面の皮が厚い 意味。 「厚かましい」の意味と使い方は?「図々しい」との違いや言い換え方は?

「鉄面皮」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

面の皮が厚い 意味

スポンサーリンク 面の皮が厚いの語源とは? 「面の皮が厚い」語源を説明しますね! この言葉は、 とても昔の中国の詩集「詩経」が基になっていると言われています。 中国最古の詩集で、詞が305編収められています。 この中に「巧言くわうの如く、顔の厚きや」とあり、 「言葉巧み乗り気って外面を良く見せ、内面の恥を隠す」という意味。 これが平安時代頃に「漢文」を通して、日本に「厚顔」という言葉で伝わりました。 当時は内面の醜さを表す意味で使われたようです。 また、その他にも、進士の王光遠が有力者に近づこうと挨拶回りをし、幾度と門番に門前払いにされても諦めなかったことから「光遠、顔厚きこと十重の鉄甲の如し」光遠の面の皮が厚いことといったら十枚重ねの鉄の甲のようだと例えたという逸話もあります。 面(つら)は「顔」という意味があり、「面の皮」は「顔の皮」です。 人間は恥ずかしくなると顔が赤くなりますよね。 しかし、普通は恥ずかしくて赤くなるようなことも、顔の皮が厚い人は赤くなりません。 もしくは表情が変わらず、読み取れません。 それが 「面の皮が厚い」=「恥を恥とも思わない、ずうずうしい」という意味になったと考えられています。 随分昔から使われていた言葉で歴史があることがわかりましたね! それでは「面の皮が厚い」どんな時にどのように使うことが出来るのでしょうか? 次で使い方を説明していきます! 面の皮が厚いの使い方・例文! では「面の皮が厚い」の使い方を例文で出しますので、その場面を想像しながら読んでみてください!• 「約束の度に毎回遅刻をするなんて面の皮が厚いよ」• 「いつも車を出してもらうなんて面の皮が厚いわよね」 どうですか?なんだか読んでいると少し嫌な気持ちになりませんか? 実は、 「面の皮が厚い」は良い意味には使われないんです。 例えば1つ目は「毎回遅刻をする」のでその人は恥を知らないなぁ、というニュアンスです。 2つ目はどちらかというと「人任せにして、ずうずうしい」意味合いが強いです。 どちらもその人を揶揄していますよね。 あなたの周りにもこんなが人いませんか? スポンサーリンク さいごに 「面の皮が厚い」の意味は「恥と恥とも思わない、ずうずうしい」でしたが、実はほぼ同じ意味で使える言葉が他にもあるんですよ! 「厚顔」は「こうがん」と読みます。 「厚顔無恥」そしてこれは「こうがんむち」と読む四文字熟語です。 この二つはどちらも「面の皮が厚い」と同じで 「恥を恥とも思わない、ずうずうしい」という意味! 語源の章でも「厚顔」という言葉に少し触れましたが、成り立ちも恐らく3つともほぼ同じところから来ていると考えられます。 「あの人は厚顔なところがある」• 「私がいくら厚顔無恥でもそんな事は出来ない」 なんて使うことが出来ますよ。 ほぼ同じ意味で違う言葉があるなんて面白いですよね! ちなみに「厚顔無恥」を「厚顔無知」とする漢字間違いが多いので注意してくださいね! その他に「面の皮が厚い」に似ている言葉を紹介します。 「ポーカーフェイス」 表情を変えずに、心を読まれないようにすること、またその表情のこと ポーカーフェイスは心を読まれないようにしている表情ですが、「面の皮が厚い」を含む、紹介した言葉と大きな違いがあります。 それは 「良い意味でも使うことが出来る」ということです。 「本番では動揺せずにポーカーフェイスで乗り切った」などと使うことが出来ますね! 「面の皮が厚い」の意味や使い方を紹介してきました。 とても昔の古い言葉から来ていることがわかりましたね! その昔から「ずうずうしい人」がいたなんて、いつの時代も同じなのですね! 悪い意味で使う言葉なのでなかなか使うタイミングはないかもしれませんが、自分が言われないよう、戒めとして覚えておくのもいいかもしれませんね! 関連記事 一部広告含む•

