ハイキュー 声優 月島。 月島蛍│イケメン毒舌キャラの魅力と名言『ハイキュー!!』

ハイキュー!!【月島蛍】声優は『内山昂輝』出演作をご紹介!

ハイキュー 声優 月島

アニメでも「ハイキュー!! ですが、 春高の出場に向けて宮城県代表枠を勝ち取り目が離せない展開です。 アニメ3期も「ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校」として2016年10月から2016年12月にかけて、白鳥沢学園高校との対決だけを10話にまとめられて放送されました。 3期は強敵との 絶対に落としてはいけない大切な試合で、本物のバレーを見ている様な手に汗握る濃厚な内容でしたね!そんなハイキュー!! の世界を作り、見事に演じている烏野高校男子バレー部員と男子バレー部関係者の声優陣を紹介したいと思います。 伝わる熱量!「ハイキュー!! 」出演の声優まとめ 日向翔陽/CV. 村瀬歩 隆騎さん ryuuki0828 が投稿した写真 — 2016 11月 9 11:52午後 PST 本作の主人公の日向翔陽役に大抜擢された村瀬歩さん。 当初名前が似ている女性声優の「藤村歩さん(条善寺高校バレー部マネジャー役)」と思っていた方が多く、声を聞いても 女性声優が演じる少年声のようなハイトーンボイスなので村瀬さんの年齢や性別を知って驚いた方も多いと思います。 日向は小柄で明るい性格なので村瀬さんの高めの声が抜群に合っていて、 村瀬さんと言えば「ハイキュー!!の日向翔陽」と思い浮かぶ代表作ですね!男性陣が多いアフレコ現場では村瀬さんが高い声で、巧みに女の子を演じてキャストを賑わせているそうです 笑 影山飛雄/CV. 石川界人 — 男性声優画像bot sakuran090 本作のもう1人の主人公の影山飛雄役の石川界人さんは、 烏野高校男子バレー部員のキャストの中では最年少です。 しかし、低めのカッコイイ声で新人声優とは思えない迫力で影山を演じています!! 村瀬さんと2人でwebラジオのメインパーソナリティーも務めていて、 主人公や年下ならではの収録秘話や、普段は苦手と話している歌を披露してくれるなど必見です! はるさん amvirs41 が投稿した写真 — 2016 12月 23 4:50午前 PST 3年生の副主将、菅原孝支を演じるのは入野自由さん。 影山と同じセッターなので、影山が入部してからはポジションを明け渡す形になってしまいコートの中に立つことが少なくなりました。 しかし、 主人公2人に引けを取らない程の人気ぶりのキャラクター! 役柄では優しくて控えめだけど芯の強い性格ですが、アフレコ現場では男性が多く子役上がりの入野さんを中心に自由奔放に楽しんでいるそうで… 笑 ファンは キャラクターと演者のギャップが楽しめますね。 東峰旭/CV. ハイキュー!! のキャストが発表された時もファンから「やっぱり」と言われる程のスポーツマン声の持ち主!? 東峰は見た目は強面ですが性格は小心者…細谷さんも見た目はイケメンですが天然な部分があり、何時も本人の居ない所で話題に上がる程、 ファンだけではなく声優陣の中でも人気のある方です! 西谷夕/CV. 岡本信彦 はるさん amvirs41 が投稿した写真 — 2017 1月 5 7:16午前 PST 2年生のリベロ、西谷夕を演じるのは岡本信彦さん。 影山と同じく中学時代から活躍し、 ベストリベロ賞を受賞するなど「烏野の守護神」と呼ばれ、高校に入っても成長し続ける選手。 