デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ。 デュエル・マスターズ

成長バスター【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】【デュエルマスターズ】

デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ

こちらがCSで優勝した成長バスターのデッキになります。 虹文明• 蒼き団長ドギラゴン剣(バスター)4枚• 勇者の1号ハムカツマン蒼4枚• 一族ミア・ダママ4枚• 二つ星エビカツ2枚• 音精ラフルル1枚• 双勇ボスカツ闘&カツえもん武2枚• 無頼勇騎タイガ4枚• 風の1号ハムカツマン剣4枚 自然文明• ディメンジョン・ゲート1枚• 五郎丸コミュニケーション1枚• 次元の霊峰4枚• ダンディ・ナスオ1枚• 冒険妖精ポレゴン4枚• スナイプ・モスキート4枚 成長バスターの回し方・解説 成長バスターは小型クリーチャーから中型に革命チェンジし、それからさらに火または自然のコスト5のドラゴンから「蒼き団長ドギラゴン剣」に革命チェンジしてアタッカーを形成、3ターン目にダイレクトアタックを決める速攻デッキになります。 このデッキの特徴として初手の事故率が低く動きやすい点が上げられます。 初動1ターン目に出すクリーチャーが「冒険妖精ポレゴン」「スナイプ・モスキート」の2種類で合計8枚 革命チェンジで出す中型クリーチャーが、「勇者の1号ハムカツマン蒼」、「一族ミア・ダママ」、「二つ星エビカツ」の計10枚 「蒼き団長ドギラゴン剣」は4枚ですが「次元の霊峰」「ディメンジョン・ゲート」「五郎丸コミュニケーション」で手札に持ってくることが出来るため、シールドに4枚埋まらない限り持ってくることが出来ます。 最速パターンの回し方 1ターン目:自然マナを置いて「冒険妖精ポレゴン」または「スナイプ・モスキート」を召喚。 2ターン目:「次元の霊峰」を唱えて「蒼き団長ドギラゴン剣」を手札に持ってくる。 1ターン目に召喚したクリーチャーで攻撃時、「勇者の1号ハムカツマン蒼」、「一族ミア・ダママ」、「二つ星エビカツ」のどれかに革命チェンジしながら1枚ブレイク。 3ターン目:「無頼勇騎タイガ」または「風の1号ハムカツマン剣」を召喚。 2ターン目に革命チェンジで出したクリーチャーが攻撃する際、「蒼き団長ドギラゴン剣」に革命チェンジ。 バトルゾーンに出た時、ファイナル革命の効果でコスト6以下の多色クリーチャー1体手札またはマナゾーンから出して3枚ブレイク。 ドギラゴン剣がバトルゾーンにいるとき、多色クリーチャーはスピードアタッカーになるので、残りの2体で止めまで行けます。 もう一つのパターン 2ターン目に「無頼勇騎タイガ」または「風の1号ハムカツマン剣」を召喚。 スピードアタッカーなので攻撃する時、先ほど紹介した3種のどれかに革命チェンジ。 3ターン目に「次元の霊峰」等のサーチ呪文で「蒼き団長ドギラゴン剣」を持ってくる。 2ターン目に出しておいたクリーチャーで攻撃する時「蒼き団長ドギラゴン剣」に革命チェンジで、小型クリーチャーを2体以上出せば3ターン目に勝てます。 