空へ舞う世界のかなた。 そらのカナタの!

鈴木このみ 蒼の彼方 歌詞

空へ舞う世界のかなた

飛行機だ。 赤ちゃんグモだ! 空を自在に飛びまわる鳥やチョウ、ハチなどと並んで、 クモも空を飛べるなんて知りませんでした。 科学者界隈ではけっこう前から知られていたようですが、たとえばによれば ダーウィンがビーグル号で旅をしながらまったく新しい生物学史を切り開いていた頃、海のど真ん中で無数のクモが乗船してきて、それらが無風なのにも関わらずものすごいスピードで船から空へと飛び立つのを見て驚いたという話です。 所変わって山形県南陽市の水田地帯では、かつて秋の終わりになると小さな子グモたちがいっせいに糸を風に流して飛ぶ現象が初雪の前ぶれとされ、「 雪迎え」と呼ばれていたとか。 でも、翼も羽も皮膜も持たないクモが、いったいどうやって空を飛ぶんでしょうか? 今年6月に発表されたが、クモが空に舞い上がる様子を明らかにしました。 これを「 バルーニング」というそうですが、百読は一見に如かず。 まずはこちらをご覧ください。 の研究者チームは、野外観測と風洞実験をあわせてTheklaちゃんとその仲間たちを観察した結果、 風向きや風速など上空の様子を入念に探ってから飛行体制に入ることがわかりました。 風が秒速3メートル以下で上昇気流が穏やかな時を選んで、いざバルーニング体制に入ります。 まず前足で何度も風の状態をチェック。 納得できるコンディションであれば、今度はくるりと身をひるがえして風上のほうへ向き直ります。 お尻を上に向け、先端の糸イボ(出糸突起)から3メートルほどの糸を何本も風にたなびかせ、地表とつないだ命綱を断つとともに あっという間にお空のかなたへ。 なんという勇ましい旅立ち! カニグモ以外にも、様々な種類のクモが同じように新天地を求めて旅立ちます。 空に舞い上がったらあとは 運次第。 時には上昇気流に乗って 数百キロメートルも旅する強者もいるのだとか。 ところがどうやら、クモたちは風の力だけで飛行しているわけではないことが最新の研究で明らかになってきました。 com ビーグル号に乗ったダーウィンは、風がない日にも旅立つクモを目撃していました。 曇天でも、よりによって雨天でも平然と旅立つクモたち。 どうやら風力とともに 空中電場を利用して飛行しているらしいのです。 これに気づいたのは英ブリストル大学のErica Morley研究員(生物物理学)でした。 「空を飛行するクモの多くは複数の糸を使ってバルーニングをしますが、その際糸が扇形に広がることが確認されています。 これはすなわち、 糸同士の間に静電気力が働いていることを示唆していました」とMorleyさんはに語っています。 静電気からヒントを得たMorleyさんは、クモたちが空中電場を利用していると仮説を立てました。 空中電場とは、地球規模の電気の流れにより常に維持されている大気中の電場。 昆虫はこの空中電場を感知できることが知られていましたが、クモも同じような感覚を持ち合わせていることが今回初めて明らかになったのです。 学術誌『』誌に掲載された研究実験では、ラボ内に人工的な空中電場を再現。 大気中の電場と同じになるように設定し、クモたちを放って様子を見ました。 すると、無風の状態でも電場さえあればバルーニングすることを確認しました。 さらに、電場をONにするとクモたちは上昇し、OFFにすると降下することがわかり、 風が吹いていなくても電場で生じる静電気だけを使って宙に浮くことができるとわかったそうです。 Video: 翼を持たず、水も渡れず(数種を除いて)、さほどジャンプ力もないちっぽけなクモたちが、風と電場を操って世界中に拡散しているとは…。 ただ、これは実験室で確認されたに過でないので、自然界でも同じように飛んでいるかどうかは別で実証する必要があります。 とはいえ、これはスパイダーマンをもしのぐ驚異の飛行力ですよね。

