還暦祝い プレゼント 人気ランキング。 還暦祝いのプレゼントにぴったり!おすすめなゴルフボールの人気ランキング10選!

還暦祝いのプレゼント 人気ランキング2020

還暦祝い プレゼント 人気ランキング

還暦祝いプレゼント 還暦には「十干(じっかん:甲・乙・丙・丁…)」と「十二支(じゅうにし:子・丑・寅・卯…)」が60年でひと回りして、再び生まれた時の干支に戻るという意味があります。 つまり、「自分の生まれた時の干支(暦)=赤ちゃんに還る」ということから「還暦」と言われ、 再び新しい人生がスタートするという心機一転のタイミングとして、お祝いを行う風習があります。 1960年(昭和35年)生まれの方が、 今年(2020年)に60歳(還暦)を迎えられます。 ワイン通販のLoveWine(ラブワイン)では還暦祝い・60歳の誕生日プレゼント、お祝いのランチ・ディナーにおすすめのワインをランキング形式でご紹介します! ワイン好きのメンバーが試飲を重ねて厳選した 「美味しいワイン」のみを販売していますので、売れ筋の商品をぜひ参考にしてください! なお、コロナウイルスの感染拡大に伴いまして、特に都市圏にお住まいの方々におかれましては、直接プレゼントを渡すことが難しい状態になっていることと存じます。 ご注文時にお届け先・お届け日を指定することができますので、 誕生日当日にサプライズのプレゼントとしてお届けすることも可能です。 もちろんギフトラッピングやメッセージカードの作成も承ります。 当店は大手企業・百貨店を顧客に持つ、実績のある倉庫会社を使用しており、 全てのワインは定温倉庫で常に万全の状態で保管されています。 また、 倉庫会社の全スタッフは食品や飲料を取り扱う性質上、 キャップ・マスクを着用し、衛生面には特に注意しながらラッピングや梱包作業を行っています。 お客様におかれましては、安心して当店をご利用いただければ幸いです。 還暦祝いのプレゼントに 少しめずらしいワインはいかがですか? 下の商品画像の「Happy Birthday」の部分は、 「Happy 60th Birthday!! (60歳の誕生日おめでとう!)」などの言葉に変更し、プレゼントの贈り先の方の「お名前」や「60歳の誕生日の日付」をラベルに印刷して、ワインにお貼りいたします。 もちろんワインラベルには、 ご両親やご友人へのプレゼントであれば、 「大切な思い出のお写真」などの記念のお写真をお入れすることもできます! 世界で一つだけのオリジナルラベルワインは、インテリアとして飾っておくこともできますので、 絶対に喜ばれること間違いありません! ワインは 赤、白、ロゼ、金箔入りスパークリングの4種類をご用意! 当店オリジナルの ラベルデザイン数は 日本最大級の120デザイン以上! ポップなものからゴージャスなものまで幅広いデザインを取り扱っています。 なお、 当店では 最新のフルカラーラベル専用プリンターを使用していますので、写真並みの高精細なラベルに仕上がり、水や光にも強く、インテリアとしてお部屋に飾っていても長期間色褪せることはありません。 実際のラベルを貼り付けています。 スマートフォンでご覧の場合は、ぜひ拡大してご覧ください。 還暦祝いプレゼントには ワンランク上のワインが人気です!中でも 濃厚なフルボディの赤ワインが大好評です! 当店では生まれ年ワインのような古い年代のワインだけではなく、最近の年代のワインも取り揃えております。 世の中には数えきれないほどのワインがあり、ワインの好みは人それぞれですので、より多くのお客様に満足いただくために、 「ソムリエ資格を持つプロ」や 「ワイン好きのメンバー」が様々な視点で試飲を繰り返し、 ギフトとしてふさわしいワインを厳選いたしました。 なお、大切な場面でご利用の場合は、 華やかなギフトラッピングがおすすめです! 当店スタッフによる丁寧なラッピングは、 お客様からも大変ご好評いただいております! 目上の方への贈り物にピッタリな高級感のある「木箱」、ワインのラベルが見える「ボトルラップ」など、ご希望のラッピングは商品ページでお選びいただくことができます! みなさんは ワインはどのような基準でお選びになりますか? 特にワインの初心者の方は、生産地やブドウ品種よりも、見た目でお選びになる方が多いのではないでしょうか? 「ジャケ買い」とは 「ワインラベルのデザイン」「ワインボトルの形状」を重視してワインを購入することです。 近年はワイナリーの強いこだわりにより、芸術的なものが多く見られるようになりました。 ワインラベルには「カッコいい」「かわいい」「アンティーク」・・・といった無数のデザインがあります。 ワインボトルにも「細長くてスマート」なものから、「ボトル自体にデザインが入っている」ものまで様々です。 このような数ある芸術的なラベル・ボトルの中から、 見た目だけではなく味わいも考慮して、 贈り先の方へのサプライズになるようなワインを厳選いたしました!.

