あっさり レシピ。 冷たい料理50選♪暑い日や食欲がない日に食べたいあっさりレシピ

和食のあっさりレシピ!晩御飯の献立に!簡単にできるおかずを紹介

あっさり レシピ

冷たいそばとネバトロの相性が良く、醤油に漬け込んだ黄身も良い味を出してくれます。 とろろの量を多めにしても美味しくなりますね。 食欲ない日でも栄養をつけるために、食べやすい料理をご紹介します。 夏バテ防止のために、しっかりと食事を摂ることで暑い夏を乗り越えられますね。 水菜は3cm程度に切り揃え、きゅうりは3cmの千切りにします。 かいわれ大根は根を落とします。 キッチンペーパーに取っておき油を切りましょう。 お皿に野菜を敷いてかつおをドーナツ状に並べて真ん中に玉ねぎとにんにくを乗せれば完成です。 香味ダレは冷蔵庫に入れておくことで味が馴染みます。 冷たいタレをかつおにかけて美味しくいただける料理です。 蒸し暑い日に熱々の鍋なども良いですが、冷たい料理も食欲増進できますよ! 魚料理から鶏肉料理までアレンジも効くので、たくさんレパートリーを作っていきましょう。 火が通ったら保存容器に入れておきましょう。 野菜がしんなりしたら鯵に南蛮漬けソースをかけて粗熱を冷まし、冷蔵庫に入れて寝かせれば完成です。 冷たい料理は味がよくしみるので、多めに作り冷蔵庫で常備しておきましょう。 お好みで唐辛子を多めにしてピリッと辛い南蛮漬けにしてもいいですね。 他の調味料を入れたら冷蔵庫で冷やしておきましょう。 食べる直前に冷やしておいたドレッシングをかけていただきましょう。 ドレッシングは冷たい方が美味しいので、できれば2〜3時間冷やしてくださいね。 親子サラダ.

次の

さっぱりした夕飯のレシピ9選|あっさりした夜ご飯のおかず・料理は?