成長バスターの採用カード 蒼き団長ドギラゴン剣 火または自然のコスト5以上のドラゴンが攻撃時、革命チェンジでバトルゾーンに出すことが出来ます。 Tブレイカーであり、常在効果でバトルゾーンにある間自分の多色クリーチャーにスピードアタッカーを付与。 そしてファイナル革命の効果により革命チェンジでバトルゾーンに出た際、自分のマナまたは手札からコスト6以下になるように多色クリーチャーをバトルゾーンに出します。 これ1枚で3打点もあり、あとはファイナル革命とスピードアタッカー付与の効果で出したクリーチャーと合わせて一気に決めに行きます。 タイガやハムカツマン剣であれば3体出して横に並べることが出来ますし、もともとスピードアタッカーなのでドギラゴン剣が除去されてしまっても攻撃を続行可能です。 勇者の1号ハムカツマン蒼 火または自然のクリーチャーから革命チェンジで出せるクリーチャーです。 バトルゾーンに出た時山札の上から5枚見て多色クリーチャーを手札に加えることができるので、ドギラゴン剣に繋げやすいクリーチャーになります。 一族ミア・ダママ 光または自然のクリーチャーから革命チェンジで出せるクリーチャーです。 バトルゾーンに出た際、手札をマナに置いてもよく、そのあとマナからカードをを回収することもできます。 どちらの効果も片方だけ使う可能。 序盤はマナを増やし、試合が長引いてきたら回収だけして戦うなど使いやすいカードです。 二つ星エビカツ 火または自然のクリーチャーから革命チェンジで出せるクリーチャーです。 このクリーチャーは攻撃されないので、タップしている状態でも他の2種に比べ除去されにくくバトルゾーンに残しやすくなっています。 バトルゾーンに出た時そのターン相手の呪文を使えなくするので、ドギラゴン剣から踏み足したり、ミア・ダママから革命チェンジするなどして攻撃する際に使います。 双勇ボスカツ闘&カツえもん武 コスト4のクリーチャーでバトルゾーンに出た時相手のクリーチャー1体とバトルすることが出来ます。 無頼勇騎タイガ コスト2、スピードアタッカーのクリーチャーです。 中型ドラゴンに革命チェンジしたり、ドギラゴン剣のファイナル革命で出すなどの役目があります。 風の1号ハムカツマン剣 タイガと種族違いのクリーチャーです。 ディメンジョン・ゲート コスト3のSトリガー呪文で、山札からクリーチャーをサーチできます。 ドギラゴン剣など必要なパーツを持ってきます。 五郎丸コミュニケーション ディメンジョン・ゲートと同様の効果です。 天使と悪魔の墳墓への対策で分けてあります。 ダンディ・ナスオ コスト2のクリーチャーで山札を見て1枚マナに置き、そのあとマナから1枚墓地に置きます。 マナに欲しいカードを持ってきて、スナイプモスキートやミア・ダママで回収したり、ドギラゴン剣の効果で出したいクリーチャーをマナに仕込みます。 冒険妖精ポレゴン コスト1のクリーチャーで、攻撃したターンの終わりに手札に戻ります。 中型ドラゴンへの革命チェンジに使います。 スナイプ・モスキート コスト1のクリーチャーで、攻撃する時自分のマナから1枚手札に加えます。 こちらも中型クリーチャーへの革命チェンジ要員です。