次の

空をあらわす言葉・単語・異称の一覧:日本語表現インフォ

空へ舞う世界のかなた

魔女の誕生(コキリ、オキノ、キマコの町の人) ミュージカルというものをそんなに多く見た事がない私でもこの曲を聞くと一瞬にしてミュージカルの世界に引き込まれます!!キャストのみなさんの表現力が素晴らしすぎる!!!いつの間にか歌い出しの女優さん(ちょっとお名前わかんないんですが)の響く歌声が素晴らしすぎてファンになってしまっていました…。 選択(キキ、リトルキキ、ジジ、リトルジジ) キキ「13歳の満月の夜魔女は旅立つのよ 新しい街を探して………だけど 魔女には魔女の掟があるの言い聞かされてきた 未来が決められてるなんてなんだか悔しい」 リトルキキ「みんなの期待通りの未来 そんなのつまらない あたしは好きなものになるわ」 ジジ・リトルジジ「本当になりたいものなんて見つけられるのかな?なりたいものがなんなのか決められるのかな?」 キキ・リトルキキ「私は私、やりたいもの(なりたいもの)好きな事自分で決める」 書いたのは序盤だけだけど4人がそれぞれ伸び伸び歌っててそのハーモニーが世界観にハマってて聞いててすごく気持ちいい!!! 4. コリコの街(トンボ、町長、警察官、町の人) 始めの軽快な曲調が舞台を一気に明るくする!!コリコの雰囲気が瞬時に伝わってくるとにかく華やか!!!! そしてトンボ初登場です!!!!! 町長の歌う後ろから伸びをしながら登場してセンターで歌い出す トンボ「(手を伸ばして空を仰ぎながら) 仰ぎ見れば雲ひとつない大空 いつでも想いを馳せる空を舞う瞬間 (上手に移動しながら) 風に乗って果てしなく続く大空 (水平に両手を伸ばしながら) 水平線追いかけて (センターに戻りながら手を広げて羽ばたきながら) 飛んで行きたい (下手で片手指1本立てて可愛く) 鳥たちが羨ましいなんて (センターに戻りながら首をふりながら) ありきたりな事言わないさ (センターに戻って噴水に腰掛けて胸を両手に当てながら) だって僕には夢があるから飛べないからこそ見れる夢が (立ち上がって噴水の上に乗って力強く) いつの日か飛べたときにはどんな気持ちになれるんだろう」 とにかくステージ全体と体全体を使って空に憧れるトンボを表現していてそのお顔はミュージカルの中の世界の人そのもので。 東京公演で感じたほんの少しの声の響かなさは全くなくなってた。 周りはすごい方だらけで浮くのは当たり前なのに全くと言えるほど浮いてなくて、ちゃんと周りのキャストさんに溶け込んでて、の中にちゃんとミュージカル俳優の力が根付いてるって感じた。 むしろ浮くどころかちゃんと力が抜けてリラックスして歌えてるようにも見えてなんだか安心した。 でもここまで来るのにどれほどの見えない努力をしたんだろうと考えると…って最初から涙腺緩むシーンです。 2幕 13. 