ピアニスト 清家。 クラシックピアノの貴公子・清塚信也が史上初武道館

ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

ピアニスト 清家

クラシックピアニストとして確かな実力を持ち、8月16日には日本人男性クラシックピアニストとして史上初の日本武道館ワンマンを実現させるほどの人気を誇る、清塚信也。 彼はピアニストとしての確固たる地位を手にしながらも、「クラシック」「音楽」にとどまることなく様々なジャンルの人と交流し、新たな表現を模索し続けている。 最近はバラエティ番組にも積極的に出演し、テレビでその姿を見る日も多い。 実は、そうした清塚の活動には「クラシックの裾野を広げ、ファンを増やしたい」というよくある志とは別の、ユニークな思惑があるようだ。 「お笑いとクラシックは同じ」「ベートーヴェンはロックである」と言い切る彼の真意とは? お笑いとクラシックは一緒なんですよ。 松本人志さんや東野幸治さんは、ものすごく勉強になります。 しかも音楽番組だけでなく、『ワイドナショー』(フジテレビ系)などにも出演されています。 清塚:もともと僕は「ショー」が好きなんですよね。 しかも「お笑い」のレベルに関していえば、日本はトップクラスだと思っているんです。 ヨーロッパ文化の代表が「クラシック」なら、日本における芸術的な文化の代表は「お笑い」だと思う。 歴史を紐解いてみても、まあ、能楽は貴族のものでしたが、たとえば歌舞伎や落語は大衆演劇じゃないですか。 日本文化は貴族ではなく大衆が生み出してきた。 貴族より大衆の方が、文化的に勝利したというか。 それが今、受け継がれて高められているのが「お笑い」ではないかと。 テレビに出演すれば、その「お笑い」を間近で見られるわけです。 実際、番組内や楽屋などで芸人さんたちとお話ししたり絡んでもらったりすると、もう頭の回転の速さが「芸術レベル」なんですよ。 しかも内容も濃い。 確かに「大雑把だなあ」と思うことはよくあります。 清塚:「そんなんでいいの?」ってくらいベタなこともありますよね(笑)。 対して日本のお笑いは、その先の先くらい進んでいると思う。 そうやって考えてみると、「大衆文化の進化系」であるお笑いに慣れ親しんだ日本人が、「貴族文化の象徴」であるクラシックを簡単に理解できるわけがないなとも思うんです(笑)。 海外から音楽だけポンと入ってきても、受け入れられるわけがない。 要は、笑わせないと日本人は聴いてくれないということを、割と早い段階から思ったんですよね。 清塚信也(きよづか しんや) 1982年11月13日、東京都生まれ。 5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。 中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。 桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業。 国内外のコンクールで数々の賞を受賞。 2019年7月17日にアルバム『SEEDING』をリリースした。 てっきり「クラシック音楽の裾野を広げよう」という啓蒙活動が目的なのかと思っていました。 清塚:そう思われている方は多いみたいですよね。 もちろん、そういう側面もあります。 番組を見て、僕を「面白い」と思ってくれて、それがきっかけとなって、結果的にクラシックに興味を持ってもらうのが一番嬉しい。 ただ、そういう効果がなかったとしても、「お笑い」のプロたちが活躍するフィールドに、いつかお邪魔したいという思いはずっとありました。 お笑いとクラシックは一緒なんですよ。 「この1音」というのを、的確なタイミングと強さで届けられなければ、もう台無しという。 共通のストイックさをものすごく感じますね。 清塚:本当にそう。 『ワイドナショー』なんて「セッションだな」と思います。 たとえば誰かコメンテーターが話しているときに司会の東野さんが、ほんの一瞬だけ松本さんの方を見て、今どう思っているのかを判断して次の質問を決める。 あるいは「ここは他のゲストに振るべきかな」とか。 もう、とにかく五感をフルに使っているんですよね。 そういう感覚はセッションをするときにも必要なので、ものすごく勉強になります。 出せる流れになって初めて出せるものだし、流れにならないときにはむしろ、こちらで強引に流れを作っていく力技が必要になる。 もちろん、力技が上手くいかなくて失敗することもあり得るわけで。 その辺りの見極めなどは、テレビで本当に訓練させてもらっていますね。 リリース情報 清塚信也 『SEEDING』(CD) 2019年7月17日(水)発売 価格:2,700円(税込) UCCY-1099 1. Dearest "B" 2. Drawing 3. Inst Heroes 4. Members 5. See you soon 6. ハレナハレ feat. NAOTO• イベント情報 『清塚信也KENBANまつり』 2019年8月16日(金) 会場:東京都 日本武道館• 5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。 中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。 桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業。 1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。 2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

