浦和 対 エスパルス。 浦和レッズ差別横断幕事件

浦和対清水: くっ!ガッツが足りない!!

浦和 対 エスパルス

浦和レッズ対 清水エスパルス なんだか予想より来ているエスパルスサポーター U17アジアチャンピオンになったユース代表4人の優勝報告 あのトロフィーは持ち回りなのかな? エスパルスサポーター、かなり来てます。 なぜか3羽のハトが我が物顔で飛び回ってました。 練習が始まろうが選手紹介が始まろうがお構いなしです。 メインスタンド上段アウェイ側SA席は赤とオレンジが混じってますね。 どこで買うとこうなるのかは不明です。 エスパルスのビッグフラッグ。 スペースがないので縦に出しました。 浦和レッズのデカユニ。 なんか久々見ました。 2位4位対決らしくいい試合になりましたね。 ヤマが最後接触があったにしても足吊るなんて珍しいよね。 なんかやたら足に水かけてましたよ。 そうとう運動量あったからね。 あんまり動きすぎると千葉みたいになっちゃうぞ。

次の

「無観客」の経済損失は約3億円!浦和の年間利益を超す、その内訳は?

浦和 対 エスパルス

事件現場となった 場所 ・大字中野田 日付 15時00分 — 18時4分 概要 浦和サポーター3人が、ホーム側ゴール裏スタンドの209ゲート入口にを想起させる横断幕を掲出。 運営側は試合終了時まで問題を放置した。 犯人 浦和レッズサポーターグループ「 URAWA BOYS SNAKE '98」のメンバー3名 対処 チームはホームゲーム1試合をとして開催し、試合会場周辺のサポーター立ち入りを禁止。 当該サポーターの所属グループは無期限活動停止。 所属メンバー全員は、浦和レッズが出場する全試合と、埼玉スタジアムへの無期限入場禁止。 浦和レッズ差別横断幕事件(うらわレッズ さべつおうだんまくじけん)とは、(26年)に所属のクラブ・のサポーターグループ最大派閥所属の「URAWA BOYS SNAKE '98」の一部メンバーが、当日行われた試合においてを想起させるを掲出した事件である。 試合中、警備員により撤去を求められたものの、横断幕は試合終了まで掲出されたままであったため、クラブ側の責任も問われた。 浦和にはJリーグ初となるという処分が下された。 経緯 [ ] 2014年(平成26年)3月8日、Jリーグ ディビジョン1第2節・対戦が、浦和のホームスタジアムであるで開催された。 試合開始前の14時から15時頃、浦和のサポーターグループ「URAWA BOYS SNAKE '98」に所属する男X・Y・Zの3人は、試合当日にスタジアム敷地内で拵えた「 JAPANESE ONLY(以外お断り/日本人に限る/日本人専用)」と書かれた横断幕を、ホーム側ゴール裏スタンドの209ゲート入口に、ピッチとは反対側に向けてと並べて掲出する。 15時30分頃にAが横断幕の存在に気づき、警備責任者のBに連絡した。 責任者Bは当該横断幕を確認に行ったが、その際、サポーターグループのメンバーZから「この横断幕は問題ないでしょう? 」「何かあれば自分に言ってほしい」との説明を受けたため、責任者Bは横断幕の掲出に対応せずその場を後にしてしまい、警備会社の本部などへの連絡はしなかった。 前半終了後、209ゲート付近にいた警備員Cがサポーターから「この幕は良くない。 差別と捉えられかねない」との指摘を受けたため、警備員Cは責任者Bを通じて警備会社本部に連絡。 軌を一にして、上で情報を得た浦和のクラブスタッフもクラブ運営本部に連絡する。 後半開始直後、運営本部が横断幕を確認のうえ問題がある掲示物と判断。 警備会社に対し、横断幕を速やかに撤去するよう指示した。 17時10分から15分頃にかけて、責任者Bが北ゴール裏スタンドにいたZを呼び、「クラブからの指示なので、(横断幕を)今すぐ剥がして欲しい」「インターネット上でも騒ぎになっている」などと説明し撤去を求めたが、Zは「試合中だから厳しい」という旨の回答をし、スタンドに戻ってしまった。 責任者BはZとのやり取りで合意が得られなかった旨を、警備会社本部を通じて運営本部に連絡する。 なお、横断幕については従来より、掲示した当事者との合意の上で撤去する手順となっていたため、運営本部は試合後に速やかに対応するよう、警備会社に指示するに止まった。 