今夜は朝まで踊らナイト(秘書、警察官、町の人) センターでキャストさんを引き連れて踊る姿は東京でも様になってたけど大阪では更にパワーアップしてて、力も抜けてすごくいい感じに顕嵐くんのダンスの良さが出てた!! ステージ全体を使って伸び伸び踊ってキラキラ輝く顕嵐くんの姿は何度見ても人の心に明るい光を灯してくれると感じる!! 千秋楽には自然と客席からちらほら手拍子が始まって、それを見た顕嵐くん自身もダンスしながら手拍子始めて、客席もこれ手拍子していいのかな?する?って雰囲気になってきて、その様子見て顕嵐くんがそれにいいんだよって言うかのように更にまた手拍子してくれて、そして最終的に会場全体から手拍子聞こえてきて、まさに顕嵐くんがステージと客席の垣根を超えてぐっとみんなの心を引き寄せて一つにしてくれたみたいで感動した!!!!! 顕嵐くんも踊りながらすごい嬉しそうな顔してて千秋楽にこんな心温まる出来事起こるなんて思ってなくて感動したしすごく楽しかった!!!!!顕嵐くん本当にありがとう!!!!! 18. 期待は期待のままに(キキ、トンボ) キキ「何かに期待してた私が悪いの… 突然何かが変わるなんて都合いいのもわかってる… 誰にもわかってもらえない…世界で一人ぼっちになった気分…」 トンボ「飛ばない時の君の顔 普通の子と違うのかな? わからない事ばかりだよ(メガネ外す) 空に舞う君の笑顔が見たい 僕が飛べたら同じ気持ちきっとわかると信じているから 空を舞う君と笑顔で話したいから」 キキ「こんな気持ちわからないよ」 トンボ「空を飛ぶ事だけ考えてきた」 キキ「飛行機の事ばかりね」 トンボ「君が空を飛べるからこんなに… キキ・トンボ「君の事考えていーるーのーかーなー…」 顕嵐くんの見せ場の一つ。 メガネ外して見えたお顔があまりにも綺麗で切なくて心を打たれます。 町長からのお願い(町長、秘書、警察官、記者) ここでキキに話しかけてるトンボ何言ってるかはわからないけど、すごくキキを心配してるような優しい表情してて胸が締め付けられます…。 そして 「僕が行きます!!!」の力強さと 「キキを悪く言うのはやめてください…」の弱いけど芯の通った強い意志の表れてる表現の対比がすごく心打たれた。 勇気(キキ、トンボ、おソノ、町長、秘書、警察官、記者、町の人) 町の人「町長のミスで少年が危険顧みず 飛行機を飛ばす 無謀な挑戦まだ成功した事もない 命がけの大冒険 たくさんの人たちが楽しみに集まった 世界一の花火大会 託されたあの子 トンボ「ここまでやってきた 計画が変わっただけ 自分を信じるんだ 飛べるだろ飛べるはず… こんな高い場所から 飛び立った事はない 君と一緒に飛べたらそう思っただけなのに キキ「私を庇って無謀なチャレンジこのまま見てるだけでいいの… 私は魔女よ…心が弱って飛べない… 心の問題なら私の中の魔法はどこに…」 おソノ「だめよキキそんな体で飛ぶなんてとんでもない 胸は病め箒もない無茶はやめて」 キキ「私に魔法があるなら今こそ答えてほしい 心が弱ってなんかにいない 今こんなに誰かの為に飛びたいと思うのだから」 町の人「彼はやってくれる」 キキ「届けたい…」 トンボ「この日の為にがんばってきたんだ」 町の人「彼が行かないと」 トンボ「僕が飛ばないと………行くぞーーーー飛ぶぞーーーー」 声もしっかり届いてるし、このシーンまさに THEミュージカルという感じで圧倒されます。 