次の

【楽天市場】名入れプレゼント 還暦祝い、金婚式、結婚祝い、定年退職祝いのお祝いに:名入れプレゼント 夢彩工房[トップページ]

還暦祝い プレゼント 人気ランキング

長寿のお祝いはたくさんありますが、最初のお祝いであり、最も有名なのが満60歳を祝う「還暦祝い」です。 昔は赤いちゃんちゃんこをプレゼントしてお祝いするのが定番でしたが、平均寿命が男女とも80歳を超え、また60歳以上でもまだまだ現役の人も増えている中で、長寿の祝い方はずいぶんと様変わりしました。 昔ながらの祝い方では、「老人扱いされるようで嫌だ」と感じる人も増えてきています。 そこで、今の時代にふさわしい還暦祝いのマナーや定番の贈り物をご紹介します。 還暦祝いの意味 還暦祝いは、満60歳(数えで61歳)を迎えたことを祝うものです。 この理由は、伝統的な暦である「干支」にあります。 干支は「十干」(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と、おなじみの「十二支」(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を組み合わせたもので、毎年変わります。 十干十二支の組み合わせは60通り、つまり干支が60年で一巡し、61年目に生まれた年の干支に戻ることから「暦が還る」という意味で「還暦」という呼び名になりました。 長寿を祝う習慣は儒教の考えに根ざしたもので、中国から伝わり、奈良時代頃から徐々に日本にも定着したといわれています。 当時は今よりずっと平均寿命が短かったため、40歳を最初として「四十の賀」「五十の賀」というように、10年ごとに祝う習慣でした。 時代が経ち、徐々に平均寿命が延びるにつれて開始年齢は遅くなり、60歳になったのは室町時代頃だとされています。 当時は平均寿命が延びたとはいえ「人生50年」という時代でしたから、満60歳を迎えるのはたいへんにおめでたいことで、人生の節目として盛大にお祝いしたのです。 ちなみに、還暦以降の長寿のお祝いとしては、おもに次のようなものがあります。 ・70歳:古希 中国唐代の詩人・杜甫の詩に「人生七十古来稀」とあることから。 紫色の物を贈るとされる。 ・77歳:喜寿 「喜」の異体字は「㐂」であり、七十七と読めることから。 紫色の物を贈るとされる。 ・80歳:傘寿 「傘」の俗字が「仐」であり、八十と読めることから。 黄色(金茶色)の物を贈るとされる。 ・88歳:米寿 「米」の字を離して書くと八十八と読めることから。 黄色(金茶色)の物を贈るとされる。 ・90歳:卒寿 「卒」の略字は「卆」であり、九十と読めることから。 白い物を贈るとされる。 ・99歳:白寿 「白」は「百」から「一」を引いた形であることから。 白い物を贈るとされる。 ・100歳:百寿、紀寿 「百賀(ももが)」とも呼ばれ、以降は毎年祝う。 還暦祝いの「赤いちゃんちゃんこ」はどこから来た風習? ひと昔前までは、還暦のお祝いに贈るのは「赤いちゃんちゃんこ」と決まっていました。 これは、還暦は「干支が一周して赤ちゃんに還る、つまり、生まれ直しを意味するもの」とされているためです。 また、赤は魔除けにつながるとも考えられていました。 現代では「老人扱いされるようで嫌だ」と本人が喜ばないことが多いため、赤いちゃんちゃんこを贈る人は多くはいません。 しかし、赤いセーターやマフラー、スカーフ、シャツなど、赤い物を贈ると良いとする風習は残っており、赤いアイテムは還暦祝いの定番になっています。 還暦の祝い方 還暦祝いは、特に決まったやり方はありません。 比較的多いのは、満60歳を迎える年の初めかその年の誕生日に家族や親戚が集まって祝うというものですが、開催時期についても特に決まりがあるわけではありません。 本人の誕生日でなくても、遠方で暮らす家族や親戚が集まりやすいお正月やゴールデンウィーク、お盆休みなどのタイミングでお祝いをする人が多くなっています。 また、夫(または妻)や子供たちが企画し、身内のみで祝うことがほとんどです。 