松本ぷりっつ 旦那。 松本ぷりっつは旦那と離婚していない!子供の娘は美人?

「松本ぷりっつ オリジナルテープ」2種セット

松本ぷりっつ 旦那

松本ぷりっつさんは旦那さんと離婚? 松本ぷりっつさんを検索すると、 離婚ということばが合わせて検索されているのですが、 実際のところはどうなのか、 調べてみました。 松本ぷりっつさんのブログを見てみると、 2016年6月1日に 「ぷりっつさんちのぶらりうまいもの散歩」 という作品の連載がスタートしていました。 現在は3話目がアップされたところですね。 作品内では、松本ぷりっつさんが 旦那さんとお散歩して食べ歩きしたり といったことが書かれているので、 松本ぷりっつさんは旦那さんと離婚していない、 はずです。 以前私は、 松本ぷりっつさんは旦那さんと離婚された、 と推理していたのですが、 間違えていたみたいですね、 推理記事については以下に残しておきます。 それにしても、 松本ぷりっつさんは夫と離婚していなくて、 良かったですね。 松本ぷりっつさんの家庭が平和であってほしい と思うのは、私だけではないはずです。 スポンサーリンク 松本ぷりっつさんは旦那さんと離婚してしまったと私が勘違いしたわけ 注目したいのは、 松本ぷりっつさんが2011年に、 松本ぷりっつさんの古いアメーバブログを いったん更新を終了しているところです。 そのあと、2016年の現在まで、 松本ぷりっつさんはあたらしいブログで漫画を 更新しておられるのですが、 なぜわざわざ同じアメーバブログだというのに、 ブログを一新したのか? 私は松本ぷりっつさんの 古いブログと新しいブログを 見比べてみて、ある違いを発見しました。 古いブログには、 松本ぷりっつさんの旦那さんの物語があるのに、 新しいブログには、 旦那さんのカテゴリーすらない。 これはあくまで私の推測なのですが、 松本ぷりっつさん は旦那さんと2011年に 離婚してしまったのではないでしょうか。 そして、離婚してしまった時の気分を一新させるために、 ブログも新しくしたのではないでしょうか。 そうすれば、 新しいブログに旦那さんの話が出てこないのも 頷けます。 松本ぷりっつさんの旦那さんはどんな人? 松本ぷりっつさんの旦那さんは、 ガンダムとゲームが好きなお父さんのようです。 ちなみに旦那さんがどんな人物かというと、 家族がスタバに行ったとき、 旦那さんは バナナと飲み物を頼んで、 バナナの先を 吸っていたみたいです。 飲み物のストローと 間違えて。 おもしろいですね。 二つめのエピソード 松本ぷりっつさんと旦那さんが ドライブしていた時に、 旦那さんはお気に入りの曲が 終わると、 また曲を聞くために、 ボタンをぽちっと 曲が終わるたび に押していたそうです。 それを見た 松本ぷりっつさんが、 リピート再生って知ってる? と言って、 旦那さんは 「大好きな曲に失礼だから、 毎回ボタンを押している」 と答えたそうです。 旦那さんかわいいですね。 スポンサーリンク.

次の

松本ぷりっつの顔は美人?本名は?旦那とは離婚?オススメ作品も紹介!