この状況に対して運営本部は、現場へのスタッフ派遣などの対応も行わなかった。 17時35分頃にも、警備員Dがやはり別のサポーターから「横断幕を撤去するべきではないか」との指摘を受けたが、警備員Dは「試合終了後に対応する」と返答。 また、同サポーターから「(証拠保全のために)写真を撮らせて欲しい」との申し出を受けたが、警備員Dは「トラブル回避のため撮影を控えて頂いている」などと拒否している。 試合終了後の18時04分ごろ、横断幕を掲げた3人が撤去を行わないままであったことから、警備員CがZに取り外す旨声を掛けた上で、横断幕を撤去した。 その後、インターネット上で本件が大きな波紋を広げていることを受け、同日23時50分頃、クラブの公式サイトにて第1報を発信した。 なお、試合はホームの浦和が0-1で敗れている。 横断幕について [ ] 同日夜、浦和の・が自身のに、「今日の試合負けた以上にもっと残念なことがあった…。 浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。 こういうことをしているようでは、選手とサポーターが一つになれないし、結果も出ない」などと綴り、問題の横断幕の写真付きツイートでこれを問題視した。 浦和の関係者の声明としては、槙野のツイートが最も早い反応とされており、2時間で1万件を超えてリツイートされるなど、ネット上に拡散されるきっかけとなった。 浦和の事情聴取に対し、横断幕を掲げた3人は「最近は外国からの観客も増えていて、応援の統制が取れなくなるのが嫌だった」「ゴール裏は自分たちの『聖地』であり、部外者に入ってきてほしくなかった」などと理由を説明。 「差別の意図はなく、反省している」という。 処分 [ ] 同月13日、のが東京都内で会見を行い、当該行為について「Jリーグ全体を統括するチェアマンとして多大なご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪。 制裁として、同月23日開催のホーム第4節・戦をJリーグ史上初めてとなる、として開催する処分を決定した。 制裁理由について村井は• 浦和レッズは不適切な横断幕が掲出されたにもかかわらず、試合終了後まで当該横断幕を撤去できなかった。 当該横断幕の記載内容が「 JAPANESE ONLY」となっており、差別表現と受け止めた人もいることから、その掲出意図に関わらず差別的内容と判断できる。 (FIFA)が2013年5月の総会で「反人種差別・差別に関する戦い」に関して決議し、同年7月にFIFA加盟各国協会に対してガイドラインを提示するとともに、関連する規程を整備する等の適切な対処を求めている。 これを受けて、(JFA)も同年11月に規程を整備するとともに、JFA加盟団体に対しても周知徹底している。 浦和サポーターは、2010年に本件と類似したトラブルを起こして制裁を受けており、本件は累犯である(後述)。 これ以外にも、浦和サポーターは過去にも度々トラブルを起こしており、それらの件でクラブ側はJリーグから再三の制裁を科されているにも関わらず、再発防止に消極的であり、本件のような結果に至った重大な責任がある。 などの点を挙げた。 また、今後こうした行為が改善されなければ、の減免やJ2以下への強制降格など、より重い制裁処分も視野に入れているとの方針を明らかにした。 村井の会見の後、浦和社長のが同所で会見を行い、横断幕を掲出した男3人が所属するサポーターグループを「無期限の活動停止処分」とし、所属メンバー全員を浦和が出場する全ての試合と、埼玉スタジアムへの無期限の入場禁止処分にしたと発表。 他のサポーターについても、ホーム・アウェーの試合で、横断幕や旗などを掲示する行為を禁止したと発表した。 また、淵田本人の役員報酬を3か月間2割カットし、関係社員についても社内規定に従って処分を検討するとした。 浦和レッズは、無観客試合開催に先立ち、チケットの払い戻し、宿泊費のキャンセル料などを負担することに決めた。 クラブ側の損失額は、3億円以上と予想されている。 無観客試合の実施 [ ] 3月23日、ホーム第4節の対清水エスパルス戦は、予定通りで実施された。 400人を超える報道陣やテレビ中継スタッフが見守る中、主将のが「サッカーを通じて結ばれた大切な仲間と伴に、差別と戦うことを誓います」と、クラブがこの日発表した『差別撲滅宣言』を読み上げた。 