朝日 新聞 かんぽ。 かんぽ崩壊 / 朝日新聞経済部【著】

かんぽ不正発覚でも客に教えず 「お金返せば済むのか」:朝日新聞デジタル

朝日 新聞 かんぽ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制:朝日新聞デジタルはてなブックマーク - かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制:朝日新聞デジタル プレビュー かんぽ問題、「SNS厳禁」に局員憤り 内部告発を牽制:朝日新聞デジタル のが見つかっんぽとに対し、不信と不満が広がっている。 かんぽ株は11... 続きを表示 のが見つかっんぽとに対し、不信と不満が広がっている。 かんぽ株は11日、前日に続き来をし、の信頼を取り戻せない。 混乱を抑えるためか、は同日、などを(けんせい)する通知をに出したが、は「締め付けだ」と不満の声があがる。 「の声が陣にまったく届かならやむを得ずへ訴えている。 すると脅すのはなしめつけだ」。 のがこう憤るのはが11日に出しただ。 「へのなどの及び」と題する。 局員らが社内や・の内容をなどに書き込むを禁じると強調した。 「ただでさえ売れないなの…• ブックマークしたユーザー•

次の

朝日新聞出版 最新刊行物:新書:かんぽ崩壊

朝日 新聞 かんぽ

NHKの番組「クローズアップ現代+」が昨春にかんぽ生命の不正販売を報じ、日本郵政グループの抗議後に続編の放送を見送った問題で、NHKがその後も同番組でかんぽについて取り上げる検討をしていたことがわかった。 結果的には取り上げられず、不正が拡大して社会問題化した後の今年7月まで続編は放送されなかった。 クロ現は昨年4月にかんぽ問題をいち早く報じ、同8月10日に続編を放送しようとした。 しかし、その前に流したネット動画の表現などを巡り郵政側から抗議を受けた後、動画を削除。 続編の放送も見送った。 複数の関係者によると、その後の放送回でかんぽ問題を再び取り上げることが検討されたという。 具体的には、金融商品の販売トラブルなどを幅広く扱う企画の一部で、昨年4月に報じたかんぽ問題の内容などを振り返る形だったという。 だが、実際に昨年10月30日に放送された「あなたの資産をどう守る? 超低金利時代の処方箋(せん)」では、他の金融機関での不適切販売の事例や対応策などを取り上げたものの、かんぽ問題には触れなかった。 日本郵政は取材に対し、昨年10月中旬に番組側から、同4月の放送内容などの一部を「取り上げる可能性がある」との連絡があったことを明らかにした。 郵政側は昨年7月の動画を巡る抗議後、同10月5日付で番組幹部の発言に問題があるとの申し入れをNHK経営委に送り、経営委がNHK会長を厳重注意する事態となった。 日本郵政はこの申し入れは、昨年10月の放送を牽制(けんせい)するような意図はなかったとしている。 NHK広報部は取材に「放送直前にかんぽ問題を取り上げないことにした事実はない」と回答した。 そのうえで、昨年10月の番組内で紹介した金融機関向けアンケートではかんぽにも9月下旬に協力を求め、10月上旬に断られたとしている。

次の

郵便局とスルガ銀行、どっちが悪質? 『かんぽ崩壊』

朝日 新聞 かんぽ

かんぽ生命が顧客に不利益な保険を売った問題で、販売を担う日本郵便が支社ごとに独自の評価制度を設け、郵便局員に契約獲得を競わせていることがわかった。 東京支社の場合、「かんぽマイスター制度」と呼び、販売実績に応じて星1~5に区分。 上位の人は旅行に招待され、下位の人は「成長期待社員」として研修受講を求められる。 かんぽの保険を巡っては、販売現場の局員から過剰なノルマに不満が出ている。 販売実績で報酬や処遇が異なるため、局員は高い保険料の契約獲得を優先させて、顧客に不利な乗り換えが広がった恐れもある。 複数の郵便局関係者によると、東京都内の局では2018年度にマイスター制度が導入された。 新規獲得した月々の保険料に応じ、局員を5段階で分類。 月平均27万円以上なら最高位の五つ星。 27万~20万円は四つ星、20万~15万円は三つ星、15万~10万円は二つ星などと区分され、10万円以下は最低の一つ星となる。 星4~5だと旅行やパーティーに招かれる。 一方で、星1~2は「成長期待社員」と呼ばれ、「未加入・青年層の開拓の仕方」といった営業手法などに関する研修受講を求められる。 週2日は指定地域で飛び込み営業し、面談相手に礼状を書くことも求められる。 星の評価は年齢や役職に関係なく、「成績が悪いと50代後半でも『成長期待』とされ、みじめな思いをする」(郵便局関係者)。 同様の制度は、北海道・北陸・近畿・九州などほかのエリアにもあるという。 厳しい管理の背景には、かんぽ….

次の