平均寿命が延び、60歳を迎える人が珍しくない現在では、長寿のお祝いというよりは、「人生の節目」を家族みんなで祝う日という位置付けとなっています。 プレゼントを渡すだけでなく、家族みんなで少し高級なレストランや料亭に出掛けたり、旅行に行ったりという人も多いです。 還暦祝いのプレゼントの相場 相手との関係や家庭の経済状況によっても変わりますので、明確な基準はありません。 一般的には、両親に贈る場合は10,000~50,000円前後、兄弟姉妹や親戚なら5,000~20,000円前後、親しい友人や知人の場合は5,000~10,000円前後であることが多くなっています。 実の両親と義理の両親、何人かいるおじ・おばなど、関係性が同じ場合は、あとで争いの種にならないように金額をそろえるのが一般的です。 例えば「夫の兄夫婦といっしょに義母の還暦を祝う」というように、複数名でいっしょに祝う場合は、ほかの親族と差が出ないように事前に打ち合わせをしておくといいでしょう。 また、兄弟姉妹でお金を出し合って、夫婦旅行など豪華なプレゼントを贈る方法もあります。 還暦祝いの贈り方のマナー 長寿のお祝いは何度巡ってきてもいい慶事なので、水引は紅白の蝶結びの物を選びます。 のしをつけ、表書きは「祝 還暦」「寿 還暦」「還暦御祝」などとするのが一般的です。 下には贈る人の名前を書きますが、子供や孫一同からのプレゼントの場合は「子供一同」や「孫一同」として構いません。 渡し方は、還暦を祝う席で直接手渡しするのが基本です。 商品が大きいなどの理由で、持って行くのが難しい場合は、お祝いの日の前日までに届くように贈ります。 恩師の還暦祝いなど、宴席に出席できなかった場合は、誕生日の1週間前頃を目安に贈ります。 還暦祝いの定番プレゼント 60歳はまだまだ若々しく、昔のような「老人」の印象からはほど遠い人がほとんどです。 ですので、還暦祝いのプレゼントは「老人扱いしない」ことが大事なポイントになります。 赤い物を贈る風習があると紹介しましたが、必ずというわけではなく、色よりも本人の趣味や好みに合った、喜んでもらえる物であることが大切です。 定番のプレゼントには次のような物があります。 ・名前入りボトルなどのオリジナルグッズ 名前を入れたボトルやカップ&ソーサーのセット、ゴルフグローブなど、オーダー品は還暦のお祝いにぴったりの品物。 一生の記念になります。 ・花束 花束は、贈り物の定番中の定番。 プリザーブドフラワーやメッセージを入れられる物など、さまざまな種類があります。 ほかのプレゼントと組み合わせて贈るのもおすすめです。 ・バッグや服などのファッションアイテム おもに女性へのプレゼントとして、バッグや服なども人気があります。 親しい親戚や親など、贈られる人のファッションの好みをしっかり把握していることが前提となります。 ・アクセサリー アクセサリーは、夫から妻へのプレゼントや子供たちから両親へのプレゼントに最適です。 誕生石をあしらった物も人気です。 ・ペアグラスや湯のみなどの夫婦で使える物 夫婦茶碗やマグカップ、箸なども定番品のひとつです。 「これからも夫婦二人で元気で暮らしてね」というメッセージを伝えることもできます。 ・旅行券、クルージングチケットなど 物ではなく体験型のプレゼントは、近年人気上昇中のギフトです。 事前に両親の希望を聞いて、子供一同から旅行をプレゼントするのもいいですし、旅専門のカタログギフトをプレゼントして両親に選んでもらうのもおすすめです。 一方でNGな物は、香典返しによく使われるお茶、「首が落ちる」ことを連想させることから縁起が悪いとされる椿の花、「老い」を連想させる老眼鏡、「苦」と「死」に通じる櫛、「相手を足で踏みつける」という意味につながってしまう靴や靴下などがありますので、これらは避けたほうが無難です。 還暦のお祝いは、日頃はなかなか伝えにくい感謝の気持ちを伝えるチャンスでもあります。 両親やお世話になった人が還暦を迎えるときは、心を込めてお祝いしてください。 This entry was posted in , on by. Post navigation• カテゴリー• 595• 215• 133• 174• 2 記事を検索.

