佐久 市 市長 ツイッター。 ちょっと欲張りすぎ...? 佐久市の「都市宣言」、あまりにも多いと話題に(2020年6月24日)|BIGLOBEニュース

「首都圏の皆さんも自宅で過ごして」 長野・佐久市長「コロナ疎開」に苦言ツイート: J

佐久 市 市長 ツイッター

市長が書き込んだのは、東京都などが週末の外出自粛を要請していた3月28日。 隣の北佐久郡軽井沢町で県外ナンバーの車が増えたり、町外の人がスーパーに並んでいたりしたと伝え聞き、「できれば首都圏の皆さんも自宅で過ごしてもらいたいと思います」などと投稿した。 閲覧は31日までに100万件を超えた。 ツイッター上では、軽井沢に続いて「御代田、佐久、小諸にも(スーパーなどに)買いあさりに来ないか心配」「思っていたことを発信してくれた」などの賛成意見が大勢。 取材でも、移住を視野に都内と軽井沢町の2拠点居住をしている40代女性は「理解できる」と話す。 一方で、ツイッターでは「佐久市にはふるさと納税は一切しません」などと不快感をあらわにする反応も。 市長は書き込みは不要不急の来訪に警鐘を鳴らす趣旨としているが、子どもに難病があり、町内の親類宅に身を寄せているという都内の30代主婦は取材に「高齢の人も含めて、命を守る選択として来ている人もいるということは知ってほしい」と話している。 首都圏に近く、大勢の観光客や移住者を迎えている佐久地域。 地方自治に詳しい河合博司・酪農学園大名誉教授は、市長の書き込みについて「大事な注意喚起」としつつ、「東京に対して(医療面などで)『協力できることがある』との姿勢を合わせて発信していれば、その方がすてきだったのではないか」と話した。 小池百合子東京都知事らが外出の自粛要請をした趣旨を考えてと、市長は訴えており、ネット上では、様々な意見が出ている。 「自粛要請の趣旨をもう一度考えて下さい」 軽井沢のあるスーパーでは、小池知事が自粛要請をした2日後の2020年3月27日の朝、開店を待つ客らの長蛇の列ができていた。 これは、週末の28、29日も同様の状況だったといい、佐久市の柳田市長は29日、ツイッターでその画像を引用して紹介し、「首都圏にお住まいの皆さまへ」とする呼びかけを行った。 しかし、言うべきだ」 柳田市長の呼びかけツイートは、1万件ほども「いいね」が寄せられるほどの反響となっている。 賛同の声は多く、「柳田市長よくぞ言ってくれました!」「なぜ今軽井沢なんだ!コロナ持ち込むなよ」「地方の医療は簡単に崩壊してしまう」「小池さんはその辺りを注意喚起すべき」などと書き込まれている。 一方、「首都圏に住んでる人をバイ菌扱いしてるみたい」「あなたの市は首都圏からの観光客やビジネスを呼び込まないでください」といった反発も一部であった。 柳田市長のツイッターに対しても、結果として地域間の対立を煽ってしまったのではとの声が寄せられ、柳田市長はこう漏らした。 「迷ったんです。 しかし、言うべきだし、何よりこういった行動には、大きな問題があります。 批判されても言うべきと判断しました」 長野県の保健・疾病対策課では3月30日、J-CASTニュースの取材にこう答えた。 「別荘で静養するなど、必要な部分は仕方ないでしょう。 しかし、今やらなくていい不要不急の移動は、感染症のリスクを減らすため、避けていただきたいと思っています。 この週末、東京在住の20代男性の感染者が長野に帰省して、熱があるのに動き回って別の友人にも移したケースがありました。 47 ID:4G6SPXdm0 当たり前。 もう時すでに遅しなの。 46 ID:i5pPR7ti0 市長発言を否定してるのは真性のバカだな イタリアンがこの手口でイタリア全土に拡散されたのに。 わざわざ非常時によそから来て感染が広まる行為を自粛してくれと言ってるんだよ。 10 ID:6oIUCthz0 NYもイタリアも1週間で買いだめが落ち着いた。 長野土人同士で話してくれよ。 03 ID:0zRaOAdE0 自宅ですごして給料もらえるなら皆そうするわ 物流とまるけどな。 クソど田舎のくせに新幹線の駅ができた途端、都会みたいなツラして周りの市町村見下しまくり。 マジでカス。 小さな自治体が東京に協力できることなんかあるわけねーだろ。 76 ID:P39ysvqC0 こう言わなきゃならんほど自覚のない都民が多いんだろ。 00 ID:0KXBEu8y0 市長の言ってることも一理はあるんだけど、 安全考えて田舎の自分の別荘に行くって場合は、ちょっと違うと思うけどな。 この記事だけだと詳細は分からんが。 65 ID:gnWqsZCm0 いや、別荘持っててそこに引きこもるならいいんだよ。 でも、こういう人は東京でおとなしくしてられなかったから来たんでしょ。 そんならウロウロ、カフェだのレストランだの外食するのは時間の問題。 49 ID:H286j1Hg0 別荘があろうが実家があろうが今の状況での移動は他人に対する危険行為。 32 ID:rR56yNbU0 食べて応援した3. 56 ID:z7hwqjnT0 車でいって自宅待機ならいいとおもうよ。 子供で都会に来てる奴も多いし、きになるなら田舎のホテルでととめりゃいい。 普通のことだろ。 74 ID:G6ZkjRgQ0 別荘所有して、ちゃんと固定資産税納めているなら とやかく言われる必要ないんじゃないの? 首都圏からのアクセスが良いからって佐久や軽井沢で買占めしてる 都民に注意している位なもんだろ。 31 ID:7xfktxPQ0 清里の惨状を見るにつけ、観光一辺倒は無理ゲーだなw ニセコや倶知安も、令和の清里になると思う。 60 ID:hNIjTUCT0 小池百合子「大学生は東京に来るな!」.

