感染 性 腸炎。 ウイルス性胃腸炎はうつるの?【潜伏期間と感染経路や症状】

ウイルスによる感染性胃腸炎の予防及び消毒について | 釧路総合振興局保健環境部保健行政室

感染 性 腸炎

感染性胃腸炎とは・・・? 感染性胃腸炎とは、 大きく分けて《ウイルス性胃腸炎》 と《細菌性胃腸炎》があり ます。 ウイルス性胃腸炎は嘔吐下痢症などとも言われ、どちらかというと冬場に多い感染症です。 一方、 細菌性腸炎は食中毒などといわれ、 夏場に多い傾向があります。 冬場に流行するウイルス性胃腸炎の中には、白血球の上昇をともない、 細歯性の様相を帯びている、 もしくは合併している症例も散見します。 ウイルス性胃腸炎とは?どこで感染するの? よく知られているウイルスにはロタウイルス、 アデノウイルス、 アストロウイル ス、 ノロウイルス、 サッポロウイルスなどがあります。 何れのウイルスも口から入ったウイルスが十二指腸から小腸の粘膜上皮に感染することで発病します。 感染した腸管はむくんで水っぼくなり、 嘔吐や腹痛、 下痢、 発熱を起こします。 ウイル スの稲類や個人差にもよりますが、 下痢にはならず、 張り感や膨満感、 腹痛のみの症状の人もいます。 「下痢がないからといって腸炎でない」とは言えないのです。 一般には罹患した人の便や吐物にウイルスが含まれており、 それにより感染する場合があります。 また感染力の強いウイルスには、 そのウイルスに汚染された場所に触れただけでも感染することがあります。 この感染には個人の免疫力が影響しますので、 普段から疲れをためない生活習慣を心掛けておくことが重要です。 ウイルス性胃腸炎、 どうやって予防できますか? 最も効果的な予防対策は、手洗いです。 トイレの後や、食事の前後、調理をする方はその前後など・・・これは食中毒の予防にも共通します。 また、普段からタオルを共有しないことも重要です。 家族といえども、下痢症状の出ている人がいたら、入浴時もまずシャワーでよく洗ってから入浴する、バスタオルを共有しないなどの工夫が必要です。 お子さんなどで、ブロックなどのおもちゃを使うような時は、一日一回はアルコールスプレーなどで除菌する、洗えるものなどは洗うなどの工夫が重要です。 下痢や嘔吐を起こしてしまったら・・・? 食欲がない時や、嘔気がある時に無理に食事を取る必要はありません。 食事より水分を「いかにして取るか」が重要です。 スポーツドリンクを少量ずつ飲むようにしましょう。 但し、冷蔵庫に入っているものをすぐ飲むのは刺激になって余計下痢を誘発してしまうことがあります。 常温に30分ほど置いておいてから飲むと良いでしょう。 牛乳などの乳製品は腸内で発酵して下痢を悪化させたり、膨満感を悪化させたりすることがあります。 少し回復するまで摂取を控えましょう。 食事は柔らかく煮たうどん、おかゆ、おじやなどが良いでしょう。 パンが食べたければ、食パンなどあまりバター成分の多くないものが良いでしょう。 野菜はスープなどに調理して、繊維成分を除いて飲んでみるのが良いでしょう。 細菌性胃腸炎とは?どこで感染するの? 文字通り細菌によって起きる腸炎です。 別名、食中毒と言います。 起因菌によっても異なりますが、一般に原因となる食べ物を摂取してから、5~72時間の間に発症します。 魚介類の加工品、肉、卵、カキ氷、いずし(ニシン、アユ、ハタハタなどの保存食品) などで起こることがあります。 これらの食事を摂取し、暫くして下痢や腹痛の症状が出た時には食中毒を疑ってみる必要があります。 多くの人が同時に起こる場合もありますが、体力や免疫力などの差で同じ食べ物を摂取してもかかる人とかからない人がいます。 特にいずしなどの摂取後に起こるポツリヌス菌と日われる細歯による食中毒は、眼瞼下垂(まぷたが下がつてくる)、複視(ものが何重にも見える)、発語障害(言葉が話しにくい)などの神経症状が出ることがあり、 重症な場合は死亡することさえあります。 細菌性腸炎にかかってしまったら? 症状や対応方法はウイルス性腸炎とほぼ同じです。 但し、基本的に下痢止めを使用してはいけません。 症状を慢性化させたり、悪化させたりする事があるからです。 前述したように合併している場合もあります。 国近、街中の薬局でも多くの止痢剤(下痢止め)が市販されています。 全てがだめというわけではありませんが、特に細菌性胆炎の場合、症状を悪化させることがありますのであまり服用しないほうが良いでしょう。 止痢剤を使うよりまず下痢で失われた水分補給をこまめに行い、それでも繰り返す場 合は医療機関を受診しましょう。