試合中は真剣ですが、女の子好きで 烏野高校を選んだ理由の1つも「女子の制服が可愛い」だったり、美人マネージャーの潔子さんに憧れを抱いています…。 岡本さんも収録現場では村瀬さんの女子声に夢中のようです 笑 田中龍之介/CV. on ICE mkr1srn 2年生のウイングスパイカー、田中龍之介を演じるのは林勇さん。 時期エースの期待がかかる実力の持ち主で全員の仲を取り持つムードメーカー。 キレッキレの顔芸?でギャグ担当の役割も果たしています 笑 烏野高校は1学年につき1人以上の子役出身のキャストがいますが、林さんもその1人。 子供の時の可愛い声から、 ユニット歌手活動での美声が響き渡る歌声、そして田中のようなヤンキー声も見事に演じ分けているので、名前を見て同じ方と気付いた時の驚きは隠せませんね! 月島蛍/CV. 内山昂輝 — 2013 7月 20 2:05午後 PDT 1年生の月島蛍を演じるのは、内山昂輝さん。 1年生ながら190. 1cmと烏野バレー部1の長身を誇り、日向と競うポジションのミドルブロッカー。 冷静沈着ですが、とにかく口が悪い!!! 月島と同じく冷静沈着な内山さんは、 落ち着きがありすぎて周囲から「おじいちゃん」と呼ばれる程ですが、そんな内山さんも子役出身!見た目や中身もクールですが、みんながふざけている話の中には大体居て、村瀬さんの女性声に夢中になっている1人です 笑 山口忠/CV. 斉藤壮馬 — 斉藤壮馬画像bot souma0422but 1年生の山口忠を演じるのは、斉藤壮馬さん。 1年生の新入部員がハイレベル過ぎて、2年生より先にレギュラー入りしているので 1年生の中で1人だけベンチ…バレー部以外の人からの印象も長身で目立つ月島の金魚のフン扱い 笑 主人公役2人と同じく、 近年凄まじく活躍している声優の1人の斉藤さん。 石川さんとはプライベートでも遊ぶ仲で、役柄に同調してか内山さんのことは月島のように尊敬の眼差しで、想っているそうです! 縁下力/CV. 1度バレー部を辞めそうになり戻って来たので、田中と西谷に後れをとり優秀な1年生達がレギュラーになったので活躍を見る機会が少なかったですが、 優秀なサポート力を見せ次期主将候補となっています。 最初は演じている声優が増田さんと認識することが難しいセリフ数でしたが、 2期3期と出番が増え増田さんの知名度も上がり声を聴くだけで縁下だ!!と判別出来るようになりました! 木下久志/CV. 相楽信頼 相楽信頼さんお誕生日おめでとうございます。 — 裏表のない素敵な人です uraomoteganai 2年生の木下久志を演じるのは、相楽信頼さん。 烏養監督の厳しさに耐え切れず縁下達と一緒に 1度はバレー部を辞めそうになり戻って来たうちの1人。 2年生組で話したり田中の家に集まったりする時は必ず一緒! バレー部内では雑務をこなすことが多く、現在までに公式試合に出場した描写はなく殆どセリフもありません!?相楽さんは 生川高校の伊勢原裕次も兼ね役で演じていて、今後の活躍が期待されるキャラクターです! 成田一仁/CV. 西山宏太朗 Sakupyon Lover'sさん rumyengf が投稿した写真 — 2016 7月 25 1:54午後 PDT 2年生の成田一仁を演じるのは、西山宏太朗さん。 縁下と木下と一緒に一時的にバレー部から離れて戻って来た1人。 新入部員の1年生4人中3人が成田と同じミドルブロッカーなので中々コートに立つことが出来ませんでしたが最近は少しづつ出番が増えました。 声優での活躍以上に西山さん本人の活躍が広がる中、人気アニメのハイキュー!! で、出番も増えてきたので物語が進むにつれて、更に セリフが聞けるような活躍を成田にも西山さんにも期待! 