松本ぷりっつ 旦那

Contents• けらえいこ あたしンち作者 の経歴、作品、出身地、年齢、プロフィール まずは、けらえいこ先生のプロフィールをどうぞ。 名前 けらえいこ 出身地 東京都 年齢(生年月日) 1962年12月2日 経歴• 東京都立井草高等学校卒業• 早稲田大学第二文学部卒業• 1989年に漫画家デビュー 作品• 姫の俳道一直線(1989)• セキララ結婚生活(1991)• たたかうお嫁さま(1992)• まったく若奥様って奴ぁ! (1992)• いっしょにスーパー(1993)• おきらくミセスの婦人くらぶ(1993)• あたしンち(1994〜2015)• 7年目のセキララ結婚生活 1999(1999)• 金田夫妻(2008)• 鉄本(2009)• お母さんとイタリア(2018~) けらえいこ先生は、家族や家庭、夫婦といったテーマで描くのが上手な漫画家さんです。 自身の体験をもとにしたエッセイコミックを描くことも多いですが、自分の家族をモデルにした漫画を描くこともあります。 あくまでモデルなので、エッセイとはまた少し違った感じにはなりますが、脚色がされてるからこそ、面白い作品に仕上がります。 代表作には、ドラマ化もされた結婚エッセイコミック「セキララ」シリーズや、アニメ化や映画化された「あたしンち」があります。 育児エッセイコミックはたくさんあるイメージですが、結婚生活を綴ったエッセイコミックは珍しい気がしますね。 スポンサーリンク こちらの結婚コミックエッセイは、セキララシリーズとして4巻発行されています。 セキララ結婚生活(1991)• たたかうお嫁さま(1992)• いっしょにスーパー(1993)• 7年目のセキララ結婚生活(1999) セキララシリーズ2作目の「たたかうお嫁さま」は、結婚式の準備や当日の様子など、結婚式を挙げるのがどれだけ大変かを描いた作品です。 引用元: なんと、「たたかうお嫁さま」はテレビドラマ化もされました。 ドラマは原作を基にしたフィクションの内容になっています。 あたしンち 引用元: けらえいこ先生と言えば、「あたしンち」を思い浮かべる人の方が多いかもしれません。 高校生の頃の自分と両親、弟をモデルにしたとある一家のおもしろい日常を描いた作品です。 1996年には、文藝春秋漫画賞を受賞しました。 映像化は下記のようになります。 2002年にテレビアニメ化• 2003年にアニメ映画化• 2010年に3Dアニメ映画化• 2015年に完全新作アニメ「新あたしンち」放送 引用元: 単行本は21巻まで発行されています。 連載終了時は多くの人に惜しまれましたが、けらえいこ先生いわく、「連載当初はあたしというのはみかん(女子高生)のことだったが、いつのまにか母視点になり、父の年齢も超えてしまったあたりで行く先を見失った」とのことです。 それもそのはず、なんと あたしンちは17年10か月も連載していたのです。 そりゃ先生だって年も取りますよね。 それでも何度もアニメ化したあたり、多くの国民に長きにわたって愛されている作品というのが伝わってきますね。 けらえいこの結婚相手の旦那の死の真相は? 引用元: けらえいこ先生は、1987年に元漫画編集者の上田信治さんと結婚しました。 旦那さんである上田信治さんとの新婚生活や結婚生活のその後の様子などは、セキララシリーズに色々と描かれています。 旦那さんの死とのことですが、上田信治さんは現在は週間俳句の編集スタッフとして働いており、俳句の事を定期的にツイートしています。 また、「あたしンち」の共同制作者ともなっています。 一体なぜ「旦那の死」というワードが出るのか不明ですが、旦那さんは死亡していません。 ただ、 別居はしているようです。 話をするたびにケンカになってしまう時期があったため、ほどよい距離をおくために別の所にそれぞれ住むことにしたようです。 しかし、けらえいこ先生の部屋の空調が故障したタイミングで、旦那さんの住んでいるマンションに空室ができ、なんと旦那さんの部屋の隣に引っ越す事になりました。 現在は、同じマンションの隣の部屋に住んでいるようです。 別居と言う割にはすごく近いですけど、それでも同じ家ではないということで、2人にとってちょうどいい距離感で暮らしているのでしょうね。 けらえいこの本名は? 引用元: けらえいこ先生の本名は、「上田栄子」です。 旧姓は「蝼川内(けらかわうち)」というちょっと珍しい苗字なんです。 その際に「けらちゃん」という愛称で親しまれていたため、ペンネームを「けら えいこ」にしたそうですよ。 もともとの本名「けらかわうち えいこ」から「かわうち」を取っただけなんですね。 ちなみに「蝼川内(けらかわうち)」という苗字は、大分県の中津市あたり発祥とされています。 けらえいこ先生のお母さんが大分県出身のようですよ。 お母さんの方の苗字だったという事は、お父さんは婿養子だったのでしょうか? そこまでの情報がないので分からないですが、自分の本名をもとにペンネームをつけると、親しみがわくから使いやすそうですね。 ちなみに、なぜかけらえいこ先生はお母さんからは「えくさん」と呼ばれているそうです。 お父さんは普通に「えいこ」と呼んでいるようなのですが、何がどうなって「えくさん」なんでしょうね? 実際に「えいこさん」を早口で言うと「えくさん」っぽい発音になるから、「えいこさん」がなまったのかもしれないですね。 81歳で大正琴を習い始めたばかりでラインを使いこなすお母さんですが、娘の呼び名はちょっと楽をしちゃっているのかもしれません。 関連記事 けらえいこの現在は? けらえいこ先生は、現在noteにて新作を発表しています。 noteでは、30年目のセキララ結婚生活をテーマにした夫婦コミックエッセイを綴っています。 けらえいこ先生や旦那さんの自画像は、今までのような人間ではなく、猫のきぐるみをかぶっているというていで、猫の姿で描かれています。 なんと、絵の勉強をしないまま30年漫画家をやってきたというけらえいこ先生が絵の講座に通い始めたことや、インスタにハマっていることなど、色々描いています。 けらえいこ先生の旦那さんやお母さんの様子も知ることができますし、 現在も更新されているので、リアルタイムのけらえいこ先生を知ることができます。 月4回更新、月額200円で読むことができますが、登録してお金を払わなくても、いくつか漫画が見られます。 ぜんぶ読みたい!という方は登録してみてくださいね。