次の

胃腸炎が治るのには期間は何日?完治の目安とは?

感染 性 腸炎

目次 クリックするとスクロールします)• 感染性胃腸炎の症状は? 感染性胃腸炎という言い方をするとピンとこない人がいるかもしれませんが、 よく知られる食中毒も感染性胃腸炎の一種です。 そう考えると、以下に挙げる症状がよりイメージしやすくなるでしょう。 ちなみに、 胃にだけ異常をきたす場合は胃炎、腸だけに影響が及ぶ場合を腸炎といい、これらを まとめて胃腸炎という言い方をします。 感染性胃腸炎の場合、症状が胃だけで治まるということはまず考えられません。 症状について紹介します。 症状について 症状の出方には個人差がありますが、一般的に知られているのは、 激しい腹痛を伴った下痢や嘔吐などです。 場合によっては、発熱や頭痛、全身の倦怠感などを自覚することも珍しくありません。 夏場の感染性胃腸炎は、特に食中毒という形で夏場に流行する場合が多いため、発熱や頭痛、全身のけだるさなどを自覚しただけでは、これはきっと風邪の症状だろうと勘違いしてしまう人がいるので要注意です。 あえて強調する必要もないことですが、単なる風邪と胃腸炎は、症状が少しくらい似ていても全く違うものです。 まず、治療法や対処の方法が全く異なります。 それゆえ、実際にはウイルスによって胃腸がおかされているにも関わらず、単なる風邪だと勘違いしてしまうと、それはもう大変なことになるのです。 下痢や腹痛の症状の特徴 胃腸炎の原因となる細菌やウィルスの種類によって、症状は少しずつ異なりますが、ストレス性ではないウィルス性の胃腸炎の場合、やはり腹痛や下痢が症状の中心となり、 老若男女問わず水溶性の便を排泄したりします。 このあたりが、単なる夏風邪化ウイルス性の胃腸炎かを見極める一つのポイントになるでしょう。 一度下痢をしてもう何も出すものが無いのに、それでも下痢の兆候が見られる場合は胃腸炎の可能性が濃厚になります。 激しい下痢や嘔吐から脱水症状を併発する危険があるため、下痢の時こそこまめに水分を補給(できればスポーツドリンクのような、ほどよい塩分と電解質を含んだもの)する必要があります。 熱や頭痛の症状から風邪と勘違いしやすい この症状があるからこそ、ウイルス性の胃腸炎は夏風邪の類と勘違いされてしまう危険性があるのです。 確かに、ウイルス性胃腸炎の病原体の一つである〈アデノウイルス〉などは、夏風邪の一種とされるプール熱(咽頭結膜熱)の原因となるウイルスなので、特に自分の周囲でこれらの感染症が流行している場合などは、病気を見誤ってしまっても仕方がないと言える部分はあるでしょう。 しかしながら、症状を正しく判断できないと、必然的に病気の対処(治療法)も間違えるということなので、患者にとっては大変なことです。 冷静に病状を見極める一つのポイントは、 自分の判断を過信しないで、可能な限り病院へ直行することです。 先ほど、プール熱の原因となるアデノウイルスが頭痛や発熱を引き起こすという話題を出しましたが、それ以外にも例えば ノロウィルスは、ウイルス性胃腸を引き起こす病原体の中でも特に、発熱や頭痛を引き起こすものとして知られています。 細菌とウイルスの違いって? ところで先ほど、「胃腸炎の原因となる細菌やウイルスの種類によって、症状は少しずつ異なる」という言い方をしました。 なぜ〈細菌やウイルスの種類〉というふうに、この二つを分けるような言い方をしたのか。 疑問に思う方がいるかもしれませんが、これは決してミスではありません。 