アルキメデス の 大戦 dvd。 『アルキメデスの大戦』Blu

アルキメデスの大戦 DVD通常版

アルキメデス の 大戦 dvd

櫂を使って大和の建造を阻止しようとする海軍少将・山本五十六には、舘ひろし。 さらに、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯といった演技派が揃い踏み。 超個性的な実力俳優が繰り広げる、強烈な顔相撲・ド迫力の演技バトルは本作の大きな見どころです。 東大受験の驚くべきテクニックを披露した受験漫画『ドラゴン桜』シリーズ、甲子園出場のための戦略を描いた頭脳的高校野球漫画『砂の栄冠』、学生が部活動で投資・資金運用を学ぶという異例の学園経済漫画『インベスターZ』…ほか、これまで発表してきた作品すべて、誰も考えつかない斬新かつユニークな発想でテーマに鋭く斬りこんできた稀代のストーリーテラー、漫画家・三田紀房。 本作『アルキメデスの大戦』では、数学者を主人公に、戦争を舞台にした物語では前例のない「数学的見地」から第二次世界大戦を描き、注目を集めている。 そのためにまずは、これまで山崎監督が作った時代ものの作品(『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』『海賊とよばれた男』など)と同じように、徹底的なリサーチが行われた。 冒頭の戦艦大和が沈んでいくシーンは約5分半、100 カット程度あるが、その半分強がフルCG のカットとなる。 つまり、空も海も、戦艦大和も、乗組員も、すべてがCG でできているということ。 デジタルエキストラには、AI を搭載しており、状況の中でどう振る舞うか、自身でシミュレーションして動いている。 これはゲームの技術を利用している。 [1]ご注文時 1. ショッピングカート内で「商品に特典が付く場合特典を希望します」を解除 2. 【ストーリー】 1933年(昭和8年)。 欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。 海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。 だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。 「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。 しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。 必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。 山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。 ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。 頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。 「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。 天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。 同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。 その艦の名は、【大和】…。 【キャスト】 菅田将暉 柄本佑 浜辺美波 笑福亭鶴瓶 小林克也 小日向文世 國村隼 橋爪功 田中泯 舘ひろし 【スタッフ】 原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」(講談社「ヤングマガジン」連載) 監督 脚本 VFX:山崎貴.

次の

アルキメデスの大戦 : 作品情報

アルキメデス の 大戦 dvd

櫂を使って大和の建造を阻止しようとする海軍少将・山本五十六には、舘ひろし。 さらに、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯といった演技派が揃い踏み。 超個性的な実力俳優が繰り広げる、強烈な顔相撲・ド迫力の演技バトルは本作の大きな見どころです。 東大受験の驚くべきテクニックを披露した受験漫画『ドラゴン桜』シリーズ、甲子園出場のための戦略を描いた頭脳的高校野球漫画『砂の栄冠』、学生が部活動で投資・資金運用を学ぶという異例の学園経済漫画『インベスターZ』…ほか、これまで発表してきた作品すべて、誰も考えつかない斬新かつユニークな発想でテーマに鋭く斬りこんできた稀代のストーリーテラー、漫画家・三田紀房。 本作『アルキメデスの大戦』では、数学者を主人公に、戦争を舞台にした物語では前例のない「数学的見地」から第二次世界大戦を描き、注目を集めている。 そのためにまずは、これまで山崎監督が作った時代ものの作品(『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』『海賊とよばれた男』など)と同じように、徹底的なリサーチが行われた。 冒頭の戦艦大和が沈んでいくシーンは約5分半、100 カット程度あるが、その半分強がフルCG のカットとなる。 つまり、空も海も、戦艦大和も、乗組員も、すべてがCG でできているということ。 デジタルエキストラには、AI を搭載しており、状況の中でどう振る舞うか、自身でシミュレーションして動いている。 これはゲームの技術を利用している。 [1]ご注文時 1. ショッピングカート内で「商品に特典が付く場合特典を希望します」を解除 2. 【ストーリー】 1933年(昭和8年)。 欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。 海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。 だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。 「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。 しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。 必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。 山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。 ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。 頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。 「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。 天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。 同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。 その艦の名は、【大和】…。 【キャスト】 菅田将暉 柄本佑 浜辺美波 笑福亭鶴瓶 小林克也 小日向文世 國村隼 橋爪功 田中泯 舘ひろし 【スタッフ】 原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」(講談社「ヤングマガジン」連載) 監督 脚本 VFX:山崎貴.