試合では、通常の試合で行う「スタジアムDJによる選手紹介」などの演出や入場時の音楽、Jリーグスポンサー及びクラブスポンサーの広告掲示などを一切自粛。 ゴール裏の広告用LEDボードには「 SPORTS FOR PEACE! 」のロゴを表示した。 クラブ側は、埼玉スタジアム2002周辺への観客の立ち入り、会場周辺での応援行為などを全て禁止した。 クラブ職員を含め、およそ230人が警備に当たったが、大きな混乱はなかった。 浦和社長の淵田敬三は、「サポーターの応援があって、初めてサッカーだと痛感した。 二度とこういうことを起こさないよう、肝に銘じたい。 差別を撲滅して、断固として戦う浦和レッズに変わる」とコメントを発表した。 反応 [ ] のは、「一人ひとりの人権が尊重される豊かで成熟する社会を実現する我が国の方針においては甚だ残念で遺憾」とコメントした。 東京都知事のはに開催される予定のへの影響を懸念するコメントを発した。 会長のも「あの横断幕を放置していた感覚が問題。 大変遺憾だし残念だ 」「日本サッカーとJリーグの試合は、多くの女性や子どもも足を運ぶ安全な環境として知られていたので、この出来事は危険なイメージを植え付けただけでなく、日本サッカーの信用を失墜させた」とコメントした。 2世でサッカー解説者のは「動物である人間の本能として、自分の群れ以外に警戒心を示す、新しい血を拒むというのもあるだろう。 悲しいがこれは事実だ」とした上で、「あくまで客観的な事実だけで見れば、どの国の誰に向けられたものかもはっきりせず、『日本人選手だけのチームになってほしい』という希望の表出と捉えることもできなくはない。 スペインのはだけで構成されているチームだけど、彼らが『オレたちはバスク人だけ!』と主張したところで、何も差別ではないよね。 つまり、『 JAPANESE ONLY』という言葉自体に罪はないということだ」と評した。 Goal日本版編集長でのをはじめ多くの国外メディア関係者は浦和とJリーグによる直接的な対応と意思表示を高く評価したが 、その一方でジャーナリストのは「(サポーターの)意図は関係ない。 英語の感覚では完全に差別的な用語であり、かつてののと同義と捉えられる。 適切な対応を怠った浦和の対応も手遅れじゃないかな」と評した。 イギリス人ジャーナリストのマイケル・プラストウは事件当日のクラブ側の対応について「浦和にとっては不運だった。 他のクラブで(同様の事件が)起こっても適切に対応できたかは分からない」と理解を示したが、その一方で「問題が発生したときの対応の鈍さ、鈍感さは問題だった」と評した。 2世でサッカー指導者のは「『 JAPANESE ONLY』と掲出したのは問題視されていたサポーターのようだが、対応した浦和フロントにも問題があると感じた。 今回の問題の発端はサポーターの無知。 彼らが『レッズサポーター ONLY』と書いていたならば、とも思うのだが。 掲示を放置しながら当該サポーターにはレッドカード。 ならば運営責任のある浦和にこそ、カードが出るべきだろう。 人種差別の本質を知らず、表面上で語るのは愚かだ」と評した。 サッカージャーナリストのも横断幕を掲出した当事者については「サポーターが彼らの聖域であるゴール裏に他者が入り込むことを快く思わないという心情はよく理解できるが、それが即『外国人』に繋がるところには論理の飛躍がある」、Jリーグ側の対応については「日本にも少数民族の問題もあるが、欧州における人種問題に比べればその規模は小さい。 最近の狭量な国家主義的な動きを考えると、こうした問題は今後も増えてくることだろう。 サッカー場におけるそうした事象を防ぐために『無観客試合』という処分は妥当なものだったと言っていい」と評した。 スポーツライターの相沢光一も、日本人が人種差別に鈍感であることもこの事件の背景にあると見ている。 背景 [ ] サポーター問題 [ ] 詳細は「」を参照 浦和のサポーターは、Jリーグ開幕当初から熱狂的なことで知られており、国外のサポーターが応援スタイルを模倣するなど畏敬されている。 その一方でトラブルが多いことでも知られ、これまでにも他クラブのサポーターとの衝突、メディア関係者への暴行、差別発言、警備員への暴行事件などのトラブルを引き起こし 、Jリーグ側から制裁金が科せられてきた。 