ご存じでない方がいるかもしれませんが、 細菌とウイルスは、厳密には違うものです。 確かに、細菌だろうがウイルスだろうが、胃腸炎の原因になりえるという意味では同じなのですが、 細菌性の胃腸炎なのかウイルス性の胃腸炎なのかによって、症状の出方や治療の手立てなどが少し違うのです。 これは覚えておいて損にならないでしょう。 胃腸炎を引き起こす菌 胃腸炎の原因となる細菌として知られているのは、 黄色ブドウ球菌・サルモネラ・ブドウ球菌・腸炎ビブリオ・病原性大腸菌・カンピロバクターなど、いわゆる〈食中毒〉の病原菌として知られているものです。 先ほど「食中毒も感染性胃腸炎の一種だ」という解説をしたのは、こういう事情があるためです。 ちなみに、 細菌性胃腸とウイルス性胃腸炎を比較すると、細菌性のほうが潜伏期間が短く、最悪の場合は、菌によって汚染された食品を口にしてから6~12時間程度で体に異変が出てしまいます。 細菌とウイルスの違い 医学的、生物学的に見て、細菌とウイルスの大きな違いの一つは、 自分の力だけで増殖する力を持っているか、そうでないかです。 実は細菌というのは、周囲に糖分や水分がある環境下であれば、生きた細胞に寄生しなくても、自力でどんどん増殖していくことができます。 それに対して、ウイルスというのは周囲に糖分や水分がある環境下であっても、ウイルス単体では生存することができません。 必ず、 生きた生物の細胞に寄生し、その中で増殖を繰り返していく必要があるのです。 この特徴は、ロタウイルスやノロウイルス、さらにはアデノウイルスなど、胃腸炎の原因となるウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスなどにも共通するものです。 スポンサーリンク 症状の期間はいつまで? 細菌性にしろウイルス性にしろ、いわゆる急性胃腸炎の治療は経過観察が基本です。 つまり、自然に治癒するのを待つのです。 となると、つらい腹痛や下痢、嘔吐などの症状がいつまで続くのかというのは、非常に気になる問題ですよね。 感染性胃腸炎が続く期間は、およそ2~3日程度です。 場合によってはもっと長い間症状に苦しむ場合もあります。 自分が感染した細菌やウイルスの種類によって、症状が持続する期間が違うのです。 例えば、生まれてから五歳になるくらいまでの間に、多くの人が感染を経験するといわれる ロタウイルスは、発症から完治まで三日から一週間程度と、症状が続く期間は少し長めです。 その分、ノロウイルスやアデノウイルスによる急性胃腸炎と比較すれば、 症状は軽いままで済む場合が多いのですが。 細菌性かウイルス性かの違いによっても、症状が持続する期間はことなります。 胃腸炎の場合、 一般的には細菌性のほうが症状は長引く傾向にあります。 それは例えばO-157(病原性大腸菌)やサルモネラ菌、あるいは黄色ブドウ球菌などの症例を見ると納得できますね。 細菌性の場合 細菌性の場合、だいたいどれをとっても、嘔吐や下痢、腹痛などの症状が一週間程度は続きます。 その中でも患者によって個人差があり、例えば、嘔吐の症状だけが集中的に二日程度続いたり、その一方で腹痛はいつまでも治らなかったりと、症状別にみても持続する期間が少しずつ違います。 つまり、細菌性胃腸炎の症状が一週間程度つづくというのは、症状が完治するまでにだいたいそれくらいの時間が掛かってしまうのだというふうに考えてください。 そもそもなぜ、嘔吐や下痢といった症状が出るのか。 