横浜 市 ir。 横浜市が「カジノ誘致」を表明【候補地は山下埠頭】

日本のカジノ有力候補地・場所はココ!IR誘致の決定はいつ?【2020年最新版】|日本カジノ研究所

横浜 市 ir

IR誘致に名乗りを上げた横浜市。 記者会見で林市長は、財政的な厳しさをIR誘致の理由の1つに挙げた(筆者撮影) 横浜市の林文子市長が2019年8月の定例記者会見で行ったIR誘致の正式表明が話題を呼んでいる。 これまで白紙としてきただけに市民からは反発の声も上がっているが、それ以上に注目したいのは一般会計だけで1兆7000億円(2019年度)を超える横浜市ですら財政が厳しいと公式に認めざるをえなかった点である。 記者会見で林市長は、華やかなイメージの裏側で「現状は毎年500億円ほどの収支不足から予算編成を進めていました」と語っている。 財政事情を持ち出さないとIR誘致を正当化できなかったからとも言えるが、5年連続でプラスの予算を組むなどイケイケな印象があった中での「厳しい」宣言。 だが、これは他人事ではない。 ここでは横浜市ならではの危ない事情に加え、大都市ほど危険という推測について見ていきたい。 2度も壊滅状態に陥った 歴史に詳しい方なら、横浜市が市の成立以降、2度も壊滅に近い状態に陥ったこと、その後も身動きが取れない状況が続いたことをご存じだろう。 最初の苦難は1923年の関東大震災だ。 関東大震災と聞くと東京都が被害の中心だったように思われがちだが、実際は違う。 震源地の直上にあたる神奈川県が中心で、横浜市では2万6000人強が亡くなっている。 4万人近くが亡くなったとされる本所被服廠跡地の死者を除けば東京市の死者が2万8000人ほどになること、当時の、中心部に集まっていた横浜市の人口が東京市の約5分の1ほどだったことを考えると壊滅という言葉は間違いではなかろう。 続いては1944年から始まった空襲。 翌年の終戦までに市街地の4割以上が焼失しており、とくに都心部の中区では半分ほど、西区では8割弱が罹災しており、横浜市の都市機能は再度壊滅状態に陥ったのである。

次の

横浜カジノIR誘致&構想予定地ニュース速報(みなとみらい)

横浜 市 ir

出典 横浜市 (IR事業者の提案) 横浜市は、IR(統合型リゾート施設)誘致をめぐり、国内外の12事業者から募集した構想案を公表した。 それによると、すべての事業者が横浜港の山下埠頭の立地を想定し、ガジノに加え、国際展示場、会議場、劇場、美術館、宿泊施設を併設する構想を提示した。 横浜市は、「IRを導入する・しないについての判断をしておりません。 」としている。 なお、「横浜港運協会」は、2019年5月15日にIR誘致に反対の意見を表明し、横浜市の地元調整は進んでいないことが分かった。 その後、2019年5月23日、政府は2019年7月1日に予定していた「カジノ管理委員会」設置を2019年秋以降に延期すると報道された。 今後、横浜市は2019年6月に市民向けに報告書の内容を説明する。 コメント 時系列的に考えれば、横浜市がIR候補地に立候補するのを待つために、政府がIR設置スケジュールを延期した可能性が高い。 12事業者から具体的な事業提案を募集していながら、「白紙」の状態とは納得できない。 横浜市としては、IR誘致したいが反対意見があり、IR候補地に立候補できないと思われる。 政府としては、2020年の東京オリンピック後の景気後退を緩和するために、首都圏にもIRを誘致したいのだろう。 しかし、これほどまでの政府の首都圏の優遇は目に余る。 横浜IR事業者案(12業者中9事業者が公表) 項目 金額・面積等 投資額 6,200億円~1兆3000億円 年間売上 3,500億円~8,800億円 山下埠頭面積 47ha IR施設全体延床面積 67ha~150ha MICE施設 7ha~22. 9ha 宿泊施設延床面積 27ha~60ha 宿泊施設客室数 2,700室~5,000室 横浜への観光客数 4,400万人~7,800万人 IR訪問者数 800万人~5,200万人 直接雇用者数 1万人~5. 6万人 間接雇用者数 0. 7万人~14. 9万人 経済効果(IR全体) 7,700億円~1兆6500億円 出典 横浜市 (IR事業者の提案) IR事業者(12業者のうち3事業者は非公表) ウィンリゾーツ・ディベロップメント キャピタル&イノベーション株式会社 ギャラクシーエンターテインメントジャパン株式会社 Genting Singapore Limited ゲンティン・シンガポール・リミテッド) 合同会社日本MGMリゾーツ シーザーズ・エンターテインメント・ジャパン SHOTOKU株式会社 セガサミーホールディングス株式会社 メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社 3事業者の名称と提案内容は非公表だが、1兆3000億円以上の投資額を提案した事業者があるという。 米IR最大手「ラスベガス・サンズ」は以前から東京・横浜への進出に意欲を示していたが公表された9事業者には含まれていない。