次の

清塚信也 47都道府県ツアー2020「名曲宅配便」

ピアニスト 清家

普段クラシック音楽を聞くことってありますか? 正直私はほとんどありません。 あなたもそうではないでしょうか? そんなクラシック音楽離れを解決しようと活躍しているのが、今回ご紹介する 天才ピアニストの清塚信也さんです。 5歳から英才教育を始めた清塚信也さんはこれまでに数多くの賞を受賞してきましたが、「 もっとクラシックを身近な音楽にしたい」という思いのもと活動されています。 実際に、行っているコンサートでは 冗談を交えたトークも入れて、お客さんを飽きさせない工夫をしているんです。 そこで、今回はどのトークについてご紹介します。 そして、清塚さんに関する噂で、病気を患っているとか、 発達障害だとか言われているので、併せて調べてみました。 スポンサードリンク 目次• ピアニスト・清塚信也プロフィール まずは清塚信也さんのプロフィールからご紹介しますね。 《本名》 清塚信也(きよづかしんや) 《生年月日》 1982年11月13日 《出身》 東京都 《血液型》 B型 《職業》 ピアニスト 《学歴》 桐朋女子高等学校音楽科、モスクワ音楽院 《妻》 乙黒えり(おとぐろえり) 《所属事務所》 トライストーン・エンタテイメント 《レーベル》 ユニバーサル ミュージック 日本人の父親、韓国人の母親を持つハーフの清塚信也さんは 5歳からピアノの英才教育を受け始めました。 小学生の頃から親や先生に、中学までにコンクールで1位をとらなきゃピアノでは食べていけない、と毎日言われ続けていたそうです。 その頑張りが実って、1996年の第50回 全日本学生音楽コンクールの全国大会に出場し、中学校の部で1位となりました。 そして、2000年には、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位に、2004年には第1回イタリアピアノコンコルソ金賞受賞、2005年には日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位をそれぞれ獲得するなど、素晴らしい成績を残しています。 その後、人気ドラマ「 のだめカンタービレ」にて玉木宏氏演じる「千秋真一」、映画「 神童」では松山ケンイチ氏演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当したり、綾野剛さん主演のドラマ「 コウノドリ」ではピアノテーマおよび監修、役者としての出演などをきっかけに知名度がぐんぐん上がっています。 ちなみに、奥さんは女優として活躍していた乙黒えりさんで、二人の娘さんがいるので4人家族です。 天才ピアニスト・清塚信也の病気は発達障害(ADHD)? 5歳の頃からピアノの英才教育を始めた清塚信也さん。 ネット上では 「病気を患っている?」「発達障害(ADHD)なのでは?」と言われているようですが、いくら調べてもそのような情報は出てきませんでした。 幼少期のころからピアノに打ち込んできた清塚信也さんは、親や先生から、中学までにコンクールで1位をとらなきゃピアノでは食べていけない、と毎日言われ続けて生きていたようなので、よほどのプレッシャーと戦っていたはず。 「そんな状況であれば、ストレスを感じて、精神的な病気を患っている可能性もある」と誰かが考えたではないでしょうか? また、発達障害(ADHD)の方は人よりも劣っている部分がある一方で、その他の才能に長けているという例もあるようなので、天才ピアニストとして活躍する清塚信也さんだからこそ、このような噂が生まれたのかもしれませんね。 コンサートが大人気 清塚信也さんは、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第一位、第一回イタリアピアノコンクール第一位など、数々のコンクールで素晴らしい成績を残しています。 また、人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏氏演じる「千秋真一」、映画「神童」では松山ケンイチ氏演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当したり、綾野剛さん主演のドラマ「コウノドリ」ではピアノテーマおよび監修をしたりして、普段クラシックを聞かないファンも急増中。 そんな人気上昇中の清塚信也さんですが、コンサートがまたすごい人気のようです。 ピアニスト・清塚信也はコンサートでの冗談トークが面白い! 実は、音楽好きの間では、清塚さんの評価については賛否両論。 ミスが多かったり、力まかせだったりとも言われているそう。 とはいえ、コンクールでもいい成績を残している優秀なピアニストです。 そんな清塚信也さんのコンサートは演奏というよりは、 トークが面白いと話題。 「 クラシックはもっとポピュラーであるべき。 一部の専門家のためにあるべきではない!」とコメントした清塚さん。 ただ演奏するだけのコンサートではなく、トークを入れて面白くしたいという考えのようです。 実際にコンサートでは、 ショパンやモーツァルトの面白エピソードや過去に出会った面白いお客さんを紹介して、笑いを取っています。 そういう笑いを入れることで、クラシックに詳しくない人でも飽きずに最後まで楽しんでもらえるのではないかとか思い、喋り始めたようです。 何かを知るきっかけはそれほど大事ではなくて、知って興味を持ったあとに正しいことしっかりと伝えていれば問題は無いはず。 また、どこかで聞いたことのある有名な曲をコンサートでも演奏したりして、ガッツリのクラシック音楽ファンじゃなくても来やすい雰囲気を出している点も素敵だと思います。 これからもそのポリシーは変えずにいてもらいたいですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、人気ドラマ「のだめカンタービレ」や映画「神童」での吹き替え演奏なども担当する、天才ピアニスト清塚信也さんについてまとめてみました。 ピアニストとしての実力があって、クラシック音楽をもっと身近な音楽にしたいという思いがあって、テレビに出演したり、コンサートのやり方を工夫したりしている清塚さんですから、一部の人達からはマイナスな意見も出てくるでしょう。 ですが、決して間違ってはいないと思いますので、日本のクラシック音楽の発展のためにも、頑張ってもらいたいです。 でもでも、やっぱり音楽って小さい頃からやらないとだめなんですね〜.