これは要するに、 病原体に犯された身体が、なんとか有害な物質を体外に出そうと働きかける反応の一種なのです。 無事に細菌をほとんど体外に出すことができたら、急性胃腸炎の症状は治まるということになります。 加えて、急性胃腸炎というものは、一般的に〈食中毒〉として知られる症例のほうが長引きやすいのです。 特に抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りほど重症化する傾向があるので、くれぐれも注意が必要です。 スポンサーリンク 効果的な治療方法とは? 感染性胃腸炎の原因は、細菌性のものとウイルス性のものがあるという説明をした際、細菌かウイルスのどちらが胃腸炎の原因になるかによって治療法も異なるという補足をしました。 この項目にて、その詳細を解説したいと思います。 細菌性とウイルス性の治療法の違いについて もちろん、いかなる場合にも例外は考えられますが、 基本的に〈細菌性〉の胃腸炎なら、抗生物質による治療、あるいは症状の緩和が可能です。 ところがウイルス性の胃腸炎ならそれができない。 治療法においては、まずはこれがいちばん大きな違いです。 細菌に効く抗生物質はあっても、ウイルスに効く抗生物質はない、そう考えると分かりやすいでしょうか。 確かにウイルスの場合は、生きた細胞に寄生するので、抗生物質が効かないというのは納得のいく話でしょう。 もしも、生きた細胞に寄生しながら増殖するウイルスが抗生物質によって死んでしまうのだとすれば、同時に生きた細胞(つまり人間)にまで重大なダメージが及ぶということになってしまいますよね。 また、抗生物質の効く細菌性、聞かないウイルス性のどちらであっても、 基本的には経過観察が最善の治療となります。 つまり、対処療法で経過を見守りながら、体内で増殖した菌が体外に排出されるのを待つのです。 確かに患者にしてみれば、下痢や嘔吐などの症状はつらいですが、これは全て「金を体の外に出そう」とする防衛本能の一種です。 だから必ずしも、こういう症状が出ていることが悪いことではないのです。 下痢止めの使用は症状を悪化させる しばしば、下痢の症状を抑えようとして下痢止めを服用する人がいるようですが、これは禁物です。 下痢を無理に止めてしまえば、病原体を体の外に出そうとする働きが失われてしまい、胃腸炎の完治が遅くなってしまうのです。 感染性胃腸炎の症状を緩和する物質として、最近とくに注目されているのが、 乳酸菌の力です。 乳酸菌の働きで免疫力を高め、腸管内に増殖しているウイルスを体外へ排出する力を高めることができるのです。 だから、急性胃腸炎にかかってしまった場合、下痢止めではなく(ビフィズス菌などが含まれる)整腸剤を服用するのはアリなんですね。 有効な治療の手立てとして認知されています。 あとはすでに説明しましたが、 嘔吐や下痢などの症状によって脱水症状を引き起こすことを防ぐために、スポーツドリンクなどでこまめな水分補給を怠らなければ、自然と症状は治まります。 お腹の具合が悪い時の食事は、非常にむつかしいものですが、おかゆやリンゴ(できればすりおろしたもの)やよく煮込んだうどん、加えて野菜スープなど、 できるだけ消化の良い食べ物を選んで摂取し、つらい症状を乗りきりましょう。 逆に、 炭酸飲料やコーヒー、アルコールなどの刺激物、糖分の多いお菓子の類、繊維質の多いキノコやコンニャクなどは、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