顕嵐くんがこんな凄いものを作ってる 1人だなんて…。 夢見た景色(キキ、トンボ) トンボ「仰ぎ見れば雲ひとつない青空 いつでも想いを馳せた空を舞う瞬間 振り返れば黄昏が空を染めてく 水平線追いかけて青空捕まえよう ずっと待ってたこの瞬間 キキがいるから僕は飛べた…魔法のおすそ分け 魔法のおすそ分けーーー キキ・トンボ「不思議な気持ち2人で飛ぶ 空でいる顔見慣れてた キキ「いつもの顔と違うのよ 輝いて勇気に満ちて」 キキ・トンボ「教えてほしいその理由 おしーえーてー 誰のー中にもー魔法はあるーのかなー 誰の中にも魔法はーあるーのーかーなー」 ステージセンターで空を飛びながら歌い上げるその姿は本当に自信に満ち溢れてて誇らしいお顔。 顕嵐くんはやっぱりセンターがすごく似合う。 センターに立つべき人って言い続けてきたあの頃の気持ちを思い出しました。 旅立ち(トンボ、おソノ、フクオ、町長、秘書、警察官、記者、町の人) 飛んだこの町を救う為に心を届けに 魔女は幸せを運ぶものと誰もが気付くだろう 飛んだ自立への第一歩少女が1人で この町の期待背に受け遠く羽ばたく 人は皆いつかは自分の足で立ち 独り立ちをするのだろう 自分だけが持ってる何かを探して続け 世界に飛び出す答えを求めて やりがい?生きがい?それともお金? 友情?愛情?家族?仲間? 信じる何かをさがす! 人はどこから来てどこへ向かうのか魔女は探し続ける 昔あった魔法は消えていくまたひとつ キキは飛ぶキキは飛ぶよどこまでも その先に何があるのか誰も知らない でも答えは確かにある 我らの中に 私このミュージカルの中でここの顕嵐くんが1番心にぐっと来ました。 「人は皆いつかは自分の足で立ち 独り立ちをするのだろう 自分だけが持ってる何かを探して続け 世界に飛び出す答えを求めて」 この歌詞がすごく顕嵐くんとリンクしている気がして。 このミュージカルを通して、顕嵐くんが自分の足でジャニーズという枠を超えて1人で今まで経験のない事が連続なこの舞台にチャレンジしている事。 戸惑い、踠いて苦しんで悔しい思いもたくさんして、そんな中で負けないで折れないで決して諦めずに答えを探し求めた彼だからこそ掴めたもの。 それがこの歌に詰まっている気がして、とくに千秋楽はここで溢れる涙が止まりませんでした。 そして、あんな素晴らしいキャストさんの中で臆する事なく堂々と胸を張って自信に満ちた表情で歌いきった顕嵐くんを誇りに思います。 本当にこの作品を見ていると毎回心を洗われるような気持ちでした。 終わってしまったのが本当に悲しいけど、いつかまた成長したトンボに会える日を夢見て気長に待ちたいと思います!! 顕嵐くん、萌歌ちゃん、キャストの皆さん、こんなに素晴らしい作品を届けてくれて本当にありがとうございました!!!!!!魔女宅カンパニー大好きです!!!!!! arukuntan.

