なー くん 写真。 #なーくん X 可愛い

「眞(しん)くん」の入学写真

なー くん 写真

どうも瑠璃です! nmmnです!ルールは守ってください! 多分腐です! たぶん 紫橙、桃青、黄赤付き合ってる設定です。 途中桃嫌われがあります。 警察の人が電話出た。 今救急車でこの病院に運ばれてる。 」 「…」 「ころちゃん…」 放心するころんくんの近くにるぅとくんが側による。 「り、莉犬は!?莉犬はどないしたん!?」 「…ぼ、僕がかけてみます!」 プルルルル 途端にるぅとくんのスマホが鳴り出した。 「っ!はいっ!…莉犬!?うんっ…うん…大丈夫。 落ち着いて話して…」 るぅとくんは莉犬くんから電話が来たらしく病室から移動した。 すると看護師さんがドアを開けた。 ナース服は…ピンク。 思わずふらつく。 「う"っ…」 「ころちゃん大丈夫!?」 「う、うん…」 「…ど、どないしましたか…?」 ジェルくんとなーくんがころんくんの両脇でころんくんを支える。 「どなたか来ていただけませんか!?」 看護師がそういうとジェルくんは頷いて看護師さんについていった。 「…もう…ここまできたの…」 さっきまでは桜だけだったのに。 もう、ピンクを見るだけでふらつくのか…なーくんはとても苦しそうな顔をした。 そしてしばらくたった。 病室にジェルくんが血相を変えて駆け込んできた。 「なーくん…!ハァハァ…今すぐ…隣来て…!」 恐らくさとみくんが病室に移動されたのだろう。 なーくんは固唾を飲み込み頷いた。 「…なーくん!」 「っ!ころちゃん…」 ころんくんはなーくんの服を掴み目でものを訴える。 「僕も…連れてって…」 なーくんはそっと掴まれた手を離す。 「ころちゃん。 今のころちゃんは…さとみくんに会えない…ごめん」 「っ…!い、嫌だ!」 目に涙を溜めるころんくんが首を横に勢いよく振る。 「お願い!お願いなーくん…!」 「でも…無理なんだよ…」 「嫌だ嫌だ嫌だ!……嫌だよ…」 か細かいころんくんの声と泣きすする声が病室に響き渡る。 「ころちゃん…」 「なーくん。 俺からもお願いや…」 「ジェルくん…」 ころんくんは胸を押さえながら泣くのを押さえていた。 「ジェルくん…るぅとくんは?」 「るぅちゃんは…莉犬迎えに行った」 「わかった」 なーくんはそっところんくんを抱き抱える。 「ころちゃん桶持って」 「う…んっ…」 [newpage] 「桃原さん…お友達がいらっしゃいましたよ」 看護師さんがそういって507号室の病室の扉を開く。 そこにいたのは痛々しく身体中に包帯を巻かれている 桜色の彼。 「っ!さとみくん!さとみくん!!」 病室に着くや否やころんくんはさとみくんの側に駆け寄り彼の名前を何度も叫んだ。 しかし何度呼び掛けても返事をするどころか目を覚ますことはなかった。 「さとみ…くん!な…んで…なんで…?なんで跳ねられちゃったの…?」 大粒の涙はころんくんの視界を塞いでいた。 流したくなくても流れ出る大粒の涙はさとみくんの手にポタポタと落ちる。 「う"っ…ウェ…なんで…なんでなの…」 ころんくんは膝から崩れ落ちた。 そんなころんくんを見るだけでジェルくんとなーくんの胸は締め付けられた。 「…はぁっ…はぁっ…み、んな…」 ドアの方に目を向けると息を切らするぅとくんと泣きじゃくる莉犬くんの姿があった。 するところんくんは獣を睨むような目付きで莉犬くんを睨むと莉犬くんの胸ぐらを掴んだ。 「うぐっ…ころ…ちゃん…」 「なんで!莉犬くんは…さとみくんを…!」 「ころちゃん!止めてください!」 「嫌だ!止めないでるぅとくん!…なんで!なんでなんで!」 「ご、ごめ…」 「そんなこと聞いてない!!」 感情に任せて2人の空気は最悪だった。 「お前ら落ち着けや!!」 「「…っ!」」 そう叫んだのはジェルくんだった。 「ちょ、ジェルくん…!ここ病室…」 「ころんの気持ちもよう分かる。 けど過ぎたことはなんも変わんないんや!」 「でも…!」 「そんなことしてもさとちゃんは喜ばへんで」 「…」 ころんくんは莉犬くんを離すと「ごめん。 」と呟いた。 「…ハァッ…カハッケホッ…こ、ろちゃ…ん」 息を整えると莉犬くんは一つ一つ言葉を吐き出した。 [newpage] 『さとみくん今どこ』 莉犬からLINEが来た。 『!』や『?』を使わないということはかなり怒っているか焦っているか。 俺は近くの景色を写真で撮ると莉犬にLINEを送る。 すぐに既読がつく。 でも、ごめん莉犬 ありがとう皆 ありがとうころん 反対側の道路で息を切らす莉犬を見つける。 車は速さをつけて走っている。 覚悟は出来ている。 俺は莉犬の方を見てにっこりと笑った。 悔いはない。 『 あ り が と う 』 そして俺はグシャッという音と共に跳ねられた。 言うなれば 『跳ねられに行った』 だ。 そこからは人の騒ぐ声、救急車やパトカーの音。 そして 泣き叫ぶ莉犬の声。 [newpage] 「…跳ねられに…行った…?」 なーくんは莉犬くんの話を聞いて目を丸くした。 「…うん。 さとみくん…笑ってた…」 「…さとみくん…?」 ただ、黙るしか出来なかった。 もう名前も顔も声も覚えていません。