次の

横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い|日刊ゲンダイDIGITAL

横浜 市 ir

誘致から撤退した候補地• 誘致撤退関連ニュース• 現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する? カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜が特に有力な候補地と見られています。 そして気になる「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると 候補地が正式決定するのは 2022年頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は 2021年1月4日から7月30日の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、 2021年後半~2022年頃に正式にIR候補地として認定する、というスケジュールとなっています。 現在動きのない自治体でも活動が活発になれば、情報を随時更新していきます。 現在の有力カジノ候補地3選! 念願叶った万博とセットでIR誘致 開業時期のリミットが主な焦点に 大阪府は、カジノ法案が話題として取り上げられるようになった当初から、IRの開業候補地として名乗りを上げていた自治体の代表格。 念願の片方が叶ってIR誘致もより一層勢いを増しており、現時点でカジノ候補地の最有力と言えるでしょう。 大阪のIRコンセプトは 「スマートIRシティ」。 最先端の技術を駆使した、環境にやさしく快適に過ごせる都市を掲げており、未来都市のようなイメージのIRを目指しています。 十分な都市規模を備えた立地、海外からのアクセス• IR誘致に向けた各団体、住民の足並みが比較的揃っている 課題・問題点• 万博前の2024年の開業に間に合うか?• 夢洲への交通インフラの整備費用を賄えるか 大阪の最近の動き 2025年の万博開催前にIRを開業させたいと考えていた大阪ですが、 2025年の全面開業は努力目標とし、部分開業も視野に入れていく考えを発表。 MICEなどを先に開業し、カジノの開業は万博後となる可能性も浮上してきました。 また、横浜の誘致表明後、大阪に手を上げていた海外IR事業者が相次いで横浜に転向。 2月14日で締め切られた事業者公募(RFP)の応募はMGMリゾーツ・オリックス合同チームの1社のみで、大阪に誘致が決定した場合の IR運営はMGM・オリックスとなることが事実上決定しました。 大阪の候補地「夢洲(ゆめしま)」とは? 夢洲は大阪湾にある人工島で、広大な土地ではあるものの、現在はコンテナターミナルが2つあるのみの空き地となっています。 さらに、夢洲への交通手段は現在自動車に限られており、歩いて渡ることもできず、大阪府民からも忘れられた土地となっていました。 元々夢洲は2008年の五輪誘致の際、競技場や選手村、後に選手の住宅地として利用する計画でしたが、誘致は失敗。 100ヘクタールを超える広大な土地の活用法が決まらないままでした。 このような経緯から、「大阪の負の遺産」とまで言われてきた夢洲。 しかし2025年の万博開催が決定し、IRの有力候補地ともなっている現在は、負の遺産から一転、関西経済の起爆剤となりうるのではないかと期待されています。 長きにわたる「白紙状態」から誘致表明へ 強固な反対派とどう渡り合うかがカギに 2019年8月、横浜は 「山下ふ頭」を候補地とし、 2020年代後半にIR開業を目指すことを公表。 「白紙状態」からの突然の誘致表明に、国内外からの注目も高まっています。 しかし、地元では反対の声が大きく、横浜の有力者である横浜港運協会会長・藤木幸夫氏は、山下ふ頭へのカジノ誘致に頑なに反対。 「横浜港ハーバーリゾート協会」を設立し、カジノ抜きでの山下ふ頭の再開発計画案を提示しています。 藤木氏は横浜市で非常に強い力を持つものの、横浜市政においては「影の横浜市長」とも呼ばれ、カジノ推進派として知られる菅義偉官房長官の影響も強いと言われています。 