清水潔子/CV. 烏野男子バレー部の中でもヒロインですが、 学校内や他校に至っても人々を魅了する超がつく程の美人!クールだけどマネージャーとして真剣に部活に取り組みます。 キャストの殆どが男性で、収録時も名塚さんしか女性が居ないこともあったのでスタジオでも潔子さんのような扱いに!激しいスポーツが題材のアフレコは演じる方も熱が入るので、 名塚さんが現れると良い匂いがして癒されるそうです 笑 谷地仁花/CV. 諸星すみれ 諸星すみれさんの自撮りで英気を養ってる — ウタ jumpup69 1年生の男子バレー部マネージャーの谷地仁花を演じるのは、諸星すみれさん。 3年生の潔子が卒業後の マネージャーとして勧誘したのがキッカケで1番最後に入部。 諸星さんは子役出身で、現在も現役女子高校生!リアル谷地さん!潔子役の名塚さんも子役出身なので女子マネージャーの子役出身率100%になりました 笑 ハイキュー!! の現場全体でも諸星さんが1番年齢が若いです。 武田一鉄/CV. 神谷浩史 はるさん amvirs41 が投稿した写真 — 2016 10月 8 12:58午前 PDT 烏野高校男子バレー部、顧問・監督の武田一鉄を演じるのは神谷浩史さん。 色々なアニメで高校生役を演じることが多い神谷さん。 意外な配役と感じましたが、烏野男子バレー部員は当初全員20歳~30代半ばの声優さんだったので一覧にしてみると納得のいく役柄ですね! 新人若手声優や、幼い頃から活躍している声優さんばかりなので 神谷さんはベテランの域に入り、武田先生は周囲の人に支えられていますが、アフレコ現場では神谷さんが年下の声優さんを引っ張ていることでしょう。 声優 田中一成さんの訃報…烏養コーチの代役は誰に? 「烏野高校男子バレー部コーチ」烏養繋心/CV. 烏養コーチにピッタリの声質に演じ方。 webラジオのゲストでは烏養コーチを演じる上での裏話などを楽しく聞かせてくれました。 そのゲスト回のラジオが更新された2016年10月2日の8日後の 10月10日に突然の訃報…短期間で死に至ると言われる 「脳幹出血」の為、49歳の若さでこの世を去ってしまいました。 この予期せぬ事態に誰も実感が沸かず、ただただファンや関係者はショックを受けるばかりでした。 今でも信じたくもないし嘘だと言って欲しいです。 この烏養コーチの名言が最後に聞けて本当に良かったです。 本当に感動した…? 田中一成さん、お疲れ様でした。 ご冥福をお祈りします。 — あんなっつ 銀魂華祭り参戦!!! その8話の名セリフは 田中さんの声で収録されていて最後に聞くことが叶いました。 まるで自身の突然の死から塞ぎこんだままのファンや周囲の人達を励ますように聞こえるので声優さんって凄いとつくづく思い知らされます。 人の記憶は顔や性格より1番に声の記憶がなくなるそうです、しかし声優さんは何時まで経っても人に最後まで声の記憶をしてもらえるので声優冥利に尽きますね! 「烏野高校男子バレー部コーチ」烏養繋心/CV. 江川央生(第3期9話 — ) ハイキューの烏養監督の田中一成さんの 後任の江川央生さん。 あまりにも 突然の交代で残りの2話から始まったので、そうとうなプレッシャーがあったと思います。 しかし、吹き替えなどで劇場版とTV放送版で声優さんが違うように、 田中さんの烏養コーチ、江川さんの烏養コーチと言う形で平行線で存在しています!馴れないことがあっても、素敵な声優さんなので演じ切ってくれるはずです。