次の

成長バスター【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】【デュエルマスターズ】

デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ

月刊コロコロコミック2017年3月号で初登場した、もしくはカードの。 期では、における「第6の」・ジョーカーズとして宣伝されることが多かったが、 ゲーム上ではとして扱われる。 ジョーカーズはあくまで種族的な立ち位置であるため、有色との併存が可能。 ジョーカーズのカードは右上(の反対側)にジョーカーズのシンボルが入っている(後述の参照能力でチェックしやすくするためと思われる)。 のシンボルも「J」の文字の形になる。 種族欄は他の種族と違って白地になっている。 基本的にはだが、ストーリーやアニメを見る限り、故に他人の影響を受けて他のに変化するらしい。 「小学生であるが創造した」と言う設定から、やなどをはじめ、現代的であったり小学生に身近な存在であったりするものをモチーフとしたカードが多い。 特にの好物であるをモチーフにしたカードは頻繁に登場している。 カードイラストの背景が部屋の中だったり街中だったりとおおよそ我々人間が日常風景でもよく見られる光景が多い。 山より大きかったり果ては宇宙規模にもなるサイズがザラにあるデュエルマスターズのとしては珍しく巨大さを感じさせないデザインになっている事が多い。 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」5巻の巻末オマケ漫画では、作者のが「子供の願望を実現するクリーチャー」というコンセプトでジョーカーズの原画を描いて担当編集者に提出したことが明かされ、さらに「クリーチャーの生活感を描きたい」という目的がジョーカーズのデザイン担当に踏み切った背景にあったことが示されている。 期のに収録されるは、スーパー戦隊や勇者シリーズを彷彿とさせるような人型ロボットとなっており、またそれをデフォルメしたようなクリーチャーが同時収録されるのが特徴。 後にそれらはので「超勇者」シリーズとして定義され、お約束のを果たした。 翌年の期のに収録されるは、同じく人型ロボットとなっており、また同じようにそれをデフォルメしたようなクリーチャーが同時収録された。 (ただし、のみ該当クリーチャーがいない。 逆ににはいなかったの。 後にこちらもお約束のを果たした。 ただ、こちらのクリーチャー群については《7》の名を持つ人型ロボットがさらに登場している。 曰く、「7つの『セブンシリーズ』がそろう時、何かが起きるかもしれない」とのこと。 さらにその翌年の期のに収録されるはすべて新ギミックであるになっており、それぞれが風なロボットとなっている。 となっている。 こちらも例年のお約束となったが存在する。 しかし、合体前と違い合体後はそれぞれのドラゴンの意匠が残った人型のロボットである。 を持つがに入るジョーカーズは、何かが出るモノがモチーフになるイラストが多い。 が種族に入るジョーカーズは、物語や偉人などをモチーフにしている。 やのようにキリッとしたデザインのカードより、やのようにのほほんとしたデザインのカードが多い。 能力傾向としては、自分の手札のを捨てて能力を発揮するカードがやや多い。 までのカードが非生物モチーフが多めなのと無色だけでデッキが組めることを考えると、のアーティファクト・クリーチャーが元ネタであるとも考えられる。 文明を持つジョーカーズは必ずと言っていいほどそのシリーズの三番目のにて初登場している。 を持つは固有の能力をもつ。 その能力はが戦いを経るなかで作っていった友達の切札能力を自己流にアレンジしたものである。 以下対応表 ジョリー・ザ・ジョニー MAS 無色[ジョーカーズ] 7 クリーチャー:ジョーカーズ 10000 スピードアタッカー マスター・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。 このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する。 ) バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが5枚以上あれば、このクリーチャーはブロックされず、攻撃の後、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。 のように、単一種族内でも小型から大型まで幅広い種類のクリーチャーが用意されており、従来のカード同様に、5文明の特性のいずれかをつまみ食いしたかのようなスペックが散見される。 あくまでそのものではないので、「ジョーカーズ・マナ」と言うものも存在しない。 コストの支払いにやジョーカーズを必要としない。 にも関わらず紹介記事等では新文明として紹介されているような文章がよく見られる、これは恐らくジョーカーズをやとの関連性がないことをアピールする為だと思われる。 2017年2月15日に開発主任の射場本正巳氏が自身のTwitterで「ジョーカーズは使うときはゼロ文明扱いです」と明言するまでは、ジョーカーズの立ち位置について明確に言及されたソースは存在しなかった。 この日を境にとの価値が急変することになる。 実態はでないとはいえ、おおよそのは等にが特定の枚数あることを条件とする能力を持っており、のようにある程度ジョーカーズでデッキを固める意義を持っている。 ジョーカーズの登場により、の最軽量コストはの2となった。 は2ターン目から、であれば通常は3ターン目、をで出した場合は最速2ターン目から唱えることができる。 従来の最軽量はのコスト4であり、最速でもを使って3ターン目以降にしか無色クリーチャーを用意する手段が現実的に存在しなかった。 さすがに強力すぎると判断されたのか、は2018年3月1日、は同年7月14日付けでとなってしまった。 の先輩であるやからすれば完全にとばっちりである。 後に1のジョーカーズのが登場した。 ただしこちらは自身に強烈なを与えるため、扱いに注意が必要となる。 