シリアス 無言 劇。 志村けんのだいじょうぶだぁ

朝ドラ「エール」で脚光!志村けんが遺していた「シリアス劇」の傑作

シリアス 無言 劇

主演の朝ドラ「エール」(NHK)の第35話が5月15日に放送され、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のために亡くなったコメディアンのさんと、窪田が初めて対面するシーンがあった。 志村さんの圧倒的な存在感が大きな反響を呼んでいる。 「第35話は、コロンブスレコードとの契約が作曲家界の重鎮・小山田耕三(志村)の推薦で決まったことを知った裕一(窪田)が、会社のサロンで小山田と遭遇。 意を決して、しどろもどろになりながら話しかけるといったシーンが描かれました」(テレビ誌ライター) 幼少の頃から、小山田の本で音楽の勉強をしてきたことへの感謝の言葉を伝え、「いつか、先生と同じ(西洋音楽)の青レーベルで音楽を書かせていただけるよう、精進して参ります」と思いを口にすると、小山田は「古山君。 (流行歌の)赤レーベルでは、どんな曲を出したのかな?君は赤レーベル専属の作曲家だよね?」と釘を刺され、ぐうの音も出ない裕一。 この緊迫したやりとりに、視聴者から「コントの時と全然雰囲気が違い、威厳ある演技」「濃厚な、そして心情伝わる演技のぶつかり合い。 目が離せなかった」などの声があがった。 コント一筋に生きてきた志村さんが、役者としての凄みを見せつけたシーンだったが、もともとシリアスな演技にも定評があったというのは、志村さんをよく知る放送作家だ。 10分前後の短いものから、長いものでは30分近くもある本格ドラマさながらの悲劇ばかり。 宗次郎のの調べに乗って展開するこの作品こそ、ファンの間では隠れた傑作と呼ばれています」 今回の朝ドラ「エール」が遺作となった志村さん。 これを機にかつての「シリアス無言劇」が脚光を浴びそうだ。 (窪田史朗).

次の

【芸能】笑いでなく「泣き」を追求 志村けんさんの「シリアス無言劇」シリーズ [臼羅昆布★]

シリアス 無言 劇

美女を伴って店を出てくる志村けんさん。 突然の死を悼む追悼番組が連日放送され、軒並み高視聴率を獲得した。 ドリフターズの加藤茶、仲本工事、高木ブーがそろった『志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう』 フジテレビ系 は21. 『天才! 志村どうぶつ園 大好きな志村園長SP』 日本テレビ系 は平均視聴率、過去最高の27. 昭和、平成、令和、三つの時代を生きたレジェンドのまばゆいばかりの足跡には、目が眩むばかりだ。 売れて来るとテレビタレント化していく芸人が多い中で、志村さんはコント一筋。 コントに賭ける情熱を最後まで失うことはなかった。 仕事を共にする内に、1ページ目から笑いを学び直す必要があることに気付いたと話しています。 志村さんは、寄席に出ている芸人と舞台中心の喜劇人とは、僕の中では違うと公言。 ジュリー・ルイス、藤山寛美、三木のり平、由利徹、東八郎と言った喜劇人を愛し、本人も死ぬまで喜劇人としての人生をまっとうしました」 放送作家 そんな志村さんには、伝説の番組『8時だョ! 度の強い眼鏡をかけた耳の遠いおばあちゃんが、ボケてボケてボケまくる。 このキャラクターにモデルがいるのは有名な話。 フジテレビがまだ新宿河田町にあった頃、志村さんは収録の後、新宿二丁目にあった24時間営業の居酒屋『ひとみ』によく足を運んでいました。 いつもの席に陣取った志村さんの脇を固めるのは共演する田代まさしたち。 後から製作陣、そして放送作家も駆けつけ、反省会を兼ねた酒宴はいつ果てるともなく続く。 酒席で『人を笑わせるより、泣かせる方が簡単』と志村さんが豪語したことから始まった企画と言われています。 10分前後のものから、30分近くある大作まで本格ドラマさながらの悲劇ばかり。 宗次郎の奏でるオカリナの調べに乗って繰り広げられるこの作品にこそ、志村さんの隠れた傑作ではないでしょうか」 前出・制作会社プロデューサー 最長の作品のストーリーを紹介しよう。 志村さんと石野陽子の若夫婦が田舎から駆け落ちするも、生活が苦しく貧乏暮らし。 やっと生活にゆとりができ妻が身籠もると、魔が差したのか、夫がホステス 河野景子 と浮気。 それを知った妻はショックを受けて失踪。 家で母子手帳を見つけた夫が慌てて後を追うも、妻は雪景色の中で息絶えていたという、なんとも物悲しい物語である。 「生前、志村さんは度々『哀愁があるから笑いがある』と、可愛がっていた中山秀征たちにも言っていました。 悔やまれてなりません」 前出・放送作家 松竹100周年を記念して、今年封切られる山田洋次監督の『キネマの神様』。 無類のギャンブル好きな主人公ゴウ 志村 は、妻や家族に見放されたダメ親父。 そんな彼がたった一つ愛してやまないものが映画。 文:島右近(放送作家・映像プロデューサー) バラエティ、報道、スポーツ番組など幅広いジャンルで番組制作に携わる。 女子アナ、アイドル、テレビ業界系の書籍も企画出版、多数。 ドキュメンタリー番組に携わるうちに歴史に興味を抱き、近年『家康は関ケ原で死んでいた』(竹書房新書)を上梓• PHOTO:島颯太.

次の

哀愁溢れる無言劇に見た志村けんさんの「コメディアン魂」

シリアス 無言 劇

2020年3月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』 毎週月-木 8:30-11:00 にて、お笑い芸人・伊集院光が、志村けんが『志村けんのだいじょうぶだぁ』で悲劇のコント「シリアス無言劇」へ込めた思いについて語っていた。 伊集院光:『日曜日の秘密基地』で、リスナーの人の記憶の穴を埋めるコーナーがあったんですけど。 「こんなことあったんですけど、本当でしょうか?」みたいなコーナーがあって。 その中に、「小さい時、『だいじょうぶだぁ』を見てたら、突然悲しいコントが始まって、オチも笑いも全くないまま、悲しいまま終わったって思い出があるんですけど、あれは何でしょう?」っていうのが来て。 で、色々調べたら、志村さんが突然、何本か「シリアス劇場」っていって、突然、コントじゃないの。 悲しい劇をやってて。 で、ご本人に訊いたら、当時、照れくさそうに、「悲劇の方が、喜劇よりも上だっていう人がいてね」と。 「笑わせるのは簡単だけど、泣かせるのは難しいっていう人がいて。 ちょっとさぁ、悔しくてさ」っていう。 「上も下もないんだけど、悔しくてさ。 できるぜっていうのを、口で言うんじゃなくて、見せたくてさ」って話をなさってて。 「ああ、凄いなぁ」って。 そういう意味じゃ、お笑い全体のキャプテンっていうかね。 「お笑いはなんでもできるんだ」っていう。 もちろんね、志村さん、その時におっしゃってた通り、上も下もないんだけども、「あ、そういうことも担ってくれてたんだ」とか。 まぁ、ちょっと思い出しますね。 本当に、ご冥福をお祈りしますとしか言えないんですけどね、色んなものを与えてもらいました。

次の