アメリカ 原油価格。 原油20ドル以下に、米シェールオイル標的なら長期化=バンカメ

原油生産量1位。シェール革命がアメリカ経済を支える。

アメリカ 原油価格

米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)・グローバル・リサーチは9日、原油価格は将来的に1バレル=20ドルを下回るとの見方を示した。 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の協調減産を巡る交渉が決裂し、サウジアラビアが価格競争を開始したことを受け、大手銀行の間で原油価格見通しの下方修正が相次いでいる。 バンカメ・グローバル・リサーチは2020年の予想について、北海ブレント先物LCOc1は1バレル=45ドルとし、従来の54ドルから下方修正。 米WTICLc1は41ドルとし、49ドルから引き下げた。 サウジアラビアが原油の公式販売価格(OSP)を引き下げ、大幅増産の計画を打ち出したことを受け値下げ競争が始まるとの見方が浮上。 原油先物は9日の取引で約30%急落した。 バンカメ・グローバル・リサーチのアナリストは「サウジが政策を急転換させたことは、向こう3四半期にわたる原油在庫の急速な積み上がりを容認することを示している。 これにより、世界的な原油市場ではスーパーコンタンゴが発生する」と指摘。 「価格戦争の標的が米国のシェールオイルの場合、原油価格下落は長期にわたる公算が大きい」との見方を示した。 21年の北海ブレント先物については55ドルとし、従来見通しから5ドル引き下げた。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

実は持ちつ持たれつ、サウジとアメリカの微妙な関係

アメリカ 原油価格

米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)・グローバル・リサーチは9日、原油価格は将来的に1バレル=20ドルを下回るとの見方を示した。 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の協調減産を巡る交渉が決裂し、サウジアラビアが価格競争を開始したことを受け、大手銀行の間で原油価格見通しの下方修正が相次いでいる。 バンカメ・グローバル・リサーチは2020年の予想について、北海ブレント先物LCOc1は1バレル=45ドルとし、従来の54ドルから下方修正。 米WTICLc1は41ドルとし、49ドルから引き下げた。 サウジアラビアが原油の公式販売価格(OSP)を引き下げ、大幅増産の計画を打ち出したことを受け値下げ競争が始まるとの見方が浮上。 原油先物は9日の取引で約30%急落した。 バンカメ・グローバル・リサーチのアナリストは「サウジが政策を急転換させたことは、向こう3四半期にわたる原油在庫の急速な積み上がりを容認することを示している。 これにより、世界的な原油市場ではスーパーコンタンゴが発生する」と指摘。 「価格戦争の標的が米国のシェールオイルの場合、原油価格下落は長期にわたる公算が大きい」との見方を示した。 21年の北海ブレント先物については55ドルとし、従来見通しから5ドル引き下げた。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

【アメリカを読む】「原油価格マイナス」うごめく投資マネー 狙うは「伝説の投機家」二匹目のどじょう(1/2ページ)