には、開催のアウェー第12節・戦の試合後に、浦和サポーター20名ほどが立ち入り禁止区域に入ってを投げつけて観客を負傷させたうえ、そのうちの2〜3名が仙台の・に向けて人種差別的な発言を行っており、浦和に対して譴責と制裁金500万円の処分が下された。 ただし、当該サポーターに対しては当事者不特定を理由に不問とされており、この時に処罰できていれば本事案のような問題には至らなかったとも指摘される。 特定選手に向けられたとする見方 [ ] 当該横断幕は、シーズン開幕前に浦和に移籍してきたに向けられたものではないかとの見方があり 、の槙野智章もツイッターに「浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。 (以下略)」と綴っていることから、横断幕が特定の選手に向けられたものだと認識する者も少なくない。 複数の韓国メディアは「横断幕は李に直接向けられたもの」と分析した。 李自身も横断幕は自分に対してのメッセージと分析している。 その理由についてサッカージャーナリストの轡田哲朗は、浦和サポーターには「新加入選手を無条件には受け入れず、活躍を示してから声援が大きくなる」という傾向があるとした上で、在籍時の負傷によりコンディションを崩し加入後も肋骨の骨折により結果を出していなかったこと、浦和に出身の選手の加入が続いていたことなどを挙げ、韓国から帰化した選手という点については理由のひとつとした。 浦和のサポーターグループのいくつかにの傾向があったことが要因との指摘がある。 『』2014年3月号でインタビューを受けた『』初代リーダーの男性は、「浦和のウルトラは韓国が嫌いだからね。 ウチの歴史にはないことだから、最初はいろんな反応が渦巻くと思う。 クラブのスタッフが本人(李)に伝えているそうだけど、本人が相当の覚悟を持って浦和に来るということは僕も感じるんだよね」と発言 するなど、一部のサポーターグループ間に嫌韓の意識が存在していたことや、クラブ側がそれを把握しており李本人に伝えたとの事実を仄めかした。 その一方で「そういう選手(李)に対して頭ごなしに『ダメだ』とは思えない 」、あるいは「昔はチョウさん()がいたけれど、今ほど嫌韓の雰囲気はなかった」とも発言している。 またこの事件を受け、サッカージャーナリストのは著書『サッカーと愛国』の中で、浦和レッズの元社長であるが過去に、「韓国人選手をチームに入れることは韓国代表の強化につながるので、浦和レッズに韓国人選手をチームに入れることはない」と明言していた例をあげ、それがサポーターとの間で(事件発生当時には)了解事項とされていたのではないかと推測している。 また、この浦和の嫌韓の風潮を李忠成自身も知り、覚悟してチームに入ったという李の実父からの証言も紹介している。 サッカージャーナリストのは『月刊浦和レッズマガジン』2014年3月号のインタビュー記事と横断幕事件を絡め「李を獲得すれば波紋を呼ぶことを示唆している。 (中略)既に火種があることを知っていて何も手を打たず、必然的に事件は起こった」と断定。 また、ホーム開幕の鳥栖戦において李がブーイングを受けた ことを絡め、「『Japanese Only』が欧州や南米に向けられたのではないことは明白である。 そういう意味でも非常に性質の悪い『人種差別』だと断じるべきだ」などと評した。 2014年3月18日付けの韓国の日刊紙『』は、「問題の横断幕は『自分のチーム』所属の在日同胞4世の李忠成を狙った」と報じた。 また、中国のスポーツメディア『新浪体育』は「李は日本国籍の有無や、日本人であるか否かに関係なく、かつて韓国人だったという理由だけで否定された」「日本の右翼保守的な風潮は、今やサッカー場にまで及んでいる」などとする韓国メディア『FOOTBALLIST』のコラムを掲載した。 『』2014年3月28日号は、あるサッカー記者のコメントを引用し「浦和は平均3万人以上の観客動員力を誇るが、それがサポーターを甘やかし増長する環境を作った側面もある。 李忠成の加入に対する反感はチーム関係者とサポーターが馴れ合いの関係になっていることの表れ」などと評した。 