次の

ハイキュー!!豪華声優陣一覧!田中一成さんの代役は誰に変更されたのか?【ハイキュー!!】

ハイキュー 声優 月島

出典: 主なプロフィール 出身地 埼玉県 生年月日 1990年8月16日 血液型 A型 身長 177cm 趣味・特技 映画鑑賞、音楽鑑賞、読書 事務所 劇団ひまわり 活動期間 2001年~ 参考: 参考: 「内山昂輝」出演のおすすめアニメまとめ 内山昂輝出演のおすすめアニメ 内山昂輝さんが出演したアニメのうち、この記事では特におすすめのアニメを厳選して紹介します。 紹介するアニメとそのランキングは以下の通りです。 1位 僕のヒーローアカデミア 2位 ピンポン 3位 ユーリ!!! ランク付けの根拠 この記事のランキングは、 アニメの面白さだけじゃなく、 内山昂輝さんのキャラに重点を置いています。 その個性を正義に使う人もいれば、悪に使う人もいる。 その悪と対峙するために、強い個性を持った「ヒーロー」が社会で重要な存在に位置付けられている。 ずっとヒーローに憧れながらも無個性だった主人公。 その少年の諦めない気持ちが、運命を変えていく。 簡単に言えば、主人公をはじめとするヒーローの卵が、それぞれの 個性を活かしてヒーロー育成学校で仲間たちと成長していく話です。 無個性だった主人公が、様々な人との出会いや経験を通して少しずつ強くなっていく。 ジャンプの王道要素を詰め込みながら、 登場人物の成長に特に重点が置かれた作品だと思います。 敵役といっても簡単にやられるような立ち位置じゃなく、かなり 重要人物です。 あることがきっかけで、ヒーローや社会に対して強い憎しみを抱いています。 表情が見えないキャラなので、 内山さんの声による表現が重要なキャラです。 内容はシンプルです。 卓球が上手い主人公が挫折を経験して、インハイを目指して奮起して成長を描くストーリー。 スポ根の王道ですが、その中でも特によくできた作品です。 卓球アニメの最高峰だと思います。 現実と同じように、登場人物には卓球の才能がある人もない人もいます。 それぞれの人が卓球へ向き合っていく姿勢が描かれています。 そして、 卓球を通して人としての成長を描いてもいます。 ただ、作画にかなりクセがあるから観るのをためらうかもしれません。 実際、私も観る前は抵抗があったけど、観だしたら気にならないし最後まで一気に観てしまいました。 名作スポ根アニメにしては珍しく、11話で最後までまとめています。 だからよくある中だるみも全然なくて、テンポよく話が進んでいきます。 イケメンでもないしかわいいわけでもないから、観る気にならないかもしれません。 けど、それは もったいないことをしているかもしれません。 本作にはもう一人の主人公「ペコ」がいて、幼なじみの彼からは「スマイル」と呼ばれています。 小学生のころにイジメを受けていたのをペコに助けられて、ペコに誘われて卓球を始めます。 半ば嫌々やっていた卓球を通して、卓球の実力だけじゃなく人間的にも成長していきます。 スマイルの成長も本作の見どころの一つです。 なお、無表情で笑わないから「スマイル」と呼ばれていると思われていますが、実際は違います。 その理由については、実際にご覧になってください。 その他、主な出演声優 片山福十郎、咲野俊介、木村 昴、文 曄星、野沢雅子、屋良有作 出典: ユーリ!!! でも調べた感じ、ユーリはかなり人気のあるキャラ… 内山昂輝さんの出演作品をおすすめするのに見ないわけにはいかないと、覚悟をして観ました。 そしたら普通に面白いし、BLな感じも想像よりずっと少なかったです。 ストーリーは王道スポ根な感じ。 大事な舞台で失敗をして、心が折れかけていた主人公の勇利。 そんな勇利が憧れていたヴィクトルと出会って、また心が動かされていく。 ギャグっぽいところも結構あって、そういう意味でも思っていたより見やすい作品でした。 とにかく氷上の作画・演出が素晴らしいです。 フィギュアスケートの繊細な動きをよく表現しています。 それに加えてアニメだからこそできるダイナミックな演出も見どころ。 ハイキュー!! が好きならユーリ!!! も絶対楽しめますよ。 なお、ハイキュー!! 以上に 女性受けを意識して作られている作品だと感じました。 BL要素は思ったより少なかったですが、それでも男性で内山昂輝さんが出てるスポ根アニメが観たいなら、「ピンポン」のほうがおすすめです。 年間来場者数が5年連続50万人を下回ると、パークは消滅してしまう。 4年連続で50万人を下回っていて、今はその5年9ヶ月目。 9ヶ月間の来場者数は25万人だから、あと3ヶ月で25万人の来場者がなくてはいけない。 そのために主人公やパークのキャラクターたちが試行錯誤して頑張るストーリーです。 といっても、リアルな経営とかマーケティングとかそういう難しい話じゃないです。 遊園地の再建という テーマが目新しいので、退屈しないと思います。 ちょっとシリアスなシーンもあるけど、全く重くないです。 パークのみんなでワイワイ頑張るのが中心なので、 純粋に娯楽として楽しめるアニメです。 逆に、感動とか緊張感のある内容を求めている人には物足りないと思います。 京アニだから基本的に作画はきれいだし、キャラもみんな個性があって面白いです。 >可児江西也(かにえせいや) >頭脳明晰、運動神経抜群な万能イケメン高校生。 自分自身に見惚れるほどのナルシストで、横柄な態度が仇となり友達は皆無。 ギルメンと話してて話題になったから画像集めてみた。 照れ顔が可愛いですよね。 彼が中心となってパークを再建します。 ナルシストで友達がいない、残念イケメンです。 でもパークの再建には真剣に取り組んでいて、なんだかんだいい奴です。 5位のCharlotteもそうですが、内山さんの声は残念イケメンにかなり合っていると思います 笑 ちなみに、私が内山さんの声いいな~と思ったのは、このアニメがキッカケです。 WORKS おすすめできない人 シリアスが苦手な人 公式サイト 思春期にごくまれに発症する特殊能力。 主人公は他人の身体を5秒間だけ乗っ取ることができる能力を持つ。 その能力を利用して優等生として学園生活を送っていたが、ある少女に能力の悪用がバレる。 彼女から特殊能力者の宿命を知らされて、主人公は仲間たちと特殊能力者の過酷な運命に立ち向かう。 Keyのオリジナル作品です。 学園生活・ラブコメ・超能力という定番要素。 それと1話のコメディな雰囲気。 そこから結構ラフなアニメなのかなーと思っていたら、中盤からかなりシリアスになりました。 序盤にほのぼのした学園生活を観ているからこそ、中盤以降のシリアスに感情移入ができます。 ただ、それを13話でまとめなくちゃいけないので、そのせいで駆け足に感じた人も多い作品です。

