日本入国制限解除。 日本から入国できる国はどこ?コロナ後入国規制緩和最新情報7月13日更新【ヨーロッパ編】

中国「陰性」条件に制限緩和を日本に打診:中韓では「ファスト・トラック」で入国実施開始

日本入国制限解除

中国から入国規制緩和の申し出 経済活動の本格再開に向け、中国政府は日本政府に対し、入国制限を緩和していく考えを打診しています。 日本国内での新規感染者の減少などを条件に、PCR検査で陰性が確認された人のみ入国を認める方式が想定されていると考えられます。 現在中国では、入国者に対して指定施設での14日間の隔離措置を求めていますが、入国制限が緩和されれば隔離措置は不要となる見込みです。 中韓では例外入国実施が導入 中国はすでに5月から、韓国に対して入国制限の緩和に徐々に開始しています。 上海、重慶、天津などの一部地域にビジネス目的での入国を認めるもので、 「ファスト・トラック」と呼ばれる方式を採用しています。 ファスト・トラックとは、出発の72時間以内に指定の医療機関でウイルス検査を受け、陰性を証明する健康状態確認書の発給を受けます。 中国の企業関係者が韓国を訪れる場合は、出国前に陰性判定を証明する確認書を提出し、到着後に再度検査で陰性が確認されれば、14日間の隔離が免除されます。 今回の中国から日本に対する入国制限緩和の打診は、このファスト・トラック方式を念頭に置いているとみられます。 しかし現在日本では無症状でPCR検査を受けることが困難であることなどから、実現には一定のハードルがあると考えられます。 さらに日本では緊急事態宣言を延長し、感染拡大の抑え込みに力を入れています。 国内でも移動の自粛が求められる中、海外への渡航制限を緩和することは時期尚早とみられています。 各国で入国制限緩和の動き新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界の多くの国で経済が大きな影響を受けています。 経済の冷え込みは軽視できず、各地でロックダウン解除のデモが起こり、国民の我慢の限界も近づいています。 そのため各国政府は経済活動を再開するため、段階的に移動や自粛の規制を緩和する動きが始まっています。 中国は日本と韓国以外に、シンガポールとも入国緩和の協議を進めているとされています。 観光大国トルコでは、6月にもアジア地域を中心に外国人観光客の受け入れを再開する見込みです。 またギリシャでも7月から外国人観光客の受け入れを再開する方針を示しています。 中国だけでなく、他の国でもビジネスに対する渡航制限の緩和が今後進む可能性があり、注視していく必要があるでしょう。 感染予防と経済活動再開のバランス、日本の方針は? 中国では中国全土で厳しいロックダウンを行い、感染拡大の抑制に成功し、規制緩和と共に世界的に人気のある上海ディズニーランドの営業を再開するなど、他国へ新型コロナウイルスを克服したというアピールも着実に行い、関係各国との入国規制緩和への動きに入るなど日本も見習うべき点が多いでしょう。 中国や韓国などの経済活動の再開はポジティブなニュースである一方、中国の武漢と韓国のソウルでは集団感染が新たに確認されており、感染防止対策の緩和は慎重にならざるを得ない面もあります。 中国から入国制限緩和の打診を受けたものの、緊急事態宣言の続く日本では慎重な姿勢を崩すことは難しいでしょう。 ただし日本でも他国と同様に現在の自粛状況を無期限で続けることには限界があります。 日本では、いかに個々人のレベルで意識付けや対策を行い、感染を防止できるかを海外にいかにアピールできるかが、日本と世界各国の往来の正常化を大きく左右するでしょう。 <参考> 日本経済新聞: ソウル聯合ニュース:.

次の

ロシア 入国制限の期限はワクチン製造まで

日本入国制限解除

6月30日に、EUが日本を含む14ヵ国からの入域制限の解除を勧告したことを受けて、日本からのビジネスや観光目的での入国を認める国が出てきた。 在外日本大使館等の情報によれば、フランス・オランダ・ギリシャ・スペイン・デンマーク・クロアチア・ポーランド・スウェーデンなどが日本からの入国制限を解除、EUを離脱したイギリスも、イングランドへの入国制限を解除した。 イタリアは入国は認めるが、14日間の自己隔離を義務付ける。 一方、ドイツは入国制限を継続、オーストリアは商用目的の入国を認めるが、14日間の自己隔離を義務付ける。 解除措置は今後再検討され、感染状況によっては再度の制限がなされる可能性あり 日本からの入国を認め、14日間の自己隔離を求めない国 フランス 「国際移動適用除外証明書」「新型コロナウイルスの症状がない旨の宣誓書」の携行も不要。 オランダ 通常の入国審査を受けた上で入国可能。 ギリシャ 申請書の提出(航空機に搭乗前少なくとも48時間前までに電子申請フォームを専用サイトを利用して提出) スペイン 申告書の提出(渡航する前に健康状態や旅程予定を申告するシステムへ登録し、その際発行されるQRコードを空港で提示)と検温、目視によるチェックを実施。 デンマーク 観光目的で入国する場合、原則的に国内で6泊以上することが求められ、宿泊予約証明書の提示が必要。 クロアチア 事前にクロアチア内務省作成のWEBサイトから個人情報等を事前登録、支払い済みの宿泊施設の予約票やビジネス会議の招待状等,上記の目的で入国することを証明する資料を提示。 ポーランド 7月3日より、日本からポーランドへの渡航者は、渡航目的に関わらず(無査証の短期滞在も含め)入国が可能。 到着後の14日間の自宅待機も免除。 スウェーデン 7月4日より、入国の一時的禁止措置の対象外とする。 イギリス 7月10日より、イングランドへの入国の際の14日間の自己隔離の義務を免除。 スコットランド、ウェールズ及び北アイルランドへの入国についてはそれぞれの地方政府が別途、公表。 日本からの入国を認めるが、14日間の自己隔離を義務付ける国 イタリア 旅行目的、入国後の居所住所、交通手段及び連絡先を明確かつ詳細に記した宣誓書の提出を義務付けるとともに、症状の有無にかかわらず、保健当局への通報並びに宣誓書に記載した居所での14日間の自己隔離及び健康観察を義務付ける。 日本からの入国制限の解除を検討中の国 ベルギー 政府は、いつ、いかなる条件で、ベルギーに入国できるかを評価する予定。 日本からの入国制限を継続している国 ドイツ 日本側が入国制限を撤廃した場合に限り制限を解除する方針 ハンガリー ルーマニア ノルウェー フィンランド 尚、日本政府は、欧州全体について、新型コロナウイルスに関する感染症危険情報をレベル3に指定しており、欧州への渡航中止勧告を継続している。 これらの国から帰国した日本人は、帰国後14日間、自宅等を指定場所として待機し、また、自宅等には、公共交通機関を使わず、自家用車などで向かう必要がある。 また、入国(帰国)時にはPCR検査を受ける必要がある。 検査結果がでるまでには最長2日間程度待機が必要になる場合があり、結果が出るまで検疫所長が指定する場所で待機する必要がある。