次の

感染性胃腸炎・急性胃腸炎とは? 症状や原因(ノロウイルスなど)、治療法を解説

感染 性 腸炎

感染性胃腸炎には、 細菌によるものとウイルスによるものがありますが、 特にウイルス性のものは唾液による空気感染(飛沫感染)についても警戒しなければなりません。 感染が確認されると、 完治するまでの期間は保育園・幼稚園・小学校・中学校・大学などの教育機関では出席停止の措置が取られることが多く、仕事がある大人も、基本的には会社へ行かないほうが良いでしょう。 感染を防ぐためには予防が重要ですが、家族の中に感染者がいる場合は特に気を付けなければなりません。 ではこの感染性胃腸炎の症状になった場合、どれくらいの期間を自宅で過ごすことが推奨されているのでしょうか。 その期間について紹介するとともに感染経路についてもあわせて紹介していきます。 感染を広げたり、自分が感染しない様にポイントを把握していきましょう。 目次 クリックするとスクロールします)• 感染性胃腸炎はうつる? いわゆる感染性胃腸炎には細菌性のものとウイルス性のものがありますが、違うのは名前だけではなく、 それぞれ、症状の出方が違えば治療の手立ても違うし、それ以上に、感染が拡大していく経路も異なります。 細菌性の感染経路 細菌性の胃腸炎は、 細菌に汚染された食品を人間が食べることで感染することがほとんどです。 その他、例えば 病原性の大腸菌を持った患者の排せつ物などから二次感染が広がるリスクが考えられます。 ウイルス性の感染経路 それに対しウイルス性の感染性胃腸炎は、患者の排せつ物でなくとも、例えば咳やくしゃみによる飛沫感染、その他、接触感染のリスクも考えられます。 つまり、ウイルス性の急性胃腸炎のほうが、食べ物から人ではなく、人から人へと感染が拡大していくリスクが高いのです。 感染力が強いウイルスについて 急性胃腸炎を引き起こすウイルスのうち、特に強い感染力を持つことで知られているのは、主に夏場が流行のピークである アデノウイルスと、冬に猛威をふるう ノロウイルス・ロタウイルスなどです。 特にアデノウイルスは、 たとえ潜伏期間であっても感染力を持っているので注意が必要です。 感染に注意すべき食事 ウイルス性の胃腸炎も、 感染から発症に至るまでの第一歩は、汚染された食品である可能性が高いです。 特にノロウイルスの感染源は、加熱が不十分なカキやあさりなど魚介類である場合が多いのです。 繰り返しますが、ウイルス性の胃腸炎の場合、特に怖いのが人から人への感染拡大です。 食事から感染が広がっていくリスクだけを考えればそれでいいというわけではないのです。 免疫力が低下している人は要注意 特に抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りについては注意が必要ですが、ウイルス性の胃腸炎は一度かかってしまえばそれで終わりということは無く、 一生のうちに何度でもかかってしまうリスクがあります。 一回でも感染および発症すればもうそれで十分だよと言いたくなるのですが……。 だからこそ、大人も子供も本当に要注意ですよ スポンサーリンク どのような予防対策が効果的? それでは、感染性胃腸炎への感染、およびその拡大を防ぐためにどのような対処法が重要か、考えていきましょう。 特にウイルス性のものは、接触感染や飛沫感染、それに経口感染などが原因となって、人から人へと汗腺が拡大していくリスクが非常に高いことは、すでに説明した通りです。 本当にありとあらゆる感染経路が考えられるので、非常に厄介です。 まずは手洗いとうがいの徹底が大前提 だからこそ、 手洗いやうがいなどで予防を徹底することが重要です。 食事の前後だけではなく、例えば 感染者の吐しゃ物などを処理した後には必ず手を洗いましょう。 殺菌作用の強い 薬用せっけんやアルコール制の消毒液などを用いると、さらに良いです。 さらに言うなら、 吐しゃ物などを処理する際には、手袋やマスクなどを着用し、さらにその後でも手洗いやうがいを徹底すれば、感染拡大のリスクは大幅に下げることができます。 