あっさり レシピ

【おかず】さっぱりした夕飯のレシピ編一つ目は、手羽先のさっぱり煮を紹介します。 食べにくい印象がありますが、酢で煮ると骨から身が外しやすく食べやすくなります。 難しい手順がないので時間がない夜でも簡単に作ることが出来ます。 こってりしているように見えますが味付けはさっぱりしているのでご飯が進みます。 材料(4人分)• 手羽先12本• 卵4個• 酢100㏄• 砂糖大さじ2• 醤油50㏄• 料理酒50㏄• 水70㏄ 作り方• 1手羽先に両面焼き目を付けます。 2酢、砂糖、醤油、料理酒、水、生姜をすべて入れて手羽先を20分程度煮込む。 3手羽先を煮込むのと同時進行でゆで卵を作ります。 4ゆで卵が出来上がったら手羽先と一緒に5分程度煮込んで出来上がり。 お酢を使っているため油で揚げてもあっさり食べることができます。 夜、あじを揚げたりするのが面倒でしたら時間があるときに作り置きしておきましょう。 数日なら冷蔵庫保存も可能です。 あじ6尾• ピーマン1個• 小麦粉適量• サラダ油適量• 1あじの頭と内臓を取り水洗いしてペーパータオルで水分を取ります。 2玉ねぎは薄切り、ピーマンとにんじんは千切りにする。 3あじに小麦粉を付け余分な粉をはたきサラダ油で揚げます。 5粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やすとよりさっぱりします。 豚肉を使っているので食べごたえもあります。 野菜はなすに加えてピーマン、玉ねぎを加えても大丈夫です。 晩御飯のおかずに向いていますがお酒のおつまみにも使えます。 豚肉は小間切れが便利ですがバラ肉も使えますよ。 なす4本• 豚小間切れ200g• サラダ油適量• 味ぽん80㏄• 砂糖大さじ1. 生姜千切り1片 作り方• 1なすを食べやすい大きさに切り油で焼き目が付く程度炒めます。 2焼き色が付いたなすに豚小間切れを入れて色が変わるまで炒めます。 3味ぽん、砂糖、生姜千切りを合わせておき2に振りかけて味をなじませたら出来上がりです。 さっぱりした味付けが好みの場合はこのままで、甘めが好きなら砂糖を少し増やしてください。 甘くするとデザート代わりになります。 夕飯の箸休めにどうぞ。 さつまいも1本• 砂糖大さじ2• 水400㏄• 塩ひとつまみ 作り方• 1さつまいもを輪切りにして水(分量外)にさらしてあくを抜く。 レモンを2~3枚薄い輪切りにして残りのレモンは汁を絞る。 2さつまいもと砂糖、水を鍋に入れ火にかけて沸騰したら弱火にしてレモン水を加え竹串が刺さるまで煮る。 3火を止めて塩とレモンの輪切りを加え冷めたら出来上がりです。 夕飯のメインがこってりしたものなら、酢の物を組み合わせてはいかがでしょうか。 たこときゅうりの相性は抜群ですが、カニかまぼこ、しらす、オクラ、わかめに代えてもおいしくなります。 きゅうり1本• たこ150g• すりごま適量• 1たこ、きゅうりは薄切りにして、きゅうりを塩(分量外)でもみ込みしんなりさせておきます。 たこときゅうりを加えます。 32を冷蔵庫で冷やしたら出来上がりになります。 残りがちなそうめんを使ったサラダならあっさり食べることが出来ますよ。 野菜のほかにささみ、ハムなどを加えたらこれ一品で栄養バランスが良くなり晩御飯は満足できます。 そうめん4束• レタス2枚• きゅうり1本• ミニトマト4個• 水菜1束• 2そうめんを既定の時間でゆがいてぬめりが取れるまで水にさらします。 3きゅうりは千切り、レタスは手でちぎり、水菜は5㎝くらいの長さに切りトマトは半分に切ります。 4そうめんの上に野菜をのせてたれをかけて、冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておきます。 夕飯のメニューが決まらない時、凝った料理を作りたくない時、簡単に作ることが出来るレシピの記事があります。 こちらも参考にしてください。 食欲が無くて主食も副菜も食べたくない時はトマトの酸味が効いたミネストローネがあっさりして食べやすくおすすめです。 トマト以外は冷蔵庫の残り野菜を入れてもいいですよ。 冷蔵庫の掃除もできて一石二鳥になります。 にんじん1本• じゃがいも2個• 玉ねぎ1個• ソーセージ4~5本• トマト缶1缶• 水500㏄• コンソメキューブ2個• にんにくみじん切り1片 作り方• 1にんじん、じゃがいも、玉ねぎを1㎝の角切りにします。 ソーセージは斜めの薄切りに切ります。 2鍋にオリーブオイル(分量外)を熱しみじん切りのニンニクを香りが出るまで炒め玉ねぎ、にんじん、じゃがいもの順にしんなりするまで炒める。 32にトマト缶、水、コンソメ、ソーセージを加え20分ほど煮込んだら出来上がりです。 豆板醬の代わりにラー油を使ってもおいしいですよ。 ご飯代わりに食べるなら春雨を加えてみると立派な夕飯になります。 使う材料は多いですが簡単に料理できるのでぜひ作ってみてくださいね。 椎茸2枚• 豆腐1丁• 卵1個• 豆板醬小さじ1~1. ごま油小さじ2• 水300㏄• 酢小さじ1. 醤油、塩少々• 水溶き片栗粉適量• 1ごま油(分量外)を熱し豆板醬を香りが出るまで炒めます。 32が沸騰したら千切りの椎茸を入れて醤油、塩で味付けをします。 4火を止めて水溶き片栗粉を入れてとろみを付けます。 5再度沸騰させて卵を溶いて入れます。 6豆腐を手で崩しながら入れて酢を加えたら出来上がりです。 コンソメキューブを使うので簡単に味付けすることができます。 夕飯に物足りないならパンをのせて、スープをしみ込ませながら食べるとボリュームアップします。 ベーコン2枚• キャベツ2枚• 水600㏄• コンソメキューブ2個• 塩、コショウ適量 作り方• 1玉ねぎを薄切りにしてサラダ油(分量外)で炒めます。 2にんじんは千切り、ベーコンは1㎝幅、キャベツは手でちぎりに切り、1のたまねぎと一緒に炒めます。 3玉ねぎが透き通ったら水とコンソメキューブを加えて煮込み、塩コショウで味を調えると出来上がりです。 口の中がさっぱりする寒天は夏におすすめのデザートです。 シークワーサー以外でも柑橘系の果汁なら何でも大丈夫です。 但し果汁は100パーセントのものを選んでくださいね。 シークワーサー果汁50㏄• 粉寒天小さじ3• 砂糖60g• 水750㏄ 作り方• 1鍋に水と粉寒天を入れて溶かしてから火を入れます。 21の寒天が沸騰したら砂糖を入れて2分以上煮ます。 3砂糖が溶けたら火を止め果汁を加えます。 4型に流し込み粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がりです。 卵を使うレシピもありますが、現在はマンゴーの果肉を生かしたあっさりした食感が主流になっています。 今回紹介するレシピもマンゴーの果肉を生かしたものになっています。 マンゴー缶詰1缶• 1マンゴーをミキサーにかけて滑らかにします。 31、2をミキサーにかけて裏ごしします。 4容器に入れて冷蔵庫で冷やし固まったら出来上がりです。 たまには晩御飯の〆に食べてもいいですね。 ヨーグルトを生クリームに変更して甘めにしても美味しいです。 カステラが苦手ならコーンフレークに変更も良いですよ。 作り手の好みにアレンジ可能で色々なフルーツを入れて味わってください。 キウイ1個• バナナ1本• ヨーグルト100g• カステラ1~2切れ 作り方• 1キウイ、バナナを斜めの薄切りにします。 2カステラをサイコロ状に切りガラスの器に敷き詰めます。 3カステラの上にキウイ、バナナをバランスよく盛りつけます。 4キウイ、バナナの上にヨーグルトをかけて出来上がりです。 5ヨーグルトの代わりに生クリームを使う場合、フルーツソースをかけると彩りが綺麗になります。 さっぱりしたご飯を作りましょう あっさりしたおかずのレシピを取り上げました。 さっぱりしたご飯が欲しいとき、お昼ご飯がこってりしたときの晩御飯に料理して毎日を乗り切ってください。

