして、歌詞には瞑想、命、雨、季節といった、自然を象徴する物が数多く登場しますが、その中で2番の前半にだけ「慌ただしさ」という、現代社会を思い起こさせる言葉が顔を覗かせています。 ここは、まとまった時間が取れない、あるいは取ろうとしない現代人へのメッセージになっているようにも思えます。 また、サビの部分では、なんて愛しい日、なんて素晴らしい生き方だろうと言っています。 自然と共に生きる人々にとっては、このような時間の移ろい身を任せる、ただそれだけで充分かけがえのない物ということでしょうか。 そして最後にWild Childとタイトルフレーズが入りますが、これをどう捉えたものでしょう。 このような日こそ、ありのままに立ち返るのに相応しいということで、自然と生きる子供「Wild Child」でしょうか。 ここは文の前後関係がかなり曖昧なので、人によってそれぞれイメージが違うかもしれませんね。 このWild Childというタイトル自体もそうですが、実はあちこちでひっそり韻が踏まれていますので、是非そこも着目してみてください。 実際に口ずさんでみると、意外にもリズムがちょっと心地いいです。 (listenとmissingが果たして同じ韻として認識されるのかがちょっと自信無いですが) 個人的には、スピリチュアルという言葉はあまり好きではないのですが、目の前の物からは一旦視点を外し、自分の周囲を構成する全ての物に感覚を集中してみるというのは、まさにそれなのでしょうね。 実際、心が疲れやすい人ほど、無暗にこの「理由」というのに拘る傾向があるそうです。 雑な言い方をしてしまえば、能天気な人の方が心は健康状態であることが多いようで、そうして見ると、この曲はどんな人が日々に疲れているのかという点も、ちゃんと指摘していると言えるかもしれませんね。 さて、この曲はエンヤによって2000年にリリースされたものです。 TVでも色々な場面で流されることが多い為、エンヤと言えばこの曲というイメージを持たれている方も多いと思います。 特にこの曲がリリースされた2000年前後は彼女を初めとした、いわゆる「癒し」がちょっとしたブームになった時期でして、この曲が収録された「A Day Without Rain」というアルバムを僕が買ったのもその頃でした。 当時は、訳してみるどころか訳詞カードすら見なかったのですが、このアルバムを聴くときは必ず部屋を真っ暗にして、耳を完全に覆うヘッドホンを付けて、目を瞑って聴いていました。 その為、このWild Childの冒頭の歌詞を訳してみて、「ああ、当時この歌詞を実践していたんだ」等と思ってしまいました。 でも、実際こうして聴いてみると、漫然と聴くのとはだいぶ違った印象を受けると思いますので、是非お試しください。 訳、言葉について まず、最初にあるEverという単語は、個人的に訳すのに非常に困る言葉の一つです。 この一語で、「今まで」と「これから先ずっと」という、ある種正反対な意味を同時に内包している為です。 それだけでも厄介ですが、今回のように文の初めに出てくるような使い方は見たことが無かったので、どう訳したら良いのか、最初は見当がつきませんでした。 今回の場合は「これから先ずっと」の意味で訳した方が良いのでしょうが、かといってそれで直訳すると永遠にずっと目を閉じていることになってしまうので、恐らく「これから先、目を閉じ、耳を傾けることを、毎日の習慣としてずっと続けてね」というぐらいのニュアンスで訳してみました。 また2番に出てくるHelter skelterですが、これは二語で一つの意味を成す単語で、個別には意味は無いそうです。 この二語の意味は「慌ただしい」「乱雑」ですが、英語と同じようにテンポ良い言葉を選んで、「どたばた」とか「てんやわんや」で訳すと面白いかもしれませんね(今回は雰囲気的にそうは訳しませんでしたが)。 サビに登場するWhat a day to take toですが、この「~to take to」で「~に心を寄せる」という意味があるそうで、恐らくこの歌詞上でもその意味で用いられているのではないかなと思います。 確信は持てないのですが……(本当、takeは日本人には完全には理解できないニュアンスを持っているように思えます) そして同じくサビのMake it throughは、「うまくやり過ごす」とか「乗り切る」といった意味合いの言葉ですが、この曲全体の雰囲気と比較すると、ややネガティブなイメージになってしまう気がしました。 どちらかと言うと、一日を無事終えるというぐらいの解釈の方がしっくり来る気がします。 ということから、Way(道、方法)という単語もひっくるめて、「営み」と訳してみました。

次の