胃腸炎のためにそこまでしなくてはならないのかと思う人がいるかもしれませんが、本当に恐ろしいほど感染力が強く、さらに、発症後に多くに人々を苦しめるのが、感染性胃腸炎の恐ろしさなのです。 擦り傷や切り傷などからもウイルスが侵入し、感染につながる恐れがあるくらいなのです。 汚物が付着した衣類の処理について 感染性胃腸炎の患者が嘔吐や下痢などの症状に苦しんでいる際、衣類に汚物が付着する可能性はもちろんあります。 これらの衣類は、たとえ少量の汚物であっても 必ず他の洗濯物とは分けて洗うようにしましょう。 その際、 90度を超える熱湯で最低でも一分以上の熱湯消毒を施すか、次亜塩素酸ナトリウムで消毒を行いましょう。 その他、家庭内で心掛けるべきこと 感染性胃腸炎の感染拡大を防ぐためには、まずは予防が何より大事だという説明をしましたが、そのために家庭内でできることは、繰り返しますが手洗いやうがいの徹底。 それに加え、もしも家庭内に感染性胃腸炎の患者がいる場合、 タオルや洗面器具の共用は避けることが重要です。 これらの共用を避けることの重要性は、食中毒だけではなく、例えばアデノウイルス感染症の拡大を防ぐためにも叫ばれていることです。 そしてもちろん、 食品の加熱処理は怠らないでください。 ノロウイルスも病原性大腸菌も、十分な加熱処理(食品の中心部まで火を通すこと)によって撃退できます。 感染の予防に十分な効果が見込めますね。 さらに、ご存じでない方も多いと思いますが、 特に乳幼児について感染のリスクが高いロタウイスルについては、予防接種も行われていますので、気になった方はぜひ、最寄りの地方自治体や医療機関などに問い合わせてみてください。 スポンサーリンク 感染性胃腸炎で出席停止になる? 感染性胃腸炎にかかった状態で(あるいは感染の疑いがある状態で)学校へ行くのはダメなのか、出勤はどの程度の症状なら許されるのか。 風邪など普通の病気とはちょっと違って、流行が広がると非常に厄介なので、教育現場や職場の人たちが対策のため神経質になるのは当然でしょう。 保育園や幼稚園、学校は? 結論から言えば、 保育園や幼稚園、学校などの教育現場では、感染性胃腸炎への感染、および発症を確認した時点で、その患者に対して出席停止の措置を取ります。 まだ発症には至ってなくても、感染の疑いがある場合は同様の措置を取ります。 このような措置は、 〈学校保健安全法〉という法律の中で正式に定められています。 もちろん、感染者の数が一人二人と増えていけば、 学級閉鎖や学年閉鎖など大規模な対処がなされる場合もあります。 あまり考えたくはないことですが。 ちなみに、 出席停止の措置がとられる期間は、感染性胃腸炎の症状が完治するまでとされています。 感染する細菌、ウイルスの種類や個人差によって異なりますが、おおよそ三日から一週間程度は出席停止ということになります。 職場や仕事は? さて前項では、感染性胃腸炎への感染および発症が確認された時点、あるいは感染の疑いがある者に対して出席停止の措置がとられるという説明をしました。 学校というのは集団生活の場なので、生徒や教職員などの安全を考えれば、これも当然の措置かと思います。 そして言うまでもなく、社会人にとっての職場も、基本的には集団生活が前提となります。 ということは、大人が感染性の胃腸炎に感染した場合も、子供たちと同じように出勤停止の措置が取られてもおかしくはありません。 しかしながら、少なくとも現状のところは、そのように定めた法律はありません。 つまり社会人の場合、急性の胃腸炎に感染しても、それで会社を休むかどうかはあくまで個人の判断にゆだねられるということになります。 ただ、あまりにも症状がひどい状態で出社しても、他の人に迷惑をかけるだけであまり歓迎はされません。 上司だって、よほどのことが無い限り無理をして出てこいとは言わないでしょう。 それに、 病院で診断を受ければ、医師が診断書を書いてくれるので、休むことについてあまりに気に病む必要は無いですよ。

次の