次の

松本ぷりっつの旦那はどんな人?夫婦仲や離婚の噂について

松本ぷりっつ 旦那

天然ボケの長女フーに、自由人の次女スー、堂々とした三女チー。 個性的な3姉妹に母のツッコミが冴え渡る、爆笑子育て漫画です。 うちの3姉妹のあらすじ! 個性豊かな3姉妹、フー、スー、チー。 漫画家・松本ぷりっつと旦那、そして3姉妹の計5人家族での暮らしは、常識破りな3姉妹の行動でいつも賑やかでした。 長女のフーは5歳。 一番のお姉さんながらふんわりしていて、突拍子もない発言をしては周囲(主に母)を驚かせています。 その性格から母によるブログ内でのあだ名は「おっぺけぺ」。 さらにメルヘンな考え方から「メルヘナー」と呼ばれることも。 そのメルヘンぶりが如何なく発揮されるのが通称おっぺけぺ劇場です。 突如家の中で開催されるおっぺけぺ劇場では、フーはお姫様。 時には団長として妹たちに指示を出し、荒唐無稽なストーリーを展開していきます。 団員二人目が次女のスー、3歳。 自由に行動して、周りを一切気にせず我が道を突き進みます。 そのためブログでのあだ名は「自由人」「フリーダム」「リベロ」など。 お姉ちゃんが大好きで尊敬していますが、逆に妹のチーとは同レベルで喧嘩してしまうことも。 自由人なスーですが、家の外に出ると気弱な一面が顔をのぞかせることもあります。 ビビリで寂しがりやなスーは、果たして無事幼稚園に通園できるのでしょうか。 末っ子、三女のチーは1歳です。 赤ちゃんらしいわがままぶりで、姉や母を困らせます。 傍若無人っぷりからついたあだ名は「社長」。 そしてその執着が向かうのは主に食べ物です。 食べられないものもとりあえず口に入れてみるチャレンジ精神で、すくすくと育っていきます。 末っ子として可愛がられる一方、お姉さんになりたいチー。 ペットのウサギ・モプシーやお人形を妹に見立てて、必死に世話を焼こうとします。 そんな3姉妹との日々はツッコミどころの連続。 長女に天然ボケっぷりを遺伝させた旦那も加わり、母の騒がしい日々が続いていきます。 ふんわりとした世界で生きてきたフーですが、いよいよ6歳になり、小学校という荒波にもまれることとなります。 小学1年生になり、ランドセルを背負って急にお姉さんになったように見えるフー。 外見は変わりますが、そう劇的に成長するものではありません。 入学式から座席を間違えたり、連絡帳を上手く活用できずに忘れ物を連発したり。 それでもフーはフーらしく、ゆっくり成長していました。 スーも3歳から4歳へ。 いよいよ幼稚園に入園することになりましたが、母は不安で一杯です。 というのも、入園まえの一日体験でスーはかなりの人見知りっぷりを発揮。 先生や他のこどもたちと全く喋らず、隅で固まっていたのです。 そんなスーの入園式。 案の定、入場から大泣きで先生に抱っこされやってくるスー。 明日以降の通園に不安を感じる母でしたが、スーは初日でしっかり担任の先生の名前を覚えていました。 担任の先生を好きになったスーは、次の日から一人で幼稚園にむかうことに。 緊張してバスに乗り込んだスーでしたが、無事幼稚園を楽しんできてくれました。 なんとか幼稚園に毎日通えることになったスーでした。 そして一番成長著しいのがチーです。 髪の毛が増えて、喋れる言葉が増えて、オムツを卒業して・・・。 三姉妹で唯一イラストを変えなければならないほど、見た目も心も成長していきます。 そしてその三姉妹の成長を温かく見守る家族たち。 母と父はもちろんのこと、父方母方両方のおじいちゃんおばあちゃん、近所のけんちゃん・だいちゃん家族など、優しい大人たちに囲まれて三姉妹はすくすくと育っていきます。 明日はどんな成長を見せてくれるのでしょうか。 かわいらしいイラストと育児の楽しさがつまったブログは主婦層に限らず学生にまで人気を博しました。 2008年にはアニメ化もされています。 もとがブログですので、文章の合間合間にマンガ・イラストが挿入される形式になっています。 『うちの3姉妹』には、育児の悲喜交々がたっぷり詰め込まれています。 毎日の楽しさと、楽しさ以上かもしれない大変さ。 そしてその大変さを吹き飛ばしてくれる、子どもたちが成長を見せてくれた時の嬉しさ。 そういった育児のエッセンスが余すところなく描かれていて、等身大の育児を見ることができます。 形式としてはエッセイ漫画になりますが、エッセイ漫画は作者自身の美化が鼻について苦手、と言う方も多いと思います。 『うちの3姉妹』の場合、そういった要素はかなり(おそらく意図的に)抑えられていますので、エッセイが苦手な方にも楽しんでいただけると思います。 たくさんの笑いと少しのしんみり、そして感動。 毎日がなんとなく薄くつまらないように感じている方は、この幸せな家族を見て癒されませんか。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の