地域の閉鎖性 [ ] 他の都道府県民から「特徴が掴みにくい」と評される埼玉県にあって 、浦和地域は県庁所在地として行政機能を有するものの、「対外的な顔としての機能を持たない」 、「明確なイメージがない」地域と見なされていた。 また、教育熱の高さや、公務員や大学教員の在住率の多さから「北の」と称しているが本家には遠くおよばず 、住民気質については「変にプライドが高く(中略)、を軽蔑」 といった指摘もある。 そんな地域にとっての数少ない拠り所がサッカーだった。 この地域では1960年代後半頃から急速な都市化により宿場町以来の街並みは失われ、それと並行するかのように住民はサッカーに拠り所を求めるようになっていた。 その源となった浦和地域の高校サッカー部は「浦和を制するものは全国を制する」なるスローガンを掲げ、街の代表としての一体感や連帯意識を強く持ち合わせていたが 、それが高じて一部の公立高校が団結して私立の新興勢力を排除する動きが見られた。 また、というクラブ自体も、創設期には海のものとも山のものとも分からない「プロサッカー」をめぐり地域との間で活発な議論や交流もあったが 、2010年代には新規サポーターの獲得を目指すような積極的な行動は少なく、旧来のサポーターのみを対象とした内向きな情報発信に終始している。 こうした変化を好まない内向き志向が発端となって本事件も起きたのではないか、という指摘がある。 その他 [ ] 日本国内のインターネット上でのやに対する敵対感情は、に日韓で共同開催されたがきっかけになったと言われている。 ジャーナリストのは「単独開催を狙っていた日本が、後から韓国との共同開催に持ち込まれた『してやられた感』がベースになっている。 それに加えて、のゲームで明らかに韓国有利な判定が続いた。 さらにマスメディアが判定に疑問を投げかけるような報道をしなかったこともあって反感が高まった」と推察している。 浦和に関しては、海外のサッカークラブと戦うに出場したことがきっかけとなったのではないかと言われているが 、当該横断幕を掲出したサポーターグループの一員は『』の取材に対し「向こう(中韓)の応援は『反日』をガンガンやってくる。 行けばわかりますよ」「アウェーの試合に駆けつけるうち、相手からを浴びる機会があり、次第に中韓が嫌いになった」と回答した。 Jリーグで人種差別が問題となった例はこれまでもあり、准教授の小笠原博毅()はサッカー界ばかりで差別問題が目立つことについて、「攻守が切り替わるやプレーが途切れるに比べ、サッカーはプレーが続き攻守が頻繁に入れ替わる。 その分、観客は選手と一体化し、熱狂を生みやすい。 興奮すると、選手の見た目の特徴を攻撃し、憂さ晴らしする心理が働く」と分析。 一方、スポーツ評論家のは「野球や相撲などでも外国人への中傷はある。 サッカーばかりで目立つのは、サッカー界が世界的に人種差別撤廃に本気で取り組んでいるから。 ただ、差別撤廃を目指すJリーグの意識が、サポーターに浸透しきれていない」と分析している。 影響 [ ] 浦和サポーター [ ] 浦和はに行われた戦から、全サポーターに対し、リーグ戦、カップ戦、ホーム、アウェイを問わず、すべての横断幕、ゲートフラッグ、旗類、装飾幕などの掲出を禁止する措置を下した。 さらに、サポーターの中核を担っていた「」をはじめ「」に所属する11グループの解散を発表した。 この解散についてクラブ側は11グループからの申し出による自主解散と回答したが 、後のサポーターへの取材により事件に直接関与しないグループに対し、クラブ側が圧力を加えた上での解散であることが判明した。 事件後、総合週刊誌『』は「かつてリーグ屈指の熱狂的応援と称された応援スタイルは、横断幕などの掲出禁止措置によりビジュアル面での迫力を失い、中核グループの解散により全体の統率力を失うなど、転換期を迎えた」と報じた。 また、編集者のは「から積み上げてきた応援の形やスタンドのルール作りが崩れたのは間違いない」とした上で「それをどこで食い止め、どういう状態でまた積み上げ始めるか。 今後の動きにかかっている」と評した。 この後、2014年から(コレオグラフィー)を使った応援を解禁。 横断幕は2014年一杯の解禁は見送られたが、からはレッズ主管試合に限り、人権侵害や特定者・団体の誹謗中傷などを防ぐ観点から、事前の申請・審査を義務付けることを前提に、横断幕の掲示を再開することが決まった。 