次の

【抽選特典決定】映画『アルキメデスの大戦』Blu

アルキメデス の 大戦 dvd

戦艦大和の建造をめぐる数学者の戦いという、原作の発想がまず素晴らしい。 太平洋戦争には、非合理的な判断が数多くあり、先の大戦で最も欠けていた要素が、この作品の主人公の持つ合理的思考だろうからだ。 戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが、全く戦果を挙げられないまま轟沈した。 海軍の運用が適切であれば、もっと戦えたという意見もあるのだが、しかし、実力を出せずに散ったその姿は前後の日本人に判官びいきの感情とともに、無駄の象徴ではなく愛すべき対象として残ってしまった。 「この戦艦を作ってはいけない」と合理的な思考で判断をくだす主人公は、しかし、数学者として大和の設計を美しいと感じてしまう。 数学者の業と日本人の判官びいきの心象がなんだか重なって見えるのだ。 業や情緒を優先してしまうその有様はまさに日本人的だ。 東京オリンピックのいざこざを見ていると、日本人は同じ失敗を繰り返していることは一目瞭然。 なぜその失敗から逃れることができないのか。 それは日本人の心象に深く根付いたもので、我々が日本人である限り逃れることはできないのかもしれない。 その程度しか知らなかったからでしょうか。 他の出演者のアクの強さ・いい仕事っぷりがナイスだし。 数字の話がメインと思わせつつ、終盤「話の裏の真実」が切れ味鋭い。 ・ストーリー展開も核の登場人物もシンプル。 要は「そんな巨大戦艦を作るのに、その見積もりの安さは何故よ?」。 現代人にもよくある話なので、わかりやすい。 ・主人公の「真実を知りたい」熱意・真剣さが、周囲の人を動かす様もいい。 「数字は嘘をつかない」って、なるほどね。 車窓と人物の違和感を感じてしまうところあり。 久々に邦画で「見てよかった!」と思えた1作でした。 WOWOWにて視聴。 予告やTVCMなどで何となくの知識程度で。 非常に良い映画でした。 DVDなどで持つほどではないが、 TVで流れてたら観たいな、と思います。 テーマは「数字は嘘つかない、嘘をつくのは人間」かな。 菅田将暉さんの演技をちゃんと観たのは初めてだがら難しそうな役をテンポ良く演じていて良かった。 田中少尉との掛け合いも軽妙、「国のために」という目的は同じで手法考え方が違っていただけなので、理解するのも早かったのかな、と思う。 嶋田少将や大角大臣のような政治屋は現代にもいそうだなと思わせられ、一国の政の重大な決議があのような会議で為されていたら…と恐ろしくもなる。 針小棒大な誹謗中傷や妨害工作など、駆け引きとしては必要なのかもしれないが、「国のため」に何が必要で何をせねばならないかを判断していただきたいところ。 そういう意味では数字は嘘をつかないし、エビデンスが求められるのも当然。 良きにせよ悪きにせよ、判断するための材料を公平に集めなくてはならない。 たとえそれらにより冷静に判断されたとしても、ラスト付近の平山造船中将や山本少将の言のように、誤った 後から見ると 報告に進んでいくことを止められないのであれば、如何に早く終わらせる、リスクを少なくするかを考えていく。 この映画の中で櫂少佐が果たす役割は、どれだけもがいても大きな「時代」という うねりの一部分に過ぎない。 最後の涙の意味も深いものになっていく。 過ちをおかさないための数字なのに、人の感情は止められないのか。 戦争反対というよりも現代日本への提言のように感じた。 以下、印象的なセリフ うろ覚え 「君は測りたいと思わないのか…変わってるな」 「日本人は負けを 負け方を 知らない民族、だから…」 「私には大和が日本そのものに見える」 ネタバレ! クリックして本文を読む 菅田くん好きなのでそれだけかなぁ…と 閉塞的な世の中で言いたい事を言える狂人の様な天才しかも言ってる事は筋が通ってるから主人公のキャラクターが魅力的ここは凄くわかる。 ただ数字で大きな力に立ち向かう展開は面白いと思うけど、やたらと何もかも都合よく動くしこれがコメディなら受け入れられるのだけど戦争物となるといまいち入っていけない。 戦艦じゃなくて下町ロケット的な企業の造船の話だったらこういう気持ちにもならなかったかな…だって時代の空気が現代劇だもん。 それに戦争を止めなくては!と戦争批判漂わせつつ時のトップの人達をカッコ良く描いているの不思議すぎて…何となくなんか凄い力で何とかなっちゃって皆んなハッピーって勢いとノリで勝てちゃうよって思わせちゃうのが不味いでしょ!って映画の中でも言ってんのに映画自体がそれとやってる事同じて。 数字の力とか戦艦のカッコよさとかには充分惹かれるけれど、結果もやもやしたのでイマイチ。 戦前の日本。 時代にそぐわない大和の建造を阻止するべく、数学の天才が奔走する物語。 冒頭の海戦シーンは迫力がありましたが、それだけ・・・というのが感想。 BSのレビューを見て、「戦艦の費用対効果の低さ」、「空母や潜水艦の効果の高さ」等について、丁々発止の攻防を行うものだと思っていました。 新しい戦術や、効果的な戦い方等の話が出てくるのだと思いこんでいました。 映画の中にも、主砲の命中率の話をするシーンがありましたが、そんな話が積みあがれば見応えを感じることが出来たと思います。 しかし、この映画では見積を「積み上げる」、或は「想定する」ことのみを行っていて、残念ながら面白みを感じることが出来ませんでした。 ネタバレ! クリックして本文を読む WOWOWプライムで鑑賞。 原作は未読です。 さぁ、どうする? 出来ることを考え、あらゆる手を使って情報を収集。 妨害にも屈せず、あと一歩のところまで来たところで、敵の差し金により会議開催が急に繰り上がって絶体絶命! 果たして起死回生なるか…? ハラハラ・ドキドキでした。 でも結局、大和って建造されるから、櫂少佐は負けてしまうってこと? こんなに頑張ったのに、全て徒労に終わってしまうということ? 結末をいったいどこへ持って行くのかなぁ、と気になりながら観ていると…なるほど、そう来たかと膝を打ちました。 でも当時のことを考えると、そんな考えで大和をつくった、なんて言われてもフィクションとは言え納得出来ませんでした…。 面白い着想ではありましたけど 笑• 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の