次の

【欅坂46】不動のなーこ再び!どの写真を見てもピクリともしない長沢菜々香さんをご覧くださいw【欅って、書けない?】

なー くん 写真

どうも瑠璃です! nmmnです!ルールは守ってください! 多分腐です! たぶん 紫橙、桃青、黄赤付き合ってる設定です。 途中桃嫌われがあります。 警察の人が電話出た。 今救急車でこの病院に運ばれてる。 」 「…」 「ころちゃん…」 放心するころんくんの近くにるぅとくんが側による。 「り、莉犬は!?莉犬はどないしたん!?」 「…ぼ、僕がかけてみます!」 プルルルル 途端にるぅとくんのスマホが鳴り出した。 「っ!はいっ!…莉犬!?うんっ…うん…大丈夫。 落ち着いて話して…」 るぅとくんは莉犬くんから電話が来たらしく病室から移動した。 すると看護師さんがドアを開けた。 ナース服は…ピンク。 思わずふらつく。 「う"っ…」 「ころちゃん大丈夫!?」 「う、うん…」 「…ど、どないしましたか…?」 ジェルくんとなーくんがころんくんの両脇でころんくんを支える。 「どなたか来ていただけませんか!?」 看護師がそういうとジェルくんは頷いて看護師さんについていった。 「…もう…ここまできたの…」 さっきまでは桜だけだったのに。 もう、ピンクを見るだけでふらつくのか…なーくんはとても苦しそうな顔をした。 そしてしばらくたった。 病室にジェルくんが血相を変えて駆け込んできた。 「なーくん…!ハァハァ…今すぐ…隣来て…!」 恐らくさとみくんが病室に移動されたのだろう。 なーくんは固唾を飲み込み頷いた。 「…なーくん!」 「っ!ころちゃん…」 ころんくんはなーくんの服を掴み目でものを訴える。 「僕も…連れてって…」 なーくんはそっと掴まれた手を離す。 「ころちゃん。 今のころちゃんは…さとみくんに会えない…ごめん」 「っ…!い、嫌だ!」 目に涙を溜めるころんくんが首を横に勢いよく振る。 「お願い!お願いなーくん…!」 「でも…無理なんだよ…」 「嫌だ嫌だ嫌だ!……嫌だよ…」 か細かいころんくんの声と泣きすする声が病室に響き渡る。 「ころちゃん…」 「なーくん。 俺からもお願いや…」 「ジェルくん…」 ころんくんは胸を押さえながら泣くのを押さえていた。 「ジェルくん…るぅとくんは?」 「るぅちゃんは…莉犬迎えに行った」 「わかった」 なーくんはそっところんくんを抱き抱える。 「ころちゃん桶持って」 「う…んっ…」 [newpage] 「桃原さん…お友達がいらっしゃいましたよ」 看護師さんがそういって507号室の病室の扉を開く。 そこにいたのは痛々しく身体中に包帯を巻かれている 桜色の彼。 「っ!さとみくん!さとみくん!!」 病室に着くや否やころんくんはさとみくんの側に駆け寄り彼の名前を何度も叫んだ。 しかし何度呼び掛けても返事をするどころか目を覚ますことはなかった。 「さとみ…くん!な…んで…なんで…?なんで跳ねられちゃったの…?」 大粒の涙はころんくんの視界を塞いでいた。 流したくなくても流れ出る大粒の涙はさとみくんの手にポタポタと落ちる。 「う"っ…ウェ…なんで…なんでなの…」 ころんくんは膝から崩れ落ちた。 