一部クリーチャーは、を持つ都合上、や(相手プレイヤー攻撃限定の疑似)を併せ持たなければ自己完結性がなくなってしまうクリーチャーも存在する。 ジョーカーズも存在している。 ジョーカーズをとして参照できない都合上、にもジョーカーズを与えなければならないというゲーム上の利便性の問題だろう。 をさせるは多々あるがまで、を持ったジョーカーズは存在しなかった。 にて、水文明のジョーカーズが初登場し、そちらがジョーカーズ初のブロッカー持ちとなる。 依然として・・のブロッカー持ちは存在していない。 その3つはいずれも単色ではブロッカーを持つことがほとんどないため当然といえば当然かもしれない。 特にアタックトリガーによるで真価を発揮するクリーチャーが5コスト帯に多く、の出張パーツとしてやを検討すると良いだろう。 で5大の支配する世界に突然現れた星()に住む「」とされる。 からの化石が出土しないためか、で登場した基本の中で唯一が存在しない。 のちにこれとは全く違う形でが誕生する。 新主人公の使用するメイン種族というだけあって公式のプッシュも凄まじく、ほぼ全てのカードが登場後半年も経たない内にとしてを果たしている。 そのため、よろしくデッキ全てのカードをプロモで統一したを組むことも不可能ではない。 デュエマフェス参加賞パックの当たり枠として収録されることが多いものの、「超最高!!DMフェスパックVol. 4」にが(ハズレ枠)として収録されることがあった。 一部のジョーカーズは、アニメ「VSRF」でが手作りしたオリジナルカード(のみ製品化)として先行登場している。 この時はまだ「ジョーカーズ」の名称はなく、いずれものであった。 綴りは「Jokers」で、由来は「Joker(切り札)」の複数形である。 また、「Joe Cards」で「 のカード達」の意味も持つダブルミーニングと考えられる。 参考 [ ]• メラビート・ザ・ジョニー MAS 火文明[ジョーカーズ] 7 クリーチャー:ジョーカーズ 10000 スピードアタッカー W・ブレイカー マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。 このターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして置いたクリーチャー1体につき、カードを1枚引く。 このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。 専用能力「」「()」を持つカードが存在する。 と異なり、プレイする際は当然のが必要になるので注意。 を持つ場合、のようなではなく、ジョーカーズになる。 このためのジョーカーズからもすることができる。 漫画やアニメではに影響を受けてが生みだした。 火のジョーカーズが持つ専用能力のもの影響を受けて編み出しており、無色ジョーカーズに比べると、機械をモチーフにしたデザイン、さらには音楽器が主になっている。 ちなみに、ではこれと入れ替わるようにのが登場している。 参考 [ ]• タイク・タイソンズ UC 自然文明[ジョーカーズ] 2 クリーチャー:ジョーカーズ 1000 Jチェンジ4 このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。 専用能力「」を持つカードが存在する。 ジョーカーズと同様、プレイする際は自然のマナが必要となる。 通常のジョーカーズと比べると、屋外での活動やそのための道具をモチーフとしたものが多い。 学校で使う道具がモチーフのデザインもある。 アニメではが の角をのエッセンスとしてにぶちこんだことにより生まれるようになった。 も、を意識したものとなっている。 漫画版ではから貰った葉っぱをに食べさせて生まれるようになった。 のジョーカーズとのと同様に、初登場となると同じタイミングでのが新しく登場している。 参考 [ ]• そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。 自分のジョーカーズはブロックされない。 専用能力「」を持つカードが存在する。 やジョーカーズと同様、プレイする際は水のマナが必要となる。 通常のジョーカーズと比べると、水場での活動や水に関する道具をモチーフとしたものが多い。 のジョーカーズも登場するようになった。 防御手段がくらいしかなかったにとっては心強い。 アニメではがに勝てなかったことからにの力を与えることを決意。 がの中に入ることで彼をアップデートしたことにより生み出せるようになった。 参考 [ ]• スピードアタッカー T・ブレイカー 各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、その攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。 多色ではない呪文の効果、または、多色ではないクリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。 固有の能力である、を持つジョーカーズもいる。 詳細はを参照。 キング・ザ・スロットン7 SR 無色[ジョーカーズ] 7 クリーチャー:ジョーカーズ 7777 W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。 それがすべてジョーカーズなら、その中からクリーチャーを1体、バトルゾーンに出す。 そのターン、そのクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できる。 残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。 7777777 SR 無色[ジョーカーズ] 3 呪文 S・トリガー 相手は自身の山札の上から3枚を表向きにし、自分はその中から1枚を選ぶ。 その選んだカードとコストが同じ相手のクリーチャーをすべてと、表向きにした3枚を、相手は好きな順序で自身の山札の一番下に置く。 はクリーチャー面には種族にを持つが、呪文面にはにを持たない。 しかし、相手がコスト3の呪文を唱えたとき、の能力で手札からを捨て、呪文を無効化することができる。