「山下ふ頭へのカジノ誘致は反対、それ以外への誘致には反対しない」とする藤木氏と、「山下ふ頭の再開発」としてのIR誘致を掲げる横浜市がどう折り合いをつけるのかが今後のカギとなりそうです。 横浜IRの基本コンセプトは、 「横浜を世界から選ばれるデスティネーション(目的地)へ」。 世界最高水準のIRをもって新しい横浜の創造にチャレンジする「横浜イノベーションIR」を目指すと発表されました。 誘致レース一歩リード!有力候補を追いかける候補地 九州一のテーマパークを舞台にしたIRは アジア諸国のライバルを超えられるか? 長崎は日本の主要な観光客が集まる中国・韓国から3時間以内と非常に近く、カジノが海外からの観光客をメインに集客することを踏まえると、有利に働く立地と言えるでしょう。 一方で、アジア地域にはマカオやシンガポール等を中心に大型IRがいくつも存在しており、長崎のIRが成功するかどうかは、ライバルをどう抑え差別化するかといった戦略に懸かっています。 また、長崎は議員だけでなく、住民の支持率が高いことも特徴の一つ。 カジノ誘致に関しては地域住民が反対するケースが多い中、長崎では賛成派が46%と反対派の38%を上回っており、IR誘致を後押しする大きな力となっています。 海面下の壁を大型の強化ガラスにする「海中カジノ構想」も話題になりましたが、発案者であるハウステンボスの運営会社・HTB株式会社がIRの開発自体に関わらないことや、海中がIRの敷地に含まれないことを踏まえると実現は難しいとみられます。 長崎はトップグループと同じく2024年の開業を目指す予定。 アジア諸国の大型IRを超える別の斬新なコンセプトは今後飛び出すのでしょうか。 既に完成したリゾートとインフラがあり、初期投資が少なく済む• 主要観光源である中国・韓国などのアジア地域から好アクセス 課題・問題点• 同じアジア圏内にマカオやシンガポールなどの巨大IRを構える地域がある• 九州の各観光地へのアクセス整備が不十分 長崎の最近の動き 当初九州で誘致の動きが活発なのは長崎のみだったため、長崎を「九州の第一弾IR」とする「オール九州」の方針が、九州地方知事会議でも正式に議決されました。 しかし福岡県北九州市が誘致の検討を開始したことで、福岡県のみ賛同が得られず、「オール九州」の構図が崩れるという形に。 現在は検討段階とはいえ、北九州市の今後の動向は長崎の誘致にも影響を与えそうです。 長崎の候補地「佐世保(ハウステンボス)」とは? 地方博成功の実績を活かし、 大阪と並んでIR誘致を目指す 和歌山は昔からカジノ誘致に最も積極的な自治体の1つで、2004年からカジノ誘致に取り組んできました。 しかし最有力とも言われる大阪と立地が近く、都市規模や期待できる経済効果を考えると、どうしても陰に隠れてしまいがちなのが現状。 そこで和歌山は 「IRが近隣に2つ存在する」ことによる相乗効果を狙って、 大阪と合わせたIR誘致を狙っていく方針を掲げています。 2つのIRが近隣にあることによるメリットはシンガポールなどで前例が示されており、 バリエール、ブルームベリー、サンシティといったIR事業者からも好感触。 業界の間でも有力候補に数えられることもあり、今後の動向が見逃せない自治体の一つです。 一見デメリットにも見える状況を逆手に取った作戦は功を奏すのでしょうか。 一度は頓挫したリゾート構想。 県の協力で実現できるか 愛知県では、現在県と市が別々の箇所への誘致を表明しているという状態になっています。 愛知県は常滑市の 中部国際空港(セントレア)島への誘致を検討しており、2019年に開業予定の国際展示場との相乗効果を目指しています。 積極的な姿勢を見せているのは主に常滑商工会議所で、県が常滑への誘致を掲げる背景には、かつてりんくう常滑駅を中心にしたIR構想の中断を余儀なくされた常滑商工会議所によって要望が提出されたという経緯があります。 IR誘致のための有識者研究会による調査や、IR整備費用やギャンブル依存症対策費用を予算として計上。 一方で、知事選にて3選を果たした大村知事は公約にIR誘致を出さないなど、現在は比較的慎重な姿勢を保っています。

次の