そんなころんくんを見るだけでジェルくんとなーくんの胸は締め付けられた。 「…はぁっ…はぁっ…み、んな…」 ドアの方に目を向けると息を切らするぅとくんと泣きじゃくる莉犬くんの姿があった。 するところんくんは獣を睨むような目付きで莉犬くんを睨むと莉犬くんの胸ぐらを掴んだ。 「うぐっ…ころ…ちゃん…」 「なんで!莉犬くんは…さとみくんを…!」 「ころちゃん!止めてください!」 「嫌だ!止めないでるぅとくん!…なんで!なんでなんで!」 「ご、ごめ…」 「そんなこと聞いてない!!」 感情に任せて2人の空気は最悪だった。 「お前ら落ち着けや!!」 「「…っ!」」 そう叫んだのはジェルくんだった。 「ちょ、ジェルくん…!ここ病室…」 「ころんの気持ちもよう分かる。 けど過ぎたことはなんも変わんないんや!」 「でも…!」 「そんなことしてもさとちゃんは喜ばへんで」 「…」 ころんくんは莉犬くんを離すと「ごめん。 」と呟いた。 「…ハァッ…カハッケホッ…こ、ろちゃ…ん」 息を整えると莉犬くんは一つ一つ言葉を吐き出した。 [newpage] 『さとみくん今どこ』 莉犬からLINEが来た。 『!』や『?』を使わないということはかなり怒っているか焦っているか。 俺は近くの景色を写真で撮ると莉犬にLINEを送る。 すぐに既読がつく。 でも、ごめん莉犬 ありがとう皆 ありがとうころん 反対側の道路で息を切らす莉犬を見つける。 車は速さをつけて走っている。 覚悟は出来ている。 俺は莉犬の方を見てにっこりと笑った。 悔いはない。 『 あ り が と う 』 そして俺はグシャッという音と共に跳ねられた。 言うなれば 『跳ねられに行った』 だ。 そこからは人の騒ぐ声、救急車やパトカーの音。 そして 泣き叫ぶ莉犬の声。 [newpage] 「…跳ねられに…行った…?」 なーくんは莉犬くんの話を聞いて目を丸くした。 「…うん。 さとみくん…笑ってた…」 「…さとみくん…?」 ただ、黙るしか出来なかった。 もう名前も顔も声も覚えていません。

次の

【欅坂46】不動のなーこ再び!どの写真を見てもピクリともしない長沢菜々香さんをご覧くださいw【欅って、書けない?】

なー くん 写真

scより一部引用 , , , , 日向坂46の記事はこちら• カテゴリー• 5,236• 2,942• 2,040• 1,447• 987• 691• 4,502• 357• 737• 493• 609• 664• 569• 1,003• 495• 366• 684• 1,427• 541• 678• 648• 465• 1,705• 852• 341• 785• 1,106• 1,169• 100• 101• 106• 267• 152• 133• 214• 156• 355• 205• 313• 193• 593• 528• 411• 308• 265• 166• 195• 251• 164• 483• 187• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の