次の

クラシックピアノの貴公子・清塚信也が史上初武道館

ピアニスト 清家

清塚信也とは 清塚信也( きよづか しんや)さんは1982年生まれの34歳、東京都出身です。 父親も母親も音楽好きで、いつも家にはクラシック音楽が流れていたといいます。 まだ幼少の頃、2歳年上のお姉さんがバイオリン教室に行くのに一緒についてゆき、お姉さんのレッスンを見て、聴いているうちに、絶対音感が養われたそうです。 その後、5歳からピアノレッスンを始め、個人レッスンを2~3日に1回というペースで受けていました。 母親の期待に応えるように清塚さんはめきめきと実力を上げ、コンクールでも賞を総なめにしていきました。 もはや清塚さんの周りにはピアノしかなく、ピアノで成功する以外の人生は考えられないほどでした。 しかし、中学1年生の時に、初めての挫折を味わいます。 出場したあるコンクールで、あっさりと予選落ちしてしまったのでした。 周りは男子よりも成長の早い女子ピアニストばかりで、その勢いや迫力、技術に押されてしまったのでした。 ピアノが人生のすべてと考えていた清塚さんは、1日12時間を目標にピアノのレッスンに打ち込むようになりました。 しかしそれは、不安に掻き立てられてひたすら練習をしているようで、清塚さんはさらなる苦しみの中に自分をおいてしまったのでした。 が、その時に 播本美恵子( 播本枝未子?)さんという先生に出会ったことで、進むべき道が示されたのでした。 そこから厳しい練習を1年間かけて行い、出場した日本学生コンクール・中学生の部で見事優勝を果たします。 その後は高校・大学ともに桐朋学園に進み、16歳で初のコンサートを 東京交響楽団とともに開催します。 桐朋学園大学に進学して間もなく、煮詰まっていた 清塚信也さんはロシア・モスクワに音楽留学し、世界的に有名な指導者、 セルゲイ・ドレンスキーさんに師事します。 日本とは違った厳しい環境で鍛えられ、技術も気持ちも変わり、ピアノへの向き合い方も変わったのでした。 帰国後は様々な人に声をかけ、積極的にコンサートや音楽の仕事を受けるようになり、2006年にはドラマ「 のだめカンタービレ」の演奏を担当、映画「 神童」でも同様に携わっています。 音楽家全般に言えるかもしれませんが、 清塚信也さんは辛い過去を乗り越えて、一流のピアニストになったのですね。 スポンサードリンク 清塚信也はハーフ? 実は 清塚信也さんの母親は 韓国人で、日本人である父親との ハーフということになります。 でも見た目は ハーフとはまったくわかりませんよね? 韓国人も日本人も同じような外見ですから、言われないと分からないと思います。 この母親は 清塚信也さんが小さなころからピアニストとして成功することに大きな期待をしていたようで、共に喜び、頑張ってきた方のようです。 かつて 清塚信也さんが師事していた 中村紘子さん(ハウス・ザ・カリーのCMでも有名なピアニスト)にも「あなたの母親は教育熱心で強烈ね」とまで言われたほどです。 しかし 中村紘子さんは続けて「私の母もそうだった。 でもそれくらい厳しい親でないとピアニストは育たない」とも評しています。 しかし清塚さんはそれを時にはうっとうしく思っていた頃もあったようで、日本学生コンクール・中学生の部で優勝した時、母親が抱き着こうとしたのに身をかわしたとか(笑) 中学生の頃ってただでさえ思春期で難しい年頃ですもんね。 親が一緒にいると気恥ずかしい気持ち、分かる気がします。 もっとも、 清塚信也さんにはそれ以上の様々な感情があったことは想像できますが…。 清塚信也は結婚している?子供は?王子系&面白ピアニストとは?次ページで詳しく! (総則) 当サイトの情報は、当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、名誉毀損、秘密保持、著作権に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を負いかねます。 (外部サイト・コンテンツに関して) 当サイトからリンクやバナーなどにより他サイトに移動された場合、移動先サイトで提供されるサービス、情報、商品等について当方は一切の責任を負いません。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェア・アプリケーション・ツール、サービスの適切性、道徳性、合法性、正確性、最新性、著作権の許諾や有無など、その内容に関しては一切の保証、補償を致しかねます。 あらかじめご了承ください。

次の