次の

【コロナ疎開】「首都圏の皆さんも自宅で過ごして」 長野・佐久市長のツイートに賛否…「買いあさり心配」「ふるさと納税しない」

佐久 市 市長 ツイッター

これは各自治体が目指す理想や目標などを宣言する「都市宣言」で、特段珍しいものでもない。 しかしツイッターでは、ある街の宣言が話題となっている。 それがこちらだ。 上下にずらりと並ぶいくつもの看板。 これだけあるとすごい威圧感だ。 どんな宣言があるのか、上から順番に見ていこう。 非核・平和宣言都市 暴力追放宣言都市 交通安全宣言都市 環境宣言都市 部落解放宣言都市 子育て支援宣言都市 健康長寿宣言都市 青少年健全育成宣言都市 スポーツ宣言都市 ポイ捨てのない、清潔で美しい宣言都市 地下水、湧水保全宣言都市 並んだ看板は合計で11枚。 これらはすべて、長野県佐久市でなされた都市宣言だ。 投稿を見たユーザーからは、 「宣言しすぎやろw」 「1枚くらい勝手に追加しても気付かなさそう」 「欲張り過ぎですね!」 「宣言ブーム来てて草」 など、宣言の数の多さに驚きの声が上がっている。 市町村合併直後に9つの宣言 佐久市の都市宣言は「ポイ捨てのない、清潔で美しい宣言都市」と「地下水、湧水保全宣言都市」が06年9月30日、他の9つが02年3月18日に宣言されたものだ。 なぜこんなにも多くの都市宣言を行っているのか。 Jタウンネットは20年6月22日、佐久市役所総務課の担当者に取材した。 担当者はこれら都市宣言の目的を、以下のように話している。 「未来に向けて佐久市をより住みやすく魅力ある街にするため、また将来にわたって幸せに暮らし続けられるようにするためです。 都市宣言はそのために特に重視しなければならない取り組みを、市民・事業者・市を挙げて進めていこうという決意と基本方針を明らかにしています」 02年3月に9つの宣言がされたのは、01年の市町村合併が関係している。 01年、佐久市、臼田町、浅科村、望月町の1市2町1村が合併して新たな佐久市となった。 その際に、それぞれの市町村が行っていた都市宣言が、新しい佐久市議会において審議にかけられ、9つの宣言が議決されたという。 ただ、「佐久市・臼田町・浅科村・望月町合併協議会」のサイトに掲載されている合併前の資料によれば、合併前は臼田町だけでも12の宣言がされており、合併によって都市宣言の数が増えたというわけではなさそうだ。 また資料には、「現在の 4 市町村のすべての宣言を引き継ぐことを基本としますが、時代の要請と照らし合わせて見直しも行います」と記載されている。 今後都市宣言が増える可能性について、担当者は「可能性はありますが、予定はありません」としている。 ツイッターで話題になったことについては、 「市民・事業者・市が一体となって取り組むことを目的としているので、改めて関心をおもちいただき、生活の中などで取り入れていただければと感じております」 とコメントした。

次の

ツイッターで集めた写真から状況確認して指示 大雪被害、佐久市長の活用法に称賛の声: J

佐久 市 市長 ツイッター

感染が確認されたのは、佐久保健所管内に住む50代の女性会社員です。 県によりますと、女性は• 先月19日、大阪市内のライブハウスで開催されたイベントに参加。 23日に38度台の熱があったものの、その後は平熱が続いていました。 しかし今月1日、咳や喉の痛みなどの症状が出て、3日に医療機関を受診。 その後、ライブハウスに感染者が訪れていたことを知り、保健所に相談したということです。 5日、帰国者・接触者外来のある医療機関に入院し、検査を受ける• きょう6日になって「陽性」と判明しました。 女性はイベント参加後、勤務先の南牧村にある「滝沢牧場」に今月1日まで出社していました。 県は先月23~24日、先月28~今月1日に牧場を訪れた人は症状の有無にかかわらず、保健所に相談するよう呼び掛けています。 ご理解とご協力をお願い申し上げます。

次の