次の

あっさり煮しめ

あっさり レシピ

【おかず】さっぱりした夕飯のレシピ編一つ目は、手羽先のさっぱり煮を紹介します。 食べにくい印象がありますが、酢で煮ると骨から身が外しやすく食べやすくなります。 難しい手順がないので時間がない夜でも簡単に作ることが出来ます。 こってりしているように見えますが味付けはさっぱりしているのでご飯が進みます。 材料(4人分)• 手羽先12本• 卵4個• 酢100㏄• 砂糖大さじ2• 醤油50㏄• 料理酒50㏄• 水70㏄ 作り方• 1手羽先に両面焼き目を付けます。 2酢、砂糖、醤油、料理酒、水、生姜をすべて入れて手羽先を20分程度煮込む。 3手羽先を煮込むのと同時進行でゆで卵を作ります。 4ゆで卵が出来上がったら手羽先と一緒に5分程度煮込んで出来上がり。 お酢を使っているため油で揚げてもあっさり食べることができます。 夜、あじを揚げたりするのが面倒でしたら時間があるときに作り置きしておきましょう。 数日なら冷蔵庫保存も可能です。 あじ6尾• ピーマン1個• 小麦粉適量• サラダ油適量• 1あじの頭と内臓を取り水洗いしてペーパータオルで水分を取ります。 2玉ねぎは薄切り、ピーマンとにんじんは千切りにする。 3あじに小麦粉を付け余分な粉をはたきサラダ油で揚げます。 5粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やすとよりさっぱりします。 豚肉を使っているので食べごたえもあります。 野菜はなすに加えてピーマン、玉ねぎを加えても大丈夫です。 晩御飯のおかずに向いていますがお酒のおつまみにも使えます。 豚肉は小間切れが便利ですがバラ肉も使えますよ。 なす4本• 豚小間切れ200g• サラダ油適量• 味ぽん80㏄• 砂糖大さじ1. 生姜千切り1片 作り方• 1なすを食べやすい大きさに切り油で焼き目が付く程度炒めます。 2焼き色が付いたなすに豚小間切れを入れて色が変わるまで炒めます。 3味ぽん、砂糖、生姜千切りを合わせておき2に振りかけて味をなじませたら出来上がりです。 さっぱりした味付けが好みの場合はこのままで、甘めが好きなら砂糖を少し増やしてください。 甘くするとデザート代わりになります。 夕飯の箸休めにどうぞ。 さつまいも1本• 砂糖大さじ2• 水400㏄• 塩ひとつまみ 作り方• 1さつまいもを輪切りにして水(分量外)にさらしてあくを抜く。 レモンを2~3枚薄い輪切りにして残りのレモンは汁を絞る。 2さつまいもと砂糖、水を鍋に入れ火にかけて沸騰したら弱火にしてレモン水を加え竹串が刺さるまで煮る。 3火を止めて塩とレモンの輪切りを加え冷めたら出来上がりです。 夕飯のメインがこってりしたものなら、酢の物を組み合わせてはいかがでしょうか。 たこときゅうりの相性は抜群ですが、カニかまぼこ、しらす、オクラ、わかめに代えてもおいしくなります。 きゅうり1本• たこ150g• すりごま適量• 1たこ、きゅうりは薄切りにして、きゅうりを塩(分量外)でもみ込みしんなりさせておきます。 たこときゅうりを加えます。 32を冷蔵庫で冷やしたら出来上がりになります。 残りがちなそうめんを使ったサラダならあっさり食べることが出来ますよ。 野菜のほかにささみ、ハムなどを加えたらこれ一品で栄養バランスが良くなり晩御飯は満足できます。 そうめん4束• レタス2枚• きゅうり1本• ミニトマト4個• 水菜1束• 2そうめんを既定の時間でゆがいてぬめりが取れるまで水にさらします。 3きゅうりは千切り、レタスは手でちぎり、水菜は5㎝くらいの長さに切りトマトは半分に切ります。 4そうめんの上に野菜をのせてたれをかけて、冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておきます。 夕飯のメニューが決まらない時、凝った料理を作りたくない時、簡単に作ることが出来るレシピの記事があります。 こちらも参考にしてください。 