次の

【ハイキュー!!】月島蛍の卒業後の進路は?かっこいい画像・魅力まとめ!バレーにハマった理由もご紹介

ハイキュー 声優 月島

出典: 主なプロフィール 出身地 埼玉県 生年月日 1990年8月16日 血液型 A型 身長 177cm 趣味・特技 映画鑑賞、音楽鑑賞、読書 事務所 劇団ひまわり 活動期間 2001年~ 参考: 参考: 「内山昂輝」出演のおすすめアニメまとめ 内山昂輝出演のおすすめアニメ 内山昂輝さんが出演したアニメのうち、この記事では特におすすめのアニメを厳選して紹介します。 紹介するアニメとそのランキングは以下の通りです。 1位 僕のヒーローアカデミア 2位 ピンポン 3位 ユーリ!!! ランク付けの根拠 この記事のランキングは、 アニメの面白さだけじゃなく、 内山昂輝さんのキャラに重点を置いています。 その個性を正義に使う人もいれば、悪に使う人もいる。 その悪と対峙するために、強い個性を持った「ヒーロー」が社会で重要な存在に位置付けられている。 ずっとヒーローに憧れながらも無個性だった主人公。 その少年の諦めない気持ちが、運命を変えていく。 簡単に言えば、主人公をはじめとするヒーローの卵が、それぞれの 個性を活かしてヒーロー育成学校で仲間たちと成長していく話です。 無個性だった主人公が、様々な人との出会いや経験を通して少しずつ強くなっていく。 ジャンプの王道要素を詰め込みながら、 登場人物の成長に特に重点が置かれた作品だと思います。 敵役といっても簡単にやられるような立ち位置じゃなく、かなり 重要人物です。 あることがきっかけで、ヒーローや社会に対して強い憎しみを抱いています。 表情が見えないキャラなので、 内山さんの声による表現が重要なキャラです。 内容はシンプルです。 卓球が上手い主人公が挫折を経験して、インハイを目指して奮起して成長を描くストーリー。 スポ根の王道ですが、その中でも特によくできた作品です。 卓球アニメの最高峰だと思います。 現実と同じように、登場人物には卓球の才能がある人もない人もいます。 それぞれの人が卓球へ向き合っていく姿勢が描かれています。 そして、 卓球を通して人としての成長を描いてもいます。 ただ、作画にかなりクセがあるから観るのをためらうかもしれません。 実際、私も観る前は抵抗があったけど、観だしたら気にならないし最後まで一気に観てしまいました。 名作スポ根アニメにしては珍しく、11話で最後までまとめています。 だからよくある中だるみも全然なくて、テンポよく話が進んでいきます。 イケメンでもないしかわいいわけでもないから、観る気にならないかもしれません。 けど、それは もったいないことをしているかもしれません。 本作にはもう一人の主人公「ペコ」がいて、幼なじみの彼からは「スマイル」と呼ばれています。 小学生のころにイジメを受けていたのをペコに助けられて、ペコに誘われて卓球を始めます。 半ば嫌々やっていた卓球を通して、卓球の実力だけじゃなく人間的にも成長していきます。 スマイルの成長も本作の見どころの一つです。 なお、無表情で笑わないから「スマイル」と呼ばれていると思われていますが、実際は違います。 その理由については、実際にご覧になってください。 その他、主な出演声優 片山福十郎、咲野俊介、木村 昴、文 曄星、野沢雅子、屋良有作 出典: ユーリ!!! でも調べた感じ、ユーリはかなり人気のあるキャラ… 内山昂輝さんの出演作品をおすすめするのに見ないわけにはいかないと、覚悟をして観ました。 