横断幕作成者には試合開始の原則6時間前までに、専用の()を着用したうえで、広告幕に被らないなどの諸所の条件付きで設置してもらう。 設置後は試合終了まで横断幕の取り外しや付け替え、また複数人で横断幕(ゲートフラッグも)を持つことは禁止とする。 また審査を完了していない(受けていないものも含む)横断幕の設置、並びに引き続きアウェー・中立地 ゲームでの横断幕は全面禁止となる。 本事件発生後の2018年現在、かつて先駆的な存在と目された浦和サポーターは新たなアイデアや価値観を創出するでもなく、それまで創りあげたスタイルをひたすら堅持しようとする保守的傾向、内向き志向がいっそう強まっているという。 他クラブのサポーター [ ] のサポーターは、浦和の横断幕事件を受け、に行われた第2節の戦において「 Say NO to Racism(に否と言おう)」と書かれた横断幕を掲出した。 のサポーターも同様の理由から、に行われたの戦において「 SHOW RACISM THE REDCARD(にを)」と書かれた横断幕を掲出したが 、に行われた第21節の戦において、黒人選手に対する人種差別の象徴である を振る行為に及んだ。 そのため、横浜FMは当該サポーターの無期限入場禁止処分 、Jリーグは横浜FMに対し譴責処分と制裁金500万円を科した。 この事件を受け同クラブのサポーターのジャーナリストの清義明は「"SHOW RACISM THE REDCARD" 『レイシズムにレッドカードを』)の横断幕を出したマリノスがこれかよ!じゃねえかってネットでは書かれている。 もうなんの申し開きもできない。 ごもっともです。 ただ恥ずかしい」と釈明した。 脚注 [ ]• 2014年3月8日. 2014年11月12日閲覧。 ニュースフィア 2014年3月12日. 2014年11月12日閲覧。 2014年3月8日 - 4:53• Goal. com 2014年3月20日. 2014年11月12日閲覧。 2014年3月13日. 2014年11月12日閲覧。 2014年3月18日. 2014年11月12日閲覧。 2014年3月13日. 2014年11月12日閲覧。 Jリーグ 2014年3月13日. 2014年11月12日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2014年3月13日. 2014年11月12日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2014年3月13日. 2014年11月12日閲覧。 2014年3月17日. 2014年11月18日閲覧。 共同通信. の2014年3月24日時点におけるアーカイブ。 2014年11月18日閲覧。 2014年3月14日. 2014年12月2日閲覧。 nikkansports. com 2014年3月14日. 2014年12月1日閲覧。 2014年3月13日. 2014年12月2日閲覧。 2014年4月2日. 2014年12月1日閲覧。 2014年3月13日. ライブドアニュース. 2014年12月1日閲覧。 Goal. com 2014年3月12日. 2014年12月1日閲覧。 海老沢純一 2014年3月22日. フットボールチャンネル. 2014年12月2日閲覧。 2014年5月27日. Lee's Words 李国秀オフィシャルブログ. 2014年12月1日閲覧。 2014年3月24日. 後藤健生コラム - J SPORTS. 2014年12月1日閲覧。 清義明 2014年3月8日. 2014年11月12日閲覧。 サポティスタ 2010年5月19日. 2014年11月18日閲覧。 Jリーグ 2010年6月8日. 2014年11月18日閲覧。 nikkansports. com. 2010年6月9日. 2014年11月18日閲覧。 『橋を架ける者たち 在日サッカー選手の群像』、2016年、234頁。 2014年3月15日. 2014年11月12日閲覧。 新浪体育 2014年3月9日. 2014年12月8日閲覧。 轡田哲朗 2016年12月6日. Web. 2018年3月15日閲覧。 84」『』2014年3月号、、75頁。 tagma 2016年8月11日. 2016年9月4日閲覧。 フットボールチャンネル. 