アメリカ 原油価格

年末年始の帰省や旅行で車を使用した方はガソリンスタンドで給油をしたと思いますが、ガソリンの値段いくらだったか覚えていますか?安いと感じましたか?高いと感じましたか?12月のレギュラー看板価格は平均で142. 実はこの秋からジワジワと上がっているんです。 でも、そんなガソリンの価格が今後もっと跳ね上がるかもしれません。 そう、あの影響のせいです。 アメリカとイランの緊張で原油価格が高騰中 トランプ米大統領の命令により、アメリカ軍が1月3日未明、イラクの首都バグダッドの国際空港で、イラン革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官をドローン攻撃で殺害。 アメリカとイランの緊張が一気に高まっています。 第三次世界大戦の引き金になるのでは? と不安視する声が挙がっているほどです。 両国の間で激しい応酬が行われていますが、今のところ大きな動きはありません。 しかし、既に様々なところにこの影響が出始めているのです。 我々の生活に直撃しそうなもの、それは原油です。 中東地域で何か起きるたびに、それと連動するかのごとく原油価格は跳ね上がります。 1990年8月に起きた湾岸危機。 この時、世界的な油田地帯であるペルシャ湾岸の一部が戦場となったことから、原油価格が急騰。 では、今回はどうなのでしょうか?イランの周辺には原油輸送の重要拠点であるホルムズ海峡が存在。 もし、ここを航行するタンカーなどに被害を受ければ、サウジアラビア、クウェート、イラク、UAEなど周辺国からの原油供給も大きな影響を受ける可能性があります。 日本の原油は中東地域からの供給が8割を超えています。 石油輸出国機構(OPEC)などの産油国が供給を引き締めるため、価格はさらに上昇するでしょう。 実際すでに原油価格は上がっています。 昨年9月の出来事を覚えているでしょうか? サウジアラビアの主要石油施設がミサイルを搭載したドローンの攻撃を受け、イエメンの反政府武装組織フーシが犯行を主張した事件。 38ドルを記録しました。 実はこの高騰した価格から、下がることなくジワジワと上昇し始めていたその矢先に、今回の事件が起こりました。 その結果、昨年5月20日に記録した高値を一気に更新してしまったほど、現在も高騰を続けているのです。 果たしてこの先、原油価格はどうなってしまうのでしょうか?そして、我々の生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか? 今すぐに影響はないものの… アメリカ軍がイラン革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官を殺害し、アメリカとイランの緊張が一気に高まる中、原油価格が高騰しています。 今後私たちにはどのような状況が待ち受けているのでしょうか? 石油元売り大手のJXTGエネルギー、出光興産などによると、現時点では中東からの原油調達には障害は出ていないとしており、また各社ともに、中東地域を含めた出張自粛などの取り組みは行っておらず、情報収集を進めていると産経新聞は伝えています。 また、出光興産の木藤俊一社長は6日の年頭訓示で「中東情勢の緊迫化にしっかり対応する必要がある」と強調。 JXTGエネルギーは「原油価格が上昇しており、この緊張状況が続けば、高値圏で推移する可能性が高い」とみており、原油相場の動向も注視しているという。 他にも影響を受けそうなものがいくつかあります。 例えば、石油化学製品。 レジ袋やごみ袋などに使うポリエチレンは原油価格が高騰すれば、製造コストも上昇すると見られ、家計の負担となってしまうでしょう。 火力発電の燃料や都市ガスの原料となる液化天然ガス(LNG)の国内使用分の約2割を中東から購入しているため、もし戦闘にでもなった際には影響を大きく受けます。 かつてのような、オイルショックでトイレットペーパーを買い占める…というようなことはさすがにないにせよ、「ガソリン価格が高いから車で出掛けない」、「燃油サーチャージが高いから旅行に行かない」などの消費行動を控えたり、物流コストの上昇、電気代やガス代の高騰に伴う節約など、経済が一時的に低迷してしまうことは否めません。 原油価格上昇が与える影響 6日の東京原油市場の先物価格でも、去年5月以来の高い水準で推移。 取り引き開始直後から買い注文が殺到しました。 先月は1キロリットル当たり3万8000円台から4万2000円台で取り引きされていましたが、午前中に一時4万4000円を超えるなど、およそ7か月ぶりの高い水準となり、終値は4万3690円でした。 すでに様々なところに影響が出始めた、アメリカとイランの緊張状態による原油価格上昇。 ネット上でも心配する声が多数挙がっています。 地政学的リスクの高まりに伴う原油価格の上昇が、南アフリカ、トルコ、インドなど原油を輸入する新興国を一段と圧迫している。 これらの国はすでに経済の低迷に見舞われている。 retoro99 January 7, 2020 中東情勢改善はしてないと思うが、 市場は下げすぎの反発で上昇。 原油価格も少し調整している感じかな。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の