次の

「鉄面皮」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

面の皮が厚い 意味

スポンサーリンク 「厚かましい」の意味と使い方は? 最初に 「厚かましい」の詳しい意味を見ていきましょう。 「厚かましい」は 「厚い」という形容詞に 「かましい」という接尾語が連なった構成の言葉と考えられます。 転じて 程度が著しい、また態度に遠慮がないといった意味でも使われます。 「かましい」はその物事や状態に似ていることを示し、 「~のきらいがある」「~の傾向がみられる」という意味合いがあります。 ただ語源としては、「面の皮が厚い」の「厚皮(あつかわ)」が「あつかわしい」となり、「あつかましい」に転じたとの説もあります。 「厚かましい」は、 自分の行動が規範に照らしてみっともないのではないか、などと恥じ入る気持ちがないさまを表しますね。 また、こんな行動をとれば相手に迷惑になるかもしれない、といった心遣いがまったくなく、 自分勝手で無遠慮な様子を表します。 状況を分けて意義づければ、ある人の態度や様子が次のような場合に使われます。 また、その作法や礼儀が行き届いていないとき。 さらには、悪いと分かってある事をおこなっておきながら、何食わぬ顔で平然としている状態。 あるいはその人の身分や立場に合っていない、分をわきまえない状態です。 類語の形容詞としては 「図々(ずうずう)しい」、「ふてぶてしい」、「馴れ馴れしい」、「臆面もない」、「虫がいい」、「盗人たけだけしい」「図太い(ずぶとい)」「面の皮が厚い」などがあります。 形容動詞では 「厚顔な」「無遠慮な」「無神経な」「我が物顔な」などが挙げられます。 スポンサーリンク 「厚かましい」の例文としては次のようなものが挙げられます。 彼は何て厚かましい男だ。 厚かましいお願いで恐縮です。 お言葉に甘え、厚かましく頂戴します。 借金を返さずにまた金をくれとは、厚かましいにもほどがある。 たくさん契約を取ろうと思えば、多少厚かましいくらいじゃないとできないよ。 「図々しい」との違いや言い換え方は? 最後に 「厚かましい」と 「図々しい」との違いや言い換え方について見ていきましょう。 「図々しい」も「厚かましい」と意味合いは似ています。 他人に対しての横柄な、また恥知らずな態度や行動について使われる言葉です。 ちなみに「図々しい」は計画やたくらみを示す「図」という漢語から派生したという説があります。 また「図太い」から転じた形容表現との見方もあり、「図々」は当て字ではないか、との指摘もあります。 「図々しい」は「厚かましい」よりもややくだけた表現になります。 あらたまった場面では 「厚かましい」の方が使用には適切だといえるでしょう。 例えば人にものを頼む際に、謙遜する意味から、自分の無遠慮でぶしつけな態度をおわびしながら丁重に依頼する表現があります。 こうした場合は 「図々しいお願いですが、聞いていただけないでしょうか」よりも 「厚かましいお願いですが~」の方が丁寧な、よりへりくだった印象を与えます。 また「厚かましい」は自分自身の恥知らずさや無遠慮な態度を指すのに対し、「図々しい」は他人の都合や気持ちを顧みず、身勝手に振る舞う行動そのものを表すと言うこともできます。 この場合「図々しい」は、 「列に図々しく割り込む」「許可なく他人の席に図々しく座る」「どうぞと言われてもいないのに、家に図々しく上がり込む」といった用法となります。 一方で「厚かましい」は、丁寧な文脈に適していることから「失礼」と置き換えられる場合があります。 例えば「厚かましいお願いですが、これをお借りできませんか」は「失礼なお願いですが~」とも言えます。 また「彼は一見礼儀正しそうだが、実は厚かましい」も、後段を「実は失礼な男だ」と言い換えてもさほど意味上の違和感はありません。 まとめ どうでしたでしょうか? 「厚かましい」の 意味と使い方、そして「図々しい」との違いや言い換え方について詳しくご紹介しました。 似たような言葉でも使う場面や相手によっては表現方法を変えて相手に伝えないと失礼に当たる場合もありますから、本当に言葉というのは奥が深いなと思いますね。 「厚かましい」という表現方法について正しい認識で使えるよう参考にしてみてください。

次の

「厚顔無恥」の意味や由来とは?使い方の例文と類語・反対語も解説

面の皮が厚い 意味

「厚顔(こうがん)」は比較的よく知られた熟語で、ビジネスシーンなどにも登場することがあります。 あるいは「厚顔無恥」という四字熟語の方に馴染みがある方も多いかもしれません。 「厚顔」を辞書で引くと、 「面の皮の厚いこと。 あつかましいこと」と記載されています。 「面(つら)」とは「頬、顔」のことで、後世では主に卑語やののしりとして用いられています。 「面汚し」や「アホ面」、「どの面下げて」といったように、あまりいい意味で使用されないのが特徴ですね。 「面の皮が厚い」と言うと、 「あつかましいこと。 ずうずうしいこと」といった意味になります。 また「面の皮が厚い」が転じて、「厚い」だけでも「恥を知らぬ。 あつかましい」といった意味で使用されることがあります。 彼の厚顔ぶりには呆れてものも言えない。 厚顔なふるまいに憤慨する。 自身の厚顔さに恥じ入る。 基本的に「厚顔」は上記のように、ある人物の言動や性根をマイナスイメージで表す言葉です。 しかしビジネスシーンなどでは、いわゆるクッション言葉のひとつとして使用される場合があります。 クッション言葉とは、要請や拒否、異議など相手に大なり小なり心理的抵抗を与えそうな話題を切り出す際に、その抵抗感を和らげる目的で使用される常套句のこと。 「お手数ですが」や「僭越ながら」といったフレーズを、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 クッション言葉として「厚顔」を使用する際は、 「厚顔ですが」「厚顔ながら」といった表現になります。 意味合いとしては「あつかましいのは重々承知ですが」といったところで、主に相手に何かを依頼・要請する際に使用されます。

次の