2014年11月12日閲覧。 jp 2014年3月8日. 2014年11月12日閲覧。 中央日報 2014年3月18日. 2014年12月1日閲覧。 2014年3月28日号() 2014年3月19日. 2014年11月12日閲覧。 「抱腹絶倒のユニーク論争 チャイバVSダサイタマ どっちがカッペか」『』1984年2月18日号、、178頁。 『浦和・埼玉 サッカーの記憶 110年目の証言と提言』株式会社フットボールタウン、2019年、96-97頁。 埼玉サッカー通信 2018年5月30日. 2019年1月26日閲覧。 浦和レッズについて議論するページ 2018年11月18日. 2018年11月23日閲覧。 2013年10月11日号 () 2013年10月5日. 2014年12月1日閲覧。 「「みる・きく・はなす」はいま - 排除の理由 1 差別面倒だから放置」『朝日新聞』2014年4月28日 14版35面。 人種差別 なぜサッカーばかり目立つのか(12月4日朝刊37面)• URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE 2014年3月13日. 2014年12月2日閲覧。 URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE 2014年3月28日. 2014年12月2日閲覧。 浦和レッズについて議論するページ 2014年9月8日. 2014年12月2日閲覧。 2014年5月28日. 2014年12月2日閲覧。 2014年3月28日. Weps うち明け話. 2014年12月8日閲覧。 、決勝戦など。 これらはその中立地開催の会場が埼玉スタジアム・駒場スタジアムで行う場合も該当• 朝日新聞デジタル 2014年3月15日. 2014年12月2日閲覧。 朝日新聞デジタル 2014年3月13日. 2014年12月2日閲覧。 高松平藏 2014年9月3日. 東洋経済オンライン. 2014年12月2日閲覧。 AFPBB News 2014年8月24日. 2014年12月2日閲覧。 Jリーグ 2014年8月29日. 2014年12月2日閲覧。 清義明 2014年8月28日. フットボールチャンネル. 2014年12月2日閲覧。 外部リンク [ ]• - 浦和レッズ公式ウェブサイト•

次の

浦和レッズ vs 清水エスパルス 今シーズンの対戦成績

浦和 対 エスパルス

・浦和対清水の通算55試合では、浦和が23勝8分24敗とわずかに負け越している(計78得点78失点)。 浦和にとって清水戦は、現在J1に所属している中で、名古屋戦(169点)に次いで2番目に両チーム合わせての総得点数の多い対戦カード(156点:横浜FM戦と並び)。 ・浦和は清水戦で現在10試合連続無敗(7勝3分)。 また、今カードでは現在6試合で複数得点を挙げている(1試合平均2.7得点)。 ・浦和は現在8試合連続未勝利(5分3敗)。 今節引き分け以下だと、2011年4月~6月以来クラブ史上ワーストタイの9試合連続未勝利となる。 ・清水はアウェイ戦直近3試合の内、2試合で無失点に抑えている(2勝1分:1試合平均0.7失点)。 敵地では、それ以前の25試合で記録した無失点試合数と同じ(7勝6分12敗:1試合平均1.8失点)。 ・浦和は今季、ホーム戦でリードを奪われた試合数がリーグワースト(11試合:1勝3分7敗)。 同クラブが今季の本拠地でリードを奪われなかったのは、無失点に抑えた2試合のみ(第8節:神戸戦、第18節:仙台戦)。 ・清水は今季、ヘディングによる失点数が神戸と並んでリーグワーストタイ(11点)。 また、同クラブが喫した直近4失点の内、3点はヘディングによるもの。 ・興梠慎三は浦和に加入した2013年シーズン以降、清水と対戦した6シーズンのうち、2014年以外の5シーズンでの今カードで得点を挙げている(計9得点)。 同選手が同期間で、これ以上の得点数を記録している対戦カードは仙台戦だけ(15得点)。 ・金子翔太は清水が浦和戦で記録している直近4得点のうち、3点を決めている。 同選手がこれまで、1試合2ゴールを記録したのは2018年8月19日の浦和戦だけ。 また、同選手にとって浦和は、最も多く得点を挙げている相手(3得点)。

次の