そしたら普通に面白いし、BLな感じも想像よりずっと少なかったです。 ストーリーは王道スポ根な感じ。 大事な舞台で失敗をして、心が折れかけていた主人公の勇利。 そんな勇利が憧れていたヴィクトルと出会って、また心が動かされていく。 ギャグっぽいところも結構あって、そういう意味でも思っていたより見やすい作品でした。 とにかく氷上の作画・演出が素晴らしいです。 フィギュアスケートの繊細な動きをよく表現しています。 それに加えてアニメだからこそできるダイナミックな演出も見どころ。 ハイキュー!! が好きならユーリ!!! も絶対楽しめますよ。 なお、ハイキュー!! 以上に 女性受けを意識して作られている作品だと感じました。 BL要素は思ったより少なかったですが、それでも男性で内山昂輝さんが出てるスポ根アニメが観たいなら、「ピンポン」のほうがおすすめです。 年間来場者数が5年連続50万人を下回ると、パークは消滅してしまう。 4年連続で50万人を下回っていて、今はその5年9ヶ月目。 9ヶ月間の来場者数は25万人だから、あと3ヶ月で25万人の来場者がなくてはいけない。 そのために主人公やパークのキャラクターたちが試行錯誤して頑張るストーリーです。 といっても、リアルな経営とかマーケティングとかそういう難しい話じゃないです。 遊園地の再建という テーマが目新しいので、退屈しないと思います。 ちょっとシリアスなシーンもあるけど、全く重くないです。 パークのみんなでワイワイ頑張るのが中心なので、 純粋に娯楽として楽しめるアニメです。 逆に、感動とか緊張感のある内容を求めている人には物足りないと思います。 京アニだから基本的に作画はきれいだし、キャラもみんな個性があって面白いです。 >可児江西也(かにえせいや) >頭脳明晰、運動神経抜群な万能イケメン高校生。 自分自身に見惚れるほどのナルシストで、横柄な態度が仇となり友達は皆無。 ギルメンと話してて話題になったから画像集めてみた。 照れ顔が可愛いですよね。 彼が中心となってパークを再建します。 ナルシストで友達がいない、残念イケメンです。 でもパークの再建には真剣に取り組んでいて、なんだかんだいい奴です。 5位のCharlotteもそうですが、内山さんの声は残念イケメンにかなり合っていると思います 笑 ちなみに、私が内山さんの声いいな~と思ったのは、このアニメがキッカケです。 WORKS おすすめできない人 シリアスが苦手な人 公式サイト 思春期にごくまれに発症する特殊能力。 主人公は他人の身体を5秒間だけ乗っ取ることができる能力を持つ。 その能力を利用して優等生として学園生活を送っていたが、ある少女に能力の悪用がバレる。 彼女から特殊能力者の宿命を知らされて、主人公は仲間たちと特殊能力者の過酷な運命に立ち向かう。 Keyのオリジナル作品です。 学園生活・ラブコメ・超能力という定番要素。 それと1話のコメディな雰囲気。 そこから結構ラフなアニメなのかなーと思っていたら、中盤からかなりシリアスになりました。 序盤にほのぼのした学園生活を観ているからこそ、中盤以降のシリアスに感情移入ができます。 ただ、それを13話でまとめなくちゃいけないので、そのせいで駆け足に感じた人も多い作品です。

次の