次の

セーブデータのページ−あ

空へ舞う世界のかなた

あらすじ [ ] 五鷹台中学校1年生の双葉そらのが一緒にテニス部に入部する予定だった友人・香里とのテニスの勝負中、突如空が溶け出しサカナのような化け物が出現。 それと同時に皆が石のように固まり、さらに怪物に変化してしまった。 怪物に追い詰められた時、謎の少年リウから世界を救う不思議な力を貰い…。 登場人物 [ ] 受信者 [ ] 双葉そらの(ふたば-) 五鷹台中学校に通う中学1年生。 受信者と呼ばれる希少な因子を持つため異化しない。 の勝負中、異化した人間に襲われ危ない所をリウに助けられ、リウから貰ったトラリトークによって得た調律の力で世界を救うことに。 弁当を食べた後でもお腹がすくくらいの食いしん坊キャラ。 6年前父が交通事故で死んだため、今は母と二人暮し。 父とはけんかしたまま死に別れたので少し後悔している。 調律の力は空中で描いた絵が実体化する力。 しかし絵は下手。 涼木(すずき) そらのと同じ中学の2年生で受信者。 刻蝕の時によく人にイタズラしており、校長先生の椅子を盗ってきて使ったりする。 基本的に冷たい性格で、「世界なんて滅びたほうがいい」と思っており、そらのを見捨てて自分だけ助かろうとするなど、かなりの薄情者。 最初はトラリトークを使う気はなかったが、異化したカタヤマ先生に食われそうになったので仕方なくトラリトークを使い調律の力を得て助かった。 由貴とは仲が悪くよく言い合いをする。 意外と度胸がない。 調律の力は姿が見えなくなる力。 その時に一緒に出る猫(そらの曰く「 ミーくん」)がいないと力を使えない。 他の力と違って、ただ透明になるだけなので理球を壊すのにはあまり適していない。 昔、 こぼしという猫を飼っていたが、だんだん八つ当たりでいじめるようになり逃げ出してしまった(力が発現すると猫が現れるのはそのため)。 その猫は結局3軒先の家の飼い猫になっていた。 志貴野由貴(しきのゆき) お嬢様学校である射水女学院の初等部で受信者。 そらのと会うまでは、刻蝕の時にはを弾いて気を紛らわしていた。 お嬢様のような丁寧な言葉遣いだが、涼木に対しては棘のある言葉を使う。 そらののことは好きだが、涼木のことは嫌い。 調律の力は発射されたボールに触れた物の時を操る力。 しかしまだ有効範囲は小さい。 力が発現すると頭の両端にスピーカーのような物が現れ、そこからボールが発射される。 津田星歌(つだせいか) 高校2年生の受信者。 おっとりした性格で刻蝕に気付かないほどよく眠る。 のため、昔頭の中で大家族ごっこをして遊んでいた。 そのためそらの達を仮想の兄弟だと思っている。 小さい頃は病弱だった。 変な見た目の料理を作るが、見た目と違って美味しいらしい。 調律の力は身体能力が上がる力。 力の発現の時露出度の高いのような服に変わる。 キーキャラクター [ ] リウ 宇宙から来た少年。 見た目は小学生くらい。 一応日本人だが、空を飛べたり、受信者ではないのに刻蝕の時でも普通に行動できるなど、謎が多い。 そらのにトラリトークを渡し、世界を救うように頼む。 神出鬼没で、そらの達の前に突然現れる。 世界各地で受信者のチームを、作り侵略を防いでいる。 そらのやそらのの母を初めから知っていた。 その他 [ ] 香里(かおり) そらのの友人。 そらのと一緒にテニス部に入る予定だったが、テニスに飽きてテニス部もしょぼかったので部に入った。 植田(うえだ) そらのの友人。 メガネをかけている。 最初の失刻現象の時に姉のように思っていたが死んでしまった。 用語 [ ] 刻蝕 異界からの侵略者が現れること。 空が溶けるように現れる。 のようなもので規模が大きい時もあれば小さい時もある。 日に何回も起きる時もある。 失刻現象 刻蝕の時地表に降り注ぐ特殊なエネルギーが身体に影響を与え固まってしまうこと。 人は動かなくなっても時間は動いているので、その間交通事故や火災などが起こる。 それを知らない人たちは失刻現象の事を時間断絶、特に最初の失刻現象を「 空白の20時間」と呼んでいる。 神柱 異界からの侵略者が突き立てる巨大な柱。 世界の理を破壊し打ち込む度に何かを書き換え異化してしまう。 書き換える物は決まっておらず人だったり鳥だったり本だったりする。 元に戻すには神柱の上にある理球を破壊しなければならない。 異化 神柱によって書き換えられた物が怪物に変化すること。 異化した物は既に元の物とは原子構造から書き換えられた別世界の生命体。 調律の力を使えば元に戻る。 人が異化した場合元に戻った時裸になってしまう。 受信者 刻蝕の時の特殊なエネルギーを受けても平気な因子を持つ人間。 世界各地に現時点で32人程度いる。 調律の力 受信者が持つ潜在能力。 刻蝕の時のみ扱える。 異化した物を元に戻したり理球を破壊したりできる。 調律の力は心の力で使う人によって能力は違う。 世界各地で11人程度が使える(他の受信者は何らかの理由で使わない)。 トラリトーク 調律の力を引き出す機械。 刻蝕の時に体にたまった特殊なエネルギーを形に変えることができる。 胸に突き刺すことで使用できる。 単行本 [ ]• 2007年7月7日発刊• 2008年2月7日発刊• 2008年10月7日発刊• 2010年2月6日発刊 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の