食欲が無くて主食も副菜も食べたくない時はトマトの酸味が効いたミネストローネがあっさりして食べやすくおすすめです。 トマト以外は冷蔵庫の残り野菜を入れてもいいですよ。 冷蔵庫の掃除もできて一石二鳥になります。 にんじん1本• じゃがいも2個• 玉ねぎ1個• ソーセージ4~5本• トマト缶1缶• 水500㏄• コンソメキューブ2個• にんにくみじん切り1片 作り方• 1にんじん、じゃがいも、玉ねぎを1㎝の角切りにします。 ソーセージは斜めの薄切りに切ります。 2鍋にオリーブオイル(分量外)を熱しみじん切りのニンニクを香りが出るまで炒め玉ねぎ、にんじん、じゃがいもの順にしんなりするまで炒める。 32にトマト缶、水、コンソメ、ソーセージを加え20分ほど煮込んだら出来上がりです。 豆板醬の代わりにラー油を使ってもおいしいですよ。 ご飯代わりに食べるなら春雨を加えてみると立派な夕飯になります。 使う材料は多いですが簡単に料理できるのでぜひ作ってみてくださいね。 椎茸2枚• 豆腐1丁• 卵1個• 豆板醬小さじ1~1. ごま油小さじ2• 水300㏄• 酢小さじ1. 醤油、塩少々• 水溶き片栗粉適量• 1ごま油(分量外)を熱し豆板醬を香りが出るまで炒めます。 32が沸騰したら千切りの椎茸を入れて醤油、塩で味付けをします。 4火を止めて水溶き片栗粉を入れてとろみを付けます。 5再度沸騰させて卵を溶いて入れます。 6豆腐を手で崩しながら入れて酢を加えたら出来上がりです。 コンソメキューブを使うので簡単に味付けすることができます。 夕飯に物足りないならパンをのせて、スープをしみ込ませながら食べるとボリュームアップします。 ベーコン2枚• キャベツ2枚• 水600㏄• コンソメキューブ2個• 塩、コショウ適量 作り方• 1玉ねぎを薄切りにしてサラダ油(分量外)で炒めます。 2にんじんは千切り、ベーコンは1㎝幅、キャベツは手でちぎりに切り、1のたまねぎと一緒に炒めます。 3玉ねぎが透き通ったら水とコンソメキューブを加えて煮込み、塩コショウで味を調えると出来上がりです。 口の中がさっぱりする寒天は夏におすすめのデザートです。 シークワーサー以外でも柑橘系の果汁なら何でも大丈夫です。 但し果汁は100パーセントのものを選んでくださいね。 シークワーサー果汁50㏄• 粉寒天小さじ3• 砂糖60g• 水750㏄ 作り方• 1鍋に水と粉寒天を入れて溶かしてから火を入れます。 21の寒天が沸騰したら砂糖を入れて2分以上煮ます。 3砂糖が溶けたら火を止め果汁を加えます。 4型に流し込み粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がりです。 卵を使うレシピもありますが、現在はマンゴーの果肉を生かしたあっさりした食感が主流になっています。 今回紹介するレシピもマンゴーの果肉を生かしたものになっています。 マンゴー缶詰1缶• 1マンゴーをミキサーにかけて滑らかにします。 31、2をミキサーにかけて裏ごしします。 4容器に入れて冷蔵庫で冷やし固まったら出来上がりです。 たまには晩御飯の〆に食べてもいいですね。 ヨーグルトを生クリームに変更して甘めにしても美味しいです。 カステラが苦手ならコーンフレークに変更も良いですよ。 作り手の好みにアレンジ可能で色々なフルーツを入れて味わってください。 キウイ1個• バナナ1本• ヨーグルト100g• カステラ1~2切れ 作り方• 1キウイ、バナナを斜めの薄切りにします。 2カステラをサイコロ状に切りガラスの器に敷き詰めます。 3カステラの上にキウイ、バナナをバランスよく盛りつけます。 4キウイ、バナナの上にヨーグルトをかけて出来上がりです。 5ヨーグルトの代わりに生クリームを使う場合、フルーツソースをかけると彩りが綺麗になります。 さっぱりしたご飯を作りましょう あっさりしたおかずのレシピを取り上げました。 さっぱりしたご飯が欲しいとき、お昼ご飯がこってりしたときの晩御飯に料理して毎日を乗り切ってください。

次の