次の

デュエマ妄想構築録 vol.1

デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ

ランキングの基準 Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ名 評価 変動 9. 5 - 9. 5 - 9. 5 - 9. 0 - 9. 0 - Tier2デッキ デッキ名 評価 変動 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 0 - Tier3デッキ デッキ名 評価 変動 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - デッキの紹介 リースボルバル リースカラーのボルバルデッキ 赤白緑のリースカラーを採用した軸のデッキです。 、で盤面処理を行いながら10ターン目に繋ぎ、の追加ターンで勝利を目指します。 イニシエートにタッチ イニシエートにタッチすることでを採用し、序盤の攻防でも遅れを取らないような構築になっています。 デアリガズガルザーク ガルザークを軸とした赤黒緑のドラゴンデッキ 場に火のドラゴン・闇のドラゴンがいることで追加効果を得るを活かすドラゴンデッキです。 そのための赤・黒に加えてマナブースト兼の緑を採用しています。 除去と攻めを両立するデッキ の効果で相手のクリーチャーをマナ送りにする除去を連打することができます。 の闇ドラゴンが破壊された時の効果は自身が破壊された場合でも起動するので、相手のクリーチャーを道ずれにすることができます。 青緑リーフブリザード ブリザードにリーフを採用 を軸としたデッキにを採用したデッキです。 が成立すればにアクセスしやすくなり、が成立すれば浮いたマナでの進化速攻&ドローで追撃することができます。 速攻の意識 進化元になる軽量クリーチャーが多いので、序盤から攻める速攻を意識しておきましょう。 青緑速攻 2コストで3枚ドロー は2マナ3000、3枚ドローできる進化クリーチャーです。 でリソース補充をしながら速攻を狙っていくデッキです。 緑のパワーが高い 、はクリーチャーが場に出る度にそのターン中パワーが高くなるので、相手のターンでもパワーアップします。 相手のブロッカーを乗り越えながら、相手に処理されづらいパワーの高いクリーチャーです。 赤緑速攻 速攻に寄せきったデッキ 赤緑の速攻に寄せきったデッキです。 、を召喚して1ターン目から攻めていきましょう。 優秀な小型クリーチャーが追加 2マナでパワー4000のや1マナのが追加されました。 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 青白イニシエート クラウゼ・バルキューラによる制圧 イニシエートの進化クリーチャーであるは場に出た時相手クリーチャーを2枚までタップできるので、一方的にクリーチャーを討ち取ることができます。 パワー7500のW・ブレイカーなので、クリーチャーの処理だけではなく攻める力も兼ね揃えています。 グライス・メジキューラの追加 強力な進化クリーチャーであるが追加されました。 2マナで序盤から繰り出し、攻撃を止めることができます。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 青黒バロム ドロー&ハンデスからのバロム 青のドロー、黒のハンデスでアドバンテージに差をつけ、終盤はで一掃していくデッキです。 ゲームをコントロールして明確なフィニッシャーに繋げます。 多色カードで安定した動きを 青黒の多色には優秀なカードが多く、の安定したプレイにも繋がります。 しかし多色カード特有のチャージしたターンはマナが使えない、というデメリットが気になる場面を訪れるので、気になる場合は多色カードの一部を単色カードに差し替えましょう。 除去ボルバル 除去でコントロールしてボルバルザークで勝つ 除去・ハンデス等でゲームをコントロールし、の追加ターンで勝利するデッキです。 10ターン目まで凌ぎ、追加ターンを得るまでロングゲームを狙いましょう。 ボルメテ・二角とフィニッシャーが多い 、と大型クリーチャーを多く採用しています。 は除去コントロールと相性が良く、追加ターンによる攻めが決まった時点で場にいればS・トリガーをほぼ無視することが可能です。 デアリガズ連ドラ 強力なドラゴンが増えた連ドラ からドラゴンを連打していく通称「連ドラ」が、等優秀なドラゴンの追加によって強化されました。 環境的にが処理されづらいのも追い風です。 ドラゴンの配分を多めに からドラゴンが捲れやすく、で2マナブーストする確率を上げる為にドラゴンを多く採用しています。 安定性を求めて呪文やS・トリガーを採用するのもアリです。 青白ガーディアン ガーディアンを進化・強化させて戦う ガーディアンの進化クリーチャーであるは、5マナ8500W・ブレイカーの高いスペックに加えて相手がS・トリガーを使うたびにシールドを増やす効果を持ちます。 を軸にガーディアンをで強化していきましょう。 フィニッシャーのブルーメルキス 追加されたはブレイクしたシールドの呪文を唱えるという凄まじい効果を持ちます。 対面次第ではシールド攻めをに任せるよう立ち回りましょう。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の