岡林あやの。 高知けいばオフィシャルサイト

五十路マダム 岡林 里香 りか

岡林あやの

21日に高知競馬場で行われる『第21回黒船賞』(交流GIII、ダート1400メートル)のPRのため、昨年引退した高知競馬元騎手の佐原(旧姓・下村)瑠衣さんと、黒船賞広報キャプテンの岡林あやのさんが13日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。 高知競馬では年に1度の交流重賞。 今年はJRAから2年連続2着のキングズガード、交流重賞で上位争いを演じているサクセスエナジーが参戦予定で、地方勢も連覇に挑む兵庫のエイシンヴァラーなどが出走を予定している。 注目される地元所属の出走予定馬は、14日に発表予定。 佐原さんが「地元のサクラレグナムも出走すれば可能性はあると思います。 鞍上も赤岡修次さんで、非の打ち所がありません。 馬も経験豊富ですし、地元ならイレ込みもなくいい状態で出走できると思います」と期待馬を挙げれば、岡林さんは「穴で一発があるならミサイルマン。 あの差し脚で伸びてきたら、高知は超盛り上がると思います!」と狙いを定めている。 また、競馬場の魅力については、「高知はすごく暖かいですし、施設もきれいになっています。 お一人でもご家族連れでも、ピクニック気分でぜひ本場にお越しください。 内ラチ沿いの砂が深くて、内を通らないスタイルですが、その日の1レース目をごらんいただいて、傾向を判断していただければ」と佐原さん。 岡林さんは「のどかでほんわかした雰囲気が魅力。 パドックでジョッキーとの距離が近くて、応援の声も届きやすいです。 私もパドックの周りにいるので、ぜひ声をかけてください」とアピールした。 当日はイベントも盛りだくさん。 高知県競馬組合業務課の久家崇徳課長補佐は「昨年の黒船賞開催日は、平日で売得金合計が8億円を超えました。 今年は祝日なので、それを超えられれば」と意気込んだ。

次の

イベント|SPAT4プレミアムポイント

岡林あやの

高知競馬唯一のダートグレード競走「第21回・Jpn3」が21日、高知競馬場で行われる。 このPRのため、高知県競馬組合業務課の久家崇徳課長補佐、佐原(旧姓・下村)瑠衣元騎手、広報キャプテンの岡林あやのさんが12日、大阪市のデイリースポーツを訪れた。 昨年は単勝234・3倍の(兵庫)が見事に差し切り、地方馬として史上2頭目のV。 3連単が29万円馬券の波乱だったこともあり、場内は熱狂に包まれたという。 岡林さんは「高知の馬が勝ったらもっとすごい盛り上がりを見せると思います」と、第1回(98年)以来となる地元馬の勝利を思い描く。 一方、佐原さんは元騎手目線で高知の攻略ポイントを披露。 「日によって内ラチ沿いの砂の深さが違うので、当日の1Rを判断材料にしてもらえれば」。 JRA勢は近2年2着馬などが出走予定。 地方馬は連覇を狙う、優先出走権付与レースを連勝中の地元馬あたりが期待を背負う。 昨年は、当日売り上げ合計が8億円超と前年比で大きく上昇。 今年も盛況が期待される。 提供:.

次の

園田・姫路競馬場

岡林あやの

高知競馬場で21日に行われる黒船賞のPRをする黒船賞広報キャプテンの岡林あやのさん(左)と元騎手の佐原瑠衣さん 21日に高知競馬場で行われる『第21回黒船賞』(交流GIII、ダート1400メートル)のPRのため、昨年引退した高知競馬元騎手の佐原(旧姓・下村)瑠衣さんと、黒船賞広報キャプテンの岡林あやのさんが13日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。 高知競馬では年に1度の交流重賞。 今年はJRAから2年連続2着のキングズガード、交流重賞で上位争いを演じているサクセスエナジーが参戦予定で、地方勢も連覇に挑む兵庫のエイシンヴァラーなどが出走を予定している。 注目される地元所属の出走予定馬は、14日に発表予定。 佐原さんが「地元のサクラレグナムも出走すれば可能性はあると思います。 鞍上も赤岡修次さんで、非の打ち所がありません。 馬も経験豊富ですし、地元ならイレ込みもなくいい状態で出走できると思います」と期待馬を挙げれば、岡林さんは「穴で一発があるならミサイルマン。 あの差し脚で伸びてきたら、高知は超盛り上がると思います!」と狙いを定めている。 また、競馬場の魅力については、「高知はすごく暖かいですし、施設もきれいになっています。 お一人でもご家族連れでも、ピクニック気分でぜひ本場にお越しください。 内ラチ沿いの砂が深くて、内を通らないスタイルですが、その日の1レース目をごらんいただいて、傾向を判断していただければ」と佐原さん。 岡林さんは「のどかでほんわかした雰囲気が魅力。 パドックでジョッキーとの距離が近くて、応援の声も届きやすいです。 私もパドックの周りにいるので、ぜひ声をかけてください」とアピールした。 当日はイベントも盛りだくさん。 高知県競馬組合業務課の久家崇徳課長補佐は「昨年の黒船賞開催日は、平日で売得金合計が8億円を超えました。 今年は祝日なので、それを超えられれば」と意気込んだ。

次の