次の

日本が外国人入国禁止措置を一部解除!しかし、韓国を解除しない!?その理由とは?【世界情勢】

日本入国制限解除

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行によって、各国の政府は、2020年の春から、国境の閉鎖や空港便の停止などの入国制限、外出の禁止や自粛要請などの制限を実施しました。 今回ロコタビに登録する海外在住日本人と連携して調査した「各国の入国制限、外出制限の状況」について在住者から頂いた言葉をそのまま紹介させていただきます。 2020年6月5日現在、外務省は全世界に対して一律に「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」を発出している他、従前の危険情報として渡航中止勧告(レベル3)や退避勧告(レベル4)を発出している国・地域もあります。 新型コロナウイルスをめぐる各国の対応策は極めて流動的ですので、本情報の内容から更に変更されている可能性もあります。 各国当局のホームページを参照する他、在京大使館に確認する等、最新の情報を十分に確認してください。 [質問]日本からの入国制限について、以下の項目のうち、あてはまるものを教えてください。 現在も制限されていて、〇日後に解除予定がある。 制限が解除されていて、隔離措置などの条件はない。 制限が解除されているが『入国後〇日間の隔離措置』などの条件がある。 現在も制限されていて、解除の見通しは立っていない。 [回答] 1.現在も制限されていて、〇日後に解除予定がある。 ーフィリピン ーイタリア ーオランダ ースイス ードイツ ーオランダ ーアルゼンチン ーシンガポール ーモルディブ ーコロンビア ーマリアナ諸島 ーボリビア ーロシア ーデンマーク 2.制限が解除されていて、隔離措置などの条件はない。 ーメキシコ ーアメリカ 3.制限が解除されているが『入国後〇日間の隔離措置』などの条件がある。 ーギリシャ 4.現在も制限されていて、解除の見通しは立っていない。 ー中国 ー香港・マカオ ーオーストラリア ーフランス ー中国 ードイツ ーケニア ーニュージーランド ーインドネシア ーインド ートルコ ー南アフリカ ークウェート• 条件はまだ確定されていませんが、解除初期には最適14日間滞在が必要になる可能性があるそうです。 健康申告書が航空会社から配布され、搭乗前における同申告書の記入及び記 入した内容につき航空会社に対して申告すること。 2,オランダに到着後、自宅等での14日間の自己隔離。 到着時にすべての入国者に感染検査が行われ、感染判明した人が乗っていた飛行機全乗客14日の隔離もあります。 香港居民(IDを持っている日本人含む)であれば入国後14日間の指定場所(自宅・ホテル可)での強制隔離措置が取られます。 (隔離措置の期限について,ギリシャ外務省は,「6月14日まで」と発表しておりますが,5月31日付の官報には,「6月15日12時まで」と掲載しています。 ) 隔離期間は,7日間(以前は14日間)。 入国時のPCR検査で陽性反応が出た場合は14日間隔離となる。 当局は,隔離実施場所を指定することができる他,入国者に隔離場所を報告させることができる。 ギリシャに住居のない者は,友人・知人,親族の自宅,またホテル等に滞在する。 違反者には5000ユーロが科せられる。 (アテネ在住 Yoshさん )• 会社概要 ロコタビは世界175カ国2,500都市在住の日本人をネットワークしており、海外在住日本人の登録者は約50,000人を超えます。 海外の観光案内や海外視察など現地での多様な体験だけでなく、オンライン上で現地に足を運ばずとも、現地に住む日本人が代わりに調査・分析・業務代行も請けています。 例えば越境EC実現の為のマーケットリサーチや不動産投資現地調査を始めとした、多種多様な業務を現地在住の日本人に依頼することが可能です。 本件に関するお問い合わせ先 社名 :株式会社ロコタビ 事業概要:海外在住日本人によるタウンガイドサービス 「LOCOTABI(ロコタビ)」()の運営 設立 :2015年12月1日 所在地 :東京都千代田区平河町 2-5-3 代表者 :代表取締役 椎谷豊 お問い合わせ:.

次の