次の

祖母・義母の還暦祝いに喜ばれる!定番プレゼントの人気ランキング5

還暦祝い プレゼント 人気ランキング

「これからもお元気で」。 還暦祝いにはお祝いメッセージギフトで気持ちを伝えよう• 還暦祝いに何かギフトを贈ろうと考えている方、まずはメッセージを贈ってみてはいかがでしょうか?お祝いの気持ちを、「文字」にのせて贈るというのは古典的な方法ながらしっかりと相手に真心が伝わる方法です。 お花やギフトなどを贈ることももちろん素敵なお祝いになりますが、そこにメッセージが添えられていれば、還暦を迎えるお父さん・お母さんにとってもっと嬉しい贈り物になるはずです。 手書きのメッセージやバルーン、似顔絵など、記念にとっておけるようなメッセージを贈ってあげましょう。 平均相場: 7,400円• クチコミ総合 : 4. 0 還暦祝いに至福の時間をプレゼントできる「旅行券 宿泊券)」が人気!• 還暦のお祝いで人気なのが「旅行券 宿泊券)」のギフトです。 いままで忙しくてなかなかゆっくりすることのなかった両親へ、旅行券 宿泊券)を贈るのが人気です。 還暦を迎えたならのんびりと過ごしてほしい気持ちを込めて贈るギフトはとても喜ばれます。 ランキングでは、2名用の「エグゼタイム5万円コース」が人気です。 選べる温泉宿で、カタログから好きな温泉地を選ぶことができます。 カタログを見て、どこに行こうか考える時間も楽しいギフトです。 他にもさまざまなコースがあるので、予算や目的に合った旅行券を選べます。 平均相場: 57,300円• クチコミ総合 : 5. 0 思い出に残る「オーダーメイド記念品」ギフトで還暦をお祝い!• 還暦祝いのプレゼントにプレミアム感のある「オーダーメイド記念品」はとても喜ばれます。 ランキングでは、見た目にインパクトのある「メダル」ギフトが人気です。 家族や仲間から、感謝の気持ちが込もった「メダル」は、もらって誇らしい気持ちになるアイテムです。 実用的なものを贈りたいときには「ペーパーウェイト」ギフトが人気です。 さまざまなデザインの中から選べるので、男性へのプレゼントにも、女性へのプレゼントにもおすすめです。 お酒が好きな方には、「デコレーションボトル」ギフトがおすすめです。 直接メッセージを瓶に彫刻するタイプが、長く楽しめるのでおすすめです。 平均相場: 9,000円• クチコミ総合 : 5. 0 失くしやすいカギも専用ケースでスマート管理• お父さまへの還暦祝いのプレゼントに人気の高いものといえば、お財布やネクタイと並んで「キーケース」なども好評です。 カギに専用のケースなんて必要ない、と言うお父さまも、カギが必要な時に限って見つからなかった事が必ず一回や二回はあったはず。 特に、60歳を過ぎても車を運転されるお父さまはカギが必需品です。 平均相場: 7,200円• クチコミ総合 : 5. 0 満60歳の誕生日に赤いちゃんちゃんこと帽子を着て還暦のお祝いをするという光景をテレビ等で目にされたことがあるかと思いますが、還暦の意味は60年で干支が一回りして再び生まれた干支に戻ることから元の暦に還るという事で還暦と呼ばれています。 干支の「支」は十二支と呼ばれる「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」が年賀状でもおなじみですが、「干」は「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」という10種類の事を指し、これらの組み合わせると60種類あることから干支が一回りするのが60年とされています。 また、生まれた時に1歳として正月を迎える度に年齢を加算していく「数え年」という古い習慣にならって今でも数え年の61歳で還暦を行う方も居ます。 還暦のお祝いは暦が一巡したことにより「もう一度生まれた時に戻る」とされており、魔除けの色とされる赤を使った物を身につける(例えば赤いちゃんちゃんこなど)風習があります。 昔は赤ちゃんの産着は赤色が使われていました。 おめでたい還暦のお祝いですから、マナーを確認しておきましょう。 服装は目上の方に会うためTシャツなどカジュアルなものは避け、女性はワンピースなどお出かけ用の服装であったり、男性であればジャケットを着用など堅苦しくない程度の正装で良いでしょう。 還暦のパーティーに招待された場合には派手な色を避けて、場にあった服装で参加しましょう。 平均寿命が伸びた現在では60歳を過ぎても現役で働いている方も多いため、赤いちゃんちゃんこや赤い頭巾を贈られても、年寄り扱いを嫌う方も多いので、記念品や贈り物などに赤色が添えてある物を選ぶと良いでしょう。 また、贈り物もこれからますます元気にという健康をテーマにした物が喜ばれています。 家族で還暦祝いをする場合は家族がプレゼントを渡した後会食したり、外食するパターンが多いです。 家族旅行を兼ねて温泉やホテルなどでお祝いをする方もおり、「還暦祝いプラン」などを展開している場合は赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団などが含まれているので用意することがなく気軽にお祝いができます。 会社など職場で行う場合は後輩たちが中心となってお祝いの回を開催します。 人数が多い場合は流れを決めて行うことが多いです。 開会の挨拶を行い、還暦を迎える主役から一言をもらい、その後プレゼントを贈呈し乾杯します。 その後は会食を行い最後に記念撮影や三本締めなどをして、閉会の挨拶を行って終了します。 会費制で同期で集まって自主的なお祝いの会を開くなど、主催者はあまり明確には決められたルールなどはありません。 還暦のお祝いのメッセージは日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。 日頃からお世話になっている方へこの機会に面と向かってなかなか言えない気持ちを書きましょう。 上司や恩師など目上の方へは敬意を持ってメッセージを書きます。 まず還暦のお祝いを書き、感謝の気持ちを伝えます。 相手を尊敬し、自分もこれから頑張っていくことを書きます。 そして最後に相手の健康を祈ると良いでしょう。 あまり高齢である事に触れすぎないようにします。 ベストプレゼント編集部が「還暦祝いのプレゼントしたことがある男女100人」に「実際のお送りしたメッセージ」について2016年9月にアンケート調査を実施しました。 その中から、実際に送られたメッセージを一部ご紹介いたします。

次の